名言DB

9412 人 / 110637 名言

クリスティアン・クルツケの名言

twitter Facebook はてブ

クリスティアン・クルツケのプロフィール

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

クリスティアン・クルツケの名言 一覧

日本に限らず世界で経済危機が叫ばれていますが、ピンチは、やり方次第でチャンスにもなります。


革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


私の元気の源――それは「未来」です。


マイセンは、ヨーロッパでも非常に特殊な機関です。芸術振興の場として文化の発展に寄与しながら、磁器メーカーとして四半期ごとにきちんと売上を挙げていかなくてはなりません。


マイセンには付属の養成学校があり、競争率は約40倍の超難関です。そこで3年半学びます。しかし、養成学校を出たからといってすぐに製作できるわけではありません。そこからさらに選抜されていきます。養成学校の卒業はスタートラインにすぎません。そこから学び続ける能力が何よりも求められます。


見学者を工房にご案内すると必ず「修道院みたいですね」といわれます。回廊のある建物の印象が強いからだと思いますが、非常に静かな環境で仕事をしています。トヨタのカイゼンのごとく、品質管理も徹底しており、ミスをなくすことに細心の注意を払っています。でも不思議がられるのが、その静けさとは対照的に働く人の目が好奇心に満ち溢れてイキイキとしていることです。目の前の仕事だけにとらわれることなくつねに新しいものを追い求める。それはマイセンに受け継がれる進取の精神でもあります。


磁器の世界では、中国の模倣品の脅威がよくいわれますが、300年間で80万種類もの製作パーツを蓄積し、独自の進化を遂げてきたマイセンのものづくりを模倣することは容易ではありません。


マイセンは、18世紀にアウグスト国王の命によって設立されて以来、つねに磁器製作のパイオニアとなることをめざしてきました。今回、300周年の記念事業のために来日しましたが、次の300年のビジョンについてもすでに準備が進められています。マイセンの歴史は研究の歴史でもあります。


クリスティアン・クルツケの経歴・略歴

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

他の記事も読んでみる

長谷山彰

独立自尊の精神を持った人材を、社会の様々な分野に送り出していくのが、慶應のポリシーの一つです。我々の人材育成の理念はこれからも変わりませんが、時代が変化していきますから、それに合わせた進化をしていかなくてはなりません。慶應の強みと弱みを確認した上で、どこを進化させるかということだと思います。強みは、福澤以来の建学の精神が現在まで受け継がれていることが大きいと思います。


亀田隆明

院内にレベルの高い科がひとつできると周囲にも影響を及ぼし、他の科も高い水準をめざすようになります。すると、そこで学びたいという若くて優秀な人材も集まってきます。


屋久哲夫

職場で揉めている同僚同士の仲裁は、基本的にしないほうがいいと思います。両者をよく知っていれば中立の立場は取りにくく、どちらかに肩入れすれば遺恨を残しかねません。ただ、両者が興奮して言い合っているような場面では、何がしかの介入が必要になります。


木皿泉(妻鹿年季子)

脚本の制約については、あったほうがいいと思いますよ。何でもありなんて、ロクなことがないです。ドラマなんてもとは誰かの妄想なんですから。


水留浩一

電通では上から下りてくる商品をどうやって売るかというマーケティングの仕事をやっていました。そのうちに「下りてくる前」から携わることはできないかと思うようになった。そしてやはり経営全体をやってみたいという気持ちがありました。当時は大前研一さんや堀紘一さんが出てきて、「コンサル」という職業が知られるようになった時期。大前さんのいたマッキンゼーや堀さんのいたボストンコンサルティングというのはMBAが必須でした。しかしMBAを取ろうとすれば、3、4年が潰れてしまう。それは嫌だったので、(日本法人を立ち上げたばかりの)アンダーセンを選びました。


テリー伊藤

あがったときはむしろ、あがるようなプレッシャーのかかる状況にいられることを感謝したほうがいい。それは、その人がいい仕事をしている証拠で、ビジネスマンの特権だから。ルーティンな単純作業ではあがりようがないし、最近、ヒリヒリする状況に出くわしてないなという人は、ちょっと考えたほうがいいかもね。つまり、「オレ、あがり症かも?」と悩むようなシーンが何回もあるのは、幸せってこと。大切なのは、あがらない自分を作るのではなく、あがりながらも乗り切る自分なりの方法を身に付けること。


アドルフ・ワーグナー(経済学者)

仕事をする時は上機嫌でやれ。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

組織社会であれば「マネージする(管理する)」ことが重要なのですが、ネットワーク社会であれば「リードする(指導する)」ことがポイントになると思います。組織と違い、ネットワーク内ではあなたは他人に対して何の権限も持っておらず、管理ができないからです。権限がなければ、自らがリーダーシップを発揮するしかありませんからね。


本庄大介

チチヤスはグループ企業になって5年余が経ちますが、会長(本庄八郎)が自ら本社のある広島に行って教育しています。社内では「会長があそこまでやってくれるなんて、チチヤスの社員にとっては、こんな幸せなことはない」と言われています。伊藤園のDNAを一から教えてくれているからです。


米山公啓

興味のあることは覚えられる。また、強い感情とともに入ってきた情報は、覚えやすい。


羽子田礼秀

中国でカレーの試食会を催したところ、みんなおいしそうに食べてくれました。子供ならお皿をぺろぺろなめるほど。後は、この味をどう多くの人に知ってもらうか。スーパーの売り場だけでなく、週末には団地内にテントを張ってカレーライスを振る舞うなど、試食会をたくさん開きました。その数は10年間で20万回に及びました。ようやく黒字になったのは、本格進出して8年目の12年度でした。売上高は年1億元を突破し、成長に勢いがつくようになりました。


オスカー・ワイルド

人間は不可能を信ずる事が出来るが、ありそうもない事を決して信ずることは出来ない。


蟻田剛毅

外からの視点を学ぶために、中途採用も増やしています。当社を担当していただいたコンサルタントが入社したケースもありますし、大手電機会社や大手菓子メーカーなど、さまざまな企業から転職していただいています。とくに50歳以上の方を重視しています。やはり大手企業には先人の知恵がたくさん蓄積されていますから、それを教えていただいているのです。


江島祥仁

私が本庄八郎現会長と本庄正則前会長を見てきて学んだことは「人生意気に感ず」という生き方が大事だということです。私も人との出会いの中で、最後はやっぱり意気に感じて動いてきましたし、友人関係でも社内の人間関係でも基本は同じです。


萩本欽一

人間の顔って、その人のことがぜ~んぶ書いてあるんです。同じ親から生まれたら同じ顔で生まれてきてもいいはずなのに、一人一人みんな顔が違うでしょ? 双子だって似てるけれどやっぱり違う。それは「すべての情報が顔に集中してますから、みなさん顔で判断してくださいね」っていう意味だと僕は思ってます。顔というか、目にその人のことがよく表れるの。