名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ギャリー・トゥルードーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ギャリー・トゥルードーのプロフィール

ギャリー・トゥルードー。アメリカの漫画家。漫画家で初めてピューリッツァー賞を受賞した人物。世界1400の新聞に掲載された風刺漫画ドゥーンズベリーをの作者。イェール大学で学んだのち、日刊漫画ドゥーンズベリーの連載を開始。『ドゥーンズベリー・スペシャル』でアカデミー賞(アニメ・ショートフィルム部門)を受賞。

ギャリー・トゥルードーの名言 一覧

私がそこにいる必要がないライフスタイルを作ること。それが私の目標です。


ギャリー・トゥルードーの経歴・略歴

ギャリー・トゥルードー。アメリカの漫画家。漫画家で初めてピューリッツァー賞を受賞した人物。世界1400の新聞に掲載された風刺漫画ドゥーンズベリーをの作者。イェール大学で学んだのち、日刊漫画ドゥーンズベリーの連載を開始。『ドゥーンズベリー・スペシャル』でアカデミー賞(アニメ・ショートフィルム部門)を受賞。

他の記事も読んでみる

有田秀穂

ストレスの最高の解消法は「週末号泣」です。週末に感動する映画などを見て号泣し、たまった1週間のストレスを流す。泣くことの解消効果は、笑うよりも高い。泣くと、すべてを洗い流してスッキリできます。


石井一久

「負けたらどうしよう」といったマイナスなことは決して考えなかったし、「考えないようにしよう」と思ったこともない。「どうすれば勝てるか」といった勝ち方しか考えていなかった。


向井理

芝居は基本、一人でやるものではありません。自分の演技を相手がどう受け止めるかで、芝居は決まります。


高原豪久

私は結果よりプロセスや行動を重視します。時には運よく結果が出る時がありますが、結果が出ない時は行動が間違っている。取引先への訪問が少ないとか、キーパーソンに会えていないとか。行動を問われるのは厳しいことですが、私自身も社長になってから行動を改善して結果を求めてきました。社員にも地道な作業を継続してもらっています。この真面目な企業文化を作った先輩方には、本当に感謝していますね。


坂根正弘

リーダーには、ビジョンを示すことも求められます。コスト削減を押し付けるだけでは、誰もついてきてくれません。コストはコストで削りますが、一方で成長への夢を語って初めて社員はモチベート(動機付け)されます。


岸見一郎

日頃から劣等感のある人が、優秀な人に対して取りがちな行動があります。それは相手を貶めること。どんなに頑張ってみたところで到底太刀打ちできないと感じた場合、ダメな人は自分を高める努力を投げ出してしまう。その代わり、他者を貶めることで相対的に自分の価値を高め、優越感を持とうとするわけです。アドラー心理学ではこれを「価値低減傾向」と呼びます。


佐野恵一

本当は、私たちのような旅行サービスを行う会社が、ライバルになるかもしれないけれど、もっと出てくればいい。からだの不自由な人が旅行に行きたいときに行けるような社会になればいいのです。極端な話、私たちの事業が不要になるような社会が理想です。からだの不自由な人がホテルや旅館に予約電話一本入れれば自然と宿泊できるような社会、宿泊施設単独での対応がむずかしければ地域の人が介助を手伝ってくれるような社会です。


小池利和

商品開発において成功する確率はそれほど高くないが、失敗経験こそが人材を作る。


石橋正二郎

なんら失敗がなく自然と伸びていくので、他人からつくりごとのようだと言われるくらいだった。もともと大雑把な私のこと、すべて楽観してやるので、人が止めても何しても独走してしまう。たまたまこの独走がものをいった形だ。
【覚書き|地方の小さな仕立て屋を足袋販売、ゴム底地下足袋販売、ゴム靴販売で従業員2万人の会社にしたことについて振り返っての発言】


諏訪貴子

読み込みたい本は常に寝室の机に3冊ほど置いてあり、寝る前に30分間ほどかけて、端を折った箇所や付箋を貼ったページを読みます。同じ部分を繰り返し読み込み、読後に眠ると、睡眠学習効果で言葉が脳内に定着しやすくなるからです。眠る前に読書をすると言うと、「眠れなくなるのでは?」と聞かれることもあります。ですが、私にとって就寝前の読書タイムは唯一、リラックスできる時間。仕事から心身ともに離れることができる時間なのです。


本田直之

私は昔、「飛び込み営業はしない」という項目を「しないことリスト」に書きました。大企業では新人教育を兼ねてやらせますが、明らかに効率が悪い。何かを思い切って切り捨て、本来の目標に向かって効率的に進める手段に重点的に力を注ぐのです。


望月靖志

日本の家電業界やエレクトロニクス業界が凋落してしまったのは、デジタルが主流の時代になり、似たような製品を誰もが作れるようになってしまったことが大きな要因としてあげられるでしょう。価格ではアジア勢に勝てない以上、より付加価値の高いものづくりを目指していかなければならないのは明らかです。