クリストフ・サビオの名言

クリストフ・サビオのプロフィール

クリストフ・サビオ。「スウォッチ・グループ・ジャパン」社長。日系航空会社シニアマネージャー、オメガ社トラベル・リーテール・マネージャー・ワールドワイドなどを経てスウォッチ・グループ・ジャパン社長に就任。

クリストフ・サビオの名言 一覧

マーケットごとのポジショニングやプレゼンテーション手法など、各国の様子を目で見て体感しなければ判断できないことも多い。


現代ではわざわざ出向かなくても打ち合わせが可能ですが、ビジネストリップで得られるフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションは、相手の真意を知るうえで重要。


私にとって移動時間はオフタイム。長距離フライトでも国内移動でもリラックスして過ごすようにしています。仕事はしないし、薬を飲んで無理に寝るのも好きではありません。映画を見たり読書をしたり、ゆったりとくつろいだ気分で過ごす。それによって到着後のビジネスの英気が養われます。


クリストフ・サビオの経歴・略歴

クリストフ・サビオ。「スウォッチ・グループ・ジャパン」社長。日系航空会社シニアマネージャー、オメガ社トラベル・リーテール・マネージャー・ワールドワイドなどを経てスウォッチ・グループ・ジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

柳井正

私は小さい頃、「山川」というあだ名がついていた。人が「山」と言えば、反対の「川」と言うのである。別に天邪鬼ではないが、自分の考えをはっきり述べる性質(たち)らしい。自分で物を考え、自分で納得しないと、気が済まないのである。


青崎済

従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


大村禎史

お客さんも商品数が多すぎると選びにくい。選択肢をある程度、絞り込んで提示することで、買い物時間を短縮することができます。


塚越寛

企業のイメージアップも非常に重要です。いくらすぐれた製品をつくっていても、イメージの悪い企業から買おうとは思わないでしょう。


山本高史

初めてバットを握った時はイチローでも打てなかったはずだ。新人コピーライターが上手に書けなくても嘆く必要はない。


山下智弘(経営者)

当社の成長の要因は、不動産業をしていないことが大きい。僕たちが不動産をやると、ほかの不動産会社から見るとライバルになるので、古い物件の情報が入らなくなります。不動産業をやらないことで、どの会社ともタッグを組めるのが強みです。


アンジェロ・ボナーティ

不況から二度と浮かび上がれないのが真価のないブランドです。不況はブランドの試金石ともいえます。


鷲北修一郎

売れている営業マンと売れていない営業マンに差はありません。両者の違いは自分の潜在能力を引き出せているかどうかです。誰しも「売れる」営業マンになれる可能性があるのです。


平井伯昌

最良の練習環境を用意しようと、関係者の間を奔走していた私を見ていた(北島)康介は、後々、協力してくれた方々にきちんと御礼に回ってていた。協力したくなる人間性とは、こうした感謝の心を持てるか否かの差だ。


孟子

舜も人なり。我もまた人なり。
【覚え書き|「舜」は伝説上の賢人皇帝】


野間口有

商品のヒットは続かなければ意味がありません。一発ヒットを狙って研究開発した打ち上げ花火のような特定商品に頼るのではなく、ヒットが自然に生まれる土台づくりこそ大切です。会社全体を強くすることに努めるべきなのです。私は若いころ研究所で何度もヒット商品が生まれる現場に居合わせました。そのときの体験からそう考えているのです。


佐々木大輔(経営者)

freeeが成長し続けている理由は3つ。

  1. 最新テクノロジーを貪欲に使い、運用イメージを常に考える。
  2. 顧客の要望をダイレクトに受け止めず、真の課題の解決に取り組む。
  3. 利用データをもとに問題点を把握し、改善スピードを高める。

中村禎

手帳は様々な用途に活用しています。書いたものは消さないことがルール。書いたものを消さない理由は、僕がコピーライターだからかもしれません。僕は広告のコピーを考える時、いいコピーだけを書こうとせず、とりあえず思いついたものは全部書くようにしています。体の中から全部出す。だから、つまらないことがヒントになったり、自分が気づかなかった良さを見つけることができたりする。そんな体験が、手帳の書き方のベースになっているんだと思います。


安永竜夫

社長としてのミッションは、三井物産をさらに「元気で力強く迫力のある」組織にすること。「挑戦と創造」や「自由闊達」という言葉で語られているとおり、当社は元気で活力のある会社。その「元気と活力」をさらに引き上げるために、率先垂範して、会社一丸となって、スピード感ある経営を目指していきます。


鈴木敏文

私自身、あらゆる仕事は仮説から始めます。


ページの先頭へ