名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

クリス・ベンハムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリス・ベンハムのプロフィール

クリス・ベンハム。ビジネスインテリジェンスサービスを展開する「Yellowfin(イエローフィン)」CMO(最高マーケティング責任者)。

クリス・ベンハムの名言 一覧

変化の激しい昨今、3時間のタイムラグが非常に大きな違いを生む。ビジネスでは未来を見通して準備をすることがとても大事になる。


どの会社にも眠っている貴重な情報(データ)が蓄積されています。この眠れる資産を自ら活用できるかどうかが、今後の成否を分けるのです。


BI(ビジネスインテリジェンス)を手掛けている会社は世界中にありますが、その中で当社の提供している仕組みは、分析したデータに「何が起きたか」だけでなく、それが「なぜ起きたのか」という原因までわかりやすいビジュアルと説明で提示します。これにより、自ら原因を分析する必要がなく、より早く、確実な意思決定を可能にし、ビジネスを後押しします。


もっともっとたくさんの情報(データ)を作り出すことができれば、より多くの成長を実現することができます。これはどのような業種でも関係ありません。食品や外食業界でもBI(ビジネスインテリジェンス)を活用することで食材ロスを減らし、効率的な店舗や物流施設の運営ができます。棚卸でも効果的な役割を果たすことができるでしょう。ビジネスを変革するためには、直感に頼るのではなく、信頼できるデータや分析を基にアクションを起こすことが重要です。そのためには正確かつリアルタイムなデータが必要になります。その場合、会社の全データをつなぐことが重要になります。


デジタル社会の到来により、現場のデータをいかに速く収集して解析し、経営判断の参考にさせるかが大きな鍵になっています。経営の意思決定において、よりスマートで、より速いデータが収益を上げることに直結する時代になっているのです。したがって、全世界で起こっている事象をほぼリアルタイムのデータとして収集することができれば、企業は最も有効な次の一手を打ち出すことができるということになります。そして、そのデータがグラフのように可視化できれば、さらに意思決定を下しやすくなるはずです。


クリス・ベンハムの経歴・略歴

クリス・ベンハム。ビジネスインテリジェンスサービスを展開する「Yellowfin(イエローフィン)」CMO(最高マーケティング責任者)。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

最低でもひとつの仕事を10年やる。そういう経験がとても大切です。30歳までにひとつの仕事。40歳までにもうひとつの仕事。40歳までにふたつの仕事でスペシャルになれば、どこへ行っても通用する人間になれます。


前川孝雄

調整事の経験は、人脈形成につながります。トラブルを防ぐには、誰と話をすればいいのか。プロジェクトを推進するには、誰を説得すればいいのか。そうしたこともわかってきます。難しい依頼をするときも、「うまく部内を調整してくれているあの人の話であれば、聞いてみよう」と思ってもらえるかもしれません。


仲暁子

数字に苦手意識が強い人は、まず、家計簿アプリを使ってみるのもいいと思います。自分の毎月の収入や支出をアプリが勝手に分析してくれ、「今月の支出は先月に比べて何%増(あるいは減)」「同じ属性のほかのユーザーの平均と比べて支出が何%多い」といった「変化率」や「比率」を示してくれるので、無理なく相対的な数字に親しむことができるはずです。


高橋恭介(経営者)

終身雇用の中で何となく年功制で賃金を決める時代は終わった。これからの経営者には、合理的な制度に基づいた人事評価が求められる。


大倉忠司

私は烏貴族を設立した時から、「世襲はしない」ことも経営方針として掲げてきました。社員に、いつかは一番上に立つんだという「夢」と、その「覚悟」を持って働いてほしかったからです。後継者は未定ですが、「高く大きな志」「成功するまで諦めない」といった、トリキウェイ(社員向けに鳥貴族の経営の考え方をまとめたもの)を一番実践している人がなるべきだと思っています。


岩瀬大輔

自分が出した数字がどのデータに基づいているかを説明するのはもちろん、相手が出してきた数字についても「それは主観か?それとも事実か?」を必ず確認してください。根拠を示さないまま「絶対に500件はいけると思う」などと主張する人が良くいますが、それが単なる思い込みなら、建設的な議論は成立しません。「500件は無理でしょ」「いや、大丈夫だって」といった水掛け論が延々と続くだけです。


横井啓之

料理教室を始めたのは、食器セールス時代のお客さんの声がきっかけです。「器が良ければ、どんな料理もおいしく見える」というセールストークを武器にしていたんですが、「料理ができないから、教えてほしい」というお客さんが出てきました。街中にある料理教室を紹介しても、本格的すぎてついていけないと言うんです。じゃあ、「教えてもらう」のではなく、「一緒にやる」というコンセプトの料理教室ならうまくいくのではないかと思いつきました。だからABCクッキングスタジオは「スクール」ではなく「スタジオ」なんです。ABCとは料理のイロハを指し、完全な初心者を対象にしています。


山崎武也

若いうちはスキルだけである程度仕事をやっていけますが、30歳を過ぎ、役職がつくと、取引先も上司も部下も、あなたの器を品定めするもの。「器が大きい」と判断されれば、人も情報も集まってくる。一方、見切られれば、何も集まらない。「あいつには任せられない」と思われたら終わり。


高尾隆

まず沈黙を恐れないことが大切。こちらが慌てると、その雰囲気が相手に伝わり、さらに気まずくなってしまう。リラックスすることが第一です。楽しい話なら「それは面白いですよね」と口にして、仕事の労いなら「それは大変でしたね」という言葉をかけてみる。そこから相手が何かをしゃべり出してくれることもあります。


西田厚聰

営業は余力を残さずやってくれ、と僕は言っています。だから、その期にあげられる売上は、すべて売り上げていると思いますが、仮にもう一息、プラスアルファが欲しいという事態になったときには、上積みすることができます。そういう実力を持っていなくてはいけないと思います。それは日ごろのお客様との付き合いや信頼関係がモノをいいます。


丹羽宇一郎

経営者というものは、私人ではない。いついかなるときも、公的な存在だという自覚が必要。


渡邉洋介

大事なのは、企画書であるなら読んだ人に行動を起こしてもらう、という目的を強く意識すること。企画書のゴールは「読ませる」ことではなく「動かす」こと。