名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリス松村の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリス松村のプロフィール

クリス松村、くりす・まつむら。日本のタレント、フィットネスインストラクター。オランダ・ハーグ出身。大学卒業後、広告代理店勤務、芸能マネージャーなどを経てフィットネスインストラクターに転身。その後、タレント活動を開始。

クリス松村の名言 一覧

つらい仕事? しょっちゅうありますよ。でも断っていたら、成長することはできないから。何の実力もないのに正論を喚いたって負け犬の遠吠えなんです。


広告代理店の入社式には真っ赤なスーツを着て出席。紺やグレーのスーツを着たサラリーマンの群れに埋もれたくなかったからです。すぐに役員室に呼び出されて怒られましたけど、翌日からもオシャレなスーツで出勤しました。


インストラクターを始めたとき、最初はなかなか生徒さんが集まらなくて。1回のレッスンに集まるのはほんの数名程度。さみしい光景でした。そんな、ある日、先輩のインストラクターから、こんなことを言われたんです。「クリスって、普段はオネエ言葉ですごく面白いのに、どうしてレッスンになると、普通の人になっちゃうの? いつものクリスのほうが断然いいよ」そうなんです。私、親しい人の前ではオネエキャラを出してたんですけど、生徒さんの前では普通の男性を演じてたんです。なんだかんだ言っても、知らない人にカミングアウトするのって、勇気がいるんですよ。けれども、先輩の言葉でふっきれました。よし、オネエ全開でやってみよう。どうせなら、昔から自己流でやってたアイドル・フィットネス(歌手の振り付けをベースにしたダンス)も取り入れようと心に決めました。数日後のレッスンで私は大変身。オネエキャラ100%で踊りまくりました。すると、スタジオには活気と笑い声が充満。翌日から、生徒さんがどんどん増えて、あっという間に連日超満員のクラスになりました。そうこうしているうちに、オネエのインストラクターとしてテレビに出ることになり、いまの私に至っています。あのときに本来の自分をさらけ出したからいまの私がある。


クリス松村の経歴・略歴

クリス松村、くりす・まつむら。日本のタレント、フィットネスインストラクター。オランダ・ハーグ出身。大学卒業後、広告代理店勤務、芸能マネージャーなどを経てフィットネスインストラクターに転身。その後、タレント活動を開始。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

新しいことに帆を上げて挑戦し、すべてが完璧だったらどんなに退屈か、考えてみるといい。ビジネスマンだろうと船乗りだろうと、凪の海では自分の腕の見せどころがない。


荒蒔康一郎

私が社長に就任した年は、ビール市場においてキリンがアサヒさんに逆転されてしまった年です。そんな逆風下だったからこそ、ビール以外の分野を渡り歩いてきた私に、会社はゼロからの発想を期待したといえます。


玉木林太郎

ビジネスの世界では早く動いた企業が有利になる。市場を先回りできれば儲け、遅れれば損をする。


安岡正篤

人間は、早成する、早くものになるというほど危ないことはない。人間もなるべく晩成がよい。まあ、死ぬ頃なんとかものになるというくらいの覚悟でぼつぼつやるがよい。


ラリー・フィンク

トヨタ自動車などは長期的な目的を持ってR&D(研究開発)に投資し続け、あれだけの成果を上げているわけです。短期的な目的、収益だけにとらわれた企業の中には、経営がうまくいかず、すでに存在していない会社も多いですね。


吉田忠裕

以前、お客様から、「おたくの会社は変わっていますね。誰が社長だか分からない」って言われたことがあります。当時、社長だった私がいても、皆、我こそはと話し始める(笑)。ワンマンで有名な取引先の社長が来た時も、同じく皆が話し始めるのでビックリされていました。その社長から「吉田さん、大変ですね」と言われたのですが、「いつもこうなんで、慣れています」と答えました。そして、「私が下手なことを言えば、社員にコテンパンにやられますし、社員が間違っていれば私も言います。どんどん発言したって構わない、そう思っているんですよ」と伝えました。驚かれていましたね。


岡野雅行(岡野工業)

日本は減点法が根づいているから失敗もしないし挑戦もしない。失敗を怖れず挑戦しなきゃ。失敗は、ものづくりの仕事の基本だよ。


市川典男

お声がかかればどこへでも行きますね。そこで出会える新たな人との新たな刺激が、ビジネスの発想にもつながっています。


松本晃(経営者)

考える技術はないですね。強いて言えば訓練であり、習慣です。若いときから自分の頭で考える訓練を積むしかない。ただし、目標設定は大切ですよ。


ビル・マクナブ

現状でもコストは低いですが、まだまだ改善は続けていく。30年このビジネスをやってきて学んだ教訓は「決して改善を止めてはならない」ということ。


山本正明(営業マン)

期待と実感がイコールになれば、お客様は「満足」します。期待を実感が下回れば「不満」になります。ところが実感が期待を少しでも超えれば、お客様は「感動」し、契約してくださるのです。何も特別なことをして、期待を大きく上回る必要はありません。私たちはお客様と長いおつきあいをするのですから、無理をしてもどうせ続かなくなります。


坪田一男

僕は7年ほど前から、100歳以上元気で長生きしておられる方々に実際にお目にかかってインタビューするのをライフワークのひとつとしているが、実際その多くが素晴らしいチャレンジャーだ。