名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

キース・マクローリンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キース・マクローリンのプロフィール

キース・マクローリン。米国の経営者。家電メーカー「エレクトロラックス」CEO(最高経営責任者)。化学メーカー「デュポン」に22年勤務したのちエレクトロラックスに入社。メジャーアプライアンス事業北米責任者などを経てCEOに就任。GEの家電部門買収を行った。

キース・マクローリンの名言 一覧

どんなに事業を広げても、あくまでも中核となるのは、人間の根源的な欲求にひもづく家電事業を展開することだ。


衣食住に関連する家電は、一定の需要があり、技術の蓄積も可能でイノベーションが重要。消費者に優しい点に徹底的にこだわった製品開発やデザインなどの付加価値で、単純な価格競争にもならない。


コストは重要だが、品質やアフターサービス、製品の独自性、デザイン、機能、イノベーション、ブランドなど、複合的な勝負になる。販売店との信頼関係の構築も重要だ。これらすべてが勝負どころで、単に価格だけでの勝負にはしない。


スケールを手に入れることでコスト削減も進めやすくなり、キャッシュフローはさらに大きくなるだろう。競合と有利に戦っていくために必要な決断だった。


GE家電部門買収は、さらなる投資力の強化につながるものだ。とにかくキャッシュ創出能力がもっと欲しい。アジア市場開拓のためなどに、機動的に投資をする必要がある。自力で成長して、キャッシュ創出能力の向上につなげるのでは時間がかかる。そのためには今回、GE家電部門の買収が有効と判断した。


テレビに代表されるデジタル家電はエンターテインメントの要素が大きく、生活に不可欠なものかというと、実はそうではない。しかもモジュール化が進み、仕入れた部品を組み立てれば、誰でも一定の品質の製品を作れてしまう。そのような分野の家電では差別化が難しく、価格競争に陥るだけだ。


キース・マクローリンの経歴・略歴

キース・マクローリン。米国の経営者。家電メーカー「エレクトロラックス」CEO(最高経営責任者)。化学メーカー「デュポン」に22年勤務したのちエレクトロラックスに入社。メジャーアプライアンス事業北米責任者などを経てCEOに就任。GEの家電部門買収を行った。

他の記事も読んでみる

小山昇

年末にやるべきことは、今年1年で結果の出たコト(モノ)、出なかったコト(モノ)の棚卸し。成果の出ているコトに注力し、出ていないコトは思い切ってカットせよ。


藤原和博

和田中の校長になって、学習塾とも連携しました。従来、学校の教師と塾講師は、反目し合うような関係でした。教師は塾に行かすまいと大量の宿題を与えたり、塾講師は「学校の勉強だけじゃ進学するには不足」と学校の悪口を言ったりね。そんな足の引っ張り合いはやめて、生徒のために役割分担すればいいと思った。放課後の後者を使って、塾の講師が教える「夜スペ」という授業を実施しました。すると、生徒の学力が伸びたことはもちろん、学校と塾の先生同士で勉強会を開いたり、意見交換したりするほどに関係が良好になったんです。


小松俊明

上司が仕事の望ましい速さや丁寧さの規準を定め、それを繰り返し周知徹底することが必要だ。質を重視する職場であれば、「少しくらい期日に遅れてもなんとかなる。その代わり、絶対に他社に負けない素晴らしいものをつくれ」。スピードが命の部署なら、「ある程度のレベルを超えたらその時点で提出しろ」というように、わかりやすい規準を示すことである。


川野幸夫

人を育てるなんて言うと、口やかましく指導して鍛えるような印象を持たれるかもしれませんが、それは違います。むしろ、課題を与えることで、自分たちで考えてもらい、答えを見つけることが大事だと私は思っています。


村田昭治

市場は水物だし、一歩先がわからないのがマーケット。しかし、ひるまずにイノベーションにトライすることは大切。


山田満(経営者)

無駄を省くことも利益につながる。


関谷英里子

3日坊主でもいいと思います。それよりも最初の一歩を踏み出した自分を褒めてあげてください。どうせ続かないからといって行動を起こさなければ、何ひとつ手に入りません。何より、いつか始めようと思って足踏みしていること自体、最大の機会損失であることに気づくべきです。


鈴木啓太(サッカー)

事業の中核はアスリートをサポートすること。サッカー界から一度離れて、そこで得た知見や経験をもう一度サッカー界に役立てたい。


江口祥一郎

2つのブランド(ケンウッドと日本ビクター)を上手く活用すれば、ひとつしかブランドがない場合と比べて、より多くの市場ニーズにリーチできます。デメリットよりもメリットの方が大きい。今後とも製品ブランドをひとつにするつもりはありません。


野中正人

給与に極端な差をつけてそれをインセンティブにするのではなく、納得感がある範囲の差をつければいいじゃないかと考えています。少しでも差があれば、もらえなかった人は頑張ろうと思うはずです。そしてできる人はできない人を助けてあげればいいのです。そうすれば、できる人の株が上がって、カッコいい人になれるじゃないですか。社内からカッコイイと思われることは、生きがいになっていくと思います。


寺尾玄

諦めず、人のために、本気で何かをしようとしていれば、誰かが必ず協力してくれる。というか、放っておかない。


野村克也

35歳を超えて敵がいないということは、人間的に見込みがないことである。