クラウゼヴィッツの名言

クラウゼヴィッツのプロフィール

カール・フォン・クラウゼヴィッツ。プロイセンの軍人、戦略家、軍事学者。ナポレオン戦争従軍、ロシアでの対ナポレオン防衛戦などに参加。プロイセン第三軍参謀長などを務める。実戦経験をふまえて「戦争論」を著した。39歳、心臓麻痺にてこの世を去る。戦争論は死後、妻と協力者の手によりまとめられ発表された。

クラウゼヴィッツの名言 一覧

軍の戦力は、これを指揮する将帥の精神によって決まる。


地位の高まるにつれて無能となる者がある。単純で勇敢なだけでは将帥にはなれない。


予期しない事実に当面したとき、これを処理できる能力を沈着という。沈着の度合いは、心が平静に戻るまでの時間によって測る。


勝者には、勝敗の決定が迅速であればあるほど都合がいい。敗者には、持続時間がどんなに長くても長すぎるということはない。


戦争において必要な知識は極めて簡略であるが、この知識を実行に移すことは本当に容易ではない。


クラウゼヴィッツの経歴・略歴

カール・フォン・クラウゼヴィッツ。プロイセンの軍人、戦略家、軍事学者。ナポレオン戦争従軍、ロシアでの対ナポレオン防衛戦などに参加。プロイセン第三軍参謀長などを務める。実戦経験をふまえて「戦争論」を著した。39歳、心臓麻痺にてこの世を去る。戦争論は死後、妻と協力者の手によりまとめられ発表された。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

私たちは、「空気をかえよう」を企業スローガンにしています。そこには日本の、社会の空気までもかえたいという大きな思いを込めています。少しでも世の中のお役に立ちたい、そのために一丁やってやろうじゃないかという私たちの心意気を示しているのです。


午堂登紀雄

いわゆるショック相場で下げたときに買うのが私のやり方。ギリシャ危機などのショック相場は本来の価値以上に下がる傾向があるため、そこで買って戻りで決済すれば簡単に稼げるんです。


安岡正篤

歴史はくり返す。たいていのことは古典の中にある。何千年もたっているのに、人間そのものの根本は少しも変わっていない。自分が創意工夫し、真理を発見したと思っているが、それは大変な錯覚で、すでに古典にのっていることを知らないのだ。


木村浩一郎(経営者)

スタッフには海外勤務を積極的にさせていますが、たった2年間行っただけでも、国内だけで働いているときとは明らかに違う成長が見られます。視点の違う外国人と議論し、相手に認められるようにしっかりと主張することで、お互いの違う価値観を尊重しあうプロフェッショナルが生まれます。


マーク・ザッカーバーグ

金は要らないんだ。フェイスブックみたいな素敵なアイデアには二度と出会えない。だから売れない。
【覚え書き|フェイスブック立ち上げ1年後、15億ドルで買いたいという申し出に対して】


小川仁志

哲学書でも、いきなり古典を読もうとすれば、1年はかかります。まずは入門書で予備知識を得てから古典に進めば、1か月程度で読めるでしょう。2冊も読むのは効率が悪いと思うかもしれませんが、途中で挫折せず思考を深めるには、入門書から入るのがお勧め。


千林紀子

私は会社の設立準備段階から、仲間と一緒に会社をつくり上げてきました。この1年間、事業基盤を固めるための数字を必死に追いかけてきたので、仲間たちは戦友だと思っています。


野原勇

利益を社会に還元することは、地域に根差す企業として大切な取り組みだと考えています。経済的な理由で進学困難な生徒や学生を支援する奨学金制度や、社会福祉法人を通じて老人ホーム・デイサービスセンターの運営も行っています。


川崎亘一

僕たちが中堅になってきたので、次世代のバンドを育てたいと思っていて。でも、その必要がないくらい今の若い子は自己アピールが上手!


荒川勉

自分の夢を実現させてくれる企業を作っていく。そして私だけでなく次への夢を応援する会社でありたい。


宮沢俊哉

講演で話すときはまず、聴衆はどんな人たちかを意識するようになりました。相手が工務店の人たちなら、会社の規模はどのくらいか、どの程度の専門用語を知っているのか、講演に何を求めているのか。小規模の工務店なら、多店舗展開の話よりも、地域に密着して業績を伸ばす話の方が知りたいと思うはず、などと考えるのです。


土川健之

私の信条は「自分に忠実であれ」です。


佐々木正悟

一日にいくつもやることが重なって慌てているときには、優先順位の低い、取り組みやすいものから手をつける。仕事が片付けば気持ちに余裕が生まれて、ほどよい緊張感で最も重要な仕事に取り組めます。ただ、提出期限に間に合わないなどの理由でテンパっているなら、期限を延ばしてもらうしか不安や緊張を取り除く方法ありません。


植木義晴

社長就任から一年半ほど経った頃、ふと「社員と一緒に悩めばいいんじゃないか」と気づきました。それまでは、辛さや苦しさはトップである自分が引き受けて、社員には幸せや喜びだけを分け与えなくてはいけないと考えていました。でも本当は、社長も社員も同じ目標に向かう仲間ですよね。だったら、辛さや苦しさを分け合ってもいいのでは。そう思えた瞬間から、気持ちがとてもラクになったし、前向きになれました。


古賀稔彦

前襟の合わせ、帯の結び、こうしたことは、柔道が強い、弱いにかかわらず、誰でも心がけしだいで、きちんとできるものです。でもやっぱり見渡すと、上達していく人というのは道衣をしっかりと身につけています。柔道というのは、ある意味、人前で自分を表現するスポーツですから、意識の高い選手は、もっときれいに、もっと完璧に、と自然に細部まで気を配るようになるんです。「これくらいでいいだろう」という気持ちの選手は、往々にして技も見た目も締まりがありません。


ページの先頭へ