名言DB

9419 人 / 110788 名言

クリス・ベンハムの名言

twitter Facebook はてブ

クリス・ベンハムのプロフィール

クリス・ベンハム。ビジネスインテリジェンスサービスを展開する「Yellowfin(イエローフィン)」CMO(最高マーケティング責任者)。

クリス・ベンハムの名言 一覧

変化の激しい昨今、3時間のタイムラグが非常に大きな違いを生む。ビジネスでは未来を見通して準備をすることがとても大事になる。


どの会社にも眠っている貴重な情報(データ)が蓄積されています。この眠れる資産を自ら活用できるかどうかが、今後の成否を分けるのです。


BI(ビジネスインテリジェンス)を手掛けている会社は世界中にありますが、その中で当社の提供している仕組みは、分析したデータに「何が起きたか」だけでなく、それが「なぜ起きたのか」という原因までわかりやすいビジュアルと説明で提示します。これにより、自ら原因を分析する必要がなく、より早く、確実な意思決定を可能にし、ビジネスを後押しします。


もっともっとたくさんの情報(データ)を作り出すことができれば、より多くの成長を実現することができます。これはどのような業種でも関係ありません。食品や外食業界でもBI(ビジネスインテリジェンス)を活用することで食材ロスを減らし、効率的な店舗や物流施設の運営ができます。棚卸でも効果的な役割を果たすことができるでしょう。ビジネスを変革するためには、直感に頼るのではなく、信頼できるデータや分析を基にアクションを起こすことが重要です。そのためには正確かつリアルタイムなデータが必要になります。その場合、会社の全データをつなぐことが重要になります。


デジタル社会の到来により、現場のデータをいかに速く収集して解析し、経営判断の参考にさせるかが大きな鍵になっています。経営の意思決定において、よりスマートで、より速いデータが収益を上げることに直結する時代になっているのです。したがって、全世界で起こっている事象をほぼリアルタイムのデータとして収集することができれば、企業は最も有効な次の一手を打ち出すことができるということになります。そして、そのデータがグラフのように可視化できれば、さらに意思決定を下しやすくなるはずです。


クリス・ベンハムの経歴・略歴

クリス・ベンハム。ビジネスインテリジェンスサービスを展開する「Yellowfin(イエローフィン)」CMO(最高マーケティング責任者)。

他の記事も読んでみる

吉岡隆治

トレンドに関係なく本物だけが残る。完成度が低く、コピーできるものが入れ替わり、消えていく。いつまでも世の中に残るスタンダードを作りたい。


安渕聖司

日本企業では結論が決まらぬまま会議が終わることも多いようですが、GEではそれはない。必ずいくつかのアクションを決め、同時にそれぞれのアクションについてオーナー(責任者)とデッドライン(締め切り)まで決定します。


加藤登紀子

本当のプロフェッショナルはその分野のことしかわからない人ではなくて、その仕事を通じてトータルに人間を感じさせるひとのことだと思う。


高島英也(髙島英也)

シェア、利益などの数値目標だけで人を動かそうとは全く思っていません。その前に自分たちは何をやりたいかが大事です。


古森重隆

危機を前に、改革や投資を小出しにする経営者は少なくない。なぜ戦力の逐次投入が愚策と分かっているのに、思い切った勝負に二の足を踏むのか。私は「マッスルインテリジェンス」が欠けているからだと思う。マッスルインテリジェンスとは私の解釈で、ある種の野性的な賢さや勘、力、気迫を指す。この力は勉強だけで身に付けられるものではない。海で泳いだり、山に登ったり、ケンカをしたり、いろんなことを体験したり、本を読んで他人の体験を学んだりというように、実際の行動や活動を通じて、子供の頃からの積み重ねで身に付けられるものだ。経営者には頭のよさだけでなく、勝機に果断に判断し、かつ行動できる野生的な強さが必要だ。


柳井正

少しだけ無理して壊れないことが大切。「無事これ名馬」なんですよ、人間も。少しだけ無理して生きないと。


生田正治

深く勉強しようと思ったら嫌になる。だから雑学でいいんです。雑学でいいから好奇心を持って、できるだけいろんな知識を頭の中に詰め込んでおくことが大切です。土に例えれば、肥沃な大地にはどんな種をまいても育ちやすいのと同じように、頭の中の下地を肥やしておけばおのずと人間関係の幅が広がり、考え方も肥沃になって新しいことに取り組みやすい素地ができるんです。


弘兼憲史

明日、何が起きるかなんて誰にも分かりません。先のことを考えて綿密な計画を立てるのもいいですが、今を楽しむことも大切だと思いますし、今を楽しめるような状況を作るためには、結果につながる仕事の進め方を考えればいい。


峰岸真澄

分社化によって各社のサービス開発の速度は確実に上がりました。以前は、我々経営陣が「あれはどうなっているの?」と逐一聞くこともありましたが、今では現場の人たちが勝手に進めています。


猪瀬直樹

日本が経済大国に発展した背景には、働く人たちの心に「お天道様が見ている」という感覚があったからです。そばで人が見ていなくても神様が見ていると思うから、たとえネジ1本締めるにしても絶対に手を抜かない。その結果、品質のいいメイド・イン・ジャパンが世界を席巻したのです。