名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

グラッドストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グラッドストンのプロフィール

ウィリアム・エワート・グラッドストン。19世紀イギリスの政治家。豪商の家に生まれ、オックスフォード大学を卒業。保守党に属し、下院議員となる。植民次官、商務院総裁、植民相、蔵相を経て首相となる。以後、第41・43・45・47代の英国首相として活躍。国民からはGOM(Grand Old Man)という愛称で親しまれた

グラッドストンの名言 一覧

人はよく絶望するという。絶望とは何であるのか、それは彼の身辺にあまりすることが多すぎて、どれから手を付けてよいやらわからなくて、義務に責められることである。これを脱するには、まず手近のひとつから果たしていくがよい。


グラッドストンの経歴・略歴

ウィリアム・エワート・グラッドストン。19世紀イギリスの政治家。豪商の家に生まれ、オックスフォード大学を卒業。保守党に属し、下院議員となる。植民次官、商務院総裁、植民相、蔵相を経て首相となる。以後、第41・43・45・47代の英国首相として活躍。国民からはGOM(Grand Old Man)という愛称で親しまれた

他の記事も読んでみる

ビル・マクナブ

現状でもコストは低いですが、まだまだ改善は続けていく。30年このビジネスをやってきて学んだ教訓は「決して改善を止めてはならない」ということ。


稲垣精二

座右の銘は「陽転思考」です。20代の頃に社内研修で教わり、それ以降は繰り返し肝に銘じてきた言葉です。「陽転思考」の字面から、何でも明るく元気で楽観的なことかといえば大違いで、自分が置かれた状況を真摯に受け止め、そのうえでベストを尽くすという意味です。


小林靖弘

人材育成に関しては、「仕事をおもしろくする」と「学ぶことが楽しくなる」というワークスタイルを各メンバーと共有するようにしています。そしてこのサイクルが会社をよくしていくのだと考えています。


井上達彦

「代理学習(他者から学ぶこと)」には、コストとリスクが低く、幅広く学ぶことができるといった長所がありますが、学習の程度が浅くなりがちです。一方、「経験学習(経験し学ぶこと)」では、コストとリスクは高くなりますが、深い洞察が得られます。ただし、自分の経験ばかりに固執すると視野が狭くなるという短所があります。


佐野真之

アスミック・エースでは約130人の従業員が働いており、従来は映画製作、配給、動画配信などの業務が縦割りになっていました。最近はその環境を刷新し、全組織のトップを集めて横断的に打ち合わせを行うことで、様々なシナジーを生み出しています。その取組みの結果、作品に「新しい価値」を付加することにつながり、今まではあまり世の中から受け入れられていなかったジャンルの作品を大ヒットさせることができました。


倉本聰

僕は最近、父や祖父の着物をリフォームして使うようにしているんです。今、僕が身に付けているものも祖父が使っていたものです。今はアパレルから出るゴミがあまりにも大量にあり過ぎます。しかも、それを断捨離といって捨ててしまっている。そうではなくて、もう一度、再利用したらいいのではないでしょうか。そういった再利用の1つのモデルとして僕も祖父の着物を着ているんです。


アラン・ジマーマン

出張で腕時計を着用するということは、プロダクトの確認をする絶好の機会でもある。例えば私が気に入っているボーム&メルシエの新作クリフトン・クラブは、ジャケットやシャツの袖に引っ掛からない薄型のデザインで、スーツと合わせたときの着用感がいい。それでいながらスポーティかつエレガントで、カジュアルな着こなしにもフィットする。高温多湿の地域に赴く場合には、レザー製のベルトではなくステンレススティール製のブレスレットを選択。着け心地や使い勝手は、様々なシチュエーションに遭遇するビジネストリップ中の着用で再確認できる。


江上治

「与える人」の成功は時間がかかるが、確実で永続的だ。


古森重隆

人類がここまで進歩したのは、競争の存在が大きいと考えている。競争で優勝劣敗が決まり、栄枯盛衰が決する。厳しい生存競争という自然界の原理原則――。それゆえに人類は知恵を絞り、創意工夫を巡らせ、向上・発展に努めてきた。それは企業も同じだ。


山田義仁

雲行きが怪しくなったら有無を言わさず撤退する。そんな断固たる全社共通のものさしがあって初めて、企業は失敗を恐れず挑戦できる。


新田信行

金融機関は不良債権や業績で潰れるのではなく、世の中から「いらない」と言われた途端に無くなる。社会に必要と言ってもらえなければ金融機関は潰れる。


出口治明

これはライフネット生命をスタートした後の話ですが、20代の社員が私にポータルサイトでのこんな企画提案をしてきました。「死亡保険を検討するAさんがいます。河原に、異なる保険金額を書いた3つの皿に豆を入れて並べます。Aさんは、最初にハトが飛んできて豆を食べた皿の金額の保険に入る。この企画、面白そうでしょう」と。最初は、何をアホなことを……とあきれましたが、周囲に勧められ撮影に協力した結果、そのPR効果は想像した以上に高かった。自分と若者の感性の違いを痛感し、また、異質な人とのコミュニケーションが勉強になることを再認識できた好例です。