名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリスティアン・クルツケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスティアン・クルツケのプロフィール

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

クリスティアン・クルツケの名言 一覧

日本に限らず世界で経済危機が叫ばれていますが、ピンチは、やり方次第でチャンスにもなります。


革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


私の元気の源――それは「未来」です。


マイセンは、ヨーロッパでも非常に特殊な機関です。芸術振興の場として文化の発展に寄与しながら、磁器メーカーとして四半期ごとにきちんと売上を挙げていかなくてはなりません。


マイセンには付属の養成学校があり、競争率は約40倍の超難関です。そこで3年半学びます。しかし、養成学校を出たからといってすぐに製作できるわけではありません。そこからさらに選抜されていきます。養成学校の卒業はスタートラインにすぎません。そこから学び続ける能力が何よりも求められます。


見学者を工房にご案内すると必ず「修道院みたいですね」といわれます。回廊のある建物の印象が強いからだと思いますが、非常に静かな環境で仕事をしています。トヨタのカイゼンのごとく、品質管理も徹底しており、ミスをなくすことに細心の注意を払っています。でも不思議がられるのが、その静けさとは対照的に働く人の目が好奇心に満ち溢れてイキイキとしていることです。目の前の仕事だけにとらわれることなくつねに新しいものを追い求める。それはマイセンに受け継がれる進取の精神でもあります。


磁器の世界では、中国の模倣品の脅威がよくいわれますが、300年間で80万種類もの製作パーツを蓄積し、独自の進化を遂げてきたマイセンのものづくりを模倣することは容易ではありません。


マイセンは、18世紀にアウグスト国王の命によって設立されて以来、つねに磁器製作のパイオニアとなることをめざしてきました。今回、300周年の記念事業のために来日しましたが、次の300年のビジョンについてもすでに準備が進められています。マイセンの歴史は研究の歴史でもあります。


クリスティアン・クルツケの経歴・略歴

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

他の記事も読んでみる

村口和孝

決意によって過去の歴史は、忌まわしい削除すべき歴史ではなく、無駄なことは何もない宝の山となる。未来への飛躍のための重要な踏み板となるのではないだろうか。


山本梁介

アンケート結果のデータがあるのですが、接客がトップに来ています。チェックイン・チェックアウト部門ですが、特別なことではなく、ちょっとしたお声掛けや気遣いなど「日常のおもてなし」が評価されています。


内村光良

現場で笑える我々の仕事は幸せですね。何かのアンケート結果で、1日一度も笑うことなく過ごす人が多いって聞いたことがあります。もちろん、勤務中に笑うのは難しい職種もあるでしょう。だから我々のようなお笑いを見たりして、1日のどこかで笑って過ごせたら、毎日が楽しくなるし、そうあって欲しいと思います。


安部修仁

我々と関わることで、相手のビジネスがさらに高まり、我々もよくなることが企業買収の必須条件です。補完しあいながら有効にドッキングするということです。


高田明(ジャパネットたかた)

伝えるというのは自分が話したら終わりではなく、相手に伝わって初めて「伝えた」ことになる。


吉永泰之

私は、ブランドを際立たせるためには、個性に合わないことはやらないことがとても大事だと思います。


臼井健一郎

あの吉野家さんだって、昔は300店舗が限界と言われていました。それが今では吉野家だけで1200店舗ほどになっているわけです。つまり、市場というのはプレイヤーがドンドン出てくることで広がっていくものなのです。


早見和真

書くことだけが幸せなんだって思える立場を手に入れてしまったからこそ、失うことも正直怖いです。その不安を解消するには、とにかく書くしかないんだと思っています。


伊藤慎佐仁

様々な事業に携ってきましたが、赤字の企業と黒字の企業とではできる仕事が全く違ってきます。黒字ならば顧客サービスがよくなりますし、社員も働きやすく、高い目標を目指すことができます。


永持孝之進

経営者は常に「心痛」ではなく「心配の第一人者」であるべきです。「心配の第一人者」とは、会社に必要な情報を積極的に集める意欲のある人をいいます。現状に甘んずることのなく、絶えず自覚し、情報を集め続けること。これが大事なことではないでしょうか。


鬼塚喜八郎

命まで取られへん。駄目ならやり直せばいい。
【覚書き:陸軍の過酷な訓練を経験し、どんなつらい状況でも耐えられるようになったことについての発言】


椎名武雄

「日本IBMは人材育成が上手いね」と言われることが多いんです。先日、ある地方の伝統ある老舗会社にお邪魔したときにも、そんな話が出ました。たまたま僕のそばに8年前に我が社に入社した男が座っていたんですよ。先方の社長が言うんです。「この子が最初にあいさつに来たときは驚いちゃったよ。よくこんなやつ採用したな、日本IBMはどうなっているんだと思った」と。よほど悪い印象だったんでしょう。でも、その社長は続けてこう言いました。「いまになって、同じ年に我が社に入った8年生社員と比べてみると、うちの社員よりもはるかに出来がいいんだ。どうしてなんだろうか、おたくは面白い会社だ」変な褒められ方ですね。