名言DB

9490 人 / 112001 名言

ギャリー・トゥルードーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ギャリー・トゥルードーのプロフィール

ギャリー・トゥルードー。アメリカの漫画家。漫画家で初めてピューリッツァー賞を受賞した人物。世界1400の新聞に掲載された風刺漫画ドゥーンズベリーをの作者。イェール大学で学んだのち、日刊漫画ドゥーンズベリーの連載を開始。『ドゥーンズベリー・スペシャル』でアカデミー賞(アニメ・ショートフィルム部門)を受賞。

ギャリー・トゥルードーの名言 一覧

私がそこにいる必要がないライフスタイルを作ること。それが私の目標です。


ギャリー・トゥルードーの経歴・略歴

ギャリー・トゥルードー。アメリカの漫画家。漫画家で初めてピューリッツァー賞を受賞した人物。世界1400の新聞に掲載された風刺漫画ドゥーンズベリーをの作者。イェール大学で学んだのち、日刊漫画ドゥーンズベリーの連載を開始。『ドゥーンズベリー・スペシャル』でアカデミー賞(アニメ・ショートフィルム部門)を受賞。

他の記事も読んでみる

小山昇

たとえば見込み客を何度も訪問しているのに、契約がとれずに悩んでいる営業マンがいるとします。どこかで見切りをつけるべきだと薄々気付いていても、そのタイミングがわからないからズルズルと訪問を繰り返して、他の優良な見込み客まで逃がしてしまいます。そんなときに、誰に何回訪問したかというデータと、契約率の因果関係を分析すれば、見切りどきがわかって、自分の行動を変えられるはずです。


安中千絵

現代人の多くは圧倒的に運動不足です。これを解消しないことには、本当の意味で健康を取り戻すことはできません。


大久保恒夫

お店で挨拶を徹底して何が起こるかといいますと、クレーム件数が半減するんです。挨拶をきちんとしていると、何かあっても「まぁいいか」と思っていただけるようで。挨拶ができていないと「ちょっと文句のひとつでも言ってやれ」となるようです。


高橋浩一(ビジネスコーチ)

気づいたことは常にメモする。自分とは違う考えや価値観を受け入れる意味でも記録します。そうすると、価値観にとらわれず、「私たち」目線の視点が広がる。また、書くことで思考が整理されていく。


糸井重里

売上高や利益率や従業員数や資産という既存の尺度で測れば、ほぼ日なんて本当にちっぽけな存在です。でも僕は、ほぼ日の価値はそこにはないと思っています。いかに多くの人に影響を与えることができるか。「よく売れたものは、より多くの人に影響を与えることができたと考えよう」と特には話をしています。そこにこそ、ほぼ日の価値がある。


沢渡あまね

「あの仕事は彼でないとわからない」「彼女がいないと仕事が止まる」など、「仕事の属人化」の弊害は数知れず。他の人からのチェックが働かないため、スペシャリストに見えて実はムダが多いことも多々あります。しかし、属人化を完全になくすことはなかなか困難。「私だけができる仕事」と評価を受けることで「承認欲求」が満たされるため、そのノウハウを手放したがらないからです。その牙城を少しでも崩すには、別のかたちで本人の承認欲求を満たすのが有効。指導者役を任せたり、知識の公開を「ありがたいこと」として評価する、といった方法が得策です。


塚越恒爾

饒舌は、かえって自分の言葉を卑しめます。言葉を卑しめるということは、自分を卑しめることと同じです。


村山昇

いざ上司に相談をしたら、自分の考えとまったく違う方向を指示された、という経験のある人も多いでしょう。上司の考えに納得できるのならいいのですが、そうではない場合、今度は部下の方にストレスが溜まってしまいます。そうした場合に有効なのが「松竹梅方式」で上司に提案するやり方です。一案だけ提示して相談をすると、上司から粗探しをされる可能性があります。そこで上司が比較検討しやすいように複数の案を持っていくわけですが、そのなかに、あえて質を落とした捨て案や可能性の乏しい案も入れておき、自分が望む案を上司が選ぶように仕向けるのです。


宮内義彦

業務が拡大して一人で手に余るようになると、人を増やすことになります。そうなると、人がただ集まっただけの烏合の衆では統制がとれませんから、互いの協力関係を想定して組織という形にまとめなければなりません。大事なことは、組織というのは止むを得ず作るものということです。あくまでも複数の人を統制するため止むを得ずなのであって、会社は組織で動くというのは必ずしも適切な表現ではありません。


矢野博丈

人は褒められて伸びるという声もあるけれど、それはウソだろう。たしかに褒められたときには嬉しくて一時的に頑張るかもしれない。でも継続はしない。ならば、もう一回褒めたらどうなるか。今度は頑張るんじゃなくて、調子に乗り始める。褒め続ければ人を堕落させてしまう。もちろん、本当に褒めたいときには素直に褒めたらいい。だけど、人を育てようとして褒めるのは逆効果。


田中辰巳

危機管理にはまず何が起きたか事実を正確に掌握して、そのうえでそれが危機であることを感じ取る。多くの場合、ここからできていない。たとえば、事故が起きたときに、過去の事故事例も調べないで記者会見に臨む。何が起きたかきちんと調べていないので「わかりません」を連発して顰蹙を買う。事態を直視したくない心理も働くのだろうが、感知が遅れれば事態はさらに悪化する。


村上憲郎

いまの日本の伝統的な企業経営者や取締役の世代は、戦後の日本を安全で安心な国にすることに大いに力を発揮してきました。壊れないモノを作り、注文すればすぐに届く。こんなにも素晴らしい社会インフラをつくりだしてきたことは、世界に誇れることでしょう。ただ、結果として日本はいま、過剰品質の弊害に苦しんでいます。すべてにおいてスピードを犠牲にしています。