名言DB

9413 人 / 110706 名言

クロード・ローゼンバーグの名言

twitter Facebook はてブ

クロード・ローゼンバーグのプロフィール

クロード・ローゼンバーグ。アメリカの投資家・事業家。証券会社「RCM(ローゼンバーグ・キャピタル・マネジメント)」の創設者。

クロード・ローゼンバーグの名言 一覧

私たちは自分の過去の判断を正当化するために、あらゆる手段を尽くす。その誤りが証明されてからも、なおそれに固執する。


クロード・ローゼンバーグの経歴・略歴

クロード・ローゼンバーグ。アメリカの投資家・事業家。証券会社「RCM(ローゼンバーグ・キャピタル・マネジメント)」の創設者。

他の記事も読んでみる

菊地敬一

ヴィレッジヴァンガードの経営手法を、経済評論家たちは色々難しく説明してくれるけど、僕はただ、せっかく独立するんだから人と変わったことがやりたい、それだけだったんです。


樋口泰行

外資系である我々は、ローカルの顧客との間でいかに信頼を構築できるかが重要。


高汐巴

大学は新鮮で、たくさんの刺激を受けています。学生は皆、演劇を学びたいという志を持って入学しており、懸命に勉強しています。そうした学生たちのお役に少しでも立てるよう、楽しい授業にしようと作戦を練り、経験を伝えていこうと取り組んでいます。今まで経験しなかった、苦しいけれど楽しい、宝物のような時間を送っています。


ポール・グラハム

人がほしがるものをつくりなさい。
【覚書き|新米ベンチャー起業家たちに贈ったアドバイス】


菰田正信

旧来の倉庫だと、eコマースヘの対応は難しい。こういった物流施設は足りていないので、需要があります。立地についても産業構造の転換の中で、使わなくなった工場の跡地などを利用できます。新型の物流施設のニーズがどこにあるのか、適した土地がどこにあるかを把握する必要が生じています。


佐藤航陽

実際にお客様を儲けさせることが大切ですが、それ以外のところでいうと、知名度を上げることが大事ですね。世界中でアプリ開発者や広告主向けのカンファレンスが開かれていますが、私たちは必ず出席していました。そうすると「どこの国にいっても、あいつらはいるよね」と評判が立って、有名な企業だと思っていただけるようになる。けっこうきめ細かい努力をしていました。


伊庭正康

残業して夜やるくらいなら、翌朝、始業前に出社して行う方が確実にはかどり、短時間で済む。


出井伸之

過去の栄華にしがみついていると、高視に立って相手を見下したり、けなしたりしたがるものです。そうではなく、相手の良さを理解しながらも、これはちょっと危ないなと思えば指摘すればいいのです。若い人たちがどんどん活躍し、海外の企業と良い関係が築ける会社がもっと増えて欲しいというのが私の希望であり、目下の課題です。


ジム・ロジャーズ

70年代にジョージ・ソロスと立ち上げたヘッジファンドが成功したのも、ほかの人が目もくれないようなところに投資したからです。当時はまだ、たとえば日本に興味を持つ投資家は非常に少なかったのですが、二人とも海外に目を向けていました。空売りもやっている人はほとんどいませんでしたが、私たちは積極的に行いました。今振り返ると、多額の借り入れがあっていつ倒産してもおかしくなかったのですが、投資先の選択が正しかったので利益を得ることができたのです。もし間違っていたら、一日ですべてを失っていたでしょう。


鈴木おさむ

とにかく昔から好奇心がすごく強い。映画、雑誌、本……気になったものは何でも見ます。自分の知らないことには特に惹かれます。


林野宏

企業の中で仕事をするうえでは、得意な分野をそのまま仕事にできるとは限りません。むしろそんな恵まれた人はごく少数でしょう。大部分の人は与えられた仕事を好きになるしかなく、得意になるしかない。しかし与えられた仕事だと言っても、努力すれば必ず好きになれる。努力とは夢中になれることであり、その結果、成果を上げることです。夢中になればどんな仕事でも好きになれる。夢中になった結果、成果があがればますます仕事が好きになります。


村田昭治

私の尊敬する経営者に共通する特徴は、よく学びよく遊ぶことだ。ということは自分の専門外について関心をもち、行動の範囲のなかに遊ぶ要素を入れている人だ。


山田善久

一から十まで、自分でできるユニークなことがやりたかった。アメリカンタイプじゃない、しかもパティシエがきちんと作り込んだドーナツは面白いんじゃないかと思ったわけです。ドーナツならゆくゆくは世界展開も考えられますから。
【覚書き|証券会社やIT企業で活躍したのちドーナツ屋を始めた理由について語った言葉】


嶋津良智

極論すれば、贔屓して部下に嫌われてもいいのです。重要なのは、贔屓の裏側に正しさがあるかどうかです。能力や結果でなく好き嫌いで部下を選り好みしたり、自分の手柄のために部下の扱いに差をつけるのは、正しいとはいえません。部下のため、あるいはチームのために贔屓していると胸を張って言えるかどうか。そこにブレがなければ、いずれ部下もわかってくれるはずです。


富野由悠季

好きだというだけの理由で仕事を選ぶのは、かなり危険だと思います。好きなだけで就いた仕事は、その仕事を獲得した時点で満足を得てしまいますから、そこで働くことになってもそれ以上の努力はしません。その結果、人生的にはマイナスに作用してしまった人というのを僕は何十人も知っています。好きな職業に就いても幸せになるとは限らない。どんな仕事や境遇にも負けない素養をいまのうちに身につけよう。