名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

グスタフ・二世・アドルフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

グスタフ・二世・アドルフのプロフィール

グスタフ・二世・アドルフ。「北方の獅子」と称えられたスウェーデン王。10か国語以上を習得していた。数々の戦場で勝利。なおかつ自国の産業育成、法制度改革、経済政策を行いスウェーデンを大国へと成長させた名君。しかし、30年戦争に介入した際に前線に出すぎて志半ばで運悪く戦死してしまう。ナポレオンは彼のことを歴史上の7英雄の一人に数え敬愛した。

グスタフ・二世・アドルフの名言 一覧

私は自分でやってみなければ良くできたと信じない性格だ。何ごとも自分の目で確かめなくてはすまない。


グスタフ・二世・アドルフの経歴・略歴

グスタフ・二世・アドルフ。「北方の獅子」と称えられたスウェーデン王。10か国語以上を習得していた。数々の戦場で勝利。なおかつ自国の産業育成、法制度改革、経済政策を行いスウェーデンを大国へと成長させた名君。しかし、30年戦争に介入した際に前線に出すぎて志半ばで運悪く戦死してしまう。ナポレオンは彼のことを歴史上の7英雄の一人に数え敬愛した。

他の記事も読んでみる

三浦しをん

以前、ホヤの研究者にお話を伺ったことがあって、すごく面白いなと思ったんですが、当時は基礎研究というものがわかっていなかったので「これは何の役に立つのですか?」と聞いてしまって。そうしたら「役には立ちません。好きだから、知りたいから研究している」とおっしゃった。それにすごく心を打たれたんですよね。基礎研究というのは、人間とは何かとか、この世界とは何なのかを追求する学問なんだな、と。


西秀訓

トマトや野菜ジュースを出す飲料メーカーがなぜ少ないかわかりますか? それは「考えて買う」商品だからです。別の言い方をすれば衝動買いしにくいので、大量に宣伝してどかんと売る、ソフトドリンク的な手法ではなかなかうまくいかない。実直に棚に置き続け、少額でも広告を打ち続け、機能や健康価値を訴えていくしかない。時間がかかり、量も出にくい。その代わり、一度ファンが付いたら強い。


鈴木敏文

同じ商品を売ってもダメ。大切なのは、商品の希少価値を提供すること。それは、アマゾンは絶対にまねできないからね。


松田正男

私は38年前に学習塾の経営を始めました。12年ほどは集団指導型の塾で、経営的には順調だったものの、何かしら心の片隅に引っかかるものがありました。集団指導型のクラスには、いろいろな学力の生徒がいます。「できる子は伸びる機会を失い、できない子は授業についてこられない」。そんな思いに日々悩みました。そこで、個別指導型の学習塾を始めることにしました。個別指導であれば、生徒一人一人に応じたきめ細かな対応ができます。様々な個性と向き合いながら、人を育てるという教育の原点を改めて確認しました。


樋口泰行

経営は「サイエンス」ではありません。2つとして同じ条件はないし、教科書が通用するわけでもない。人という生き物をマネージする「アート」に近いと思います。


三木谷浩史

常識で考えることがいかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。


岡藤正広

トップが攻め続けないとね。常に新しい目標を設定して、自ら引っ張っていかないと、すぐに慢心する。


竹田和平

応援したい企業を選び、「上がったらよし。下がってもよしの株価かな」と思っています。売りは考えない長期投資だから、目先の株価は関係ない。


山本真司

答えを導く考え方を身につけるためにはそれなりの訓練が必要ですが、日本企業がいま一番求めているのは新しいことを考えられるクリエイティブな人材。努力して考える力を身につければ、一気に抜きん出られるはず。今ほど考える力が役に立つ時代はないのではないでしょうか。


齋藤勇(齊藤勇)

最初は製品や接客などが原因でクレームをつけてきたのに、最後に「お前はなんだ!」と対応した人を否定する人もいます。二次災害を避けるためにも、相手によって話し方や態度を変えてみましょう。淡々と怒っている人には落ち着いた口調で。怒鳴り散らす人にはオーバーリアクション気味に頭を下げて謝ったり。相手に合わせることで事前に防げる問題もあります。


大嶋祥誉

まずは「自分に対する不満」や、「誰かにぶつけたい文句」など、思いつくまま、感情を言葉にして書きなぐるといい。負の感情を抱えたまま問題を解決しようとしても負の解答しか導けない。初めに心をリセットしましょう。


古舘伊知郎

僕はF1実況を任された当初はモータースポーツに全然詳しくなかったんです。だから、ホンダエンジンのメカニックの方々、外国のチームのスタッフの方々を取材する場面でも、話についていけてなかったんですよ。用語も、車のメカニズムもチンプンカンプン……。悲しかったし、悔しかったけれども、辞めたいとは思いませんでした。これは新しいものに着手しているがゆえの苦労だし、最初は望んでいなくても自分がゼロから立ち上げている辛さでしたからね。F1に関して、必死で猛勉強して、少しずつ専門家の会話がわかるようになった喜びは忘れられません。ああいう苦労こそが、最終的には、その人の人生や仕事の基礎体力になっていくと僕は信じてやまないですよ。