キングスレイ・ウォードの名言

キングスレイ・ウォードのプロフィール

キングスレイ・ウォード。カナダ生まれの実業家、公認会計士。著書『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』は全世界で発売されミリオンセラーとなった。

キングスレイ・ウォードの名言 一覧

やられた分だけやってやれば、傷ついた自尊心がおさまるとでも思うのだろうか。しかし、この時点で君は損をしている。大損を。


キングスレイ・ウォードの経歴・略歴

キングスレイ・ウォード。カナダ生まれの実業家、公認会計士。著書『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』は全世界で発売されミリオンセラーとなった。

他の記事も読んでみる

岡崎雅弘

今が一番の正念場だとも思っています。今までは順調に展開してきましたが、今後は気を引き締めていかなければなりません。お酒の買取事業へ新規参入する事業者が増え、競争が熾烈になっているからです。さらに、大手モールの販売手数料の増加や配送料の値上がりなど、外部要因による経営の圧迫もありますので、生き残っていく為にも既存の仕組みを工夫し変化させていく必要があります。


宮田孝一

海外でのビジネスは日本人が赴任して、そこに根を張ることも大事ですが、その土地で育った人が持つ会社とのネットワークも重要です。当社はすでに外国人の常務執行役員がいますが、その次のステップとして外国人にも経営会議メンバーになってほしいし、海外拠点のスタッフを計画的に育成しマネジメント層を増やしていきたい。


柴山政行

人材は、トータル力のあるバランサータイプと、能力が突出しているエキスパートタイプに分けられます。バランサータイプは自身の役割を明確にこなしながら、周囲の人々にそれぞれの能力を発揮させ、チームに一体感を築いていける人材です。小さな会社がある程度の規模になったとき、必要な人材といえます。エキスパートタイプは、この能力を最大化していくことに長ける人材で、新規事業立ち上げや新規開拓に力を発揮します。


藤原和博

将来のキャリアを考えるときには、希少性を高めるだけでなく、人生の複線化も欠かせない。人生が仕事一本の単線だと、その道が先細って狭くなったときに行き詰まってしまう。そこで会社のほかに、自分が属すコミュニティを複数つくり、人生に保険をかけておくことが重要。


鳥越慎二

社内外のカウンセリング窓口を本人は利用したがらないケースも多いでしょう。ならば、自分自身が窓口に電話をして、こういう部下を抱えているが、どう接したらいいだろうか、何をしてはいけないのか、彼をどうやって窓口に誘導すればいいのかをカウンセラーと相談すればいいでしょう。


村上太一

ディレクターが言ったことに対してエンジニアが、「もっとこういうふうに改良しよう」と意見を言える雰囲気が大事。良いアイデアはどんどん採用します。


小林宏(工学博士)

どれだけユーザー目線でロボットを開発できるか。そこに生活支援ロボットの成否が懸かってい。


津川雅彦(マキノ雅彦)

脚本の次にキャスティングにはこだわった。たとえば、地球儀を想像してみてよ。どんなに凝って球の形を作っても、それだけじゃ客はなんだかわからない。最後に地図を書いた紙を一枚被せて、初めて客に地球儀と解らせる。役者は紙一枚。被せるだけだが、ものすごい大事な役目だよ。


加谷珪一

時代の変化はリスクでもあるが、チャンスでもある。


大野裕

誰かに相談できれば客観的な意見に触れることができますが、人に相談するというのは簡単なようで実はハードルが高いもの。あまりに悩みが深ければ相手も受け止めきれないからです。そこで、書き出すことによって自分の気持ちや考えを客観的に見る「もう一人の自分」をつくることができれば、他人ではなく自分に相談できるようになる。


加藤廣

50代になってからいきなり無手勝流で独立するのはリスクが高いと思います。私は何の才能もなかったけど、唯一、文章を書くことだけは得意でした。まずはその才能を活かして、40歳を過ぎたころからビジネス系の雑文を書き始めました。新聞やビジネス誌に寄稿しました。原稿料は微々たるもので、給料が1だとすると、最初は1.1足のわらじです。でも、それを続けていくうちに、やがて2足になっていく。2.5足になればもう十分です。組織に憂いなく「ハイ、サヨナラ」ができます。


ヨシタケシンスケ

僕は根がネガティブで小心者なんです。「ポジティブになれ」と言われたって、「わかってるけど無理だよ!」としか言いようがない。だけど、落ち込んだままでは生きていかれないから、この世界をどうにか面白がっていくしかないんです。発想を転換することは、ネガティブな自分を変えなくてもできること。むしろネガティブだからこそ、より希望を見つけていけるんじゃないかと思います。僕自身、絵本を描くことでなんとか自分を救うことができているけれど、そのとっかかりを見つけられずにいる人たちが、僕の絵本を読んで少しでも楽しい気持ちになってくれたら嬉しいですね。


豊田圭一

僕は本を書くときに出版社の担当者にいつも言っているんです。仕上がり具合は70%かもしれません。しかし、とにかく早く書き上げますと。あとでブラッシュアップすればいいし、それで気が楽になって一気に書くことができます。


ジュリア・カジェ

有料化しても読者が喜んで払ってくれるようなビジネスモデルを選ぶことが重要。


中鉢良治

消費者の目線になれと言われて、いくらデータを分析してみたところで、対象者という実物と接点がなければ、相手の目線になることなどできないでしょう。


ページの先頭へ