クリスティアーノ・ロナウドの名言

クリスティアーノ・ロナウドのプロフィール

クリスティアーノ・ロナウド(クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ)。プロサッカー選手(FW/MF)。ポルトガル・マデイラ自治地域フンシャル出身。FIFA最優秀選手賞ほか多くのタイトルを獲得。

クリスティアーノ・ロナウドの名言 一覧

僕が7番にふさわしい選手かどうかは歴史が判断する。


クリスティアーノ・ロナウドの経歴・略歴

クリスティアーノ・ロナウド(クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ)。プロサッカー選手(FW/MF)。ポルトガル・マデイラ自治地域フンシャル出身。FIFA最優秀選手賞ほか多くのタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

僕は昔から「俺が世界一だ」という根拠なき確信を持っていた。それがいつも自分の強みになっていたように思います。実際は単なる思い込みなんです。でも、ビジネスで結果を出すには、この思い込みが大事。


永守重信

定着率が高いことがいいわけではない。競争原理を働かせて負けた人間は去っていく。それくらいでないと人は育ちません。時には落とすことも必要です。それが強い人間を育てることになります。全部温存しては周りも小さい人間になってしまいます。


河原春郎

社員とコミュニケーションをどう図るかは経営者にとって最も大切な仕事。とりわけリストラのような苦しい局面は、社員との対話なしに、絶対に乗り越えることはできない。


大川隆法

「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある。


トニー・ブザン

日本のビジネス誌には、「日本は深刻な創造性の危機に瀕している」といった内容の記事がよく載っているようですね。では、他国はどうでしょうか。面白いことに中国では、中国のメディアが「中国は創造性の危機にある」といっています。アメリカでも『ハーバード・ビジネス・レビュー』などの主要メディアが、「教育システムに創造性のある考え方を採りこまなければ、50年以内にアメリカは崩壊する」と警告しています。イギリスも同様です。


冨安徳久

私は子供の頃に、祖母や両親から「靴を揃えなさい」と言われたことはありません。でも祖母や両親が、私が脱ぎ散らかした靴を片付けるので、いつも玄関はきれいでした。そうすると、私も靴を揃えるようになりました。きれいな状態が当たり前だったから、自分でも自然にそうするようになっていたのでしょう。そういう風に、祖母と両親がしていることが、私にとっても当たり前のことになっていました。


国部毅(國部毅)

IT企業、ベンチャー企業との競合もありますが、ライバル視して対抗するのではなく一緒にイノベーションを起こしたいと思っています。日本が強い自動車業界でも、電動化や自動運転時代を見据えて各社はベンチャーやIT企業と組んでいます。我々は金融という立場で全ての業界のお客様と取引がありますから、イノベーションや新しいサービスを起こせるように提案をしていきます。


三谷幸喜

自分が落ち込んだとき、何を観て気を紛らわすかといったら、やはりコメディなんです。「グレートレース」やビリー・ワイルダーの映画を観て元気になる。くだらないと思いつつ「Mr.ビーン」を観たりね。そういう意味で、喜劇には意義があると思います。


横山信治(経営者)

「こいつは責任をなすりつけてもOKだ」と思われたらナメられてしまう。そうすると便利屋扱いで、重要な仕事は回ってこない。実績を積むうえで非常に不利になる。なんらかの失敗が起こった場合、原因が自分の勝手な判断によるものか、上司の指示ミスなのかはっきりさせることが大切。そのためにも、最初の指示を受ける際に指示内容をしっかり確認し、記録に残しておくといい。


ソクラテス

生きるために食べるべきであり、食べるために生きてはならない。


新浪剛史

当時はただ、面白いからやってみようということで、パイオニアとしての意思が全然なかった。遊びだったんです。顧客価値をどう生むかが明確じゃなかった。一時はやめようかとも悩みましたが、最終的には経営陣を全部入れ替えて、本部から人材を入れて、別会社にして収支を明確にする道を選びました。確実にマーケットはあるからです。要はやり方です。
【覚書き|ナチュラルローソンを別会社にしたことについてのコメント】


佐藤孝幸

ゴール時期が曖昧で、しかも長めに設定したスケジュールでは、計画を実行に移すのは難しいでしょう。


二宮尊徳(二宮金次郎)

およそ人と生まれ出た以上は、死ぬのは必定だ。長生きといっても取るに足らぬほどの相違で、たとえばロウソクに大中小とあるようなものだ。人と生まれ出た以上は必ず死ぬものと覚悟してしまえば、一日生きれば一日の儲け、一年生きれば一生の得だ。


齋藤嘉則

昨今の環境変化の中では、従来の社会システムや事業運営のフレームワークが通用しなくなっているのに、思考はフリーズし、決断を下す覚悟が定まらず、本質的な問題解決に取り組めていないケースが目につきます。こうした企業は発生した問題への事後的な対処しかできず、未来を切り開くことは難しい。


松井道夫

息抜きで絵は描けません。いつもキャンバスの前で頭をかきむしっています。絵を描くのはストレスの溜まる行為。でも、だからこそおもしろい。
【覚書き|趣味の絵画について語った言葉。松井氏は高校生時代にプロを目指し創作に励んでいた】


ページの先頭へ