名言DB

9490 人 / 112001 名言

クリスチャン・ディオールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クリスチャン・ディオールのプロフィール

クリスチャン・ディオール。フランス出身のファッションデザイナー。「クリスチャン・ディオール」を世界的ファッションブランドへ育て上げた人物。世界中のファッション業界に大きな影響を与えた。同ブランドは以後、数多くのデザイナーを生み出していった。

クリスチャン・ディオールの名言 一覧

情熱はすべての美の鍵です。情熱なしで魅力的な美など存在しません。


クリスチャン・ディオールの経歴・略歴

クリスチャン・ディオール。フランス出身のファッションデザイナー。「クリスチャン・ディオール」を世界的ファッションブランドへ育て上げた人物。世界中のファッション業界に大きな影響を与えた。同ブランドは以後、数多くのデザイナーを生み出していった。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

ご遺族の悲しみに敏感になって、寄り添おうという使命感を持って仕事のできる社員が会社にいるかどうかが大きな差になる。目には見えない差ですが、この考え方を理解した社員とそうでない社員では、働き方が天と地ほども変わってくる。そのため、当社では社員教育の機関であるティアアカデミーを設置して、理念の浸透に取り組んでいます。


前田正博(官僚)

「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


渡邉美樹

20世紀型の「もっと、もっと」で豊かになったのか、「もっと高級なものを」「もっと贅沢を」と求めていた幸せが、はたして本当に幸せだったのかと、みんなが考え始めたのでしょう。利己的な物欲から心の豊かさや共生、共助といったことに人々が向き始めたということだと思います。これは震災報道の影響もあるでしょうね。ニュースを通じて、家族や地域の絆、助け合いの大切さが、連日報じられています。それらに触れて、改めてそういったものの大切さに気付かされたことが、変化のきっかけになったのではないでしょうか。


織田大蔵

事業家の本当の働きができるのは50代からだ。それまでは準備期間だ。健康で長生きしなければ大事業は完成しないものだ。早く死んでは事業家になれない。


奥山清行

デザインの仕事で大切にしていることは「自分のエゴ」は捨てなければならないんですが、ただ、デザインが実行段階に入ったあとは、必死に守り抜かなければダメでしょう。工業デザインには、製作に際してものすごくたくさんの人たちが関わりますよね。それに各部門の意見や都合はそれぞれかちあうことばかり。もしも各部門の提案をすべて反映したら、ピントのずれたデザインになりがちなのです。放っておいたら、あれもこれもといろいろな人の思惑が統一感もなく載せられた、怪物のようなクルマになってしまいかねない。だから、コンペを通過したデザインは自分で守るべきです。「コンペに通ったんだから」なんて放っておいたら、知らないうちに勝手にあちこち変えられて、骨抜きのデザインになるなんてことはよくありますから。


織田隼人

決断を評価するときに大事なのは、「結果ではなく、結論の時点までのプロセスで評価する」ことです。つい我々は結果の良し悪しに目が行きがちですが、結果ばかり気にすると、人は失敗を恐れて決断をしなくなるからです。


佐藤可士和

物事を客観視するには、まず自分の思い込みを捨てることが重要です。先入観を捨てるコツは、仕事に直接的な関係のない第三者になったつもりで物事を考えること。たとえば親戚のおばさんや学生時代の友人ならどう考えるのか、と想像することで、先入観は消え去ります。


ヘンリー・フォード

努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。


和田秀樹

何か問題を解決したりするために、普通は新しい要素を加えたり、いまよりも量を増やしたりすることに意識がいきがち。しかし、じつはいまの自分の中にある余計なものを取り払うことで、問題の本質が見えてきて、解決することもある。


高橋恭介(経営者)

普段は仲間に見えていても、業績の苦しい状況で給与を支払う瞬間には経営者と従業員の対峙が露呈する。給与の増減の理由を社員に理解してもらうことがなにより重要です。評価制度を通じて社員が自分の役割を自覚して生産性が上がれば、業績の伸びに応じて給与も上がる好循環が生まれる。


草開千仁

競争相手は顧客です。つまり、お金を払う価値がないと思われないように、顧客の価値創造で継続的に勝てるかどうか。


山村輝治

世の中の変化に合わせて、みずからを変えていかなければ、時代に取り残されて、いずれは衰退の道を歩むことになる。