名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クリスチャン・ディオールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスチャン・ディオールのプロフィール

クリスチャン・ディオール。フランス出身のファッションデザイナー。「クリスチャン・ディオール」を世界的ファッションブランドへ育て上げた人物。世界中のファッション業界に大きな影響を与えた。同ブランドは以後、数多くのデザイナーを生み出していった。

クリスチャン・ディオールの名言 一覧

情熱はすべての美の鍵です。情熱なしで魅力的な美など存在しません。


クリスチャン・ディオールの経歴・略歴

クリスチャン・ディオール。フランス出身のファッションデザイナー。「クリスチャン・ディオール」を世界的ファッションブランドへ育て上げた人物。世界中のファッション業界に大きな影響を与えた。同ブランドは以後、数多くのデザイナーを生み出していった。

他の記事も読んでみる

益田ミリ

『週末、森で』の話を描き始めるころ、森について学ぶ講座を受けていたんです。森で先生が木の実を拾っているときに、「木の実にはその木が育つためのすべてのものが入っている」ってお話しされたんですね。それを聞いて「ああ!」となって。人間も、生きるためのすべてが自分に備わって生まれてくるんだと思ったんです。それがきっかけで、この話が生まれました。


水戸岡鋭治

私の場合、何か一つ人と違うところがあるかと問われたら、おそらく色の常識のあり方なのだろうと思います。これまで視覚に収めてきた何千色という色から、素材や形、環境に合ったものを選び抜こうとする時、ほかのデータに頼ろうという気に全くなりません。瞬時に決める時はもちろん、迷っても、事務所の窓辺で、自分一人で何日も検証していたりします。


飯島延浩

同業者との激しい競争や流通とのトラブルなど、困難な出来事がたくさんありましたが、聖書の「狭い門から入れ」という教えに救われてきました。「狭い門から入りなさい。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見出す者は稀です」


嶋津良智

いろいろ工夫しても、不公平だと文句を言う部下が出てくるかもしれません。やるべきことをやっているならば、そうした声を気にする必要はありません。上司が意識の低い部下と一緒に地を這っていたら、チームは機能しません。上司は高い意識をもってマネジメントにあたるべきです。


周防正行

自分を変える前に、本当にやりたいことを考えてみたらいい。まあ、僕がそこにハッキリ気がついたのは30代後半ぐらい。


山崎将志

会議で「詳しい内容は、添付の資料を見ればわかるはず」と思うかもしれませんが、それを期待するのはあまり得策ではありません。会議を準備する側は、自分と同じように参加者も忙しいと考えて、ゴールの見える資料を用意すべきです。


川名浩一

中東で仕事を円滑に進めていくうえで、人脈や信頼関係は非常に大事です。巨大なプラントを建設する過程では、何らかのトラブルに直面するのが常です。当然、先方の担当者に報告・相談しますが、先方は契約書を盾にガンガン言ってくるので、話し合いがデッドロックになってしまうこともあります。そんなとき、双方のマネジメントの間に信頼関係があれば、マネジメント同士の話し合いで妥協点が見いだせます。そういう意味でも、中東ではトップ同士の個人的な信頼関係が非常に重要になります。


上釜健宏

世界経済には停滞色が強いけれど、動いているところはある。


わたなべぽん

心の引っ掛かりをとことん掘り下げ、何をすればいいのか考え、まず実践してみる。それをマンガに描いてみたという感じです。

【覚え書き|著書『もっと、やめてみた。こうあるべきに囚われなくなる暮らし方・考え方』について】


山内溥

海外戦略はどうなるかということになりますが、結局、だれでもできるものをつくっていてはだめだということです。だれでもつくれるものは、価格意識が強ければ価格競争に巻き込まれるのは決まっているわけです。だから、自分のところしか、出せないものがつくれたら最高です。しかも、それが大衆の懐勘定と折り合いがつき、しかも多くの人たちが初めて体験するような珍しさと楽しさとおもしろさを味わわすことができさえすれば、これは円高でも何でも戦えます。そういう新しい新製品の開発ができるかできないのかということが決め手になってきます。


浅野秀則

一つの成功というのは1ではなくて、一つの成功モデルを見つけると100につながっていくんです。ですからスタート時の成功モデル作りは非常に重要だなとその時学びました。それからギブ・アンド・テイクの精神で行けば、必然的に事業はグーっと伸びていくと思います。


中島輝

落ち込んだり、イライラした時、まずはその場を離れると、気分も変わります。席を離れたらなるべく高い所、ビルにいるなら屋上に行ってみてください。高い位置から下を見下ろすと、広がる風景に圧倒されつつ、大きな建物や木々も小さく見える。すると、いま目の前の嫌な気分に支配されていることも、大きな問題でなく、ちっぽけに見えてくるのです。