名言DB

9413 人 / 110706 名言

クルト・ボックの名言

twitter Facebook はてブ

クルト・ボックのプロフィール

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

クルト・ボックの名言 一覧

他社との競争の中で優位性を保ち得ない事業領域からは既に撤退しています。


目的地へのアプローチはひとつだけではありません。目的地に到着したら次の目的が見つかるかもしれない。


良い関係を維持するためには、時間と努力を惜しんではいけません。常に自分の欲しいものが手に入ると思ってもいけません。


人の生活水準を高める化学(ケミストリー)を作り出していくことが、科学(サイエンス)の役割。


安い原燃料をライバル企業が使うことでやっていけなくなってしまうようなビジネスからは、既に撤退しています。


提携がうまくいくかどうかのポイントは、組み合わせが適切かどうかに尽きると思います。例えば、それぞれどんな原材料や化学品を持っているのか。また、どういった技術、専門知識を持つのかという点を、お互いによく知ることです。もちろん、両社の経営の透明性が確保され、オープンに話し合える環境であることが大前提になります。相手に対する配慮も必要です。その意味では夫婦関係に近いかもしれません(笑)。


「フェアブント」、ドイツ語からなかなか翻訳しにくい言葉ですが、日本では一応「統合生産拠点」と訳しています。例えばドイツのルートヴィッヒスハーフェンにある本社では、石油の分解設備から先端素材まで、約200の生産設備を中心に約2000の建物が密集しています。これらのすべてをひとつの拠点の中に置くことで、新たな付加価値を提供できるようにしています。


M&Aをするときに最終的に重要なのは、人です。相手企業の社員に、我々の目標を理解し、共感してもらえるかどうかです。一方的にこちらのやり方を押しつけてはいけません。違う方法を取り込む姿勢が成功につながることも多いからです。


M&Aをするときに大切なのは、結果的に事業として利益を上げられるようになるかどうかです。これまでとどんな違いを生み出すことができるのか、新しい製品開発につながるのか、といったことを精査します。


長期的に見て良い事業だと思う分野には、時間がかかっても積極的に投資します。発明者という立場でありながら、市場作りも仕掛けていきます。


自分にとって最良のものを確保しようというのはエゴです。提携の協力関係を通じて、それぞれが何を得られるのかを分かり合うことが大切です。必要以上のものを求めないという姿勢がベストではないでしょうか。


クルト・ボックの経歴・略歴

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

他の記事も読んでみる

神永正博

企業の中では「予算を通す」「企画のゴーサインをもらう」などのためには、稟議を通さなくてはなりません。意思決定の場で使う数字の巧拙で、思い通りに事を運べたり、逆に保留や中止、見直しに甘んじます。


中山泰男

やらされ感ではなく、やりたい感ですよ。それぞれの主体性を発揮でき、モチベーションが上がることが大事。そのため全員経営は必然。社員がワクワクする会社、社員が成長を感じて自己実現できる会社にしたい。


和田秀樹

加齢による知的機能の低下は一般に考えられているほどひどいものではない。知能テストなどを行ってみると、こちらの予想に反してよくできるお年寄りは珍しくない。実際の統計調査では、痴呆がない高齢者の言語性知能や結晶性知能と呼ばれる部分の知能、つまり若いうちから勉強を続けることで得られる知能は歳をとっても落ちないことが明らかにされている。


稲垣精二

国内市場のパイは大きく伸びてはいきませんが、独自性でやっていく。第一生命グループの独自性でお客様にどんどん信頼していただけるような、そういう余地はまだまだある。


永守重信

生産性向上の運動を始めて1年半ほどで残業は半分ほど減った。かなり無駄なこともやっていましたから、半分は減る。しかし半分からゼロにするには少し時間をかけないといけない。いろんな投資もしていかなければいけない。


吉田浩一郎

うちでは一対一のメールも創業時から禁止しています。すべての情報をオープンにすれば、社員が社内情報を集めるために時間を費やすこともありません。情報の偏りは派閥を生みますから、それは私も含めみんなのストレスにもなってしまう。


池上彰

悪口や陰口は、当然ビジネスをする上でも気を付けるべきことです。ビジネスマンは、少なくとも顧客の前ではよその会社の悪口や噂話を絶対に言ってはいけません。


中村義一

顕微鏡の開発にかける時間はだいたい一ヶ月間ぐらいですね。大手の会社に比べたらかなり短い。でも、まぁうちは40年間も天体望遠鏡を研究開発してきたんだから、観測技術についてはノウハウで他社の医療機器会社に負けるはずがないんだ。望遠鏡が売れなくなって、いま、売れている医療機器の世界に移動してきただけで、まあ、前は宇宙を、いまは人体の中を観測していると言うのかな。分野と販路を変えただけで、仕事の内容は変わっていないんです。


内山真

寝つきの良さは朝の光で決まる。休日もあまり朝寝坊せず、なるべくいつもと同じ時刻に起きて、しっかり朝日を浴びること。


堀内伸浩

この提案を受け入れれば、自分たちにどんな未来が待っているかを、数字などを使って具体的にイメージさせる。さらに、実際にそのメリットを享受している企業事例を列挙するなど、事実や実績を書く。それがメリットや数字を裏づける証拠になり、説得力が増します。


河田重

人間というものは、いつ、どういう仕事にぶつかるかもしれないものである。そのときに、その仕事を責任を持ってやれるだけの準備を平生しておくのは大事な心がけだと考える。それがいわゆる勉強であり修養である。


水野和敏

収益や順位はあとから勝手についてくる結果であって、自分たちから求めるのは筋違い。


山本高史

「もっと自由な発想をしろよ」と部下を鼓舞する上司はいるが、鵜呑みにしてはならない。「クライアントに気に入られる自由な発想をしろよ(まずオレに、だ)」と言っているにすぎない。


平井一夫

変革と収益力強化に全力で取り組んできた。厳しい決断を下さざるを得ない場面もあったが、ソニーの復活と将来の成長につながると思ってやってきた。


新海誠

一番最初に作り始めた作品は、今思うと物語というよりは詩に近いものだったような気がするんです。一言一言が歌のようであってほしい、と思って作っていた。歌って、歌詞をずうっと自分の中に持っておけるじゃないですか。道を歩いていても歌詞を口ずさめるし、そのことによって日常を乗り越えるのがラクになったりだとか、励まされたりする。映画なんだけれども、そういうものにしたいなという気持ちがあったんだと思います。それからだんだん自分自身の興味が、詩よりも物語の構造そのもののほうに移っていったんですが、やはり一言一言が観客の中に残って、励ましてくれるような言葉を映画の中のどこかに入れたいと思っています。