名言DB

9419 人 / 110788 名言

クリス・ジョンソン(ネスレ)の名言

twitter Facebook はてブ

クリス・ジョンソン(ネスレ)のプロフィール

クリス・ジョンソン。米国人経営者。ネスレ日本会長。カリフォルニア州出身。オクシデンタル大学卒業後、ペット関連事業のカーネーションに入社。カーネーションがネスレに吸収合併されネスレに転籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営学大学院でMBA取得。ネスレUSAフリスキー・ペットケア本部カテゴリーマネジャー、ネスレ日本フリスキー・ペットケア事業部マーケティングマネジャー、ネスレ日本清涼飲料事業部事業部長、ペリエ・ヴィッテルアジア地区シニアマネジャー、ネスレ台湾社長、ネスレ執行役、ネスレ日本会長・社長、神戸大使、ネスレ執行副社長(アメリカ・カナダ・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)などを歴任した。

クリス・ジョンソン(ネスレ)の名言 一覧

日本は最重要市場のひとつです。味について、お客様の要求水準は非常に高く、嗜好が洗練されています。パッケージも同様です。たとえば、あるペットフードは、日本のお客様のニーズに応えるために改良を重ねた結果、商品の価値が高まり、世界中で支持を得ることができました。


少子高齢化の変化は、我々にとってむしろチャンスです。なぜならネスレは食品・飲料だけでなく、栄養・健康・ウェルネスへと事業分野を広げているからです。スイス本社では基礎研究の成果を生かし、ネスレは世界で10万品目以上の商品を販売しています。今後も日本に合った商品を積極的に投入していきます。


クリス・ジョンソン(ネスレ)の経歴・略歴

クリス・ジョンソン。米国人経営者。ネスレ日本会長。カリフォルニア州出身。オクシデンタル大学卒業後、ペット関連事業のカーネーションに入社。カーネーションがネスレに吸収合併されネスレに転籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営学大学院でMBA取得。ネスレUSAフリスキー・ペットケア本部カテゴリーマネジャー、ネスレ日本フリスキー・ペットケア事業部マーケティングマネジャー、ネスレ日本清涼飲料事業部事業部長、ペリエ・ヴィッテルアジア地区シニアマネジャー、ネスレ台湾社長、ネスレ執行役、ネスレ日本会長・社長、神戸大使、ネスレ執行副社長(アメリカ・カナダ・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)などを歴任した。

他の記事も読んでみる

手代木功

社長塾で出す課題は毎年変えています。詳細は秘密ですが、たとえば「日本の国民皆保険制度は続くと思うか」といった、私自身が塩野義の将来を考える時に思い悩んでいるような、正解のない問題です。私は営業も流通も全く経験しない中で社長になり、相当苦労しました。社長塾で鍛えることで、同じ苦労はさせません。世の中は常に動いていますから、その分、エネルギーを新しい苦労に費やしてほしいと思っています。


舛田光洋

汚い部屋で過ごしていると、運気は確実に落ちる。カバンも同様です。中をキレイにして使える道具に絞ることで、仕事も人生も好転していくでしょう。


秋元久雄

仕事を作業にしてしまっている人たちは、結局与えられた問題に対してしか答えようとしません。会社から与えられた課題をそつなくこなす。ただし、その問題は結局、分業化やマニュアル化の中で、非常に単純化されたものでしかない。一方、職人型の人材は自分で問題を作れる人。職人は自らのスキルを向上させるために、常に新たな課題やハードルを自分で見つけ出す。仕事の高次化が自ずとできてくる。


高田明(ジャパネットたかた)

ブランド力を向上させるには、会社を構成する社員一人一人の質を高めなければなりません。通信販売は、消費者と直接顔を合わせるわけではありません。テレビやラジオ、チラシなどを通して販売する商品を説明し、お客様から電話を受けて注文や質問に対応します。コミュニケーションのハードルが高いのは当然ですが、そこで人間の質が問われます。


北尾吉孝

易経の3つのキも大事にしています。ひとつは「幾」、物事が変化する兆し。もう一つは「機」、ツボとか勘所といわれるものです。最後に「期」。どんなことでもタイミングを逸したら失敗することもある。この3つのキを常に見て読み間違えないようにするようにしています。


古橋広之進(古橋廣之進)

僕はハンディを抱えているので人の何倍もやらなければダメだと考え、人が5やれば10やる、10やれば20やるというように人の倍々とやっていった。


宗次徳二

大きな夢を持ってほしいけれど、それだけではなく、その夢につながる小さな目標の積み重ねを大事にしてほしい。


有馬浩二

当然、AIや素材などの分野で革命が起こって、ある個別の会社を中心に世界が変わるということも当然、起こり得ます。それは脅威ですから、我々も常に情報収集をしています。


矢野龍

大造林計画(鉱山周辺の森林再生事業)は、後の第二代住友総理事で別子支配人を務めた伊庭貞剛が掲げた「国土報恩」の精神に基づいています。今、SRI(社会的責任投資)、ESG(環境・社会・ガバナンス)が叫ばれていますが、当社はこれまでも環境共生、社会貢献、そして財務健全化を自然に行ってきているのです。


岩田彰一郎

2000年代は資本市場という鏡だけに綺麗な姿を映すことが上場企業の経営者にとって重要でした。しかし、正面の鏡だけではなく、従業員や社会といった横からの鏡を見ると、弱冠、微妙な形になっていたと感じたのです。やはり「三方良し」の考えが大切で、前からも横からも、三面鏡に綺麗な姿を映すべきだと。