ギャレス・エヴァンスの名言

ギャレス・エヴァンスのプロフィール

ギャレス・エヴァンス。英国の映画監督、脚本家。ウェールズ出身。グラモーガン大学院修了。『Footsteps』でスウォンジー湾映画祭最優秀映画賞、『ザ・レイド』でトロント国際映画祭でミッド・マッドネス賞を受賞。

ギャレス・エヴァンスの名言 一覧

よくあるアメリカ映画のように、最後に悪人が倒されて「イエー!!」と喜ぶような終わり方にはしたくなかった。潜入捜査官の悲しみというのもあるし、倒す側・倒される側も、状況が違えば友達になれたかも知れないんだしね。

【覚え書き|「ザ・レイド GOKUDO」について】


僕はシリーズ物の「2」が「1」と同じことの繰り返しになるのが、自分で映画を見ていても耐えられなくてね。だから必ず新しい要素を入れる。前作の位置付けはサバイバルホラーで、楽しんで見て貰うためにその中に武術の要素を入れた。今作は「ギャング映画の中に武術を入れよう」と考え、ギャング映画となればストーリーは大事だな、と。


ギャレス・エヴァンスの経歴・略歴

ギャレス・エヴァンス。英国の映画監督、脚本家。ウェールズ出身。グラモーガン大学院修了。『Footsteps』でスウォンジー湾映画祭最優秀映画賞、『ザ・レイド』でトロント国際映画祭でミッド・マッドネス賞を受賞。

他の記事も読んでみる

伊藤雅俊(味の素)

味の素という会社自体が、ものごとの本質を追求して新しい価値を創造し、それをグローバルな社会に提供する開拓者精神を持った素材です。この個性を強く意識して、いったい味の素という素材を、社会のどの部分と組み合わせれば役に立つのかを考え抜く。そうすることで初めて、会社は世の中から必要とされ、多くのお客様から喜んでいただける存在になれるのです。


辰巳渚

「これまでにやってきたこと」を大事にしすぎる人は、モノが捨てられない傾向があります。定年退職後でも自宅の書斎に仕事の本が山積みになっている人のように、「過去に得たモノ」を捨てられないのです。モノでもスキルでも、ピラミッドを作るかのように「積み上げ式」で考えると、「捨てる(一部を抜き取る)」ことが怖くなります。基本的に世の中は常に動いていて、自分も常に変化・成長していると考える。「過去」を引きずらないようにすれば、潔く捨てられるようになります。


青野慶久

本当にやるべき仕事は何かを見極め、捨てられる仕事は捨てることが大切。長時間働く=生産性が高いわけでもないですし、限られた時間の中で仕事するとわりきって、手に余る仕事は人に任せてしまいます。


スティーブ・ジョブズ

絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。


宮内義彦

官僚に率いられた官僚組織にイノベーションを期待するのはなかなか難しい。何かを生み出す人材をトップに据えるという基本に立ち返るべきだと思います。


小渕宏二

会社が変化して行かなければ、市場から見捨てられてしまうので、会社が変化するときは中で働く人も変化しなければいけません。変化への対応は、生きとし生けるものすべてに必要だと思います。


臼井由妃

外部へ仕事を発注するとき、「おたくは料金が安いから」だけでなく、「仕事が丁寧で安心できる」と一言添えれば、相手は意気に感じて頑張ってくれるでしょう。人は誰でも頼りにされることが好きなのです。


岡田武史

自由なところから自由な発想って出てこないんですよ。縛りがあるから、それを破って驚くような発想が出てくる。


北杜夫

死というものを常々考えもしない人はまず抜きにして、死への親近感からはじまった人々が、ついに生への意志に到達するのがあくまでも人間的な生き方というものである。


オグ・マンディーノ

世界は常に、あなたが示す行動によってあなたの価値を決定するのだ。思考や感情を内面に秘めたまま表現しなければ、誰があなたの才能を測ることができようか。


越智啓太

最近、日本の犯罪の世界では高齢者の凶悪化が大問題になっています。とくに、会社を退職した直後の人は危険です。突然、人間的なつながりを喪失し、暇な時間がいきなりできるので、引き留める要因が急に少なくなってしまうのです。


山口範雄

今後、食資源を原料とする企業は、中期的、構造的に続く原料の高騰に対応した新しいコスト構造や価格体系を構築しないと、食資源を確保できなくなる懸念があります。


飯島勲

大して差異がないものを、さもそれが致命的な差であるかのように騒ぐ現代社会の病理。「そんなことを考えている暇があったら手を動かしなさい。働きなさい」と昔ならどやしつけられていると思う。


上昌広

「医は算術ではない。金儲けを考える医者に、いい医療ができるのか」という反論が出るかもしれない。しかし、赤ひげ先生でも病院経営ができた時代は過去のこと。診療報酬が低水準の中、博愛主義を貫いていれば、病院経営はたちまち行き詰まる。私は経営を持続でき、地域住民に医療を安定的に提供できる病院こそ、真の「いい病院」だと考える。


岩崎夏海

サラリーマンにとって、じつは上司も顧客になる。


ページの先頭へ