名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ギャレス・エヴァンスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ギャレス・エヴァンスのプロフィール

ギャレス・エヴァンス。英国の映画監督、脚本家。ウェールズ出身。グラモーガン大学院修了。『Footsteps』でスウォンジー湾映画祭最優秀映画賞、『ザ・レイド』でトロント国際映画祭でミッド・マッドネス賞を受賞。

ギャレス・エヴァンスの名言 一覧

よくあるアメリカ映画のように、最後に悪人が倒されて「イエー!!」と喜ぶような終わり方にはしたくなかった。潜入捜査官の悲しみというのもあるし、倒す側・倒される側も、状況が違えば友達になれたかも知れないんだしね。

【覚え書き|「ザ・レイド GOKUDO」について】


僕はシリーズ物の「2」が「1」と同じことの繰り返しになるのが、自分で映画を見ていても耐えられなくてね。だから必ず新しい要素を入れる。前作の位置付けはサバイバルホラーで、楽しんで見て貰うためにその中に武術の要素を入れた。今作は「ギャング映画の中に武術を入れよう」と考え、ギャング映画となればストーリーは大事だな、と。


ギャレス・エヴァンスの経歴・略歴

ギャレス・エヴァンス。英国の映画監督、脚本家。ウェールズ出身。グラモーガン大学院修了。『Footsteps』でスウォンジー湾映画祭最優秀映画賞、『ザ・レイド』でトロント国際映画祭でミッド・マッドネス賞を受賞。

他の記事も読んでみる

伊藤真(弁護士)

問題とは、あるべき姿と現状とのズレのことです。このズレを埋め、現状をあるべき姿に一致させることが問題解決。


岩田聡

社長になって統計資料をみてみると、日本のゲーム産業のソフトウェア出荷額は97年から下がり続けている。取材にこられる記者も、昔はゲームをやっていたけれど、いまはやりませんという人ばかり。業界自体は明らかに先細りなのだという現実に、思わず冷や汗が流れました。えらいときに社長を引き受けてしまった、と思いました。それで、これまでゲームとは無縁だった人を引き込む以外、生き残る道はない。それを誰かがやらなければならないのなら、ウチがやろうと。それで、5歳から95歳まで遊べるゲームをつくるという路線を打ち出したのです。


石川典男

私は毎年、最低でも一つは新製品を世に送り出すことを目指してきました。ただし、医療にかかわる製品は許認可の問題もあるため、これまでにない画期的な製品をコンスタントに開発することはできません。使用している技術は従来のものであっても、その企画を市場の変化に合わせてどう打ち出すかが重要になってきます。


渡辺謙

いまは「これは自分のやりたい仕事ではありません」と、すぐ転職してしまう時代じゃないですか。でも、好きなことって、そんなにすぐには見つからないよねっていう気がするんです。自分の望みと、自分がやれることと、与えられたことが一致する状態は、僕自身も40歳を超えて、いろんな変革を遂げたうえで、やっと近づけて来たかなと思えます。


杉村太蔵

株式市場にいるのはプロ中のプロばかり。機関投資家と個人投資家では見えている世界が違う。資金量や情報量もですが、決定的に違うのは彼らが扱っているのは他人のお金です。取れるリスクがまるで違う。同じ土俵に上ってもかないっこない。


BNF(ジェイコム男)

夜中に目を覚ますことは良くあります。ニューヨークの株価が大きく下がれば、翌日の日経平均も下がることが多い。それがわかっていても、上がれと念力を送ります。ブラックマンデーのようなことが起きたらどうしようと、不安で朝まで眠れないこともあります。市場が閉まっている週末は、株から離れられるので楽ですね。


大隈郁仁

大事なのは物件に「付加価値」をいかに付けるか。「ハコやモノの枠を超えたライフスタイルの提案・創造」ができるグループでありたいと思っています。


小池龍之介(小池龍照)

セロトニンの神経回路を活性化するコツは、目的意識を持たないことです。目標を立ててそれに向かって突き進むと、「ああまだ達成できていない」という苦しみが、達成したときに緩和されて快感物質が発射される。これを避けるためには、ゴールに向かって走るという意識を捨てて、いま目の前で行っていることに意識を振り向けることが大切です。慣れていない人は、短い単位で同じことを反復する行為に集中することから始めましょう。


岡素之

商社の営業マンのDNAには拡大志向が組み込まれていて、押さえても抑えても突っ走るところがあります。当社の営業マンには、「営業は攻めだけでは駄目だよ。攻めと守りが同時にできて初めて一人前の営業マンになれるんだ」と言っています。守りの基本はコンプライアンス(法令順守)の徹底やリスク管理の実施です。


栗山年弘

我々は複数の顧客と付き合っており、どこか1社だけの話で新技術の動向を判断せず、市場全体の動きやトレンドを見極める必要があります。様々な情報から「次はこれが伸びる」という分野が見えてくる。


曽山哲人

失敗をするのは誰にとってもつらいことですが、その一方で、人を大きく成長させてくれる才能開花の肥料のようなものです。もちろん、最初から社員に失敗させようとは考えていませんが、「失敗してもプラスになる」と誰もが思えるような風土をつくることで、どんどん挑戦して大きく成長する人を育てていきたい。


中村獅童(二代目)

自分がどうなりたいのか、何をやりたいのか。そのために今、何をしなくてはいけないのか。そういったことを意識するのは大事なんじゃないかな。そういう日々を送っていれば、チャンスが巡ってきた時、絶対見逃さないと思えるんだ。