グラント将軍の名言

グラント将軍のプロフィール

ユリシーズ・シンプソン・グラント。アメリカの軍人、政治家、第18代大統領。南北戦争時に北軍の総司令官として活躍。南軍のロバート・リー将軍を撃破し、北軍に勝利をもたらした人物。その後、大統領になるも多くのスキャンダルと汚職により、アメリカ史上最悪の大統領と評されてしまう。大統領辞任後は自分の会社が倒産し金銭的に困窮。回想録完成数日後に喉頭癌で永眠。

グラント将軍の名言 一覧

君に合戦計画を与えるつもりはない。達成してもらいたいことを計画しただけであり、それをどのように達成するかは君の自由だ。
【覚書き:シャーマン将軍に与えた言葉。南北戦争で南軍を攻めるうえで明確な目標を与えたが、どう達成するかは自分で考えよと裁量権を与えた】


グラント将軍の経歴・略歴

ユリシーズ・シンプソン・グラント。アメリカの軍人、政治家、第18代大統領。南北戦争時に北軍の総司令官として活躍。南軍のロバート・リー将軍を撃破し、北軍に勝利をもたらした人物。その後、大統領になるも多くのスキャンダルと汚職により、アメリカ史上最悪の大統領と評されてしまう。大統領辞任後は自分の会社が倒産し金銭的に困窮。回想録完成数日後に喉頭癌で永眠。

他の記事も読んでみる

マイク・マードック

将来の秘密は、毎日の平凡な習慣の中に隠されている。


松藤民輔

鉱山地質技術は非常に専門性の高い分野なのですが、日本にはそういう専門家を育てる仕組みがありません。国立大学にも鉱山地質学部は数えるほどしかないのです。我が社は、この分野のフィールドワークをこなせる人材を抱えている数少ない企業のひとつです。だからこそ、次の世代にいろんなものをプレゼントしていきたいのです。


和田裕美

不快なメールというのは、書き手本人にはわからないもの。たとえ読み手がガッカリしたり、カチンときたとしても、ほとんどの場合は書き手にそのことをわざわざ言ってきません。気づけば返事がなくなり、相手からの連絡も途絶える。結局、その原因が自分にあるとは気づかない。そんな怖さがあります。


溝口勇児

上場を目指しています。大きな会社になれば世の中に与える影響力も大きくなるので、やはり規模は追求したい。


カルロス・ゴーン

企業が困難に直面するのは、いつでもその企業自身に原因があります。もちろん経済環境も無関係ではありませんが、問題の根源は常に企業自身にあるのです。日産の業績が傾いたのは日本の景気後退のせいでも、競争相手が強すぎたからでもありません。その原因は社内にあったのです。企業を弱体化させる因子は、必ずといっていいほど内部の構造にあります。


和田秀樹

パワースポットに行ったからといって、劇的に仕事の成果が上がったり、人生が好転したりすることはないでしょう。大事なのは、そこに行くことによって気持ちがポジティブになれるかどうかということです。


平野友朗

スケジュールを決めるとき、周囲に褒めてもらえる「賞賛ライン」を意識したい。「締め切り」とされている日にはじめてその仕事をスタートさせるという経験を持つ人は多いが、それでは駄目。多くの場合、締め切りより2、3日くらい前倒しをすると周囲から賞賛される。突発的なトラブルが起きても、スケジュールを組み直せばすべて期限内に収められる可能性も高まるだろう。


須原伸太郎

「相続ハウス」に近い業種には近年、急成長した店舗型の保険の乗合代理店があります。これほど普及した背景には、既存のサービスに不満を持っていた人が多かったことがあるのでしょう。相続マーケットも同じです。相続問題は、自分が死んだ後の問題なので、誰しも日常的には考えたくないことです。でも、気になっているので相談はしたいが、相談内容は多岐にわたりますから、どこに行けばいいのか分からない。そこで、すべての相談をワンストップで受け付ける一般顧客向けの窓口を展開すれば、需要はあると思ったのです。であれば、街中の目立つところに路面店の店舗展開をしようと考えました。人の「目に触れること」、かつカジュアルな店舗で入りやすくする工夫を凝らしました。


下田進

会社経営とはフルマラソンではなくリレーだと私は思います。人の人生は、生を得てから死んでいくまでフルマラソンだと言えるでしょう。しかし、会社というのは、人を育て、バトンタッチして行かなければならないリレーなのです。


小嶋淳司

現場に立った時、「これはお客様のためにならん」と、すぐわかるかどうか。商売人はカンが働かなければならない。それにはお客様のために努力を続けていくこと。そうすれば、その能力は向上します。そして、自分自身の仕事の充足感も増していきます。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

自分の時間と能力をひとつの事業に集中することだ。その事業が成功するか、または破綻したことがはっきりするまで、別の事業に手を出してはいけない。何事もひとつのことに集中して努力しなければ成就しない。多くのプロジェクトを抱えていると、集中力が分散するため、ひとつの事業をやっている時間なら絶対見逃さなかったようなチャンスを逃してしまう。


永井浩二(経営者)

すぐに大きな収益が上がるとは思っていませんが、将来に向けての布石を打っていくことが必要。


田中和彦

「特定の誰かに認められたい」という発想はやめるべきです。他人の評価を基準にするのは、受け身で主体性がないことの表われ。他者に認めてもらうのではなく、自分が自分を認めればいいのです。一生懸命取り組んで、自分が納得できる仕事ができたら、それでよしとする。誰かが褒めてくれなくても、全力を尽くしてやり遂げたという実感があれば、やりがいや喜びが得られます。


ボビー・オロゴン

投資マネーは世界をぐるぐる回ってる。価格が上がりすぎたモノは売られるし、下がりすぎたモノは買われる。余っているモノは安くなるし、足りないモノは高くなる。マーケットにはいつもどこかに歪みがあって、そこにエネルギーが溜まっていく。それが一気に爆発すると……Boom! 大きなチャンスになるんですよ!


ジェームズ・アレン(コンサルタント)

日本企業が復活するためには、なにもいまからまったく新しいことに取り組む必要はない。彼らを偉大にした原点を再発見することが最も大切だ。


ページの先頭へ