名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

グスタフ・二世・アドルフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グスタフ・二世・アドルフのプロフィール

グスタフ・二世・アドルフ。「北方の獅子」と称えられたスウェーデン王。10か国語以上を習得していた。数々の戦場で勝利。なおかつ自国の産業育成、法制度改革、経済政策を行いスウェーデンを大国へと成長させた名君。しかし、30年戦争に介入した際に前線に出すぎて志半ばで運悪く戦死してしまう。ナポレオンは彼のことを歴史上の7英雄の一人に数え敬愛した。

グスタフ・二世・アドルフの名言 一覧

私は自分でやってみなければ良くできたと信じない性格だ。何ごとも自分の目で確かめなくてはすまない。


グスタフ・二世・アドルフの経歴・略歴

グスタフ・二世・アドルフ。「北方の獅子」と称えられたスウェーデン王。10か国語以上を習得していた。数々の戦場で勝利。なおかつ自国の産業育成、法制度改革、経済政策を行いスウェーデンを大国へと成長させた名君。しかし、30年戦争に介入した際に前線に出すぎて志半ばで運悪く戦死してしまう。ナポレオンは彼のことを歴史上の7英雄の一人に数え敬愛した。

他の記事も読んでみる

千本倖生

いくら頭脳が優秀でも、勉強をしないと宝の持ち腐れになってしまう。とりわけ、若い時代は集中して、情熱を持って勉学に励むべきだろう。


重茂達

自社のPRの前に、相手(顧客)の不満や疑問、本音を引きだそう。トークが得意な人ほど聞き役に徹するべき。


奥田務

大丸と松坂屋の経営統合に向けて、まずは最終責任者を明確にすべきだと思いました。統合では連日、様々な決断を迫られます。誰が意思決定者か分からなければ混乱は必至。社員は誰が最終決断をするのか必ず見るでしょう。責任者が明確でないと、統合がうまくいくはずはありません。


成毛眞

「この会社で5年以内に課長になる」というような中途半端な目標は、自分の可能性を潰すだけです。本当は5年で部長になれるかもしれないし、他の会社から魅力的な転職のオファーが届くかもしれない。にもかかわらず、本人の目には目標しか映っていないから、他のチャンスを逃してしまいます。


荒俣宏

中学3年生の頃、古本屋を回り幻想文学の本を探し求めたんですけど、どこにもなくてね。大胆にも、『世界恐怖小説全集』の解説を書いていた、翻訳家の平井呈一先生に葉書を言いたんです。「弟子にしてください」って(笑)。ところが驚いたことに返事が来ましてね。「あなたは珍しい中学生だ。日本ではこの分野の作品はなかなか普及していない。私は小泉八雲作品の翻訳をライフワークにしているが、怪奇、幻想系文学は日本語で読もうと思っても出版は望み薄なので、原書で読むことをおすすめする」と言いてある。英語は大嫌いだったんですけど、「それなら、勉強しよう」と。日本橋の丸善に洋書を買いに行き、辞書を引き引き読み出したんです。でも、最初はさっぱりわからない(笑)。短編集に切り替え、毎晩、読み続けていたら10冊目くらいから理解できるようになってきた。高校2年には、かなり読めるようになっていました。


緒方健介

実は偉くなるほど「褒め業務」は増えます。その一方、自分は褒めてもらえなくなる。きちんとやって当然となってしまうんですね。上司も人の子です。例えば、自分の決断で仕事がうまくいったら、その貢献度を誰かに認めてほしいわけです。だから、部下はすかさず言うべきです。「○○さん、さすがですね!」と。本当は部下の粘り強い交渉がよかったのかもしれないけれど、その「さすが」の一言を伝えた部下に対して上司は「俺のことをよく見ている」と高く評価し、「いや、君のおかげだよ」と返答するかもしれません。


テリー伊藤

たとえばさ、友達に自分の商品とかダメ出しされた時とかさ、「じゃあ、どんなのがよかった?」とか聞くでしょ。お客に対しても、基本はこんな姿勢でぶつかればいいんですよ。


渡辺文夫

社長業は全力投球すれば体力、気力から6年くらいがちょうど良いところではなかろうか。自分の方針を社内に徹底して実現することも、6年あれば十分であろう。


押切蓮介

「話題になったから良かったでしょ」なんていう人もいるんですけど、作品の中身で勝負しなきゃ意味がないですから。

【覚え書き|『ハイスコアガール』休載問題を振り返って】


上川内あづさ

ドイツ留学からの帰国後しばらくして、長女を出産しました。育児休暇を取らずに、数カ月の産休後すぐ、研究に復帰しました。実際は、休めば休めたのかもしれません。でも、研究が止まってしまう焦りもあって、私は少しでも早く復帰したいと思いました。


堤真一

今でも自分が「壁を乗り越えて成長した」という実感はありません。でも、自分の成長を少しだけ象徴するようなことが実はあります。セリフを覚えずに舞台の本番になってしまう……という夢をよく見るのですが、その夢の中での対処の仕方が、年齢と共に変わってきたのです。若い頃は「どうしよう!」とパニックになって目が覚めていたのですが、40代くらいからは「台本を持ってでも舞台に出てしまえ!」と考えるものの、その台本が見つからない……という夢。50代になった最近では、「覚えていなくても乗り切ろう」となんとなく舞台に出て、一幕やり切ってしまう、という内容に変わりました。60代になって見る夢では、台本を覚えていなくても舞台を演じ切ってしまうかもしれません(笑)。これは夢の話ですが、「恥をかいてでも出よう」という意識が芽生えてきたのは最近のことです。「どんなときも、前に進むしかない」という心境です。


岩田弘三

創業者というのはある時期までは会社のことを一番よく知っている人間です。でも、何でも分かっている社長が事細かに指示をして、社員がそれに従って働いているだけでは、人材はいつまで経っても育ちません。