名言DB

9419 人 / 110788 名言

キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の名言

twitter Facebook はてブ

キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)のプロフィール

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア。アメリカの牧師。アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者。モアハウス大学卒業後、クローザー神学校を経て牧師となる。その後、ボストン大学神学部で博士号を取得。奴隷解放宣言後も続く人種差別に異を唱え活動を開始する。ローザ・パークス逮捕事件後バス乗車ボイコット運動などを指揮した。ガンジーの非暴力非服従運動に強く影響を受け、非暴力主義を貫いた。ノーベル平和賞受賞

キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の名言 一覧

最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ、最初の一段を上がりなさい。


何かのために死なない人間は、生きるにふさわしくない。


もし明日、世界が砕け散ってしまうとしても、私は自分のりんごの木を植え続けることでしょう。


圧制者の方から自由を自発的に与えられることは決してない。しいたげられている人間の方から要求しなくてはらないのだ。


最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。


地獄の一番熱い場所は、重大な倫理上の争いの中にあって中立の立場をとり続ける人間のために用意されている。


愛は敵を友人に変えることのできる唯一の力だ。


私にはしなければならない仕事がある、死を恐れてなどいられない。たとえ私が命を失っても、私の死は無駄にはならないはずだ。


闇で闇を追い払うことはできない。光のみがそれを成し得る。
憎しみで憎しみを追い払うことはできない。愛のみがそれを成し得る。


本当の人間の価値は、すべてが上手くいって満足している時ではなく、試練に立ち向かい、困難と戦っているときにわかる。


我々は今、人種差別撤廃という約束の地への境界線上に立っています。古い秩序は過ぎ去り、新しい秩序が訪れようとしています。我々はみなこの秩序を受け入れ、世界社会のなかで兄弟として生きることを学ぶべきです。でなければ、みな滅ぶしかないのです!


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の経歴・略歴

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア。アメリカの牧師。アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者。モアハウス大学卒業後、クローザー神学校を経て牧師となる。その後、ボストン大学神学部で博士号を取得。奴隷解放宣言後も続く人種差別に異を唱え活動を開始する。ローザ・パークス逮捕事件後バス乗車ボイコット運動などを指揮した。ガンジーの非暴力非服従運動に強く影響を受け、非暴力主義を貫いた。ノーベル平和賞受賞

他の記事も読んでみる

鈴木貴子(経営者)

組織でやろうとすることは、まず個人で率先して取り組む。会社ではフェイス・トゥ・フェイスでしかできない仕事に集中し、あとはモバイル環境を活用して機動的に仕事をする。そうすることで、定時の午後5時には、私が率先して退社するようにしています。


新田信行

「世のため人のため」、「相手の立場に立って物事を考えなさい」という母の言葉が心に残っています。共同組織で相互扶助という信用組合の仕事は、私の「天職」ではないかと感じています。これまでの私の経験は、今の仕事のためにあったのではないかと思うほどです。


小飼雅道

販売がしっかりと頑張れば、工場は必ず応えると思います。工場ってそんなものなんです。販売が力を付けて、クルマを「早く作ってくれ」という状態になった時にこそ、工場は活性化します。本来持っている実力以上の力を発揮します。


本田有明

過去の失敗事例を持ち出しては「今度もどうせだめ」と言っている部下の場合、失敗事例に引きずられている状態と言えます。この場合、「失敗から何を学び、今後にどう生かすか」について語り合うことです。「君はあのプロジェクトのとき現場にいたのか。ではあれがなぜ失敗したのか、君が考える理由を教えてくれないか」と、あくまで前向きな態度で意見を求めます。急に聞かれた部下はあわてるかもしれませんが、上司が真剣に自分の言葉に耳を傾けようとしている様子を見れば、悪い気はしないはずです。


横川竟

もともと「すかいらーく」でやっていたのは「料理を売ること」ではなく、「楽しさを売る」ことでした。ところが組織が大きくなって上場したら、それができなくなった。上場して株主ばかり見て仕事をする会社になってしまうと、消費者や従業員のことがそっちのけになってしまうんですね。だから「ジョナサン」でと思ったんですが、できたのは300店くらいまで。「優遇するのは株主よりも従業員の方が先、株価と配当と上がれば文句を言われる筋合いはない」と言って頑張ったんですが、最後にはそれが通らなくなってしまいました。


柴田励司

私の場合は演劇でしたが、自分の世界を狭く閉ざさず、いろいろなことを経験しておくことが重要です。組織で上に立つようになると、修羅場に対応しなければいけない。そこでは、知識や理論ではなく、人間としての器の大きさ、深みが問われることが多いのです。それを鍛えるには、いろいろなことに挑戦することが大切です。


一川誠

自分の能力で時間通りにできる範囲で計画を組むと、仕事の内容を取捨選択せざるをえなくなる。その結果、仕事にムダがなくなる。


岡野雅行(岡野工業)

職人の世界は特にやる気が重要だね。うちは仕事を教えるなんてことはしないんだ。俺が親父の下についた時も、親父が直接、技術を教えてくれるなんてことは、これっぱっかりもなかった。何やってんだコノヤロウ!ってゲンコツで殴られ、ダメ出しされながら、見よう見まねで覚え、自分で工夫しながら、技術を磨いてきたんだよ。


家入レオ

デビューしたばかりの頃、人は所詮みんな一人だと思っていました。違うと言われても、綺麗事にしか聞こえなかった。だけどこの5年間で、本当に一人じゃないんだと感じることができたとき、私がそこに辿りつくのを待っていてくれた人のすごさを改めて感じました。無理やり正解を教え込むことだってできたはずなのに、辿りつくまでの道程さえも私の原動力になるはずだからって見守っていてくれた。ただそばにいるって、本当に強い人にしかできないんじゃないか。


海老原嗣生

40代のポイントは「上を目指さない」ことです。仕事の面で言えば、グローバル化だなんだと言ってレベルの高いスキルを身につけようとするのではなく、現場に根差した仕事をすること。現場で仕事をし続けていれば、日々の変化についていくことは簡単です。しかし、一度、現場を離れてしまうと、再び戻るのは難しくなる。大多数の人は役員まで出世することはありませんし、今や、課長や部長になれない人も多い。たとえなったところで、役職定年を迎えると現場に戻るのです。ですから、現場から離れるのは得策ではありません。