名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリスティン・エドマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスティン・エドマンのプロフィール

クリスティン・エドマン。日本人とアメリカ人の両親を持つ、スウェーデン国籍の経営者。スウェーデン発のファッションブランド「H&M」日本法人社長。東京出身。米国ラファイエット大学卒業後、玩具メーカー「マテル」、ステラおばさんのクッキーで知られる「アントステラ」、スウェーデンのストックホルム経済大学でMBA取得などを経て、H&Mへネス&マウリッツに入社。同社の香港進出に携わったのち、日本法人社長に就任した。

クリスティン・エドマンの名言 一覧

好きな言葉は「Reach for the stars」です。本気で願い努力すれば、星にだって手が届く可能性がある。つまり、人には無限の可能性があるという意味。夢を持つことはとても重要だと思う。


急ぎすぎて失敗することはたしかにあると思います。でも、仮に失敗しても、そこから学んで同じ失敗を繰り返さなければいい。むしろ、数日間手を打たずに放っておいて、手遅れになるほうが怖いですね。


「keep it simple」。当社ではこの言葉は本当によく耳にします。仕事を複雑にしてはダメ。できるだけ簡単に進められるようにして、余計な手間を減らそうということですね。だから、本社への報告で大量の資料を送ったりすると、「こんな素晴らしい資料なんていらないから、重要なポイントだけを口頭でシンプルに説明して」となる。何かのプランや改善策を考えるときも、「3行でスタッフに伝えられるものに」といわれます。


当社では「next me」という言葉もよく使います。これは、いつでも自分と代われる「次の自分」をつくっておこう、という意味。マネージャーレベルでこれができていないのは問題外ですが、一般社員でもこの意識をもつことはとても重要です。これは、日本企業でもいえることですよね。


自分だけしかできない仕事をつくることは、休暇に関わらず、よいことではありません。仕事が立て込んだとき、誰も手伝えないので、残業しなければならなくなるし、処理も遅れる。もっといえば、周囲の人がその仕事を体験するチャンスや成長するチャンスを奪ってもいるのです。


部下に任せられない仕事って案外、少ないんですよ。日ごろから、自分の仕事について周囲のスタッフに話したり、手伝ってもらったりしておけば、たいがいの仕事は引き継げます。


当社では最低でも年1回、2週間の長期休暇がありますが、それができるのは部下全員が休めるように、マネージャーが計画的にバランスよく仕事を割り振っているからです。H&Mでは部下が休みなく働いていると、ダメな上司とみなされますからね。また、部下の残業が多いマネージャーは、成果を挙げていても評価されません。だからどのマネージャーも、本気で職場の効率化に取り組むのです。加えて、各メンバーもお互い休みが取れるように助け合っています。休むときは、ほかの人がフォローしてくれる。みんな休みを取りたいですからね。お互いさま、ということで手伝ってくれます。


当社では長期休暇が最低でも通常年1回、休暇は2週間連続で取れます。それでも、仕事はちゃんと回っています。やろうと思えば、できるんですね。


どの仕事の手を抜いてよいかを適切に判断できるかどうかによって、部下の仕事量は大きく左右されます。


私は何かいいアイデアを思いつくと、すぐに実現させたくなる性格です。そこで心がけているのが、「オーバービュー」です。目の前の仕事から一歩視点を引いて、会社のビジョンや個人のビジョンを振り返る。そして、「中長期的にめざしているのはこっちだ。だとしたら、いま一番重要なことは何か」と自分自身に問いかけるのです。すると、目の前の仕事にも優先順位がつけやすくなります。


「すべての仕事を完璧にこなそうとしない」ことが大切です。「どの仕事も完璧にやる」というのは素晴らしい考え方ですが、現実的ではありません。時間が限られている以上、すべて完璧にこなすなんて不可能です。その考えから抜け出せないと、残業の海におぼれてしまう。それだけならまだよいですが、重要度の低い仕事に気をとられ、本当に大事な仕事を疎かにしたら、会社に迷惑がかかります。


小売業はスピードが命です。商品の売れ行きがよくなかったら、今日中に何らかの手を打つ。そんな感覚で動いていますから、資料づくりでモタモタしているなんて、もってのほかです。といいつつ、私も以前は小売りではなくメーカーにいたので、入社当初の店舗研修ではそのスピード感に驚きました。


