名言DB

9412 人 / 110637 名言

キース・マクローリンの名言

twitter Facebook はてブ

キース・マクローリンのプロフィール

キース・マクローリン。米国の経営者。家電メーカー「エレクトロラックス」CEO(最高経営責任者)。化学メーカー「デュポン」に22年勤務したのちエレクトロラックスに入社。メジャーアプライアンス事業北米責任者などを経てCEOに就任。GEの家電部門買収を行った。

キース・マクローリンの名言 一覧

どんなに事業を広げても、あくまでも中核となるのは、人間の根源的な欲求にひもづく家電事業を展開することだ。


衣食住に関連する家電は、一定の需要があり、技術の蓄積も可能でイノベーションが重要。消費者に優しい点に徹底的にこだわった製品開発やデザインなどの付加価値で、単純な価格競争にもならない。


コストは重要だが、品質やアフターサービス、製品の独自性、デザイン、機能、イノベーション、ブランドなど、複合的な勝負になる。販売店との信頼関係の構築も重要だ。これらすべてが勝負どころで、単に価格だけでの勝負にはしない。


スケールを手に入れることでコスト削減も進めやすくなり、キャッシュフローはさらに大きくなるだろう。競合と有利に戦っていくために必要な決断だった。


GE家電部門買収は、さらなる投資力の強化につながるものだ。とにかくキャッシュ創出能力がもっと欲しい。アジア市場開拓のためなどに、機動的に投資をする必要がある。自力で成長して、キャッシュ創出能力の向上につなげるのでは時間がかかる。そのためには今回、GE家電部門の買収が有効と判断した。


テレビに代表されるデジタル家電はエンターテインメントの要素が大きく、生活に不可欠なものかというと、実はそうではない。しかもモジュール化が進み、仕入れた部品を組み立てれば、誰でも一定の品質の製品を作れてしまう。そのような分野の家電では差別化が難しく、価格競争に陥るだけだ。


キース・マクローリンの経歴・略歴

キース・マクローリン。米国の経営者。家電メーカー「エレクトロラックス」CEO(最高経営責任者)。化学メーカー「デュポン」に22年勤務したのちエレクトロラックスに入社。メジャーアプライアンス事業北米責任者などを経てCEOに就任。GEの家電部門買収を行った。

他の記事も読んでみる

堀場厚

社員はみな、20歳くらいから60歳過ぎまで、人生の一番大切な期間を会社で過ごし、一日の一番いい時間を仕事に費やすわけです。それならば、その期間・時間が「面白おかしく」なかったら、人生もったいない。


松本和也

言葉もスピーチも短いほど印象に残る。その典型例が小泉純一郎元総理。「痛みに耐えてよく頑張った。感動した。おめでとう!」なんて典型的でしょう。これが「ケガした足の痛みをひたすら我慢して頑張る姿に私は非常に感動しました。本当におめでとうございます」と比べてみれば、違いは歴然です。


加藤寛一郎

空手をやれば、年をとっていても若者と同等です。昇段試験などで組手の試合をするときには、本心ではとても怖いのですが、飛び込んでいくしかありません。黒帯を締めるようになれば、後輩の手前恥ずかしいことはできませんから、なお精進しなければなりません。


楠木建

いつの時代もいいこともあれば悪いこともある。同時に異なる時空間で生きることはできないので、実際にそうなのかどうかはわからない。でも、そう考えておいたほうが精神的には健康だ。犯人探しに貴重な時間を奪われなくて済む。


中村充孝(経営者)

私自身は営業タイプではありませんし、お客様にアピールすることが上手なわけでもありません。だからこそ、社員にそれぞれ得意な分野で上手に仕事をしてもらうことが大切。


小宮山宏

人間は単純な原理では割り切れないところにこそ価値がある。


高山なおみ

食べものについてだと、書きたいことがあまりに多く、つかみどころがなくて、どこからはじめていいかわからなくなりました。でも、あいうえお順という縛りをつくってみたら、急に広々と自由な感じがしたんですね。だったら、書けるかなって。「あ」はアイスクリームだって最初のひとつを書いたら、子供の頃の記憶が匂いや音、味と共にどんどん甦ってきて、こんな感じで書こうみたいな、この本(『たべもの九十九(つくも)』)の空気感が見えてきた。


美崎栄一郎

予想よりも時間がかかったときのことを考え、あえて予定を入れない日も作り、余裕を設けることも大事です。


下村朱美

女性は美しく、男性は格好良くいなさい。


秋元康

僕は総合プロデューサーですが、全員は見られない。ファンがメンバーのプロデューサーでもあり、その集合体がAKBなんです。


笠原健治

「これはいける!」「世の中を変えられるんじゃないか」と、事業のアイデアを見つけた瞬間は、それはもうエキサイティングですよ。もちろん、アイデアを事業化するまでには様々な障害があり、実際にサービスとしてリリースできても、最初はたいていうまくいきません。それでも、ユーザーに使ってもらいながら修正したり、改善したりしていく苦労がまた楽しいし、いろいろと試行錯誤しているうちにある時、サービスがフワッと離陸したように感じられる瞬間が訪れる。私の中では、その離陸の瞬間の快感値が一番高くて、ほかの何物にも代えがたい。まさに「人の心をつかむ醍醐味」といっていいでしょう。


ハヤカワ五味

高校生のころ、自分が着たいと思えるようなデザインのタイツがなかったんです。それなら自分で好きな柄を入れようと思って、カラースプレーを吹きつけてオリジナルのタイツをつくりました。それを予備校にはいていったら、友達から「いいね、私も欲しい」とお願いされてつくるように。それがブランドをつくった最初のきっかけです。リアルな友達だけじゃなく、ブログの読者も「欲しい」と言ってくださって、ネットを通して通販も始めました。


秋山利輝

人を育てるのに必要なのは、ノウハウなんかじゃない。「どれだけ本気で相手と関われるか」です。


延岡健太郎

客観的な視点から理詰めで考えるエンジニアと、人間の主観的な感性を重んじるデザイナーでは、問題解決の方法が異なるため、共創は容易ではありません。この問題を解消するため、ダイソンでは商品開発に取り組む主要な技術者の多くを、デザインとエンジニアリング両方の教育を受けた「デザインエンジニア」にすることによって、使いやすく見た目もいい商品の開発に成功しています。


瀬戸欣哉

これまでと違うやり方をしないと勝てない。