名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

クラウゼヴィッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

クラウゼヴィッツのプロフィール

カール・フォン・クラウゼヴィッツ。プロイセンの軍人、戦略家、軍事学者。ナポレオン戦争従軍、ロシアでの対ナポレオン防衛戦などに参加。プロイセン第三軍参謀長などを務める。実戦経験をふまえて「戦争論」を著した。39歳、心臓麻痺にてこの世を去る。戦争論は死後、妻と協力者の手によりまとめられ発表された。

クラウゼヴィッツの名言 一覧

軍の戦力は、これを指揮する将帥の精神によって決まる。


地位の高まるにつれて無能となる者がある。単純で勇敢なだけでは将帥にはなれない。


予期しない事実に当面したとき、これを処理できる能力を沈着という。沈着の度合いは、心が平静に戻るまでの時間によって測る。


勝者には、勝敗の決定が迅速であればあるほど都合がいい。敗者には、持続時間がどんなに長くても長すぎるということはない。


戦争において必要な知識は極めて簡略であるが、この知識を実行に移すことは本当に容易ではない。


クラウゼヴィッツの経歴・略歴

カール・フォン・クラウゼヴィッツ。プロイセンの軍人、戦略家、軍事学者。ナポレオン戦争従軍、ロシアでの対ナポレオン防衛戦などに参加。プロイセン第三軍参謀長などを務める。実戦経験をふまえて「戦争論」を著した。39歳、心臓麻痺にてこの世を去る。戦争論は死後、妻と協力者の手によりまとめられ発表された。

他の記事も読んでみる

横山秀夫

どんなに深刻な話であっても、読んでやはり面白くなければならないということ、面白さは青天井、「ここでもういい」という限界はないということです。ただのオモシロ可笑しいではなく、人間の様々な感情の描出、その見せ方・隠し方、物語の構成やテンポや場面ごとの「ため」、そして余韻。それらを包括して初めて「面白い」ものが生まれる。


寺田和正

仕事を自分から楽しまない人は、いい結果も出せません。僕はよく社員に「とにかく笑って!」と教えているのですが、それもハッピーな気持ちで仕事に取り組んでほしいからなんです。「幸せ」というキーワードは、これからのビジネスパーソンにとって欠かせないものなのかもしれません。


マイケル・ポーター

人々とのつながりを構築したいという、とても社会的な思いから始めた起業家もいます。別の起業家は病気を発見する機械を作ることに情熱を燃やすかもしれませんし、人々が買い物をする方法を変えることに情熱を燃やす人もいます。そこから生まれた企業のひとつが米アマゾン・ドット・コムです。より効率的にエネルギーを使う方法を考案するなど、全く別のことに情熱を燃やす人もいるはずです。


永守重信

大きな目標は、「大ボラ」から始まって「中ボラ」「小ボラ」にして「夢」にするのが僕のやり方。夢とは、自分の中では実現可能性がかなり高い段階。


御手洗冨士夫

毎朝4時ごろ起きています。そして経新聞の電子版を読みます。ニューヨークは昼間ですから、為替や長期金利、向こうのウォールストリートの市況がわかる。それをじっくり読んで、会社には7時前に着きます。


坂戸健司

一度整理されても、しばらくしたら書類の山が……という状況に陥っては意味がありません。リバウンドを防ぐために大切なことは、保管してある書類の中身を定期的に見直す棚卸しを怠らないことです。


林野宏

部下の企画書作成が滞っていたとしたら、過去に好評を得た企画書のサンプルなどを渡し、まずそれを精査させてから書かせる。すると、部下はあたかも自分一人で達成したかのような満足感を得ることができる。こうしたOJTの反復により、自ら考える習性を身につけさせる。


飯島彰己

変化が加速する中で、とにかく重視するのは機敏さ。社員一人一人がリーダーとして、目の前の変化に瞬時に対応できる体制をつくる。若いうちから現場に出していろいろな経験を積ませる。


鈴木啓介(経営者)

患者さんの安全を優先することで医師にも信頼してもらえる。営業は無理に売らなくていい。


アウン・サン・スー・チー

人間だから衝突することもある。それを解決する手段は銃で殺しあうのではなく対話です。必ず協調点はあります。絶えず相手の気持ちをわかろうとすること。自分が希望や恐れを抱いているのであれば、相手も希望と恐れを持っていることを共感を持って理解することからはじめましょう。


前田新造

グローバル化の波がビジネスマンに要請するものは何かといえば、多様性への対応力なのです。哲学や文学を学ぶ意図もそこにあります。たとえば、経理や人事に携わる人たちが、日ごろ触れることのない哲学や文学に真剣に取り組むことで、多様性への対応力を鍛えることになります。一見無駄に思えることが、まわりまわっていままさに必要とされている能力と確実にリンクしているのです。


藤本やすし

自分自身のことはもちろん「キャップ(藤本氏のデザイン事務所)」のブランディングにも、相当気をつかってきました。オフィスにしても、どの場所にしてどんな外観・内装にするのか。そういったことは、すべて相手からどう見えるかを意識して決めてきたのです。細かいことですが、「靴を脱がないで入れるオフィス」ということも、僕がこだわってきたことのひとつです。ファッション誌の編集者は、靴も含めて全身のコーディネートに気配りしているのに、靴を脱がせるということは、それを崩壊させることを意味するわけです。だから「キャップ」では、靴のままで入れるオフィスにしています。