名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ギル・アメリオの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ギル・アメリオのプロフィール

ギル・アメリオ。再建屋と称えられたアメリカの経営者。アップル・コンピュータ会長兼CEO。大学卒業後、ベル研究所へ入社。その後、ICチップ製造メーカーのナショナル・セミコンダクター社のCEOを務めたのち、アップルの社外取締役から会長兼CEOとなった。倒産間際の状態から、半年で黒字転換を果たした。アップル退社後はベンチャーキャピタリストとして起業家支援の活動を行っている。

ギル・アメリオの名言 一覧

自分の力でどうにもならないことは、心配しても意味がない。
【覚書き|銀行への借金返済日が2カ月後という状況で社長に就任する。上記は、返せなければ倒産という状況での発言。その後、返済期日延長を銀行が飲み、アップルは皮一枚つながることとなった。】


ギル・アメリオの経歴・略歴

ギル・アメリオ。再建屋と称えられたアメリカの経営者。アップル・コンピュータ会長兼CEO。大学卒業後、ベル研究所へ入社。その後、ICチップ製造メーカーのナショナル・セミコンダクター社のCEOを務めたのち、アップルの社外取締役から会長兼CEOとなった。倒産間際の状態から、半年で黒字転換を果たした。アップル退社後はベンチャーキャピタリストとして起業家支援の活動を行っている。

他の記事も読んでみる

張富士夫

トヨタ生産システムは人の意識で成り立っているということです。だから人を大事にする。人を生かすという基本がなければ、トヨタ生産システムは生きてこないんです。それが人間尊重、すなわちトヨタウェイです。日本のものづくりのよさもそこにあります。人に生き生きと働いてもらうためには、人を大事にしなければいけない。そこにものづくりの強さが生まれてくるからです。


井上和幸(ヘッドハンター)

最近は仕事の設計や組み立てを精緻に行い、可視化するといった仕事のやり方が身についていないと、ビジネスの世界では通用しないシーンも多くなってきた。当社では、これに対応するためグーグルカレンダーを活用し、全社をあげてスケジュールを公開し共有している。


森川亮

報告メールは売上高や販売件数といった実数と、目標に対する達成度。それだけあれば進捗報告としての用は足ります。予算と達成にギャップがあれば、そのときだけ理由を書いてほしいですね。


中田亨

会社の情報漏洩の多くが、いわゆる「風呂敷残業」、つまり仕事を家に持ち帰ることから生まれています。「不必要な書類は作らない」とルール化することで、一石二鳥の情報漏洩防止になるのです。


久水宏之

いきさつの中から解決の鍵を探すだけでは、この国難を超える力は出てこない。元々何を大切にしたかったのか。原点に立ち返って協働してこそ、道は開くのだと思う。


ピーター・リンチ

【売ってしまった銘柄が後悔するほど値上がりしたのを見て言った言葉】偉大な銘柄を捨てたことは「花を引き抜き、雑草に水をやる」をまさに地でいくようなものであった。


佐藤優

明日できることは今日やらない。皆、「今日できることは今日やれ」って教えられるでしょ。逆なんですよ。というのは明日できることを今日やっていたら、今日やらなきゃいけない仕事が滞ってしまうことがある。仕事量が増えてくるととくにそう。


澤田秀雄

ビジネスでは数字を毎日見ることが大切です。数字は嘘をつきません。業績が上がったら上がった理由が、下がったら下がった理由が数字に表れます。もちろん、数字をつくっているのは人間ですから、間違えていることもありますし、ときには故意に操作することもあるかもしれません。でも、毎日数字を見ていれば、おかしなところは気がつくものです。


住本雄一郎

私はグループ会社のソニー生命保険で長らく代理店営業を担当してきました。いわゆる「生保レディー」や「ライフプランナー」が販売するものだった生命保険を、独立した代理店などの新しいチャネルでも売るようにする改革を自分の手で進めてきたのです。銀行業界もIT(情報技術)を生かしたスタートアップの参入が相次ぎ、大きく変わる時代を迎えています。私は銀行でも、新しい販売チャネルの構築を進めていきます。


海老原嗣生

昔のように敷かれたレールに乗っていれば誰でも管理職になれるほど会社に余裕はありません。だから自ら動く必然性が高まっている。


林田正光

CS(顧客満足度)向上の目的は、結局はリピーターをつくること。


岩村水樹

いつでもどこでも働ける時代だからこそ、働きすぎないようにルールを設けることも必要です。運動選手が休まずにずっと運動し続けていると、パフォーマンスが下がります。筋肉は鍛えるだけでなく、休んで回復する時間を取らないと発達しない。同じように、ビジネスパーソンもずっと仕事を続けていると疲弊してしまいます。