名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリストフ・ウェバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリストフ・ウェバーのプロフィール

クリストフ・ウェバー。フランス出身の経営者。「武田薬品工業」社長。フランス・リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し薬学博士号を取得。イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社。GSKフランス会長兼CEO(最高経営責任者)、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長を務めた。

クリストフ・ウェバーの名言 一覧

不安定な要素があるのは否めません。ですが、それは世界中どこでも同じ。重要なのは、できるだけ早くリスクを特定し、それを回避すること。


重要なのは、育成の機会を逃さないこと。社員がどのような仕事をしたいと考えているかを、企業が把握し、それに焦点を当てなければいけません。


私は、日本人は素晴らしい能力を持っていると思っています。他の国の人たちと同様に、日本人にはもっと自信を持ってほしいですね。


グローバルリーダーになるための一番重要な要素は、グローバルでの経験です。経験を通じてグローバル経営の知識や感覚を身につけること。


違いを認め合い、私の方から近づき、みんなが理解できる目標設定をしていこうと思っている。


リーダーシップの本質は、部下を納得させ、「この仕事をぜひやりたい」と動機づけることにあると思う。そのため、私は意識してよきリスナーとなり、チームの話に耳を傾ける協調的なスタイルを第一に考える。


時間をかけて改革の目的や狙いを説明すること。それに尽きます。社員とのコミュニケーションが密になれば、企業の目的を共有できます。そうすれば、社員のみなさんも、自分は何をすべきかをもっと考えてくれるようになると思います。


武田は3万人の従業員を抱え、全体の3分の2は海外で働いています。企業価値が世界の拠点で根付かなければ、リスクになります。逆に、企業価値を通じて信頼を築ければ、社会からの評価とビジネスは両立できます。


武田の社員は優秀だが、勝利への強い意欲やオペレーションの機敏さがやや不十分な面もある。これを強化する。グローバル市場で戦う人材が必ず育つはずだ。


グローバル企業として標準化も必要だが、新興国市場で成功するためローカルチームの強化は喫緊の課題だ。私も現地を回り、スタッフとコミュニケーションを重ね、エンゲージメントを高める。


目標は世界のそれぞれの地域において、カスタマーから、「ベストな製品、サービスを提供するのはタケダだ」と認められ、トップになることだ。それには地域ごとに異なるニーズを的確につかむことが必要。


私がGSK(イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン」)のいくつかの会社でマネジメントを行ううえで大切にしたのは従業員のエンゲージメント、つまり、組織の目標達成に向け、誰もが熱意を持って力を発揮していくような会社との強いつながりだ。


医薬の世界で武田ほど歴史があり、「誠実」を核にした価値観が明確な製薬会社は多くない。これは信頼を得る強いアドバンテージだ。社長就任を決意したのも、挑戦的な目標と価値観への共感からだった。


クリストフ・ウェバーの経歴・略歴

クリストフ・ウェバー。フランス出身の経営者。「武田薬品工業」社長。フランス・リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し薬学博士号を取得。イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社。GSKフランス会長兼CEO(最高経営責任者)、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長を務めた。

他の記事も読んでみる

松岡正剛

松丸本舗ではクリスマスや正月に「ブックギフト」を提案しました。私はもちろん歌手の美輪明宏さんや格闘家の前田日明さん、女優の山口智子さんなどがセレクトした本を何冊か選び、福袋にした。いうまでもなく本は再販制度があり定価販売が原則。つまりセットにしても割引できません。そこで僕は本と共に彼等が選んだ食器や色紙や雑貨を同封した。山本耀司などは、このギフトのためにストールをデザインしてくれました。こうして定価の本の福袋に新たな付加価値がついた。一週間程度で全て完売しました。「本が売れない」「出版不況だ」。よく言われますが、そんなもの書店や出版社が「考えてこなかった」結果ですよ。


