クリスチャン・ディオールの名言

クリスチャン・ディオールのプロフィール

クリスチャン・ディオール。フランス出身のファッションデザイナー。「クリスチャン・ディオール」を世界的ファッションブランドへ育て上げた人物。世界中のファッション業界に大きな影響を与えた。同ブランドは以後、数多くのデザイナーを生み出していった。

クリスチャン・ディオールの名言 一覧

情熱はすべての美の鍵です。情熱なしで魅力的な美など存在しません。


クリスチャン・ディオールの経歴・略歴

クリスチャン・ディオール。フランス出身のファッションデザイナー。「クリスチャン・ディオール」を世界的ファッションブランドへ育て上げた人物。世界中のファッション業界に大きな影響を与えた。同ブランドは以後、数多くのデザイナーを生み出していった。

他の記事も読んでみる

山川直輝(漫画原作者)

「洋画には、主人公である父親が妻や子供を救う物語がたくさんありますが、私が知る限り、ほぼどれも「父親ひとりで犯罪者と対峙する話」ばかり。そういった展開を裏切るために、夫の犯罪に加担する歌仙というキャラクターが生まれました。

【覚え書き|『マイホームヒーロー』について】


前田伸

社長になってすぐ東京タワーが1億5000万人目のお客様を迎えることになり、記念品を贈呈する場に新聞記者の方たちも取材に来ていました。この記念する日に私のコメントを取りにきたのだなと思って対応すると、「社長、新しいタワー(東京スカイツリー)ができるそうですけど、東京タワーは解体するんですか」と思いもよらぬ質問をされ、衝撃を受けました。幸運だったのは東京タワーを巡る文化芸術的な動きがあったことです。映画『三丁目の夕日』で東京タワーがシンボリックに映し出されたり、リリー・フランキーさんの人気小説のタイトルに「東京タワー」の名前がついていたり。先ほどの記者の質問に私が答えるまでもなく、世間が東京タワーを応援してくれました。


角川歴彦

日本で通用しないものを作ったってアジアに行けませんよ。日本的なものだからこそアジアで通用する。次にグローバリゼーション。


下川浩二

私が生命保険会社に勤務していたときは、金曜の夜にファミリーレストランに行き、来週やらなければならないこと、やりたいことをすべて手帳に書き出し、優先順位をつけてスケジューリングするという「ひとり作戦会議」を必ずやっていました。これをやることによって生産性が格段に上がります。


青木正之(経営者)

現地の人材も育っているので、将来は彼らが得意分野を生かしてコーポレートベンチャーを作り、当社のグループとしてさらに成長を加速していってもらいたい。


坪田信貴

僕自身も塾講師になるまでは「自分が一番でいたい」タイプでした。自分の能力を高めることにしか興味を持ちませんでした。そんな僕でも、この仕事について「人の夢をかなえる」ことで、自分も成長できたのです。現時点で「自分のため」しか考えられない人も、今はそれでいいと思います。しかし、物事を学ぶときや仕事をするときに「これを誰のために役立てられるか」と考えることだけは忘れないようにしましょう。成長の階段を上るたびに、大きく、しかも明確なイメージを持ち始めるはずです。それが皆さん一人ひとりの人生と、この世の中をもっと良いものにしていく未来を、願ってやみません。


生田正治

私は「理念、戦略、戦術」という言葉を大事にしています。明治維新で言えば、吉田松陰が理念を形成し、坂本龍馬や西郷隆盛が戦略を考え、伊藤博文や大久保利通が戦術を考えた。そうやって日本は近代国家になった。しかし、いまはスピードの時代です。一人三役をこなさなければやっていけません。自分で理念を構築し、戦略を立て、戦術も立案する。課長だから戦術だけ考えればいいという時代ではありません。


松下幸之助

お互いに、自分が他人と違う点をもっとよく考えてみよう。そして、人真似をしないで、自分の道を自分の力で歩いていこう。そこにお互いの幸福と繁栄の道がある。


西岡務

仮説を立て、課題を先取りし、実際にオーダーが出る前に製品を提案する。この繰り返しが日東電工の長期的な成長を支えてきた。


守屋淳

「こちらが仮にひとつに集中し、敵が十に分散したとする。それなら、十の力で一の力を相手にすることになる(孫子 虚実篇)」これを各個撃破の原則という。巨大でとても敵わない相手でも、小さく分散させたうえで、個々に戦うよう仕向けられるなら、最終的な勝利を得られるというのだ。古今の名将が勝利の切り札とした戦い方だ。


金田一秀穂

あえて黙って怒りを表現してみる。言葉で怒りを表すのが苦手な人は、黙るのも手。「空気を読む」のが得意な日本人同士なら、あえてムスッと黙る方が効果を発揮することも多い。


浦野光人

社員たちには常に「周りの人たちとの信頼関係を大事にしてほしい」ということも強調しています。他者があってこその自己、周りの人との信頼関係の中で自分の仕事が進んでいくのだということも、忘れてはならないものだと考えています。


小川賢太郎

第三者委員会に調査をお願いすると決めた時に、厳しい内容のものが出てくると覚悟した。当然、報告書を公開した後のメディアの反応も予想していたし、「炎上」するだろうとも思っていた。だが、やっぱり全従業員を変えるためには必要なうプロセスとの判断だ。


川田修(ライフプランナー)

売れる営業マンと売れない営業マンの違いは、理念があるかどうかです。なぜ自分はこの仕事をしているのか、自分が扱っている商品が世の中にどのような良い影響を与えられるのか。それを自分の言葉で語れる営業マンは必ず売れています。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

お客様は来てくださらないもの。お取引先は売ってくださらないもの。銀行は貸してくださらないもの。というのが商売の基本である。だからこそ、一番大切なのは信用であり、信用の担保はお金や物ではなく人間としての誠実さ、真面目さ、そして何より真摯さである。


ページの先頭へ