名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

グラッドストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グラッドストンのプロフィール

ウィリアム・エワート・グラッドストン。19世紀イギリスの政治家。豪商の家に生まれ、オックスフォード大学を卒業。保守党に属し、下院議員となる。植民次官、商務院総裁、植民相、蔵相を経て首相となる。以後、第41・43・45・47代の英国首相として活躍。国民からはGOM(Grand Old Man)という愛称で親しまれた

グラッドストンの名言 一覧

人はよく絶望するという。絶望とは何であるのか、それは彼の身辺にあまりすることが多すぎて、どれから手を付けてよいやらわからなくて、義務に責められることである。これを脱するには、まず手近のひとつから果たしていくがよい。


グラッドストンの経歴・略歴

ウィリアム・エワート・グラッドストン。19世紀イギリスの政治家。豪商の家に生まれ、オックスフォード大学を卒業。保守党に属し、下院議員となる。植民次官、商務院総裁、植民相、蔵相を経て首相となる。以後、第41・43・45・47代の英国首相として活躍。国民からはGOM(Grand Old Man)という愛称で親しまれた

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

社内で部下や同僚と話すとき、最もコントロールが必要な感情が、自分の中の「怒り」や「責め」の気持ちです。例えば、「あいつがしていることは、ろくなことではないだろう。本当に困ったヤツだ」といった「責め」の気持ちがあれば、何を言われてもすべてネガティブにとらえて聞くので、相手が言っていることの正当性がわからなくなってしまいます。そのため、相手に対して「責め」の気持ちで話を聞くのは、判断ミスに繋がります。逆に、自分が猛烈に嬉しくて有頂天になって浮かれていると、部下が持ってきた深刻な話が耳に入りません。


伊藤直彦

仕事でも、相手と交渉を始める場合、まず構想を練る。こちらの話が一方的に通ることはまずない。こちらが何か言えば必ず何らかの反応がある。この最初の布石をきちんと打たないと後々苦戦することになる。仕事も同じである。


河原由次

たとえば慢性的な人手不足に悩む飲食店でも、皿洗いなど誰でもできる仕事は短期人材サービスに任せ、熟練した人材は接客や調理といった本来やるべき仕事に専念することで、サービス全体の質が向上します。また、短期で働くスタッフでも良い人材であれば、店側が長期アルバイトとして採用することにより、コストをかけない新しい形の人材採用が可能になります。


出井伸之

私は社長としての功績についてあまり考えないことにしています。社長というのは具体的に何もやらない。判断したり、会社の方向性とか空気を変えるということが仕事なんです。会社というのはひとつのことをやろうと思ったら組織で大勢の人が動くでしょう。うまくいったときは、みんなでよかったよかったと言って、心の中で俺がやったんだと思っていればいいんです。


松川孝一

社内の定例会議はなるべく火、水、木の午前中に入れるようにしています。というのは、月曜日は振替休日になることが多いので定例行事には適さないからです。また金曜日は客先に出向くことが多いので、会議は入れないでおきたい。また、金曜は顧客の重要な案件をクローズするのに好都合なんです。


片山幹雄

たしかに、液晶テレビのおかげで会社の規模は大きくなり、ブランド価値も高まりました。しかし現在、当社が左団扇の経営をしているかというと、そうではありません。いまのビジネスモデルをこのまま取りつづけていれば、いずれ行き詰ります。数年前からビジネスモデルの転換を図っています。


中本晃

研究開発は、膨大な時間がかかることも珍しくありません。まさに日々試行錯誤の繰り返しで、数限りなく実験に失敗しながら、だんだん成功に近づいていくのです。


村瀬治男

プレゼンの成否を分けるのは、資料などではなく、きちっと結論を出し、意思を明確にするための本当の準備です。


中本晃

液体クロマトグラフの開発に携わっていた当時、寝食を忘れ、開発のことだけを考えて生活していました。そうして粘り強く取り組んだ結果、競合他社より優れた製品を世に送り出し、年間売上350億円の主力製品に育てることに貢献できたのだと思います。


長谷川房生

私たちの業界も21世紀に入って、新しいパラダイムが誕生しています。かつては、仏壇や法要など供養にかかわるものは生活の中心にあり、重厚感のあるものでしたが、今はもっとカジュアルでシンプルなものへと変わりつつあります。一方で、生活の中に新しい「祈り」の文化が溶け込んできましたから、そうした新たなマーケットの開発にも取り組んでいきたい。


糸井重里

仕事そのものが大好きという人はいないというのが僕の持論。その仕事のおかげで「人に喜んでもらえる」「ご褒美がもらえる(評価、お金、栄誉など)」「自分の可能性を広げられる」「自分が楽しい」という4つの要素が欲しいからこそ、モチベーション高く仕事に打ち込めるのではないかと思うのです。


荒川静香

「アマチュア引退後に、プロの世界で活躍したい」という夢があったことも幸いしました。「プロになるには、世界のショーからオファーをもらうぐらいの圧倒的な実績が必要」と周囲から助言されたこともあり、「メダル獲得=プロへの切符」を目標に据えて、その達成のために練習に励みました。そうして、2004年の世界選手権で優勝できたのです。