クリス・ジョンソン(ネスレ)の名言

クリス・ジョンソン(ネスレ)のプロフィール

クリス・ジョンソン。米国人経営者。ネスレ日本会長。カリフォルニア州出身。オクシデンタル大学卒業後、ペット関連事業のカーネーションに入社。カーネーションがネスレに吸収合併されネスレに転籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営学大学院でMBA取得。ネスレUSAフリスキー・ペットケア本部カテゴリーマネジャー、ネスレ日本フリスキー・ペットケア事業部マーケティングマネジャー、ネスレ日本清涼飲料事業部事業部長、ペリエ・ヴィッテルアジア地区シニアマネジャー、ネスレ台湾社長、ネスレ執行役、ネスレ日本会長・社長、神戸大使、ネスレ執行副社長(アメリカ・カナダ・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)などを歴任した。

クリス・ジョンソン(ネスレ)の名言 一覧

日本は最重要市場のひとつです。味について、お客様の要求水準は非常に高く、嗜好が洗練されています。パッケージも同様です。たとえば、あるペットフードは、日本のお客様のニーズに応えるために改良を重ねた結果、商品の価値が高まり、世界中で支持を得ることができました。


少子高齢化の変化は、我々にとってむしろチャンスです。なぜならネスレは食品・飲料だけでなく、栄養・健康・ウェルネスへと事業分野を広げているからです。スイス本社では基礎研究の成果を生かし、ネスレは世界で10万品目以上の商品を販売しています。今後も日本に合った商品を積極的に投入していきます。


クリス・ジョンソン(ネスレ)の経歴・略歴

クリス・ジョンソン。米国人経営者。ネスレ日本会長。カリフォルニア州出身。オクシデンタル大学卒業後、ペット関連事業のカーネーションに入社。カーネーションがネスレに吸収合併されネスレに転籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営学大学院でMBA取得。ネスレUSAフリスキー・ペットケア本部カテゴリーマネジャー、ネスレ日本フリスキー・ペットケア事業部マーケティングマネジャー、ネスレ日本清涼飲料事業部事業部長、ペリエ・ヴィッテルアジア地区シニアマネジャー、ネスレ台湾社長、ネスレ執行役、ネスレ日本会長・社長、神戸大使、ネスレ執行副社長(アメリカ・カナダ・ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)などを歴任した。

他の記事も読んでみる

熊切直美

大東建託グループには、オーナー様と入居者様の仲をとりもつ触媒的な役割があると考えています。いずれか一方のお客様目線を忘れた瞬間に、あっという間にマーケットから置き去りにされてしまう。


嶋浩一郎

開成高校の生徒に向けた、大学受験対策の教育サービスの広告を企画したことがあります。開成高校の最寄り駅にだけ設置するものです。よくあるのは「受講生から○人の東大合格者が出ました!」という広告ですが、この場合は効果がないと考えました。開成高校の生徒にとって、東大合格は当たり前のことだからです。そこで、「この問題に、こんなスマートな回答ができるようになります」という広告を作りました。みんなが東大に合格する環境にいれば、格好良く合格したいと思うだろうと考えたからです。その結果、非常に良い反応を得ることができました。


新藤晴一

解散寸前のときって、ほんとにしんどいんですよ。仲間のバンドでも見てきたし、ポルノグラフィティもそういうタイミングがなかったわけではないので。でも、そこにちょっと光が見えると、天と地の差が生まれるんです。そこへ向かって突き進んでいく、必死さが原動力になる。


谷藤吉郎

日本にもかつては多くの金鉱山がありましたが、いまは本格的に採掘しているのはほぼ1鉱山のみです。そういった意味では鉱山事業というのはマイナーな事業だといえるかもしれません。日本の有能な技術者も現在、海外をベースとして活躍しています。当社は、あえて日本企業として金鉱山の事業を拡大していくことで、新たな技術者の育成を行っていきたいとも思っています。


小林一雅(小林製薬)

メーカーを主業としてからは長期視点の人材が必要になりました。時間をかけて、お客さんが欲しいと思う商品を考えて、売り出す。長期的な時間軸で、創造性、革新性、差別化を考える人材が必要になったのです。


有本均

我々は現場を知っている人間が教えています。例えば、評価制度を作る会社はたくさんありますが、「店長は何を評価されると嬉しいか」「どんな報酬と評価があればモチベーションが上がるのか」、こういうことを感覚としてわかっている。この違いは、実はとても大きい。


野田聖子

私は1年365日働くことを前提にしています。仕事の柱は3本あり、現職の国会議員として、次の選挙の候補者として、そして母親としての仕事です。この3本柱をどううまく組み合わせるのか常に考えています。


堀場雅夫

堀場製作所の売上高の6割以上を海外市場で挙げており、社員の比率も4700人中6割が外国人だ。人事にしろ税務、法律にしろ、あらゆる問題の大半は外国人や外国政府との間に発生している。そのため堀場製作所の幹部は、単に外国語ができるというレベルではなく、海外に赴任して実際に現地当局と規格づくりのやりとりを経験するといった濃密な海外経験が不可欠となる。だから当社では、役員へ登用する際に海外赴任経験を最低条件としている。


ジン・コー

我々がやろうとしているのは、カスタムメイドシャツの大量生産。この「矛盾」を解消するためには、サプライチェーンが肝だった。


斎藤広達

意思決定が遅いのには原因があります。典型的なのはそもそもの目的をはっきりさせずに、思考をスタートさせているケースです。迷ってばかりでは、時間なんていくらあっても足りません。目的を定めておけば、選択の基準は自ずと見えてきます。すると、すぐに結論が出るはずです。


町村敬貴

20世紀初めごろの米国の農村もまだまだ素朴でのんびりしていた。娯楽といえばたまに小学校でダンスパーティーが開かれる程度。ところがパーティーに出席しても、私は女性と交際しようとせず、若いくせにもっぱら老人の仲間に入った。老人の体験談が一番役に立つからで、老人から畜産、酪農の話を聞いて勉強した。


コリン・アングル

非連続的な成長に向け、買収資金を用意している。我々が興味を持てば、ほとんどの会社を買収可能だ。


鈴木敏文

過去の延長で物事を考えていると判断を誤る。


上田哲則

企業経営の多くは中央集権的な発想で本社が指示する仕組みを取っていますが、このままではさらなる成長は難しい。それぞれの地方・地域の責任者が主体となって新しい事業を手掛けていけばもっと面白いことがきっとできると思います。


荻上チキ

偏っていないメディアなどそもそもない。そして特定のメディアが「偏向している」などといわれることに疑問を感じる。メディアとは人のコミュニケーションを媒介するものなので何らかのメッセージ性があるものです。


ページの先頭へ