名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キース・マクローリンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キース・マクローリンのプロフィール

キース・マクローリン。米国の経営者。家電メーカー「エレクトロラックス」CEO(最高経営責任者)。化学メーカー「デュポン」に22年勤務したのちエレクトロラックスに入社。メジャーアプライアンス事業北米責任者などを経てCEOに就任。GEの家電部門買収を行った。

キース・マクローリンの名言 一覧

どんなに事業を広げても、あくまでも中核となるのは、人間の根源的な欲求にひもづく家電事業を展開することだ。


衣食住に関連する家電は、一定の需要があり、技術の蓄積も可能でイノベーションが重要。消費者に優しい点に徹底的にこだわった製品開発やデザインなどの付加価値で、単純な価格競争にもならない。


コストは重要だが、品質やアフターサービス、製品の独自性、デザイン、機能、イノベーション、ブランドなど、複合的な勝負になる。販売店との信頼関係の構築も重要だ。これらすべてが勝負どころで、単に価格だけでの勝負にはしない。


スケールを手に入れることでコスト削減も進めやすくなり、キャッシュフローはさらに大きくなるだろう。競合と有利に戦っていくために必要な決断だった。


GE家電部門買収は、さらなる投資力の強化につながるものだ。とにかくキャッシュ創出能力がもっと欲しい。アジア市場開拓のためなどに、機動的に投資をする必要がある。自力で成長して、キャッシュ創出能力の向上につなげるのでは時間がかかる。そのためには今回、GE家電部門の買収が有効と判断した。


テレビに代表されるデジタル家電はエンターテインメントの要素が大きく、生活に不可欠なものかというと、実はそうではない。しかもモジュール化が進み、仕入れた部品を組み立てれば、誰でも一定の品質の製品を作れてしまう。そのような分野の家電では差別化が難しく、価格競争に陥るだけだ。


キース・マクローリンの経歴・略歴

キース・マクローリン。米国の経営者。家電メーカー「エレクトロラックス」CEO(最高経営責任者)。化学メーカー「デュポン」に22年勤務したのちエレクトロラックスに入社。メジャーアプライアンス事業北米責任者などを経てCEOに就任。GEの家電部門買収を行った。

他の記事も読んでみる

津谷正明

経営陣自ら各事業所を回って、現場の声をきめ細かく拾うことも大切です。とくにコンプライアンス(法令順守)や安全の問題は、事業の基本中の基本で、こういった問題に的確に対処していくためには、対話が欠かせません。米国では各事業所を回って現地従業員と胸襟を開いて対話するタウンホールミーティングを開催しています。


安田隆夫

店舗を作る社員には、「自由演技」で結果を出してもらいたい。権限を委譲するということは、自由演技が前提になる。規定演技が前提では、権限委譲にはならない。


前澤友作

会社を大きくしようというような野心はあまりないのです。ただ、僕らの会社がメジャーになることによって世界がいい方向に変わるなら、大きくなることを躊躇する理由はありません。その場合も、基本はあくまで自然体です。そんな僕らを見て、自然体の会社が増えれば、世の中は絶対に良くなります。


養老孟司

普段、職場で能力のない問題児だと思われていた人物が、状況の変化次第では一番有能な存在になるかもしれない。たとえその人が問題児であっても、様々な人材を抱え込んだ多様性ある職場ほど状況の変化に強いという視点で、職場の人間関係をもう一度捉え直してみるのも一法かもしれません。


西成活裕

山形大学にいた時には、国立大学ですから先生ひとりにつく学生は3人が限度でした。でも、私立の龍谷大学の場合には、ひとりで学生を10人も担当するんですよね。大変だな、と面倒に感じる先生もいるけど、やりたい研究だらけだった私にはそれがとてもありがたかった。毎年10人の学生にいろいろな角度から研究をやってもらい、6年いたから60人分の研究成果が手に入りました。学生も、まだ学部の4年生なのに、あちこちの大学から大先生が来て発表する学会で、並んで自分の発表をするとなれば能力を発揮してくれるんです。


水野敬也

発想法の本などで、「意外性のあるAとBを組み合わせることで画期的なアイデアが生まれる」などと書かれていることがありますが、間違っていると僕は思います。僕たちの本は「犬の写真」と「名言」を単純に組み合わせたわけではありません。「大事な言葉を身近なところに置きたい」というコンセプトを全力で言い換えた結果に過ぎません。結果として組み合わせたように見えるだけです。


荒俣宏

結局、日魯には9年半ほどもいて、32歳のときに退職しました。会社員が次のステップへ移ろうとしたら、35、36歳がギリギリじゃないですか。で、辞めたわけです。退職後はコンピューターのプログラマーとして食っていこうと漠然と考えていた。ところが退職して3、4か月後、平凡社に「大百科事典を作るから、スタッフとして参加してくれないか」と誘われた。この仕事をやらせてもらったお陰で、博物学好きの性格が爆発して、本格的な博物学への道を歩みはじめるんです。当時は、あまりの忙しさに家に帰るのが面倒になって、平凡社の仮眠室に寝泊まり。そのうち、もう会社に住み着くようになってね。あまりの居心地のよさに、結局、22年ぐらい住み着いたのかな(笑)。なんといっても平凡社には膨大な図書館があったのがよかった。『本草綱目』をはじめ、博物学の古典が山のようにありましたからね。


潮田健次郎

企業家は会社の使命を確立しなければなりません。自分はどのようにして富を生み出すのか明確にしなければならない。ドラッカーが言っていますが、組織というものには元々共通点がない。しかし、いけばな教室でも、山岳クラブでも、会社でも、たったひとつだけ共通しているのは目的です。目的がなければ、組織が存在しない。だから企業家は組織が存在する理由を明らかにしなければならないのです。


稲盛和夫

今日一日を一生懸命に生きさえすれば、未来は開けてくる。


新将命

ひとつのことを5000時間続ければ、セミプロになれるし、もっと頑張って1万時間続ければプロになれるといいます。いま45歳の人が白紙の状態から何かを始めたとしても、1日1時間ずつ練習すれば、60歳を迎えるころにはセミプロになれます。セミプロとは、会社の肩書がなくても自分の腕や名前で稼げる手だてが身についているということです。


塚越寛

私は企業経営では性悪説より性善説で全ての物事を考えるべきだと思います。経営者が社員を思いやり、信頼すれば、社員は応えてくれるものなのです。


林真理子

私の場合、仕事やプライベートで何年かおきに必ず、嫌なことが起きる。すると「来てる、来てる。課題が来た」という感覚になり、「今、試されているな」と感じるんです。そんな時は、「この嫌な波をどう乗り越えていくかなあ」と、考えます。