名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クルト・ボックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クルト・ボックのプロフィール

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

クルト・ボックの名言 一覧

他社との競争の中で優位性を保ち得ない事業領域からは既に撤退しています。


目的地へのアプローチはひとつだけではありません。目的地に到着したら次の目的が見つかるかもしれない。


良い関係を維持するためには、時間と努力を惜しんではいけません。常に自分の欲しいものが手に入ると思ってもいけません。


人の生活水準を高める化学(ケミストリー)を作り出していくことが、科学(サイエンス)の役割。


安い原燃料をライバル企業が使うことでやっていけなくなってしまうようなビジネスからは、既に撤退しています。


提携がうまくいくかどうかのポイントは、組み合わせが適切かどうかに尽きると思います。例えば、それぞれどんな原材料や化学品を持っているのか。また、どういった技術、専門知識を持つのかという点を、お互いによく知ることです。もちろん、両社の経営の透明性が確保され、オープンに話し合える環境であることが大前提になります。相手に対する配慮も必要です。その意味では夫婦関係に近いかもしれません(笑)。


「フェアブント」、ドイツ語からなかなか翻訳しにくい言葉ですが、日本では一応「統合生産拠点」と訳しています。例えばドイツのルートヴィッヒスハーフェンにある本社では、石油の分解設備から先端素材まで、約200の生産設備を中心に約2000の建物が密集しています。これらのすべてをひとつの拠点の中に置くことで、新たな付加価値を提供できるようにしています。


M&Aをするときに最終的に重要なのは、人です。相手企業の社員に、我々の目標を理解し、共感してもらえるかどうかです。一方的にこちらのやり方を押しつけてはいけません。違う方法を取り込む姿勢が成功につながることも多いからです。


M&Aをするときに大切なのは、結果的に事業として利益を上げられるようになるかどうかです。これまでとどんな違いを生み出すことができるのか、新しい製品開発につながるのか、といったことを精査します。


長期的に見て良い事業だと思う分野には、時間がかかっても積極的に投資します。発明者という立場でありながら、市場作りも仕掛けていきます。


自分にとって最良のものを確保しようというのはエゴです。提携の協力関係を通じて、それぞれが何を得られるのかを分かり合うことが大切です。必要以上のものを求めないという姿勢がベストではないでしょうか。


クルト・ボックの経歴・略歴

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

他の記事も読んでみる

渡邊剛

30代の前半というちょうど訓練するべき時期に、おおぜいの患者さんを手術させてもらえるチャンスを与えられたのがよかったんです。たとえば、ハイパスに使う血管を取る作業にしても、これは量をこなさなければうまくはならないんですよ。1000本の血管を取って一人前になれるのだとしたら、10年かけて1000本取るより、若いうちに1年で1000本取るほうがいいんじゃないかとは思うんです。
【覚書き|ドイツの病院に留学した当時を振り返っての発言】


ラ・フォンテーヌ

人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う。


藤原健嗣

日本でダメになった産業を海外に持って行くという考えでは、一世代で終わってしまいます。そうではなく、世界でのポジションをきちんと得られる事業展開をしていくことが重要。


野本弘文

高齢者が増えることをマイナス要素と見て邪魔者扱いするのではなく、高齢者がいかに楽しく生活できるかが重要です。それがまた、経済の活性化にもつながります。


榊原定征

民間企業というのは、いわば民主導の経済成長の立て役者というか、担う立場。経済成長を民間が引っ張っていかなければならない。


稲盛和夫

今の仕事が「嫌だ嫌だ」と思っていたら、それが原因となり、結果としてモチベーションなど上がるわけがありません。成績も悪くなり、いい評価などもらえないでしょう。人生は強く思ったことが現象となって表れる。だから、今の仕事を好きになることが大切。


本田健

試しに携帯電話の着信履歴を見て、かけてくれた人10人の平均年収を計算してみよう。その金額がいまのあなたのステージなのである。


森下泰

誰かがどこかで正論を主張しなければならない。それが俺の役目だ。タブーへの挑戦が俺のテーゼ。


寺島進

「忍苦精進(にんくしょうじん)」がオレの座右の銘ですね。「苦しみにたえて、精進しろ」。これ何事においても人生で大事だと思ってます。この言葉を思い出すんです。人生は自分の予定通りになんかいかないし、仕事で落ち込むこともしょっちゅう……。だから、自信がないときほど、この言葉でムリやり自分に暗示をかけてますよ。


的場浩司

ジャンルは違っても、熱のある人間が集まっている現場では、いい作品ができる。


森本雄司

ルミネは(JR東)グループの商業開発を担う中核会社です。グローバル展開や地域との連携などを率先していく役割があります。安全より挑戦を重視しながら、蓄積するノウハウをグループ各社に伝えていきたいと思います。


藤沢秀行

序盤というのは布石で、布石自体、碁の骨格を決めるものだから大切には違いないが、この段階で激しい合戦になることは少ない。それに序盤はある程度やり直しが出来るが、中盤で大勢が決まってしまうと、もう全体の勝負が決まってしまう。