キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の名言

キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)のプロフィール

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア。アメリカの牧師。アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者。モアハウス大学卒業後、クローザー神学校を経て牧師となる。その後、ボストン大学神学部で博士号を取得。奴隷解放宣言後も続く人種差別に異を唱え活動を開始する。ローザ・パークス逮捕事件後バス乗車ボイコット運動などを指揮した。ガンジーの非暴力非服従運動に強く影響を受け、非暴力主義を貫いた。ノーベル平和賞受賞

キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の名言 一覧

最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ、最初の一段を上がりなさい。


何かのために死なない人間は、生きるにふさわしくない。


もし明日、世界が砕け散ってしまうとしても、私は自分のりんごの木を植え続けることでしょう。


圧制者の方から自由を自発的に与えられることは決してない。しいたげられている人間の方から要求しなくてはらないのだ。


最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。


地獄の一番熱い場所は、重大な倫理上の争いの中にあって中立の立場をとり続ける人間のために用意されている。


愛は敵を友人に変えることのできる唯一の力だ。


私にはしなければならない仕事がある、死を恐れてなどいられない。たとえ私が命を失っても、私の死は無駄にはならないはずだ。


闇で闇を追い払うことはできない。光のみがそれを成し得る。
憎しみで憎しみを追い払うことはできない。愛のみがそれを成し得る。


本当の人間の価値は、すべてが上手くいって満足している時ではなく、試練に立ち向かい、困難と戦っているときにわかる。


我々は今、人種差別撤廃という約束の地への境界線上に立っています。古い秩序は過ぎ去り、新しい秩序が訪れようとしています。我々はみなこの秩序を受け入れ、世界社会のなかで兄弟として生きることを学ぶべきです。でなければ、みな滅ぶしかないのです!


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の経歴・略歴

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア。アメリカの牧師。アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者。モアハウス大学卒業後、クローザー神学校を経て牧師となる。その後、ボストン大学神学部で博士号を取得。奴隷解放宣言後も続く人種差別に異を唱え活動を開始する。ローザ・パークス逮捕事件後バス乗車ボイコット運動などを指揮した。ガンジーの非暴力非服従運動に強く影響を受け、非暴力主義を貫いた。ノーベル平和賞受賞

他の記事も読んでみる

沢渡あまね

新たな仕事がチームにどう貢献するかを明確に示すことも不可欠。別の仕事を任せることは、未来を示すことによって本人のやりがいを増やし、生産性を上げるチャンスでもある。


坂根正弘

リーダーには、ビジョンを示すことも求められます。コスト削減を押し付けるだけでは、誰もついてきてくれません。コストはコストで削りますが、一方で成長への夢を語って初めて社員はモチベート(動機付け)されます。


ビル・トッテン

実践しなければ、学んだことは生かされません。


ジェフリー・フェファー

権限があるかのように振る舞っていれば、多くの場合その通りになる。


徳重徹

私は本をかなり読むほうですが、「読んで感動した」というだけの読書では、意味がないと思っています。どんなに印象に残ったことでも、単なる知識では2週間もしたら忘れてしまうからです。私は本を読むときは、折り目をつけ、黄色マーカーで線を引きます。大事なところは2カ所、折り目をつけ、ときどき読み返します。それだけでなく、読んだことを書き出し、それをどのような行動に移すかを決め、実行するようにしているのです。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

我々は進出している国々で利益を上げているが、その国のために何ができているかを理解しなければならない。日本や中国、インド、ナイジェリア、米国などあらゆる場所でそれを実行する必要がある。


土井健資

業界でのお付き合いという意味では、京漬物の製造業者が集まって結成された「京都府漬物協同組合」もあります。こちらでも、やはりお互いに本音で意見を言い合える関係が築かれており、漬物業界全体のレベルアップにつながっていると思います。漬物製造業者同士、お互いに手の内を知っているだけに、恥ずかしいことはできません。切磋琢磨して品質を高め合っていく意識が共有されています。


野口敏(話し方)

人によっては、本題と関係のない話を無駄だと感じるかもしれません。でも、こういう会話をすることでお互いの心に橋が架かって、その後の本題のやり取りもよりスムーズにいくわけです。


杉江和男

日本の行く末に危機感を持っているという声をよく耳にしますが、私はそこまで悲観的ではありません。もともと日本には「匠の技」と「おもてなし」という二つの強みがあります。問題は、その強さを発揮させる環境づくりと人づくりです。


岸見一郎

あらゆる人間関係の問題の中で、セクハラ疑惑ほど予防が重要なトラブルはないでしょう。予防のポイントは2つ。ひとつはセクハラの基準をきっちり把握すること。もうひとつは日頃から上司や同僚と信頼関係を築いておくこと。


新将命

責任には実行責任と結果責任のふたつがあります。実行責任は部下に100%ですが、結果責任は部下を指示した上司に100%です。古い表現ですが、「骨は俺が拾ってやる」という心意気です。


町田勝彦

人を辞めさせない、何としても雇用を守ってみせるという強い意志を、経営の歯止めとして明確にしておくことです。安易な人員削減に流れてしまったら、経営に対しても甘くなってしまう。経営は安易に流れたら終わりです。


貞末良雄

前に読んだ本に「驚愕のマーケティング」という言葉がありました。こんなにいいものが、この値段で買えるのかと驚くような商品をつくれば、事業は成功するという考え方でした。自分たちのシャツの良さがわかってもらえれば、絶対に売れると信じていました。
【覚書き|創業当時、自社のシャツがほとんど売れなかった時代を振り返っての発言】


加島禎二(加島禎二)

部長になれる人は相当なエリートだ。複数の部門で実績を積み、経営的な視点を有していたりする。こういう人はともすれば背景を考えずにいきなり変革の理想を掲げてしまう。周りはなぜ変えなければいけないのか腑に落ちず、現場の理解が得られない状況が生まれてしまう嫌いがある。まず部長が不文律がどんなルールや条件、基準の上に成り立っているのかを把握しなければいけない。結局、不文律は人が生み出しているので、部の中にどんな人がいて、何を考え、何をしているのかを捉える必要がある。これをすっ飛ばしてアジェンダ(予定表)を設定し合宿などを始めてしまうと挫折する。


内田勝規

奄美大島の物産展をした時、黒糖をそのまま売りたがる生産者に、黒糖ロールケーキを作ってもらうと大ヒット。自分の強みを生かせる商品に仕上げることで、売上は段違いにかわる。


ページの先頭へ