名言DB

9490 人 / 112001 名言

クルト・ボックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クルト・ボックのプロフィール

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

クルト・ボックの名言 一覧

他社との競争の中で優位性を保ち得ない事業領域からは既に撤退しています。


目的地へのアプローチはひとつだけではありません。目的地に到着したら次の目的が見つかるかもしれない。


良い関係を維持するためには、時間と努力を惜しんではいけません。常に自分の欲しいものが手に入ると思ってもいけません。


人の生活水準を高める化学(ケミストリー)を作り出していくことが、科学(サイエンス)の役割。


安い原燃料をライバル企業が使うことでやっていけなくなってしまうようなビジネスからは、既に撤退しています。


提携がうまくいくかどうかのポイントは、組み合わせが適切かどうかに尽きると思います。例えば、それぞれどんな原材料や化学品を持っているのか。また、どういった技術、専門知識を持つのかという点を、お互いによく知ることです。もちろん、両社の経営の透明性が確保され、オープンに話し合える環境であることが大前提になります。相手に対する配慮も必要です。その意味では夫婦関係に近いかもしれません(笑)。


「フェアブント」、ドイツ語からなかなか翻訳しにくい言葉ですが、日本では一応「統合生産拠点」と訳しています。例えばドイツのルートヴィッヒスハーフェンにある本社では、石油の分解設備から先端素材まで、約200の生産設備を中心に約2000の建物が密集しています。これらのすべてをひとつの拠点の中に置くことで、新たな付加価値を提供できるようにしています。


M&Aをするときに最終的に重要なのは、人です。相手企業の社員に、我々の目標を理解し、共感してもらえるかどうかです。一方的にこちらのやり方を押しつけてはいけません。違う方法を取り込む姿勢が成功につながることも多いからです。


M&Aをするときに大切なのは、結果的に事業として利益を上げられるようになるかどうかです。これまでとどんな違いを生み出すことができるのか、新しい製品開発につながるのか、といったことを精査します。


長期的に見て良い事業だと思う分野には、時間がかかっても積極的に投資します。発明者という立場でありながら、市場作りも仕掛けていきます。


自分にとって最良のものを確保しようというのはエゴです。提携の協力関係を通じて、それぞれが何を得られるのかを分かり合うことが大切です。必要以上のものを求めないという姿勢がベストではないでしょうか。


クルト・ボックの経歴・略歴

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

他の記事も読んでみる

橋本進(経営者)

君が描いているこれ(設計図)の価値はいくらだと思う? これ(設計図)には1円の価値もない、それどころかマイナスなんだ。顧客は機械で課題を解決するために依頼をするのであって、設計図が欲しいわけではない。設計図はいわば社内決裁書にすぎず、無いに越したことはない。

【覚え書き|同社の技術者に対して】


西任暁子(西任白鵠)

どんなに論理的で正しいことを言っても、相手に理解してもらえなければ伝わったことにはならない。


三田紀房

漫画界には、「限界まで身体に鞭打ってこそ素晴らしい創作活動ができる」という美学、もとい「幻想」があります(笑)。最初は私もその価値観に慣れていましたが、デビューから10年が経ち、自作が売れ、自信がついてきた頃から、「別の方法でもいい作品は作れるはず」と考えるようになったのです。


井筒和幸(映画監督)

金を持たざるものが持つ力こそ「生きる力」や。何も持っていないからこそ悩むこともないんよ。


三津原博

競争を抑制するより、真っ当な競争を促す方が「患者本位の店舗づくり」は進むでしょう。そういった業界になってきたと思います。


美月あきこ

失敗を気にしすぎないことも大事です。これは私の失敗談なのですが、講演会で壇上に上がる途中、つまづいて転びかけたことがあるんです。聴衆の皆さんも「見てはいけないものを見た」という感じで(笑)。ところが、そのおかげで一気に雰囲気がよくなりました。「事件」を共有したことで、一体感が会場に生まれたんです。結局、そのときの講演は大成功でした。


ドナルド・トランプ

自分にコントロールできることはコントロールしておくのがよい。毎日、どんな問題が起きる可能性があるかを自問し、すべてのプロジェクトをおさらいし、自分の予定を把握しておくようにしよう。できるかぎり目を行き届かせよう。油断しないことだ。


北条重時

目立って働きをあらわさない人でも、熱心に努力しているなら、何か事情があるものと思いなさい。たとえ取るに足らない働きをしていても、いつまでも人に後れを取ることはないものだ。それというのも、心の上では熱心に働いているが、それほどの効果もあらわれ出ていないのであって、それも思いがけい事柄に出会っては、案外役立つこともあるのだ。


岩本敏男(経営者)

我々はミニIBMにも、ミニグーグルにもなるつもりはない。NTTデータとして彼らと差別化できる価値を作っていきます。


関根純

スマホで1週間、1か月という広い範囲の予定は見にくいもの。それに、日々の暮らしは仕事だけで成り立っているわけではありません。プライベートの予定も一緒に管理できた方が便利なので、私は月間見開きタイプの手帳で予定を管理しています。細かい作業のような案件は書き入れず、グループウエアに入力し、スマホやパソコンで確認すればいい。そうやって使い分ければ十分に対応できます。


高田明(ジャパネットたかた)

瞬間瞬間をいかに全力投球できるかという精神を持てば必ず苦難を乗り越えられる。


高田明(ジャパネットたかた)

人材育成に関して、スキルはマニュアルを作れば教育可能です。しかし昨今は、そうした部分にばかり目が行き、夢を語る経営者や上司が少なくなっている気がします。