名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリスティアン・クルツケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスティアン・クルツケのプロフィール

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

クリスティアン・クルツケの名言 一覧

日本に限らず世界で経済危機が叫ばれていますが、ピンチは、やり方次第でチャンスにもなります。


革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


私の元気の源――それは「未来」です。


マイセンは、ヨーロッパでも非常に特殊な機関です。芸術振興の場として文化の発展に寄与しながら、磁器メーカーとして四半期ごとにきちんと売上を挙げていかなくてはなりません。


マイセンには付属の養成学校があり、競争率は約40倍の超難関です。そこで3年半学びます。しかし、養成学校を出たからといってすぐに製作できるわけではありません。そこからさらに選抜されていきます。養成学校の卒業はスタートラインにすぎません。そこから学び続ける能力が何よりも求められます。


見学者を工房にご案内すると必ず「修道院みたいですね」といわれます。回廊のある建物の印象が強いからだと思いますが、非常に静かな環境で仕事をしています。トヨタのカイゼンのごとく、品質管理も徹底しており、ミスをなくすことに細心の注意を払っています。でも不思議がられるのが、その静けさとは対照的に働く人の目が好奇心に満ち溢れてイキイキとしていることです。目の前の仕事だけにとらわれることなくつねに新しいものを追い求める。それはマイセンに受け継がれる進取の精神でもあります。


磁器の世界では、中国の模倣品の脅威がよくいわれますが、300年間で80万種類もの製作パーツを蓄積し、独自の進化を遂げてきたマイセンのものづくりを模倣することは容易ではありません。


マイセンは、18世紀にアウグスト国王の命によって設立されて以来、つねに磁器製作のパイオニアとなることをめざしてきました。今回、300周年の記念事業のために来日しましたが、次の300年のビジョンについてもすでに準備が進められています。マイセンの歴史は研究の歴史でもあります。


クリスティアン・クルツケの経歴・略歴

クリスティアン・クルツケ。経営者、コンサルタント。陶磁器の老舗メーカードイツ国立マイセン磁器製作所社長。大手コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループのシニアマネージャー、シーメンス&ゼロックスグループ傘下のAGiLiANCEでセールス・マーケティング・ディレクター、そのほか複数の多国籍企業でマーケティング戦略立案やコンサルティングを行う。その後、ドイツ国立マイセン磁器製作所の社長に就任した。

他の記事も読んでみる

瀬戸欣哉

LIXILには一人で来ました。最初から連れてくると、もうその瞬間から社員に信じてもらえなくなるでしょう。ある種の考え方を進駐軍的に押し付けようとすると、必ず失敗します。


井上貴之

「カーセブン」だけはさらに一歩進むことにしました。代金については車両と書類がなくても、契約を結んだ時点で一部をお支払いし、我々自身もリスクを負うようにしました。また、キャンセルは7日間、いつでもキャンセルできます。他店では「キャンセルしないで下さいね」と言うところうちの営業マンは「いつでもキャンセルできるので安心して契約して頂いて結構ですよ」と言います。また、プロである我々には査定ミスなどそもそもあってはならないので、契約後の減額交渉をすることは絶対にありません。これらは「あんしん宣言」として、「カーセブン」の買い取りにおける最大の差別化と調っています。加盟店の中にも「儲かっているのに余計なことをするな」という声があっため、社内の説得も含め、全店強制実施するまでに2年かかりました。しかし、これにより他店よりも買い取り価格が低くても、我々に売ってくれるというお客様が増えました。


塚越寛

千載一遇のチャンスを棒に振ったとするコンサルタントもいるかもしれませんが、急成長してダメになる例をたくさん見てきました。規模を拡大して価格競争に巻き込まれるよりも、もっと大切な売り方や販売ルートがあるだろうと考えたのです。結果的に、「カップゼリー80℃(エイティー)」は贈答品や土産物などで全国的な人気商品になり、「かんてんぱぱ」ブランド商品を通信販売する会員システムにつながっていったのです。


ジェームズ・マックナーニー

文化も価値観も多様な時代にあって、個人の実力と価値を一致させることは非常に重要です。そのために、我々は懸命に働かなくてはなりません。


小田禎彦

元来、旅館業というのは歴史を見ても、たいへん古い業態です。一方、お客様のご要望というのは時代背景とともにどんどん変わってくるんです。ですから私ども旅館業はお客様が望む価値を継承していくことがひとつ。同時に時代とともに変化するお客様のニーズに常にお応えし、選択していただかなければなりません。


上田隆穂

自己表現価値(その商品を使うことで「自分はこうだ」と表現してくれる価値)や情緒的価値(使ってみて感じる感覚的な価値)は、日用品ブランドが持っていながら訴求しきれていない本当の価値です。これらの価値を訴求し、プレステージブランドと同じ価値構造に近づけることができれば、消費者にとっては少々高いと感じる価格でも、納得して買ってくれるロイヤルなファンを獲得することができるはずです。


ジャスパー・チャン

日本でもM&Aはオープンに考えています。ただ、急いでいるわけではありません。イノベーションをもたらす会社なのか、アマゾン同様に顧客中心の文化を持った会社なのかなどを、厳しく吟味、検討しています。


志賀内泰弘

最近ご無沙汰している相手に、「久しぶり、元気?」とだけでも連絡を入れてみる。相手は驚くかもしれませんが、それが眠っている関係を呼び起こすきっかけになります。私が携帯電話をもっているのは、タクシーに乗ったときなどのちょっとした時間に、「どう?元気?」と知り合いたちに連絡を入れるためです。何も用事がなくてもこちらから気軽に連絡をとることが大切です。それだけで、こちらが相手を気にかけていることが伝わりますし、相手もこちらを気にかけてくれるようになります。人脈をつくるには、なにも特別なことをする必要はないのです。


西田厚聰

私は、イノベーションが、継続的な成長を生み出す唯一のファクターだと信じています。


山口範雄

仮説が間違っていると見事に売れない。


高田明(ジャパネットたかた)

私はいろいろな商品を販売していて思うのですが、日本はモノづくりの技術は素晴らしい。でも非常にいい商品の価値を知らしめる立場の人が少ないと思います。そうすることで市場を創造することができるのに、どうして伝える手段がないのか。ジャパネットたかたは、この市場創造をする会社でありたいと思っています。


秋山進

なぜ上司があなたに仕事を任せてくれないのか。上司が置かれている状況や、上司のタイプを考えると3つの場合が考えられます。

  1. 上司が権限委譲したくてもできないと思っている場合。
  2. 権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合。
  3. 部下への権限移譲など決してできない性格の上司である場合。