リンダ・グラットン

未来のリーダーは複雑化した世界の中でリーダーシップを発揮しなければなりません。しかし、矛盾も当然発生します。たとえばローカルな存在でありつつもグローバル化していく企業の姿も矛盾のひとつです。そこで矛盾する世界を克服するためにリーダーは「内なる旅」と自分の殻を破って未知と出合う「外への旅」に出なければいけないと考えています。内なる旅は内省すること。自分自身は何者なのか、自分の価値観は何なのか、あるいは自分は何を大切にしているのかについて深く考え、声に出して表現することが必要です。内省の結果、今までと違うやり方をしなければいけないことを認めるには勇気が必要です。しかし、すばらしいリーダーになるための条件だと思います。


中島明彦(不動産経営)

そこ(屋久島に買った土地)では、釣りをしたり、山菜を採ったり、妻と山に登ったり、現地の人と酒を飲んだり、親しい友人を招いて騒いだり。いまは一年の半分を屋久島で暮らしています。投資的には現在は年間100万円のマイナス・キャッシュフローですが、心と体の豊かさは大きく膨らんでいます。この場所を将来どう使うか思案中ですが、海と山に囲まれた隠れ家で、日々激務に追われる大人が童心に戻り、人生を見つめ直せるような場所にするのもいいですね。


竹中宣雄

リーダーを軸に3人でお客様に対応するチーム営業を始めました。当時の住宅販売は、営業マンが個人でお客様を囲い込むことが多かった。もちろん情報も独占します。これでは個人の力量に頼りきることになり、組織の力を生かせません。チーム営業は情報を共有し、みんなで知恵を出し合います。顧客情報のブラックボックス化がなくなり、組織での対応ができるようになりました。


御手洗冨士夫

女房子供は日本に帰して、それこそ全米を駆けずり回った。あの時期が原点。私だけではなくて、その頃キヤノンUSAに居た者はみんな血を吐いて頑張った。企業はそうしたトンネルを抜けなければ大きくならないです。


大西洋

百貨店を伸ばすためには、利益の源泉である売り場の最前線で働く人を大切にして、接客力を強化しなくてはなりません。


湯浅勲

人間はどんなに仲のいい相手でも、自然と喧嘩にならない距離をとっています。顔を見ただけで虫酸が走るほどの相手であっても、精神的な苦痛を感じない程度の距離感を保つことはできるはずです。この距離を早く見つけるよう心がけることです。


松枝寛祐

M&A先企業の有力人材の活用、あるいは育成では、海外事業を拡大させていくなかではどうしても現地の人間を幹部に登用していく必要があります。日本に外資系企業が参入した場合も、営業などのお客様に接する基本的な部分は国の文化、習慣をよくわかっている日本人を起用すると思います。我々が海外に行った場合も同じように、現地幹部の登用が不可避です。


青木擴憲

好調なのは一言で言うと、お客様のニーズに各事業が対応できているということだと思います。


山本昌(山本昌広)

正直いって、悩みましたよ。みんなが期待してくれているのに応えることが出来ないわけですから。頭の中には、絶えず引退の2文字があったし、辛いことばっかりの1年でしたけど、応援してくれる人もいっぱいいましたから、「ここで諦めるわけにはいかない」と。
【覚え書き|200勝達成の前年、スランプに陥ったことについて】


小杉俊哉

私は原稿が書けないとき、まずは運動をして気持ちを整えます。それでも、どうしても書けないときは、「機が熟していない」と諦めることもあります。こうした諦めも、時には必要でしょう。


松本幸夫

仕事とプライベートの手帳を使い分けているビジネスマンも多いようですが、あまり賢い使い方とはいえません。むしろ、オフの予定が入っているほうが、「金曜日のアフター5には彼女とデートの約束があるので、仕事を手早く片づけてしまおう」「今日のお昼は、学生時代の友人とランチをする予定なので、午前中で企画書を仕上げよう」というように、仕事に対するモチベーションが高まるはずです。公私混同は◎です。