クリストフ・ウェバーの名言

クリストフ・ウェバーのプロフィール

クリストフ・ウェバー。フランス出身の経営者。「武田薬品工業」社長。フランス・リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し薬学博士号を取得。イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社。GSKフランス会長兼CEO(最高経営責任者)、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長を務めた。

クリストフ・ウェバーの名言 一覧

不安定な要素があるのは否めません。ですが、それは世界中どこでも同じ。重要なのは、できるだけ早くリスクを特定し、それを回避すること。


重要なのは、育成の機会を逃さないこと。社員がどのような仕事をしたいと考えているかを、企業が把握し、それに焦点を当てなければいけません。


私は、日本人は素晴らしい能力を持っていると思っています。他の国の人たちと同様に、日本人にはもっと自信を持ってほしいですね。


グローバルリーダーになるための一番重要な要素は、グローバルでの経験です。経験を通じてグローバル経営の知識や感覚を身につけること。


違いを認め合い、私の方から近づき、みんなが理解できる目標設定をしていこうと思っている。


リーダーシップの本質は、部下を納得させ、「この仕事をぜひやりたい」と動機づけることにあると思う。そのため、私は意識してよきリスナーとなり、チームの話に耳を傾ける協調的なスタイルを第一に考える。


時間をかけて改革の目的や狙いを説明すること。それに尽きます。社員とのコミュニケーションが密になれば、企業の目的を共有できます。そうすれば、社員のみなさんも、自分は何をすべきかをもっと考えてくれるようになると思います。


武田は3万人の従業員を抱え、全体の3分の2は海外で働いています。企業価値が世界の拠点で根付かなければ、リスクになります。逆に、企業価値を通じて信頼を築ければ、社会からの評価とビジネスは両立できます。


武田の社員は優秀だが、勝利への強い意欲やオペレーションの機敏さがやや不十分な面もある。これを強化する。グローバル市場で戦う人材が必ず育つはずだ。


グローバル企業として標準化も必要だが、新興国市場で成功するためローカルチームの強化は喫緊の課題だ。私も現地を回り、スタッフとコミュニケーションを重ね、エンゲージメントを高める。


目標は世界のそれぞれの地域において、カスタマーから、「ベストな製品、サービスを提供するのはタケダだ」と認められ、トップになることだ。それには地域ごとに異なるニーズを的確につかむことが必要。


私がGSK(イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン」)のいくつかの会社でマネジメントを行ううえで大切にしたのは従業員のエンゲージメント、つまり、組織の目標達成に向け、誰もが熱意を持って力を発揮していくような会社との強いつながりだ。


医薬の世界で武田ほど歴史があり、「誠実」を核にした価値観が明確な製薬会社は多くない。これは信頼を得る強いアドバンテージだ。社長就任を決意したのも、挑戦的な目標と価値観への共感からだった。


クリストフ・ウェバーの経歴・略歴

クリストフ・ウェバー。フランス出身の経営者。「武田薬品工業」社長。フランス・リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了し薬学博士号を取得。イギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社。GSKフランス会長兼CEO(最高経営責任者)、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長を務めた。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

当社の中に優秀なAI人材は相当数います。商品にどうやってディープラーニングを活用するかなど、大学と一緒になって人材育成も進めています。AIとの親和性は高いと思います。メカが主体の企業だと、AIの技術者は少ないですよね。今はITの世界と自動車メーカーの間に距離があるので、パナソニックが中に入って通訳してほしいと言われています。


内藤由治

私は「全社員株主会社」と呼んでいますが、MBOに際して全社員に株式を取得する権利を与えました。一人一人が自分の会社の株を持つことで、当事者意識、株主の目線で考え、各自の持てる力を十分に出し切って改革を提案してくれると考えたからです。


朝倉千恵子

うるさい上司の下には、くだらないミスをする部下は育ちません。そういう上司は嫌われますが、部下は間違いなく育ちます。私は経営者になり、「憧れのお姉さん」をやめたとき、嫌われてもいい、いつか分かればいい、と腹をくくり、覚悟を決めたのです。


