クロード・モネの名言

クロード・モネのプロフィール

クロード・モネ(オスカル・クロード・モネ)。印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」と讃えられた。

クロード・モネの名言 一覧

人は私の作品について議論し、まるで理解する必要があるかのように理解したふりをする。私の作品はただ愛するだけでよいのに。


クロード・モネの経歴・略歴

クロード・モネ(オスカル・クロード・モネ)。印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」と讃えられた。

他の記事も読んでみる

高橋和志(造船技師)

家庭を持つと信用がつくというのは本当でした。結婚して五人の子どもを育てていると「まるくなったね」と言われるようになったけれど、じつは私は短気なままだから、これは周囲の見方が変わったんです。


富永香里

昔は典型的なプッシュ型営業でした。それでうまくいくこともありましたが、このスタイルは一度断られると、そこで相手との縁が切れてしまうんです。だからいまの私は、情報を提示するだけ。「私はこういうものを売っているから、欲しければ言ってね」とだけ言って、決断を迫りません。だって断られない限り、縁が切れないんですから。


川上量生

「起業したい」という声をよく耳にします。でも、自分が本当にやりたいことではなくて、「人の下で働きたくない」「お金が欲しい」といった単純なプライドや欲望が先に立っていないでしょうか。「何をやりたいか」という具体的なビジョンがまずは必要。そして、それを実現させる手段が何かを深く考えれば、目的までの最短ルートが若いうちの起業ではないと分かることが多い。目的と行動を一致させる。これが最も合理的で、ビジネスの正しい道筋です。


浦沢直樹

イメージを捕まえるチャンスがあるじゃないですか。フッてすると逃げちゃっていなくなるじゃないですか。いま、頭の中にイメージがあるうちに描きとめなきゃという焦りみたいモノがありますよね。


鈴木幸一(経営者)

それまで僕は頼まれたことは一切断らず、相手に一生懸命尽くしているつもりでした。今度は頼む側として真剣に頭を下げているのに、彼らをバカ野郎とすら思いました。しかし、私の事業への出資の話から必死で逃げようとする友人たちを見て、はたと気づきました。頼みごとを引き受けるのは、美徳でも何でもない。断ることの方が引き受けるよりずっと難しく、覚悟がいることなのだと。以来、断るときはきっぱり断ることに決めました。
【覚書き|IIJ創業時に資金調達のために走り回っていた時期を振り返っての発言】


中野健二郎

すべて成功した事例に共通しているのは、環境の好転や経営者の好運に恵まれていることです。企業トップたるみなさんには、ぜひとも好運をものにしていただきたい。


村田昭治

忘れてはいけないのは、一人ひとりが自分の味つけをすることなのだ。最近、個々の経営者にお目にかかると、ことばがありきたりである。ご自身の味付けが足りない。


レイ・クロック

私はビジネスに身体を酷使し、糖尿病と関節炎を患い、胆のうのすべてと、甲状腺の大半を失っていた。だが、生涯で最高のビジネスが私の行く先に待ち受けていると信じて疑わなかった。


柳川範之

バブル崩壊以降、企業内での教育投資は10分の1になったとの調査結果もあります。その代替として、大学が各業種の技能経験者を雇い、専門トレーニングの総合講座を設置します。1、2年間は専念できるカリキュラムがいいでしょう。そこで受講生は、自分の再就職に必要な技能や知識を得ます。講師は、卒業生がどれだけ就職できたかで評価されます。成果主義を導入して、真剣な学びの場をつくり出すのです。


畑中好彦

新しいことをどんどん始めていくと不要な業務もたまる。新しいことを1つ始めるのなら、やめるものが3つないとダメだ。


塚越寛

未上場企業なら、利益が出なくても構わないとも思っている。人件費を支払った上で、利益がゼロになったのであれば、何ら恥じることはない。それでも残った利益は「残りカス」だ。わざわざカスをひねり出すために、従業員の幸せを犠牲にする必要性はどこにもない。利益などというものは、その程度のものだ。


佐野陽光

難しいことではなく、自分の信じることを素直にやっていけるかが勝負。


有馬頼底

かつて京都では、ホテルや駅ビルの高さや意匠を巡って景観論争に発展しました。結果、高層建築物が建ち一時期、京都から観光客が減ってしまったのです。京都が東京や大阪になろうとしても駄目なんです。文化あっての経済。その順番を間違ってはいけません。


稲盛和夫

人は誰でも幸せに生きていける。心のままに人生は存在するんだよ。


柴田昌治(コンサルタント)

自慢話は控えめに、失敗談は積極的に。「あの人にも自分と同じような弱みがあるんだな」と思えば、共感も生まれやすくなる。


ページの先頭へ