名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリス・ジョンソン(ネスレ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリス・ジョンソン(ネスレ)のプロフィール

クリス・ジョンソン。米国人経営者。ネスレ日本会長。カリフォルニア州出身。オクシデンタル大学卒業後、ペット関連事業のカーネーションに入社。カーネーションがネスレに吸収合併されネスレに転籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営学大学院でMBA取得。ネスレUSAフリスキー・ペットケア本部カテゴリーマネジャー、ネスレ日本フリスキー・ペットケア事業部マーケティングマネジャー、ネスレ日本清涼飲料事業部事業部長、ペリエ・ヴィッテルアジア地区シニアマネジャー、ネスレ台湾社長、ネスレ執行役、ネスレ日本会長・社長、神戸大使、ネスレ執行副社長(アメリカ・カナダ・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)などを歴任した。

クリス・ジョンソン(ネスレ)の名言 一覧

日本は最重要市場のひとつです。味について、お客様の要求水準は非常に高く、嗜好が洗練されています。パッケージも同様です。たとえば、あるペットフードは、日本のお客様のニーズに応えるために改良を重ねた結果、商品の価値が高まり、世界中で支持を得ることができました。


少子高齢化の変化は、我々にとってむしろチャンスです。なぜならネスレは食品・飲料だけでなく、栄養・健康・ウェルネスへと事業分野を広げているからです。スイス本社では基礎研究の成果を生かし、ネスレは世界で10万品目以上の商品を販売しています。今後も日本に合った商品を積極的に投入していきます。


クリス・ジョンソン(ネスレ)の経歴・略歴

クリス・ジョンソン。米国人経営者。ネスレ日本会長。カリフォルニア州出身。オクシデンタル大学卒業後、ペット関連事業のカーネーションに入社。カーネーションがネスレに吸収合併されネスレに転籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営学大学院でMBA取得。ネスレUSAフリスキー・ペットケア本部カテゴリーマネジャー、ネスレ日本フリスキー・ペットケア事業部マーケティングマネジャー、ネスレ日本清涼飲料事業部事業部長、ペリエ・ヴィッテルアジア地区シニアマネジャー、ネスレ台湾社長、ネスレ執行役、ネスレ日本会長・社長、神戸大使、ネスレ執行副社長(アメリカ・カナダ・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)などを歴任した。

他の記事も読んでみる

池上彰

本は読みっぱなしにせず、実際に誰かに伝えてみることが一番有効です。知識のない人間に、「そうだったのか!」と理解されるよう専門情報を的確に簡便に伝えるのは案外難しいですよ。


矢野貴久子

まず、直感的に「いける」と思ったあとに根拠を積み上げていくのが、私のスタイルなんです。「やれる」ということを前提に考えると、極力、自分ができることは何かを探そうとします。そのうえで、リスクを十分に検討していくのです。


二宮雅也

(東日本大震災時)私たち保険会社や代理店にとって、今回ほど保険事業に携わっていることの役割、使命感を強く意識したことはなかったと思います。みんなが日常的な業務の範疇を超えて工夫をし、努力してくれました。それによって会社の総合力が向上し、また保険金の支払いが早く進んだことで、お客様からの評価が高まるという好循環が生まれました。


平本清

うちの経営が成り立ってるカギはすべてオープンなことにある。社内情報は社員全員が社内ネットで見られるようになっているんです。経営状況はもちろん、個々人の評価や給与額まで自由に覗ける。また社内ネット経由で事業の提案もできるから稟議書もいらない。要望や文句も書き込める。これなら中間管理職はいらない。だからうちには部長も課長もいないんですよ。つまりムダなコストがかからない。


守屋洋

私ども日本人は戦略戦術という言葉が好きなのだという。しかし、言葉が好きな割に、いざ使う段になると、世界の民族の中で一番ヘタクソだとも言われる。たぶん、日本人は真面目なタイプが多いので、逆にそれが禍して、上手く使いこなせないのではないかと思う。いずれにしても、これでは世界の海千山千の相手に苦戦を免れない。


松沢幸一

すべての部門が無理を承知で挑戦に踏み切りましたが、どこからも批判は出ませんでした。全社員が栄光のゴールを目指したからです。キリンという会社が変わった瞬間でした。
【覚書き|第三のビール「のどごし」の発売直前を振り返っての発言】


斎藤岳

当事者に「納得感」がなければ、組織は動きません。また当事者のもつ情報がないと「決められない」という場合もある。その場で決められれば、すぐ行動につながります。


村木厚子

「勝たなくていい。負けなければいいんだ」と割り切り、目標設定のハードルを低くした。これで気が楽になり、勇気が出ました。


鈴木幸生(経営者)

横浜本牧へ越して20年です。横浜はカッコいいな、ハイカラだなって、それだけの理由なんだけどね。会社員のうちはただ住んでるだけで、知らないところばっかり。横浜との縁が本当に深くなったのは、横浜のブランドを謳って起業してからかもしれません。地元の人と付き合いができて、最近は街づくりのお手伝いも始めている。やっと横浜に根をおろせたかな。こんな場所にしゃれた鞄屋があるよと言ってもらえると、横浜の価値の1コマ分になれた気がする。うれしいよね。


山石昌孝

次期中計では、「冬タイヤ」「農業・産業機械用タイヤ」「原油タンカー用のマリンホース」の3つを戦略分野に据えます。いずれも技術的な難度は高いが、その分利益率も高くも当社の強みが生かせる分野です。新興国メーカーが追随できない難しい市場を深掘りする。日本の製造業が次の100年を生き抜くには、今こそ新しい技術への挑戦が必要です。


久恒啓一

アイデアというのは、組み合わせから生まれることが多いのですが、私たちが頭の中で同時に思い浮かべて作業できるキーワードの数は多くて5つ程度です。一方、図解化するといくつでも同時に眺めることができ、見違えるように発想の効率が上がります。


大野裕

気持ちが動揺したときには、考え方が極端になりすぎていないか確認してみましょう。そうすれば、自分をより客観視できるようになります。