クリスティン・エドマンの名言

クリスティン・エドマンのプロフィール

クリスティン・エドマン。日本人とアメリカ人の両親を持つ、スウェーデン国籍の経営者。スウェーデン発のファッションブランド「H&M」日本法人社長。東京出身。米国ラファイエット大学卒業後、玩具メーカー「マテル」、ステラおばさんのクッキーで知られる「アントステラ」、スウェーデンのストックホルム経済大学でMBA取得などを経て、H&Mへネス&マウリッツに入社。同社の香港進出に携わったのち、日本法人社長に就任した。

クリスティン・エドマンの名言 一覧

好きな言葉は「Reach for the stars」です。本気で願い努力すれば、星にだって手が届く可能性がある。つまり、人には無限の可能性があるという意味。夢を持つことはとても重要だと思う。


急ぎすぎて失敗することはたしかにあると思います。でも、仮に失敗しても、そこから学んで同じ失敗を繰り返さなければいい。むしろ、数日間手を打たずに放っておいて、手遅れになるほうが怖いですね。


「keep it simple」。当社ではこの言葉は本当によく耳にします。仕事を複雑にしてはダメ。できるだけ簡単に進められるようにして、余計な手間を減らそうということですね。だから、本社への報告で大量の資料を送ったりすると、「こんな素晴らしい資料なんていらないから、重要なポイントだけを口頭でシンプルに説明して」となる。何かのプランや改善策を考えるときも、「3行でスタッフに伝えられるものに」といわれます。


当社では「next me」という言葉もよく使います。これは、いつでも自分と代われる「次の自分」をつくっておこう、という意味。マネージャーレベルでこれができていないのは問題外ですが、一般社員でもこの意識をもつことはとても重要です。これは、日本企業でもいえることですよね。


自分だけしかできない仕事をつくることは、休暇に関わらず、よいことではありません。仕事が立て込んだとき、誰も手伝えないので、残業しなければならなくなるし、処理も遅れる。もっといえば、周囲の人がその仕事を体験するチャンスや成長するチャンスを奪ってもいるのです。


部下に任せられない仕事って案外、少ないんですよ。日ごろから、自分の仕事について周囲のスタッフに話したり、手伝ってもらったりしておけば、たいがいの仕事は引き継げます。


当社では最低でも年1回、2週間の長期休暇がありますが、それができるのは部下全員が休めるように、マネージャーが計画的にバランスよく仕事を割り振っているからです。H&Mでは部下が休みなく働いていると、ダメな上司とみなされますからね。また、部下の残業が多いマネージャーは、成果を挙げていても評価されません。だからどのマネージャーも、本気で職場の効率化に取り組むのです。加えて、各メンバーもお互い休みが取れるように助け合っています。休むときは、ほかの人がフォローしてくれる。みんな休みを取りたいですからね。お互いさま、ということで手伝ってくれます。


当社では長期休暇が最低でも通常年1回、休暇は2週間連続で取れます。それでも、仕事はちゃんと回っています。やろうと思えば、できるんですね。


どの仕事の手を抜いてよいかを適切に判断できるかどうかによって、部下の仕事量は大きく左右されます。


私は何かいいアイデアを思いつくと、すぐに実現させたくなる性格です。そこで心がけているのが、「オーバービュー」です。目の前の仕事から一歩視点を引いて、会社のビジョンや個人のビジョンを振り返る。そして、「中長期的にめざしているのはこっちだ。だとしたら、いま一番重要なことは何か」と自分自身に問いかけるのです。すると、目の前の仕事にも優先順位がつけやすくなります。


「すべての仕事を完璧にこなそうとしない」ことが大切です。「どの仕事も完璧にやる」というのは素晴らしい考え方ですが、現実的ではありません。時間が限られている以上、すべて完璧にこなすなんて不可能です。その考えから抜け出せないと、残業の海におぼれてしまう。それだけならまだよいですが、重要度の低い仕事に気をとられ、本当に大事な仕事を疎かにしたら、会社に迷惑がかかります。


小売業はスピードが命です。商品の売れ行きがよくなかったら、今日中に何らかの手を打つ。そんな感覚で動いていますから、資料づくりでモタモタしているなんて、もってのほかです。といいつつ、私も以前は小売りではなくメーカーにいたので、入社当初の店舗研修ではそのスピード感に驚きました。


最近は、本社から「メールを減らそう」という通達も出ました。人間関係を構築する意味もありますが、なによりメールを書く時間がもったいないというわけです。私自身、本社CEOとのコミュニケーションはもっぱら電話。メールのやりとりはめったにしません。


4年前にH&Mに入社してから、仕事が速くなった気はします。「仕事を速くする考え方」を日々叩き込まれていますからね。じつは、いまでも本社から「仕事が遅い」と注意されています。


クリスティン・エドマンの経歴・略歴

クリスティン・エドマン。日本人とアメリカ人の両親を持つ、スウェーデン国籍の経営者。スウェーデン発のファッションブランド「H&M」日本法人社長。東京出身。米国ラファイエット大学卒業後、玩具メーカー「マテル」、ステラおばさんのクッキーで知られる「アントステラ」、スウェーデンのストックホルム経済大学でMBA取得などを経て、H&Mへネス&マウリッツに入社。同社の香港進出に携わったのち、日本法人社長に就任した。

他の記事も読んでみる


亀岡保夫

いくら専門性に秀でていても顧客の「思い」を共有できなければ、サービスから喜びや感動といった新たな価値は生まれない。


秋津壽男

立って仕事をする人のほうが絶対に長生きする。運動量が全然違うのと、座った姿勢は血流も悪くなる。もちろん歩行時間も大事ですが、立っている時間を少しでも稼げれば、それは長生きに繋がります。


坂本善博

自社の各種製品やサービスを紹介・販売する場合に「この製品の特長はこうで、こういう機能があります」といった提供者視点での説明をするのではなく、「あなたのこのような問題や課題をこのように解決します」という顧客視点での説明をすることにより、顧客の理解度が向上すると同時に当社への信頼感も増す。


岩崎弥太郎

小事にあくせくするものは大事ならず。ひとたび着手せし事業は必ず成功を期せ。決して投機的な事業を企てるなかれ。国家的観念を持って全ての事業に当たれ。


早川徳次

かわいい社員のクビを切ってまで、自分は会社を存続させられない。社長を辞し、会社は解散する。社員を憂き目にあわせてまで、自分はもう、ものを言えない。残った人間で会社を続けてよいが、自分はタッチしない。
【覚書き:1950年代初頭、米国の財政金融引き締め政策ドッジ・ラインが引き金になって起こった世界不況時の発言。不況の煽りを受けシャープも経営危機に陥ったが、この発言を機に労組が自ら自主退社を募り始めるなど、経営再建の機運が社員全体から高まり、シャープは危機から脱した。以降、シャープでは首切りはしないという経営風土が作られた】


木村尚敬

直接の上司を追い落とすには、上司の人事に影響力を持つ「上司の上司」を動かさなくてはいけない。その際は大義を掲げ、私利私欲からの進言ではないことを示すべきだ。ただ、そうはいっても人事の話はきれいごとでは済まないことが多い。最後の最後は「刺し」にいく覚悟が必要だ。勝算を少しでも高めるには、上司の上司と本音で話せる関係をつくっておくべきだ。


杉山大二郎

大失敗をしたときは、苦しく逃げ出したいと思ったこともあります。でも、そこで目をそらさずに成約につながる営業とは何かを問い続けてきたのが良かったのだと思います。


ページの先頭へ