クリス・ギレボーの名言

クリス・ギレボーのプロフィール

クリス・ギレボー。作家、起業家。著書に『常識からはみ出す生き方』『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』。

クリス・ギレボーの名言 一覧

準備にかけられる時間が多いか少ないかは、起業して成功するかどうかと直接関わりはない。


不安に思う必要はありません。ネガティブな変化はどうしても目につきやすいものですが、一方で、ポジティブな変化も確実に起きるもの。


変化を恐れないことも重要。例えば、最初に販売を始めた製品の収益が上がってこなかった時、他の製品に替えることをためらってはいけない。


時間が限られていればいるほど、大切に使いたいという気持ちは強くなる。少ない時間の中で集中して考えれば、いいアイデアが出てくることもある。


元手をかけずにビジネスを始めれば、うまくいかなかったとしても、失うものはごくわずかな時間とお金で済みます。これはリスクと呼ぶほどのものではありません。


誰にも負けないような情熱やスキルを持っているという人は、うまくすれば今以上の収入を得られるかもしれない。


ネガティブな変化に目が行きがちなのは分かりますが、実情に即してよく考えてみてほしい。恐らくそんなに不安に思うことはないはず。


結果が不確かなものに対して投資しないこと。ビジネスを始めてから間もない頃は、結果が出る前に過剰な投資をしたり、多大な予測を立ててしまいがちになる。


起業するときに大切なのは、「どういうサービスや製品を作りたいのか」「どういう人に売るのか」「どんな付加価値があるのか」「どういうふうに届けるのか」といったビジネスモデルを最初に考えること。


成功した人たちに共通しているのは、「自分には何ができるのか」「何が他人にとって価値があるのか」「お金に換算するといくらになるのか」「どのように製品やサービスを届けるのか」を整理して1本の線につなげることで、ビジネスを成立させている点。


情熱やスキルが必ずしもビジネスに結びつくわけではない。反対に、それがないと起業できないというわけでもない。社会で不便と感じるものを見つけて改善することで、ビジネスに結びつけることもできる。


誰でも何かしら趣味や長所を持っていると思います。それらに他人が価値を認めるかどうか、まずは「自分の長所」と「他人の求める価値」との間に接点を見つけることが、起業の第一歩。


企業はあなたの生活を守ることに関心を持っているわけではありません。企業に属していたとしても、人生がうまくいくかどうかの責任は自分にあることを認識すべきです。


大手企業が経営不振に陥り、長い間、給料が下がり続けている状況では、企業、つまり「他者」に自分の人生を任せるのは、リスクの高い選択だということです。このリスクを回避する選択肢として起業があります。


成功している起業家の多くは、最初に手掛けたことが生活の糧になっているわけではありません。むしろそうしたケースは非常に少ないのです。多くの場合、複数のビジネスを次々に立ち上げて、改善したり、大きな変更を加えたりしながらビジネスを軌道に乗せています。最初のアイデアに固執してはいけないのです。


クリス・ギレボーの経歴・略歴

クリス・ギレボー。作家、起業家。著書に『常識からはみ出す生き方』『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』。

他の記事も読んでみる

勝俣良介

経営者であると同時に、シニアコンサルタントとしてお客様も相手にするため、正直、多忙です。そこで朝の時間をフル活用して、能力アップに励んでいます。朝、出勤してから会社の始業までの間に何をやるか、あらかじめルール化して取り組むのです。


豊川竜也

松下幸之助経営塾受講生の経営する企業には、創業360年という老舗企業もあれば、設立2年目の勢いあるベンチャー企業もありました。実は私自身は、ニューブックは出版物流の世界では約50年の歴史を持つ老舗企業だと思っていました。でもそれがすごく狭い世界の中での発想だということを思い知らされたんです。50年くらいのことにこだわっていてはいけない。時代は変化している。もっと果敢にチャレンジすべきだと思いました。


