名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリス松村の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリス松村のプロフィール

クリス松村、くりす・まつむら。日本のタレント、フィットネスインストラクター。オランダ・ハーグ出身。大学卒業後、広告代理店勤務、芸能マネージャーなどを経てフィットネスインストラクターに転身。その後、タレント活動を開始。

クリス松村の名言 一覧

つらい仕事? しょっちゅうありますよ。でも断っていたら、成長することはできないから。何の実力もないのに正論を喚いたって負け犬の遠吠えなんです。


広告代理店の入社式には真っ赤なスーツを着て出席。紺やグレーのスーツを着たサラリーマンの群れに埋もれたくなかったからです。すぐに役員室に呼び出されて怒られましたけど、翌日からもオシャレなスーツで出勤しました。


インストラクターを始めたとき、最初はなかなか生徒さんが集まらなくて。1回のレッスンに集まるのはほんの数名程度。さみしい光景でした。そんな、ある日、先輩のインストラクターから、こんなことを言われたんです。「クリスって、普段はオネエ言葉ですごく面白いのに、どうしてレッスンになると、普通の人になっちゃうの? いつものクリスのほうが断然いいよ」そうなんです。私、親しい人の前ではオネエキャラを出してたんですけど、生徒さんの前では普通の男性を演じてたんです。なんだかんだ言っても、知らない人にカミングアウトするのって、勇気がいるんですよ。けれども、先輩の言葉でふっきれました。よし、オネエ全開でやってみよう。どうせなら、昔から自己流でやってたアイドル・フィットネス(歌手の振り付けをベースにしたダンス)も取り入れようと心に決めました。数日後のレッスンで私は大変身。オネエキャラ100%で踊りまくりました。すると、スタジオには活気と笑い声が充満。翌日から、生徒さんがどんどん増えて、あっという間に連日超満員のクラスになりました。そうこうしているうちに、オネエのインストラクターとしてテレビに出ることになり、いまの私に至っています。あのときに本来の自分をさらけ出したからいまの私がある。


クリス松村の経歴・略歴

クリス松村、くりす・まつむら。日本のタレント、フィットネスインストラクター。オランダ・ハーグ出身。大学卒業後、広告代理店勤務、芸能マネージャーなどを経てフィットネスインストラクターに転身。その後、タレント活動を開始。

他の記事も読んでみる

桜井博志

海外輸出も伸ばしますが、日本でも日本酒の需要はまだ伸ばせます。なぜなら、若い人や女性が日本酒を飲んでいない。獺祭は、日本酒マニアではなく、日本酒に触れたことのない層に受け入れてもらうことで売り上げを伸ばしてきました。これからも、そうした人に広げていくつもりです。


高橋淳(経営者)

肉がおいしいだけではまだ足りません。お客様の満足につながる要素のひとつにすぎません。店内の居心地にもこだわり、内装にもコストをかけました。お客様にゆっくりくつろいでいただけるよう、テーブルごとに壁や仕切りを設けて個室感覚を演出するようにしました。


村口和孝

ゼロの状態から創業する経験を積んでおくことは、キャピタリストとして活動する上で大変重要である。そこが体験的に理解できないということは、起業家がなぜ創業して、どんな体験をしたのか、共感する事が難しいからだ。


浅野悦男(農業)

私も常に、店のスタッフの一人、という気持ちで野菜を作っています。


酒井健二(経営者)

改革を通じて意識を変えなければ先には進めないと思った。業績にこだわり、成長にこだわる気持ちを養うしかなかった。


小宮一慶

自分の肌で感じ取った情報は、人に話したり、ネット上で公表して、必ずアウトプットする。そして、第三者の反応を見て、生きた情報になるか検証すること。情報力というのは、インプットとアウトプットを繰り返すことで磨かれていく。


包行均

そもそも安い高いっていうのは比較対象があるから。唯一無二の製品だったらそういうのはない。


舞の海秀平

体が小さいからこそ、「勝つためにはどうすればいいか」、必死に考えた。


相澤賢二

顧客アンケートは、意見を聞くだけのためではありません。お褒めの言葉を社員に返せば、社員はとても喜びます。ボーナスより嬉しい。私の代わりにお客様が褒めてくれる。仕事にはそういう喜びが必要なのです。


渋沢栄一

多く聞き、多く見て、その中より最も善きものを選び、これに従うて行作せねばならぬのは中人の常なり。されどあまり見聞のみを博くしても、その人に取捨の見識がなければ、選択の見当がつかなくなって迷うようになるものだ。


松井稼頭央

やっぱり一度、優勝の味を知ると何度でもビールかけしたくなる。そのために年齢も年齢なんで、大きなケガなく戦えるようにオフから準備して、まずキャンプにいい状態で入ることが目標です。


窪田良

慶応義塾大学病院を辞めてワシントン大学に赴任した時も、アキュセラを創業した時も、周囲の友人には「無謀だ」と止められました。ただ、私には世界から失明をなくしたいという夢があります。その夢の最短距離に起業があると思えば、経営経験の有無などほとんど意識しませんでした。