名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

クリスティアン・クルツケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスティアン・クルツケのプロフィール

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

クリスティアン・クルツケの名言 一覧

日本に限らず世界で経済危機が叫ばれていますが、ピンチは、やり方次第でチャンスにもなります。


革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


私の元気の源――それは「未来」です。


マイセンは、ヨーロッパでも非常に特殊な機関です。芸術振興の場として文化の発展に寄与しながら、磁器メーカーとして四半期ごとにきちんと売上を挙げていかなくてはなりません。


マイセンには付属の養成学校があり、競争率は約40倍の超難関です。そこで3年半学びます。しかし、養成学校を出たからといってすぐに製作できるわけではありません。そこからさらに選抜されていきます。養成学校の卒業はスタートラインにすぎません。そこから学び続ける能力が何よりも求められます。


見学者を工房にご案内すると必ず「修道院みたいですね」といわれます。回廊のある建物の印象が強いからだと思いますが、非常に静かな環境で仕事をしています。トヨタのカイゼンのごとく、品質管理も徹底しており、ミスをなくすことに細心の注意を払っています。でも不思議がられるのが、その静けさとは対照的に働く人の目が好奇心に満ち溢れてイキイキとしていることです。目の前の仕事だけにとらわれることなくつねに新しいものを追い求める。それはマイセンに受け継がれる進取の精神でもあります。


磁器の世界では、中国の模倣品の脅威がよくいわれますが、300年間で80万種類もの製作パーツを蓄積し、独自の進化を遂げてきたマイセンのものづくりを模倣することは容易ではありません。


マイセンは、18世紀にアウグスト国王の命によって設立されて以来、つねに磁器製作のパイオニアとなることをめざしてきました。今回、300周年の記念事業のために来日しましたが、次の300年のビジョンについてもすでに準備が進められています。マイセンの歴史は研究の歴史でもあります。


クリスティアン・クルツケの経歴・略歴

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

他の記事も読んでみる

荻原博子

投資に向かない人の8大特徴(1~4)

  1. お金がない
    例えば購入した株が値下がりしたときに買い増せば1株当たりのコストが下がり、上昇時の利益ラインも下がります。つまり、投資は基本的にお金持ちの方が有利です。
  2. 時間がない
    投資には情報を集めたり、分析する時間がかかります。自由に使える時間がない多忙な現役ビジネスマンは、臨機応変に動けないので、短期の投資には不向きかもしれません。
  3. 情報がない
    投資は情報が勝負です。自分なりの情報集めと判断が大切です。
  4. 人任せにしがち
    株を買う、売るという最終判断は自分一人で行うもの。自分で決めることができない人は反省ができないので同じ失敗を繰り返しがちです。投資に人任せは禁物です。

秋山利輝

ものづくりは、お客さんの思っている以上のことをしてびっくりさせ、喜ばせてなんぼの商売です。


内藤忍

成功している人というのはチャンスに恵まれる流れができている。収入の2極化の前に、チャンスの2極化が進んでいる。チャンス自体は誰でも同じように転がっている。ただそれに意識を向けず通り過ぎたり、引き寄せようとしない。逆に気がつけばチャンスに強い体質になれる。


南壮一郎

もし、お金が一番の目的なら、起業はしませんでした。でも、楽天での仕事を通じて、「社会に影響を与える」「人の生活を便利に豊かにする」という、お金よりももっと面白いものを見つけてしまったんですよ。自分が熱くなれて、鳥肌が立つほど感動できるものがこれなんです。


松井道夫

顧客第一主義という言葉があります。じつは、これは顧客を「集団」としてとらえた企業中心の考え方です。これでビジネスをやっていてはだめです。顧客一人一人を中心に置くことが重要なんです。お客さんは我々にお金を払ってくれる側。我々はお金をいただく側。そういう立場ですよ。我々商人というのは、選ばれるか選ばれないかという存在にすぎない。


佐藤優

初歩的なミスや小さな嘘ほど致命傷になる。早いうちに仕事の悪い癖は直さなければならない。そのためにあえて上司は部下を怒鳴ることも必要。ただし本気で怒るのはできるだけ少ない方がいい。年に1回か2回。それ以上になると、たんにキレやすい人になってしまう。


西村英俊

社内の規則を厳格に守らせるためには、社長がやらないと誰もやってくれません。


鈴木喬(経営者)

私は、保険のセールスマン時代にメンタルを鍛えられました。保険の営業は、成功率ゼロに近い仕事。いちいち落ち込んでいたら、できるはずのこともできなくなります。おめでたい人が、結局は勝つんです。


日覺昭廣

東レは、個々の現状を徹底的に分析し、方向性を決めたうえで、最適な道を選択しています。専門的な知識を持った人たちが集まって方向性を決めているので、決断ではなく判断であり、悩むこともありません。この手順をしっかり踏めば、前提条件が変わっても、軌道修正できます。


山口陽(経営者)

身の丈にあったことをやっていかなければ、経営はおかしくなる。


上川内あづさ

ドイツ留学からの帰国後しばらくして、長女を出産しました。育児休暇を取らずに、数カ月の産休後すぐ、研究に復帰しました。実際は、休めば休めたのかもしれません。でも、研究が止まってしまう焦りもあって、私は少しでも早く復帰したいと思いました。


小池利和

うちの会社は悪く言えば、ちょっと甘いのだけれど、いい言い方をすると、人に優しい部分があります。従業員の意識調査を見ても、高評価なのは、上司が優しい、職場の雰囲気がいい、悪意のないミスに対しては寛容である、といった部分です。女性の育児休暇からの復帰率は100%です。