クルト・ボックの名言

クルト・ボックのプロフィール

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

クルト・ボックの名言 一覧

他社との競争の中で優位性を保ち得ない事業領域からは既に撤退しています。


目的地へのアプローチはひとつだけではありません。目的地に到着したら次の目的が見つかるかもしれない。


良い関係を維持するためには、時間と努力を惜しんではいけません。常に自分の欲しいものが手に入ると思ってもいけません。


人の生活水準を高める化学(ケミストリー)を作り出していくことが、科学(サイエンス)の役割。


安い原燃料をライバル企業が使うことでやっていけなくなってしまうようなビジネスからは、既に撤退しています。


提携がうまくいくかどうかのポイントは、組み合わせが適切かどうかに尽きると思います。例えば、それぞれどんな原材料や化学品を持っているのか。また、どういった技術、専門知識を持つのかという点を、お互いによく知ることです。もちろん、両社の経営の透明性が確保され、オープンに話し合える環境であることが大前提になります。相手に対する配慮も必要です。その意味では夫婦関係に近いかもしれません(笑)。


「フェアブント」、ドイツ語からなかなか翻訳しにくい言葉ですが、日本では一応「統合生産拠点」と訳しています。例えばドイツのルートヴィッヒスハーフェンにある本社では、石油の分解設備から先端素材まで、約200の生産設備を中心に約2000の建物が密集しています。これらのすべてをひとつの拠点の中に置くことで、新たな付加価値を提供できるようにしています。


M&Aをするときに最終的に重要なのは、人です。相手企業の社員に、我々の目標を理解し、共感してもらえるかどうかです。一方的にこちらのやり方を押しつけてはいけません。違う方法を取り込む姿勢が成功につながることも多いからです。


M&Aをするときに大切なのは、結果的に事業として利益を上げられるようになるかどうかです。これまでとどんな違いを生み出すことができるのか、新しい製品開発につながるのか、といったことを精査します。


長期的に見て良い事業だと思う分野には、時間がかかっても積極的に投資します。発明者という立場でありながら、市場作りも仕掛けていきます。


自分にとって最良のものを確保しようというのはエゴです。提携の協力関係を通じて、それぞれが何を得られるのかを分かり合うことが大切です。必要以上のものを求めないという姿勢がベストではないでしょうか。


クルト・ボックの経歴・略歴

クルト・ボック。ドイツの経営者。ドイツの化学メーカー「BASF」会長。ドイツ・ケルン大学経営学部卒業、ボン大学で経済学博士号を取得。BASFに入社。主に財務部門でM&Aの仕事に携わる。その後、会長に就任。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

情報が足りていないために上司の判断がブレて、言うことが変わるというケースもあります。その場合は、足りない情報を補足してあげるのが部下の務め。指示された瞬間に反論すれば、上司は不快に思うでしょうが、いったん席に戻って必要な情報を揃えてから、「調べてみたらこんな情報もあるようなので、別案も検討してはどうですか?」と提案すれば、上司も「自分を助けてくれてありがたい」と感じるでしょう。


安田隆夫

顧客の心のひだにスポットライトを当て、新たな業態を創造していくという飽くなき執念、我々の言うところの「はらわた」は何ひとつ変わっていない。


谷口祥子

褒められる側に立ったとき「いえいえ、とんでもない」と謙遜したくなるところですが、それでは会話は止まってしまいます。私の知人の男性は、「カッコいいですね」と言われると「正直な方ですね!」と冗談めかして答えるそうです。笑いを起こして相手の気持ちをほぐす、とても良い方法だと思います。さすがにそれは無理、という人でも、「ありがとうございます」のひと言は忘れないようにしましょう。加えて「○○さんこそ素敵です」あるいは、「○○さんのような素敵な方に褒めていただいて嬉しいです」といった褒め言葉を返すことができれば万全です。


杉田敏

相手に質問を投げかけることも距離を縮めるコツです。日本人は公の場で質問するのが苦手ですが、これは失敗を恐れるからでしょう。アメリカでは「この世に馬鹿げた質問はない。あるのは馬鹿な答えだけ」という格言があるくらい、質問を奨励する文化があります。


キャンディス・パート

私にはもう、脳と体を明確に区別することはできない。実際、神経ペプチド(神経ホルモン)について知れば知るほど、心と体を従来どおりの概念で捉えることが難しくなってくる。むしろ、心と体を統合された一つの心身(Body-Mind)という実体として考えるほうが理にかなう。


吉田松陰

創業は難しいようで易しい、守成は簡単に見えて難しい。


橋本和良

環境整備について、私たちは定義を設けました。すなわち「礼儀、規律、清潔、整頓、安全、衛生」という6つの面に着目し、すべてを維持向上させていくことを目標に定めているのです。


岩井俊憲

企業の中で生産性と人間性は、どちらも欠いてはならない二つの軸。いわば車の両輪、飛行機の左右の翼。


島純

専門課程では自分で考えアイデアを生む面白さを知って欲しい。やはり楽しくないと、勉学も研究も長続きしない。


成毛眞

読書において真に重要なのは、本の内容を頭に入れることではありません。その本を読んだことで精神的な衝撃を受け、自分の内部でエモーショナルな組み換えが始まることです。そうした体験は、人を導いたり、創造的な仕事をする力につながります。


木部智之

出張のときは「仕事をしない時間」もまた重要です。たとえば私は、同僚や取引先と食事を楽しんだり、観光や街歩きをする時間をなるべく取るようにしています。現地の同僚や取引先と食事をすることで、有益な情報を得やすくなり、商談がまとまりやすくなる。また、街歩きを通じ、現地の様子を知り、知見を深めることもできる。これは、出張先だからこそできる立派な「仕事」です。


舞の海秀平

勝負強い力士ほど、「勝たないと飯が食べられない」という覚悟を持ち、自主性が乏しい力士ほど潰れていくのが、プロの世界。


小笹芳央

観察してアウトプットする。この積み重ねが、仕事の感性を磨いてくれる。


見城徹

知識を増やすだけの勉強には意味がない。血肉化されて初めて役に立つ。血肉化とは、文字通り、その学びを自分の体の一部にするぐらいの吸収をするということだ。


森下裕道

現代人は皆、どこかに孤独感を抱えているものです。「自分のことを理解してほしい」「一人の人間として尊重してほしい」と思っています。その気持ちを汲み取ることが、コミュニケーション上手になる第一歩です。


ページの先頭へ