クセノフォンの名言

クセノフォンのプロフィール

クセノフォン。アテネ出身の歴史家・哲学者。若いころは将軍を務めていて、同胞1万人を率い、小アジアを横断し1600キロの苦難の行軍を達成する。

クセノフォンの名言 一覧

もし、私が意気消沈していれば、彼ら全員が臆病になる。もし、私が決然と敵に対して戦う準備を整え声をかければ、彼らは私を真似て行動し従う。


クセノフォンの経歴・略歴

クセノフォン。アテネ出身の歴史家・哲学者。若いころは将軍を務めていて、同胞1万人を率い、小アジアを横断し1600キロの苦難の行軍を達成する。

他の記事も読んでみる

辻野晃一郎

自分の主張が様々な理由で必ずしも正しくない状況になったとき、それをきちんと認めて修正するプロセスをとれるかどうか。それができない人はリーダーの素養に欠けています。


宮内義彦

成長しているということは、何らかの形で社会に貢献しているということを意味する。その貢献は、社会に経済的な富を提供すること。雇用を含む「良いもの」を社会に提供しているということ。


佐々木則夫(経営者)

出張にはパソコンは持っていきません。セキュリティ上の問題もありますが、携帯電話ひとつで用が足りてしまうからです。副社長のころまでは自分で資料を作成することも多かったのですが、トップは決断して指示を出すことが仕事の中心ですから携帯電話で十分です。


坂下英樹

多種多様な人をまとめ上げ、業績を上げていくにはポストや報酬だけでなく「動機付けの技術」が必要。


曽山哲人

挑戦したくなる風土をつくるには、まず、「挑戦による失敗がマイナス評価にならない」と明言し、社員に安心感を与える必要があります。その上で、成功した人をしっかりと評価し、「むしろ挑戦しないほうが損だ」と思わせる風土をつくることが大切です。これは「挑戦と安心はセット」という考え方にもとづいています。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

たとえば、ゲームソフトの完成が予定より遅れているとわかったとき、報告書にまとめさせると、遅延の原因や経緯を書かざるを得ません。しかし、緊急事態において必要なことは、責任追及ではなく、素早く手を打つことです。まずは担当者全員を集め、今後の対策を練り、すぐ行動に移す。原因の分析は、そのあとからでも遅くありません。


小室淑恵

所要時間を決めずに業務に取り組んでいる人は、仕事の見切りどころがわからないため、本来なら2時間で切り上げていい内容の仕事に、3時間も4時間もかけてしまう。必要以上にクオリティーを追求してしまうわけです。だから仕事が山積みになって、いつも時間に追われている気分になってしまう。この差は歴然としていますよね。


橋下徹

僕はニューヨーク市の立て直しに尽力したジュリアーニ元市長の「割れ窓理論」を支持している。治安や環境が悪い街を立て直すのは、口で言うのは簡単だが、本気でやろうと思ったら想像を絶する労力が必要になる。自称インテリたちは、「街をよくしよう!」なんて能天気にスローガンをほざくだけだけど、実際にやろうとしたら、一生分のエネルギーを投じなければならないようなことなんだ。ジュリアーニ氏は、街の立て直しは、まずはゴミのポイ捨てと落書きを徹底してなくすことからだと主張する。細かなルール遵守の積み重ねが治安向上につながる、と。スローガンを叫ぶだけでは街は変わらない。もちろんそれも重要だけど、街全体の「雰囲気」から変えていかなければならない。そのスタートはゴミのポイ捨てと落書きを徹底してなくすこと。


周防正行

ムリして出すのが個性じゃないと、当たり前のことに気がついた。その時点で「ありきたり」とか「ありきたりじゃない」なんてモノサシはどっかに行ってしまって、自分がやりたいことはなにかってことを考えるようになった。


鈴木鋭智

質問に対して的確な受け答えができるようになるために必要なことは、「なぜ?」「?ですか?」という疑問形には複数の意味があることを意識しておくこと。そうすれば、たいていの場合は、前後の文脈から質問者の意図がどこにあるのかを判断できます。もし判断できなくても、どちらかの答えを返して相手が釈然としないようなら別の答えを返すことで、その場を切り抜けることはできます。


戸塚隆将

上司へのアピールは案外、効果的です。上司は複数のプロジェクトを走らせていて、新規の案件が発生したらどのようなメンバーを集めようかといつも頭を抱えています。悩める上司たちに普段から「○○に興味があって勉強している」と伝えておけば、新プロジェクトにアサインされる可能性もあります。最終的には組織の論理で決まるものの、優秀な人は自分が希望する仕事につけるように、自らアプローチしてチャンスをつかもうとしているのです。


加藤学(冒険家)

仕事と夢を分けないのがポリシー。仕事で稼いだお金で夢を手に入れるという方法だと人生で成し遂げられる夢の数が絶対的に少なくなる。手に入れたいものがあるなら、それに関連するビジネスで、すぐにでも手に入れる。


江上治

稼げない人には、自分の行動を数値化して分析するという習慣がありません。たとえば、アフター5は英語を勉強すると決めていたのに、思うように進んでいないとします。自分の行動を数値化して分析する習慣がない人は、毎日をただ何となく過ごしてしまうので、稼ぐ人との差はますます広がっていきます。


後田良輔

忙しい現場でミスをされたら、ついカッとなって怒ることもあるでしょう。ただ、10回のうち2~3回は「相手のため」を意識した声かけをするべきです。それだけで、印象が大きく変わるものです。


山下聰(経営者)

グローバルというのは、分解するとそれぞれ個性を持ったローカルのつながりです。だからこそ、各地域に根差した活動をして、お客様ニーズをつかんでいく必要があります。


ページの先頭へ