名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリスティン・エドマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスティン・エドマンのプロフィール

クリスティン・エドマン。日本人とアメリカ人の両親を持つ、スウェーデン国籍の経営者。スウェーデン発のファッションブランド「H&M」日本法人社長。東京出身。米国ラファイエット大学卒業後、玩具メーカー「マテル」、ステラおばさんのクッキーで知られる「アントステラ」、スウェーデンのストックホルム経済大学でMBA取得などを経て、H&Mへネス&マウリッツに入社。同社の香港進出に携わったのち、日本法人社長に就任した。

クリスティン・エドマンの名言 一覧

好きな言葉は「Reach for the stars」です。本気で願い努力すれば、星にだって手が届く可能性がある。つまり、人には無限の可能性があるという意味。夢を持つことはとても重要だと思う。


急ぎすぎて失敗することはたしかにあると思います。でも、仮に失敗しても、そこから学んで同じ失敗を繰り返さなければいい。むしろ、数日間手を打たずに放っておいて、手遅れになるほうが怖いですね。


「keep it simple」。当社ではこの言葉は本当によく耳にします。仕事を複雑にしてはダメ。できるだけ簡単に進められるようにして、余計な手間を減らそうということですね。だから、本社への報告で大量の資料を送ったりすると、「こんな素晴らしい資料なんていらないから、重要なポイントだけを口頭でシンプルに説明して」となる。何かのプランや改善策を考えるときも、「3行でスタッフに伝えられるものに」といわれます。


当社では「next me」という言葉もよく使います。これは、いつでも自分と代われる「次の自分」をつくっておこう、という意味。マネージャーレベルでこれができていないのは問題外ですが、一般社員でもこの意識をもつことはとても重要です。これは、日本企業でもいえることですよね。


自分だけしかできない仕事をつくることは、休暇に関わらず、よいことではありません。仕事が立て込んだとき、誰も手伝えないので、残業しなければならなくなるし、処理も遅れる。もっといえば、周囲の人がその仕事を体験するチャンスや成長するチャンスを奪ってもいるのです。


部下に任せられない仕事って案外、少ないんですよ。日ごろから、自分の仕事について周囲のスタッフに話したり、手伝ってもらったりしておけば、たいがいの仕事は引き継げます。


当社では最低でも年1回、2週間の長期休暇がありますが、それができるのは部下全員が休めるように、マネージャーが計画的にバランスよく仕事を割り振っているからです。H&Mでは部下が休みなく働いていると、ダメな上司とみなされますからね。また、部下の残業が多いマネージャーは、成果を挙げていても評価されません。だからどのマネージャーも、本気で職場の効率化に取り組むのです。加えて、各メンバーもお互い休みが取れるように助け合っています。休むときは、ほかの人がフォローしてくれる。みんな休みを取りたいですからね。お互いさま、ということで手伝ってくれます。


当社では長期休暇が最低でも通常年1回、休暇は2週間連続で取れます。それでも、仕事はちゃんと回っています。やろうと思えば、できるんですね。


どの仕事の手を抜いてよいかを適切に判断できるかどうかによって、部下の仕事量は大きく左右されます。


私は何かいいアイデアを思いつくと、すぐに実現させたくなる性格です。そこで心がけているのが、「オーバービュー」です。目の前の仕事から一歩視点を引いて、会社のビジョンや個人のビジョンを振り返る。そして、「中長期的にめざしているのはこっちだ。だとしたら、いま一番重要なことは何か」と自分自身に問いかけるのです。すると、目の前の仕事にも優先順位がつけやすくなります。


「すべての仕事を完璧にこなそうとしない」ことが大切です。「どの仕事も完璧にやる」というのは素晴らしい考え方ですが、現実的ではありません。時間が限られている以上、すべて完璧にこなすなんて不可能です。その考えから抜け出せないと、残業の海におぼれてしまう。それだけならまだよいですが、重要度の低い仕事に気をとられ、本当に大事な仕事を疎かにしたら、会社に迷惑がかかります。


小売業はスピードが命です。商品の売れ行きがよくなかったら、今日中に何らかの手を打つ。そんな感覚で動いていますから、資料づくりでモタモタしているなんて、もってのほかです。といいつつ、私も以前は小売りではなくメーカーにいたので、入社当初の店舗研修ではそのスピード感に驚きました。


最近は、本社から「メールを減らそう」という通達も出ました。人間関係を構築する意味もありますが、なによりメールを書く時間がもったいないというわけです。私自身、本社CEOとのコミュニケーションはもっぱら電話。メールのやりとりはめったにしません。


4年前にH&Mに入社してから、仕事が速くなった気はします。「仕事を速くする考え方」を日々叩き込まれていますからね。じつは、いまでも本社から「仕事が遅い」と注意されています。


クリスティン・エドマンの経歴・略歴

クリスティン・エドマン。日本人とアメリカ人の両親を持つ、スウェーデン国籍の経営者。スウェーデン発のファッションブランド「H&M」日本法人社長。東京出身。米国ラファイエット大学卒業後、玩具メーカー「マテル」、ステラおばさんのクッキーで知られる「アントステラ」、スウェーデンのストックホルム経済大学でMBA取得などを経て、H&Mへネス&マウリッツに入社。同社の香港進出に携わったのち、日本法人社長に就任した。

他の記事も読んでみる

石川和則

どんな経営者も、理想の会社をつくろうと言いますが、問題は実行するかどうか。できない言い訳を言い始めた時点で、実は諦めているのです。


石倉洋子

あれこれ考えず、思い立ったらすぐ、実行する。「思った以上に面白かった」といった気づきは、やってみて初めて得られるもの。考えるのは、始めてからでも遅くありません。


平本清

常識を鵜呑みにしてはいけません。変化に対応する力を持たなければ生き残れませんよ。


最上悠

交渉の場で「この値段がギリギリです」と言ってみて、相手が「そうか、わかった」と流したら、いま気になっているのは値段ではないと判断できます。このように、小さく本音をぶつけて、スルーするか、反発しないか、相手の態度から、心を読み取ることができるでしょう。


曽山哲人

失敗経験や挑戦経験を学び、活用することを狙って、「ヒストリエ」というプロジェクト史もつくっています。様々な社内プロジェクトの責任者に、成功と失敗の理由を語ってもらい、それを事例集としてまとめたものです。今ではもう50例ぐらいになっています。失敗を明文化して社内で共有する試みで、他の社員がそこから学ぶことによって、失敗経験が活かされています。


原田武夫

究極の悪知恵、究極のしたたかさともいえる生き方は、自分がハブ人脈に在ることだ。たとえ社内で派閥抗争があっても、どちらにもいい顔ができ、最後には重要なポジションに収まってしまう算段である。


吉田博一

マネージメントで最も大事なことは予知力だ。僕の経験の中で、MBAの学習体制のように、実経営がケーススタディのようになったことなどない。過去のデータは参考にはなるが、経営には予知力が必然だ。


金子博人

イノベーションは、既存組織では育たない。シーズが見つかれば、社内ベンチャーとして既存組織から独立させて育てる必要がある。社外にスピンアウトさせたほうが効果的なことも多い。


伊藤東涯

君子は己を省(かえり)みる。人をそしる暇(いとま)あらんや。


中村勇吾

ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


新浪剛史

何事にもせっかちなものですから、もっと早く進むべきだとは思います。ただ、着実に成果は出てきている。


大橋徹二

私は企業経営というのは信頼だと思っています。どれだけ一人でも多くのパートナーに信頼してもらえるか。