グラッドストンの名言

グラッドストンのプロフィール

ウィリアム・エワート・グラッドストン。19世紀イギリスの政治家。豪商の家に生まれ、オックスフォード大学を卒業。保守党に属し、下院議員となる。植民次官、商務院総裁、植民相、蔵相を経て首相となる。以後、第41・43・45・47代の英国首相として活躍。国民からはGOM(Grand Old Man)という愛称で親しまれた

グラッドストンの名言 一覧

人はよく絶望するという。絶望とは何であるのか、それは彼の身辺にあまりすることが多すぎて、どれから手を付けてよいやらわからなくて、義務に責められることである。これを脱するには、まず手近のひとつから果たしていくがよい。


グラッドストンの経歴・略歴

ウィリアム・エワート・グラッドストン。19世紀イギリスの政治家。豪商の家に生まれ、オックスフォード大学を卒業。保守党に属し、下院議員となる。植民次官、商務院総裁、植民相、蔵相を経て首相となる。以後、第41・43・45・47代の英国首相として活躍。国民からはGOM(Grand Old Man)という愛称で親しまれた

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

やはり人間は地球に住む動物ですから、地球の動きに合わせて生活することが無理のない生き方。夕方は夕日をしっかり拝んで、翌朝は、朝日を拝む生活パターンを繰り返すことが、脳に負担を与えず、最大限の力を発揮させることにつながる。


秋好陽介

当社では、社内の会議室の壁をすべてホワイトボードにしています。ミーティングをしながら自由に壁に手描きができるようにして、アイデアが広がっていきやすい環境を作っているのです。執務スペースの壁も、一部をホワイトボードにしています。


菊間千乃

一番精神的にきつかったのは、1回目に不合格だった直後の時期です。次もダメかもしれない、と思うと手が震えて、涙が出てくるんです。そのプレッシャーを乗り越えて頑張ることができたのは、一緒に勉強していた仲間がいたからです。互いにアドバイスし合い、助け合ったおかげで乗り越えられた局面は多々あります。その結果、2回目で合格できました。
【覚え書き:司法試験受験当時を振り返っての発言】


茂木友三郎

世界中で高まる健康志向は日本食の拡大にとって大きなチャンス。家庭の中に入り、現地の食文化に入り込むことも大切だ。日本食レストランだけでは限りがある。現地の食文化と融合していけば、普及に弾みもつく。


林文子

人との出会いを楽しむ気持ちが根本にあれば、たとえお客様に叱られても、それほど苦ではなくなります。


小室淑恵

生活リズムを整えることは、健康と美の基本です。きちんと寝て早起きする人は、出会う人にも好印象を与えます。仕事においても、信頼につながるはずです。


ラリー・ペイジ

我々の本質は以前と同じです。目指しているのは、技術の進歩を活用して、人々を助け、暮らしを良くし、よりよい社会に結びつけること。いま取り組んでいる多くのプロジェクトも、技術を使った人助けに関係するものばかりです。成し遂げるべきことはたくさんあります。


弘兼憲史

僕は「人には天職がある」と思っていて、誰にでも必ず一番合っている職業があるはずなんです。あなたは今、営業職や事務職をやっていたとしても、ピアニストや料理人が天職かもしれない。それは誰にもわかりません。僕の場合はサラリーマンよりも手を動かして何かを作る漫画家という職業のほうが、より自分の天職に近いと感じたわけです。


阿部寛

30代になって、意識を変えたんです。とにかく、いろんな仕事に自分から飛び込んでいきました。お話をいただいたものはすべて受けて、得意だろうが不得意だろうが、自分に合わないとか関係なく飛び込んで、現場からなにかを得て帰ろうとガムシャラにやってきましたね。最初はわからずに入っていきましたけれども、自分の中で固まっていくものが徐々にできてきたんです。


奥山清行

ときとして、自分のそれまでの経験だけでは対処できないような仕事がやってくることもあります。そういう場合であっても、自分の能力以上の結果を出すことがプロには求められます。


森正文(経営者)

交渉の場面では、こっちも気合が入っているという素振りをわざと見せます。「気合が入ってきたなぁ」といって上着を脱いでみたり、腕まくりをしてみたり、ネクタイを緩めてみたり(笑)。自分が真剣だというメッセージが伝われば、相手も真剣にならざるを得ません。お互いに本気にならない限り、真剣なビジネスの話はできませんから。


永守重信

経営者は本来、会社を良くし、成長させるために全力を尽くすべき存在なのだから、健康に留意するのは当然。


矢内廣

ぴあの企業理念でもありますが、「ひとりひとりが生き生きと」できるような世の中を作っていきたいという思いがあります。生まれも育ちも違うのだから、一人ひとり違う嗜好性で生き生きと生きる時代になると、雑誌『ぴあ』の創刊時から思っていました。


西尾維新

小説を1本書いている間に、次の仕事の仕込みをしているんです。人間は、集中しすぎると疲れるし、ろくなものができない。さらに集中できるのは1日90分ぐらいなもの。でも人間は1日10時間は働かないといけないわけです。過度に集中せず、意識を散らす意味でも、次の話を考えるんですよ。


鈴木喬(経営者)

経営はバクチ。負けたら、首を切られても仕方がない。それをやる社外取締役こそ、最後の安全装置。


ページの先頭へ