クロード・ローゼンバーグの名言

クロード・ローゼンバーグのプロフィール

クロード・ローゼンバーグ。アメリカの投資家・事業家。証券会社「RCM(ローゼンバーグ・キャピタル・マネジメント)」の創設者。

クロード・ローゼンバーグの名言 一覧

私たちは自分の過去の判断を正当化するために、あらゆる手段を尽くす。その誤りが証明されてからも、なおそれに固執する。


クロード・ローゼンバーグの経歴・略歴

クロード・ローゼンバーグ。アメリカの投資家・事業家。証券会社「RCM(ローゼンバーグ・キャピタル・マネジメント)」の創設者。

他の記事も読んでみる

塚越友子(水希)

傲慢と感じるのは、あくまで自分たちの世代の価値観と比較した場合のこと。いま、老年期にある男性たちは戦争で平和を奪われ、戦後は高度成長期をがむしゃらに働き続けてきた世代です。そういう時代を生き抜いてきた人たちですから、いまと価値観が異なって当たり前なのではないでしょうか。


泉谷直木

ずば抜けた力を持つ人材になるには、「ミッション(使命)」「パッション(情熱)」「ファッション(自分なりのスタイル)」の3つの要素が重要です。


加地倫三

「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。


勝谷誠彦

野党が駄目なのはつらい顔をしてつらさばかり訴えるところ。やらなきゃいけないことはたくさんある。それをどうやるかが大事で、つらいことでも明るく楽しくやればいいんですよ。


松本大

ダボス会議などの国際会議に出るようになって、接したことのない分野の人と話す。つまり、仕事で使わない英語に触れたことで語彙や表現の幅が広がった。


トム・ピーターズ

超優良企業は行動を重視する。意思決定の際に分析だけを偏重するのではなく、トライ・アンド・エラーを信条とする。製品開発においても実験精神が旺盛で、次々と消費者にアイデアをぶつける。経営者自身、社長室や会議室にこもっているのではなく、現場に出向き、顧客と話をする。


安田佳生

その仕事が本当に自分に合っている仕事かどうかは、実際に何年か経験してみないとわからないんじゃないでしょうか。2、3年で見切りをつけて転職してしまう人も多いようですが、最低でも5年間は必要です。じっくり経験を積んでから見極めても、遅くないと思います。


麻生けんたろう

あがりやすい人や口下手な人に多いのが、相手に聞き返されてしまうことです。話し方に自信がなく、ボソボソ声になってしまうと、相手に良い印象を与えることができません。初対面が苦手だと思っている人は常に、通る声が出せるように声を磨いておくといいですね。


村上恭豊

手帳を使うようになったのは、創業者の父に、「仕事で気づいたことは何でも手帳にメモしなさい」と言われたからですね。


八木啓太

重視しているのは良いハードウェアをつくることではなく、それを使うことでどんな体験を得られるかです。このライトも、デスクライトというハードウェアではなく、最高の光を提供するものです。


岩田松雄

私は研修で話す際、従業員に「必ずひとつ質問をしろ」と求めていました。そうすれば同じ話でも懸命に聞くからです。ピント外れの質問をすれば恥をかくので、どうすれば的確に相手の意図を捉えられるか考えもするでしょう。意識を変えるだけで、得られる効果は劇的に変わるものです。


鈴木茂晴

終業時間が決まって何が変わるかというと、その後安心して何でもできるようになります。そうすると、みんな飲みに行くのではなく勉強をするようになったのです。例えばチーフファイナンシャルプランナー(CFP)というアナリスト資格と同様に難しい資格の勉強を多くの人がしたことで、当時は取得者が社内に100人を超えたくらいだったものが、今は700人を超えています。もちろん英語を勉強する人も増えてかTOEICの成績も上がっています。CFPは相続などの相談に応じるには非常にいい資格ですから、お客様も喜んでくださいます。働き方改革をきちんと進めると、会社にも社員にもお客様にもいいということなんです。


アンドリュー・カーネギー

必要な条件をすべて与えられながら、即座に決断を下すことのできない人は、いかなる決断も下すことはできない。


吉村英毅

多くの会社が、ベンチャーで立ち上がって、最初は勢いよく伸びても、どこかで成長が止まることが多いと思うんです。とにかく成長が止まらない会社を目指していきたい。


ジェシー・リバモア

トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。どのポジションをとるかを考えながらプレーするのはプロにとって習性だ。


ページの先頭へ