ハロルド・ジェニーン

リーダーシップは物事を遂行するように人々を駆り立て、答えを出さなくてはならないと感じるがゆえにそれをやり続け、満足できる結果を得るまで止めないように駆り立てる情念の力である。もちろん、努力がいつでも成功するとは限らない。だが、その場合には、早くそれを悟り、その状況から抜け出すことだ。損失を最小限にとどめて、他のことに向かっていくのだ。マネジャーたる者は、押し流されてはならない。


ジェイ・エイブラハム

私は多数の会社の状況を調べてみました。ほとんどの会社は社員の能力の2割しか活用していません。つまり会社にとって最も大切な財産を5倍にすることができるのに、何もしていないのです。


堤剛

今までやってこられたのは多くの方々の支えがあったおかげで、中でも、日本の音楽教育の礎を築かれた齋藤秀雄先生、チェリストとしても高名なヤーノシュ・シュタルケル先生に教えを請うたことは大きかった。私自身が人を教える立場になって改めて、お2人がいかに優れた指導者、リーダーであったかを実感しています。


石本雅敏

トップアスリートに着てもらうことは、品質などを世界にアピールできる良い機会。ただ、オリンピックはボディーブローのようなものでアッパーカットのような即効性はない。販売増にすぐつながると期待はしていない。長い目で見た戦略の一つ。


池田輝政

いまの世の中は静かではあるが、いつどのようなことが起こらぬとも限らない。そのときのために、いま以上に欲しいものは有能な武士である。無益の出費を省いて人を多く抱えることが世の楽しみなのだ。


工藤公康

武器というのは、一度手にすれば、そのままずっと自分の手の中にあるものではない。武器はキチンとメンテナンスをして磨きをかけないと、消えてなくなってしまう。


加藤俊徳

今までMRIを用いて1万人の脳の画像を診断してきましたが、その結果わかったのは、現代人は8つの脳番地のうち特定の番地ばかり使っているため、使わない脳番地が衰えているということ。


森永卓郎

私は、自身がオタクなので、過去に「オタク文化を語るなら森永」というように、とくにAKB48マニアをアピールしてきました。結果、松井珠理奈ちゃんのドラマに出してもらったり、イベントの審査員も任されるようになったりと、仕事につながりました。お笑い芸人「アンガールズ」の田中卓志さんはコケ栽培が趣味なのですが、そのおかげでコケ関連のテレビ番組に呼ばれています。ニッチな分野にくわしくライバルが少なければ、仕事を独占できる可能性が高まるのです。ほかにはないユニークなスキルや才能が、稼ぎに直結する時代になると思います。


高松富也(髙松富也)

いつまでも同じ土俵のなかだけで戦うつもりはない。


箱田忠昭

1日を効率的かつ濃密に過ごせる人は、プランをスケジュール化することができています。プランとスケジュールは違います。1日を内容の濃いものにできている人は、たとえば「英語力を高める」というプランを、「毎晩9時から10時半までは英語の勉強」といった具体的なスケジュールに落とし込んでいます。プランはできるだけスケジュール化しておくことが大切です。


佐々木常夫

自分は何者であるのか。どんな生き方や働き方をしたいのか。その軸がブレることなく、明確であるからこそ、みんなが勇気と希望をもらえるのです。志がない人間には、誰もついてきてはくれません。あなたがまずやるべきは、そうした志が自分の中にちゃんとあるかを問いかけ、明らかにすることです。


新浪剛史

直近の11年間はローソンの営業利益が毎年伸びた。社会がデフレに苦しむ中、みんなと同じ行動をするのではなく、違うものをやろうとチャレンジしたことが大きかった。


ケリー・マクゴニガル

私は一日の初めに儀式を行います。起きてベッドから出る前に、その日に成し遂げたい最も重要なことが何かを決めます。そうすることで、今日という一日の中で、どこにエネルギーと集中力を発揮すべきかを見通すことができます。


ページの先頭へ