名言DB

9413 人 / 110706 名言

クリス・ベンハムの名言

twitter Facebook はてブ

クリス・ベンハムのプロフィール

クリス・ベンハム。ビジネスインテリジェンスサービスを展開する「Yellowfin(イエローフィン)」CMO(最高マーケティング責任者)。

クリス・ベンハムの名言 一覧

変化の激しい昨今、3時間のタイムラグが非常に大きな違いを生む。ビジネスでは未来を見通して準備をすることがとても大事になる。


どの会社にも眠っている貴重な情報(データ)が蓄積されています。この眠れる資産を自ら活用できるかどうかが、今後の成否を分けるのです。


BI(ビジネスインテリジェンス)を手掛けている会社は世界中にありますが、その中で当社の提供している仕組みは、分析したデータに「何が起きたか」だけでなく、それが「なぜ起きたのか」という原因までわかりやすいビジュアルと説明で提示します。これにより、自ら原因を分析する必要がなく、より早く、確実な意思決定を可能にし、ビジネスを後押しします。


もっともっとたくさんの情報(データ)を作り出すことができれば、より多くの成長を実現することができます。これはどのような業種でも関係ありません。食品や外食業界でもBI(ビジネスインテリジェンス)を活用することで食材ロスを減らし、効率的な店舗や物流施設の運営ができます。棚卸でも効果的な役割を果たすことができるでしょう。ビジネスを変革するためには、直感に頼るのではなく、信頼できるデータや分析を基にアクションを起こすことが重要です。そのためには正確かつリアルタイムなデータが必要になります。その場合、会社の全データをつなぐことが重要になります。


デジタル社会の到来により、現場のデータをいかに速く収集して解析し、経営判断の参考にさせるかが大きな鍵になっています。経営の意思決定において、よりスマートで、より速いデータが収益を上げることに直結する時代になっているのです。したがって、全世界で起こっている事象をほぼリアルタイムのデータとして収集することができれば、企業は最も有効な次の一手を打ち出すことができるということになります。そして、そのデータがグラフのように可視化できれば、さらに意思決定を下しやすくなるはずです。


クリス・ベンハムの経歴・略歴

クリス・ベンハム。ビジネスインテリジェンスサービスを展開する「Yellowfin(イエローフィン)」CMO(最高マーケティング責任者)。

他の記事も読んでみる

出口汪

他者とコミュニケーションを取るときにまず意識しておきたいのは、「人は簡単にはわかり合えない」ということ。「親の心子知らず」という言葉があるように、親子のあいだですら、互いの感情を理解するのは難しいもの。まして仕事上のつき合いしかない人と、簡単にわかり合えるはずがないのです。


槍田松瑩

教養に触れることで、「人間とはこういう生き物なんだ」、「世の中にはこんなにさまざまな価値観があるんだ」など、新たな気付きが自分自身の人生を豊かにすることになるし、社会との付き合い方を変えていく。


佐川隼人

私どもが目指しているのは、お客様の「ストックビジネス化の支援」です。例えば、ネットでパンを販売している事業者さんの場合、売れ残りが出ると、パンは腐ってしまいます。でも、毎週買って下さる固定客が100人いたら、100個つくれば100個必ず売れていきます。そうなれば、廃棄が減り、利益率も上がり、安定して継続的な収益を得ることができます。購入する側にとっても、その都度注文しなくても、定期的に商品を届けてくれるので便利だし、割安で購入できるからお得になります。つまり、定期購入は、売り手、買い手、双方がメリットを得られる素晴らしい仕組みなのです。


佐藤尚之

以前は文化、流行、消費などの情報は、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌の4大マスメディアによってトップダウンの形で伝えられていました。ところが、いまではネット上で消費者同士が「ホントかな」「私はこう思うよ」などと批評し合い、情報がボトムアップされるようになりました。その結果、作り手がどんなにいいことを言っても、消費者は素直に信じなくなってしまいました。


村上隆男

トップに立つ者やマネジャーがやらなければならないのは、場を作ること、チャンスやフィールドを用意すること。


保木将夫

顧客への個別対応は一見効率が悪そうですが、ユーザー本位のカスタマイズが強みとなり、収益アップを牽引する製品となっています。


松尾貴史

メディアリテラシーというのは、いまの日本人にとってすごく大事なテーマ。いくら物が豊かで情報化社会が進んでも、デタラメな情報が氾濫していたら社会的な生活を送っている国とは言えません。情報を吟味する感覚を、五感を総動員して培っていかなければいけない。


中村天風

本当に幸福を感じ得る人というのはどんな人か。その心のなかに絶えず高尚な積極的観念が熱烈に燃え上がって生きている人です。


家入一真

国や会社に依存したって相手は何もしてくれないことを、本当はみなさんも気づいているのではないでしょうか。だからこそ、自分でできることを見つけて、自立して生きることを考えてほしいのです。いますぐ転職や起業をしなくても、ツイッターやフェイスブックで自分の考えや想いを発信し、それを応援してくれる人を集めておくことはできる。そうして準備をしておくことが、いつか新しいことを始めるときに、あなたを支える大きな力になってくれるはずです。


藤重貞慶

心の豊かさを一言でいうと「量より質」です。たとえば日本人男性の平均寿命は2009年時点で79歳ですが、WHOが2004年に発表した日本人男性の健康寿命(自律的な生活が送れる年齢)は約72歳と、7年も開きがあります。女性も同様な傾向にあり、人生の晩年に何年間も人間の尊厳を傷つけられるような生き方をせざるを得ません。これが、果たして本当に幸せなことなのでしょうか。


夏野剛

万人とうまくつきあうことなど不可能。古い関係の修復に腐心するよりは、そのエネルギーを新しい友人づくりに使ったほうがいい。地球上には70億人、日本だけでも1億2000万人の人間がいるのだから。


森正文(経営者)

創業時だからこそできたことかもしれませんが、とにかく「あなたの好みのサイトを最初から一緒につくりましょう」と訴えました。ホテルの人も、ネット予約で稼働率を上げたかったんですね。


阿部寛

自分を客観視することは確かに難しいです。それにはやはり、相談できる相手が必要です。自分が考えていることを何でも話せる人が一人いるかいないかで、全然違う気がします。別に意見を言ってくれなくてもいい、聞いてくれるだけでいいんです。取り留めもなく話しているうちに、自分の中で考えがまとまっていくんです。


立石義雄

新しい企業理念策定段階で、「会社は誰のものか」といった議論を何度となく行いました。その結果、基本理念として「企業は社会の公器である」ことを明確に宣言しようとの結論に至ったのです。企業の活動に必要となる人、資金、土地はすべて社会から供給してもらっています。いわば社会インフラの上に成り立っているわけですから、事業活動の成果を社会に還元するのは当然のことです。


松﨑晃一(松崎晃一)

人は怒りの感情が生まれた瞬間にアドレナリンが放出されます。いわゆる頭に血が上った状態に。だから冷静に判断できず、暴言や暴力に走りやすくなるんです。ただし、怒りの感情は6秒後には急激に治まっていきますから、その6秒をやり過ごすワザを覚えればいいのです。