鈴木茂晴

労働時間削減において一番悩ましいのは、社外との接点だ。午後7時以降の残業禁止を徹底した時、ある支店長から相談を受けた。支店全体の売り上げを左右する大口顧客に必ず毎日午後8時に電話しているが、先方の仕事の都合があり時間を変えられないという。悩んだが、「理解してもらえなければ、取引が打ち切りになっても仕方がない」と指示した。社会常識にのっとったことを納得してもらえない顧客とは、いつかトラブルになる可能性が大きいからだ。結局、大きなお客様を担当しているような優秀な営業員がきちんと説明したら、納得してもらえたという落ちがついた。


兼元謙任

起こったことがプラスかマイナスかというのは、その人の受け取り方次第なのです。だとすれば、わざわざやる気が萎えるように解釈するより、自分の得になるように受け取った方がいいと思いませんか。


周防正行

僕は「どうしても撮りたい」というテーマに出会わないと撮れないんです。いくつか企画はあったのですが、どれも何かが足りませんでした。
【覚書き|『Shall we ダンス?』の後、11年間映画を撮らなかったことについて語った言葉】


泉谷しげる

エンタテインメントは基本、励ましなんだよ。そこで発せられていることの何かがきっかけになって、気づくこともあるから。人間はどうであれ、自分で迷いながら、道を決めていくんだよ。だから、逃げていても、興味がないふりをしていても、じつは横目でちゃんと見ながら、切り替えるきっかけを探している。だから、きつい仕事から一旦、逃げ出してライブに行くのも、雑誌を読むのもムダじゃないし、ちょっといいこと起きないかなって感じで遠回りするのも悪くない。


スティーブ・M・スミス

進化する一方の技術のサイクルの中で、私たちは今後も必要とされる存在であり続けるためにも、現状のポジションに安住せず、技術が次はどこへシフトしていくのか、いち早く見つけ、新たなテクノロジーに適応していく努力を継続していく。


笠鳥高男

研修では、座学で得た知識を実践するステップを導入しています。実践なくして習得は不可能、つまり成長はないと考えるからです。


戸田覚

仕事の効率を上げていくには、そうせざるを得ない状況に自分を追い込むことも必要です。極端な話、3日かかる企画書を仕上げるのに、そのうちの2日間を風邪で寝込んでしまった人は、最後の1日でなんとか企画書をつくってしまうものです。そういった「火事場の馬鹿力」を出し続けていると、それが当たり前になり、短時間でより多くの仕事ができるようになります。


澤田秀雄

エイチ・アイ・エスは旅行会社のため、世界各地に支店があり、現地スタッフも多数います。どこの国にもその国固有の文化がありますので、その土地、その土地の習慣や考え方を尊重するのは当然のことです。ですから、文化や商習慣に応じてビジネスのやり方を変えるのは構いません。方法は各支店に任せています。しかし、企業理念や行動憲章といったものは世界共通です。物の見方や考え方、行動様式など、同じ価値観で、同じ方向に向かって進むことが企業として大切だからです。


原田泳幸

私も最初は、何でも自分でやらざるを得ませんでした。私がCEOに就いた2004年、日本マクドナルドには、そもそも自分から何かをやりたいと手を挙げる人すら皆無でした。まずは、自分がコミットして手取り足取りで教育していくしかなかったのです。ただ、やりすぎると指示待ち人間になってしまう。そのバランスを取りつつ、今になって安心して任せることのできる人材が育ってきた、ということです。


玉塚元一

僕は、自分も走るが、みんなを鷲づかみにしながら走るタイプ。ばっとみんなを集めて、周囲を巻き込む。それぞれの知恵や意見を集めて、すぐに決めて動くスタイル。


荒蒔康一郎

上に行くほど動揺してはいけないし、心の悩みを表に出してはいけないと思います。


鎌田薫

日本は教育立国、科学技術立国です。天然資源で勝負するのではなく、世界最先端の教育を作り上げ、人を育てることで発展してきた。明治の近代化も、戦後復興もそうでした。大学改革は、まさに国家存亡の要ではないかと思います。


ページの先頭へ