名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリス・ギレボーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリス・ギレボーのプロフィール

クリス・ギレボー。作家、起業家。著書に『常識からはみ出す生き方』『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』。

クリス・ギレボーの名言 一覧

不安に思う必要はありません。ネガティブな変化はどうしても目につきやすいものですが、一方で、ポジティブな変化も確実に起きるもの。


変化を恐れないことも重要。例えば、最初に販売を始めた製品の収益が上がってこなかった時、他の製品に替えることをためらってはいけない。


準備にかけられる時間が多いか少ないかは、起業して成功するかどうかと直接関わりはない。


時間が限られていればいるほど、大切に使いたいという気持ちは強くなる。少ない時間の中で集中して考えれば、いいアイデアが出てくることもある。


元手をかけずにビジネスを始めれば、うまくいかなかったとしても、失うものはごくわずかな時間とお金で済みます。これはリスクと呼ぶほどのものではありません。


誰にも負けないような情熱やスキルを持っているという人は、うまくすれば今以上の収入を得られるかもしれない。


ネガティブな変化に目が行きがちなのは分かりますが、実情に即してよく考えてみてほしい。恐らくそんなに不安に思うことはないはず。


結果が不確かなものに対して投資しないこと。ビジネスを始めてから間もない頃は、結果が出る前に過剰な投資をしたり、多大な予測を立ててしまいがちになる。


起業するときに大切なのは、「どういうサービスや製品を作りたいのか」「どういう人に売るのか」「どんな付加価値があるのか」「どういうふうに届けるのか」といったビジネスモデルを最初に考えること。


成功した人たちに共通しているのは、「自分には何ができるのか」「何が他人にとって価値があるのか」「お金に換算するといくらになるのか」「どのように製品やサービスを届けるのか」を整理して1本の線につなげることで、ビジネスを成立させている点。


情熱やスキルが必ずしもビジネスに結びつくわけではない。反対に、それがないと起業できないというわけでもない。社会で不便と感じるものを見つけて改善することで、ビジネスに結びつけることもできる。


誰でも何かしら趣味や長所を持っていると思います。それらに他人が価値を認めるかどうか、まずは「自分の長所」と「他人の求める価値」との間に接点を見つけることが、起業の第一歩。


大手企業が経営不振に陥り、長い間、給料が下がり続けている状況では、企業、つまり「他者」に自分の人生を任せるのは、リスクの高い選択だということです。このリスクを回避する選択肢として起業があります。


企業はあなたの生活を守ることに関心を持っているわけではありません。企業に属していたとしても、人生がうまくいくかどうかの責任は自分にあることを認識すべきです。


成功している起業家の多くは、最初に手掛けたことが生活の糧になっているわけではありません。むしろそうしたケースは非常に少ないのです。多くの場合、複数のビジネスを次々に立ち上げて、改善したり、大きな変更を加えたりしながらビジネスを軌道に乗せています。最初のアイデアに固執してはいけないのです。


クリス・ギレボーの経歴・略歴

クリス・ギレボー。作家、起業家。著書に『常識からはみ出す生き方』『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

ビジネスは目標設定から始まります。達成可能な目標を決めて、どうすれば達成できるか考える。目標に最短でたどり着く方法を探し続け、実行する。企業にとっての結果、結論は、どんな業種でも、利益と売り上げを増やすことです。そのための、品もシンプルで、リーズナブルな方法を考える。これが、私のやり方です。


中嶌秀高

経営理念というものは、変える必要のないものだと思っています。たしかに商売のやり方は時代とともに変わるものです。父の代にはやってこなかったことも、時代の変遷とともにやるかもしれません。でも、商売の基本的な考え方は、これまでも、これからも、変わりません。


松田雅也

たとえば、山梨の山間部のホテルに新鮮な魚が届いているかといえば、そうでありません。首都圏でさえニーズが眠っている地域はいくらでもあります。その意味で、実は市場創造性が高いのが鮮魚流通。今後は営業拠点を次々に増やしていきた。


安岡正篤

敗戦の中からこそ、本当の人間ができるものです。人生のいい修行の場を得たのですから。


栗木契

アンケートの落とし穴は、各項目は独立した要因だと仮定してしまっていることである。独立した要因とは、相互に無関係に消費者の購買意思決定に影響するということである。


築山節

これまでは、人間が盛んに思考しているときは脳も活発に動いており、休息中は脳も休んでいる、と考えられてきました。ところが、ワシントン大学のM・レイクル教授らの最新研究ではそれと相反する結果が出ています。何もせず、ぼんやりしているときの脳の活動量は、活発に活動しているときとそう変わらない量であることがわかったのです。その間に脳が何をしているかと言うと、活動中の思考を整理し、次に何をすべきかを準備しているのだそうです。この働きを、「デフォルト・モード・ネットワーク」といいます。難しい問題を解こうと長時間悪戦苦闘してもムダだったのに、一晩眠って起きたら突然解決策がひらめいていた――ということを一度は経験したことがあるでしょう。これもデフォルト・モード・ネットワークの働きの結果だと考えられます。ですから、頭を使う作業は長時間続けず、疲れたら途中で切り上げること。そうすることで、肉体的・精神的には休みながらも、脳は自動的に思考を整理してくれるのです。


小嶋淳司

変化が早く、しかも鋭い。お客様が多様な好みをぶつけてこられ、新たな付加価値を要求される。これをどうとらえるのか。面倒な時代が始まったと思うのか、あるいは、そのおかげで多様なビジネスチャンスが出てきたと考えるのか。そこには大きな違いがあります。


真壁刀義

強いから、弱いところを見せられる。弱い人間は自分が弱いところを見せられない。


小山昇

大事なのは、損得よりも好き嫌い。素直に好きな人とつき合い、嫌いな人とは我慢せずに距離を取ればいい。同じ部署だからとか、取引先だからだとかは関係ない。嫌いな人とムリしてつき合っていると、ストレスがたまる。ストレスがたまれば心がやられて、心がやられると体もやられる。それで仕事を休むはめになったら、そっちのほうがよほど損だ。多くの人は、このことがわかってない。好き嫌いで人を選べば、仕事がうまくいかず結果的に損をしても自分が好きで選んだ相手だから諦めがつく。得すると思ってつき合った相手に裏切られるより、ずっといい。


橋本俊治(経営者)

生産管理という部署に長く身を置いていることで感じるのは、技術的なサポートをしてくれるマーケティング部や研究所が地道にずっといろいろな研究をしてきてくれたからこそ、我々のような生産部門で形にすることができるということです。


太田伸之

世界最古の百貨店ボン・マルシェでの「ジャパンプロモーション」が大盛況に終わったのは、彼らが現地の人を引きつけるかっこいい売り場を作ってくれたからこそ。それができたのもトップの指示の下、イベントのコンセプトを明確にし、使命を具現化する指揮命令系統が構築されていたからです。


池谷裕二

直感のもとになるのは「方法記憶」です。自転車に乗るときは体中の筋肉を使いますが、あまりに動きが複雑で、それを意識するのは困難です。しかし、実際は方法記憶として無意識の脳が記憶しているため、筋肉の動きを意識しなくても自転車に乗れます。直感もこれと同じで、意識はできなくても、無意識の脳が膨大な処理をして答えを導いてくれるのです。直感は、経験を積めば積むほど精度が増します。なんとなく浮かんだアイデアを上手く説明できずに窮することもあるかもしれませんが、キャリアを積んだビジネスマンなら選択に自信を持つべきです。