最近は、本社から「メールを減らそう」という通達も出ました。人間関係を構築する意味もありますが、なによりメールを書く時間がもったいないというわけです。私自身、本社CEOとのコミュニケーションはもっぱら電話。メールのやりとりはめったにしません。


4年前にH&Mに入社してから、仕事が速くなった気はします。「仕事を速くする考え方」を日々叩き込まれていますからね。じつは、いまでも本社から「仕事が遅い」と注意されています。


クリスティン・エドマンの経歴・略歴

クリスティン・エドマン。日本人とアメリカ人の両親を持つ、スウェーデン国籍の経営者。スウェーデン発のファッションブランド「H&M」日本法人社長。東京出身。米国ラファイエット大学卒業後、玩具メーカー「マテル」、ステラおばさんのクッキーで知られる「アントステラ」、スウェーデンのストックホルム経済大学でMBA取得などを経て、H&Mへネス&マウリッツに入社。同社の香港進出に携わったのち、日本法人社長に就任した。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

社員には、顔を見れば声をかけるようにしています。だって、いくら私が社員のことを好きでも、普段から十分な会話がなければ、私が何を考えているか伝わらないでしょ。経営者と社員の価値観が一致していなければ、会社は上手くいきません。それができるかどうかはコミュニケーションの量にかかっています。


冨安徳久

ティアは創業当時の師年から、葬儀価格の相場の半額以下で葬儀を行っています。この価格でも十分に利益は出ます。ティアの葬儀価格は、「激安価格」と言われますが、ティアが「適正価格」を初めて打ち出したと思っていただきたいです。


伊藤一郎(経営者)

日本は少子高齢化をはじめとした課題先進国。当社ではヘルスケアと住宅事業の融合などで新しい国内需要を掘り起こしていく。


曽根原容子

諦めないことが運を呼ぶ最大の秘訣。途中で諦める人があまりにも多すぎる。私は特別な能力があったわけではない。ただ、諦めなかっただけ。やり続けていれば絶対に生き残れる。


市川典男

当社は消費者の不満要素を減らすよう、細かい改善を徹底的に重ねている。目に見えない部分、普段は気付かれない部分に象印の強さがある。5年、10年といった生活家電の買い替えサイクルの中で、当社の良さを分かってもらえる商品作りをこれからも続けていく。


柳井正

最初からそこそこでいいなんて甘い考えでいたら、箸にも棒にもかからない程度の水準でしか生きていけない。それだと将来的に食えなくなる。


ドナルド・トランプ

どんな分野にも問題はつきものである。それなら、避けられないものにどう対処すべきか知っておいたほうがよい。


坂戸健司

大事なのが「双方向性」。つまり、自分がどう伝えるかだけでなく、「ここで相手はこう思うだろうな」と想像しながらストーリーを組み上げていくこと。


阿部由希奈

札幌スープカレーや大阪スパイスカレーというように、カレーが文化になっている場所があります。そういうのを東京でも作りたいなという大それた想いがあります(笑)。それを実現するためにも、面白いことができる環境を選んでやっていきたいですね。


藤沢晃治

上司は報告書の全文を読んでくれるとは限りません。さっと読み飛ばしてしまうかもしれないし、途中で読むのをやめてしまう可能性もあります。時間のない相手に斜め読みされてしまった場合にも、情報を伝えるという役割をきちんと果たせること。それが、ビジネス現場で高く評価される報告書の条件です。


三村起一

私は労務管理に三安定主義を唱えた。地位の安定、生活の安定、および将来の安定がこれである。新工場移転の際は、やむなく老年病弱者の引退を求めたが、とてもつらかった。以来一切解雇はせぬ方針で、その後今日まで35年、苦しいときも手を取り合って犠牲者を出さずに来た。


森泉知行

私のモットーは、「巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如(し)かず」です。完ぺきを求めていつまでも考え込んでいては、この業界のスピードについていくことはできません。少しぐらいリスクがあっても実行し、そこから改善を重ねる。その姿勢を常に心がけています。