名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

クリストフ・ウェバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリストフ・ウェバーのプロフィール

クリストフ・ウェバー。フランス出身の経営者。「武田薬品工業」社長。フランス・リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し薬学博士号を取得。イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社。GSKフランス会長兼CEO(最高経営責任者)、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長を務めた。

クリストフ・ウェバーの名言 一覧

不安定な要素があるのは否めません。ですが、それは世界中どこでも同じ。重要なのは、できるだけ早くリスクを特定し、それを回避すること。


重要なのは、育成の機会を逃さないこと。社員がどのような仕事をしたいと考えているかを、企業が把握し、それに焦点を当てなければいけません。


私は、日本人は素晴らしい能力を持っていると思っています。他の国の人たちと同様に、日本人にはもっと自信を持ってほしいですね。


グローバルリーダーになるための一番重要な要素は、グローバルでの経験です。経験を通じてグローバル経営の知識や感覚を身につけること。


違いを認め合い、私の方から近づき、みんなが理解できる目標設定をしていこうと思っている。


リーダーシップの本質は、部下を納得させ、「この仕事をぜひやりたい」と動機づけることにあると思う。そのため、私は意識してよきリスナーとなり、チームの話に耳を傾ける協調的なスタイルを第一に考える。


時間をかけて改革の目的や狙いを説明すること。それに尽きます。社員とのコミュニケーションが密になれば、企業の目的を共有できます。そうすれば、社員のみなさんも、自分は何をすべきかをもっと考えてくれるようになると思います。


武田は3万人の従業員を抱え、全体の3分の2は海外で働いています。企業価値が世界の拠点で根付かなければ、リスクになります。逆に、企業価値を通じて信頼を築ければ、社会からの評価とビジネスは両立できます。


武田の社員は優秀だが、勝利への強い意欲やオペレーションの機敏さがやや不十分な面もある。これを強化する。グローバル市場で戦う人材が必ず育つはずだ。


グローバル企業として標準化も必要だが、新興国市場で成功するためローカルチームの強化は喫緊の課題だ。私も現地を回り、スタッフとコミュニケーションを重ね、エンゲージメントを高める。


目標は世界のそれぞれの地域において、カスタマーから、「ベストな製品、サービスを提供するのはタケダだ」と認められ、トップになることだ。それには地域ごとに異なるニーズを的確につかむことが必要。


私がGSK(イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン」)のいくつかの会社でマネジメントを行ううえで大切にしたのは従業員のエンゲージメント、つまり、組織の目標達成に向け、誰もが熱意を持って力を発揮していくような会社との強いつながりだ。


医薬の世界で武田ほど歴史があり、「誠実」を核にした価値観が明確な製薬会社は多くない。これは信頼を得る強いアドバンテージだ。社長就任を決意したのも、挑戦的な目標と価値観への共感からだった。


クリストフ・ウェバーの経歴・略歴

クリストフ・ウェバー。フランス出身の経営者。「武田薬品工業」社長。フランス・リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し薬学博士号を取得。イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社。GSKフランス会長兼CEO(最高経営責任者)、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長を務めた。

他の記事も読んでみる

松坂大輔

三球三振で27人のバッターをうちとるのが究極の理想のピッチングです。


藤田近男

「会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい」と、先代(創業者、中島董一郎氏)は他に何の条件も付けず、私にキユーピーの経営を任せてくれました。


小寺圭

机上の勉強よりも、現場での経験を積み上げることでスペシャリストを目指す方がずっと有益だと思います。私自身、ハーバードなどのビジネススクールに通ったことがありますが、得ることはほとんどなかった。逆に、私たちの方が先生方からビジネスの現状を聞かれました。私も時々聞かれましたが、先生よりも生徒が語る話の方がずっと面白かったですね。


出口治明

多くの日本企業では、若手・中堅がベテランを上手に活用することさえ現実できていない状況です。それなのに、外国人従業員を連れてきてダイバーシティ(多様性)を推進するといっても、本当にできるのでしょうか。従来の雇用形態を維持したままで、海外の人材を増やせば、グローバル化が図れるというのは考えが甘いでしょう。


森辺一樹

日本のリスクに対する概念をそのまま新興国に持ち込めば、ビジネスは絶対に成功しない。日本では当然避けるべきリスクでも、新興国では取らざるを得ないケースが多々ある。また、そもそも、それをリスクと判断していては、ビジネスが成り立たないケースもある。


村上憲郎

20代のころ、最初に入った日立電子の研修で、回路設計よりも先に、工業簿記を暗記させられました。そのときは、「なぜ技術の人間がこんなものを」と反発も感じましたが、結局、そこで会社や経済の原理を学んだのでしょう。いま会社経営を行う上で、そうした経験はとても活きています。


西成活裕

正反対の物事の見方を論理的に学べば、発想の幅は格段に広がる。


安田顕

舞台の芝居だけではなく、必死で何でもやってました。テレビ局に企画を提案したり、バラエティ番組で1泊3日の弾丸ツアーをやったり、営業もやりました。どんな環境でも、腐るか腐らないかは自分次第だと。


石村和彦

小さな会社のいいところは、朝決めれば午後から人事を動かせること。


吉田照幸

よくいるのが、相手が謙遜したのを真に受けて、それ以上突っ込まない人。それはもったいないです。そもそも最初から自慢する人なんていませんよね。ですから、相手が謙遜してきたら「この人は自慢したいんだな」と察知して「40代で部長って、やっぱり早くないですか?」「若い頃にヒット作を手掛けたんですか?」といったふうにどんどん深掘りしてあげるべきです。もし「ヒットなんて特に……」と謙遜されたら、「いや~、絶対あるでしょう」とダメ押しして深く掘ってあげると、必ず自慢の種が出てきます。相手も嫌な思いはしませんから、どんどん深掘っちゃっていいと思いますよ。


山口雅也(小説家)

自分は小説で育ってきたし、紙の本に愛着もあるけれど、もう時代の流れはどうしようもない。世間を見ればみんなスマホを見ているわけだし。でもそこで、紙の本はもう売れないや、と言って俯いているだけじゃダメであって、今の時代に何ができるかつてことを考えなきゃいけない。


永野健二

様々な問題を内包するのが資本主義。そしてこの枠組の中で活動する企業も、最近の東芝に見られるような不祥事をたびたび起こします。されど資本主義、されど企業。完璧ではないが守るべき存在が資本主義、そして企業です。これらが完成度の高いシステムに変貌を遂げるためには、「問題を先送りせず、正すべきは正す」というのが80年代のバブルの教訓です。