キュリー夫人の名言

キュリー夫人のプロフィール

キュリー夫人。フランスの物理学者、化学者。ノーベル物理学賞・化学賞を受賞。夫、長女とその夫もノーベル賞を受賞している。ソルボンヌ大学卒

キュリー夫人の名言 一覧

私は科学には偉大な美が存在すると思っている人間の一人です。研究室にいる科学者というのは、ただの技術者ではありません。それはおとぎ話に感動する子供のように、自然現象を前にそこにたたずむ一人の子供でもあるのです。


人生の中で恐れるものなど一つもありません。すべては理解されるものです。そして私たちの恐れがより小さくなるように、いまさらに理解を深めるときなのです。


キュリー夫人の経歴・略歴

キュリー夫人。フランスの物理学者、化学者。ノーベル物理学賞・化学賞を受賞。夫、長女とその夫もノーベル賞を受賞している。ソルボンヌ大学卒

他の記事も読んでみる

松本正義

基礎研究の事業化がなかなか成功しないのは、多くの技術者が研究テーマと利益を結びつけていないため。


稲盛和夫

成功する人と、そうでない人の差は紙一重だ。成功しない人に熱意がないわけではない。違いは、粘り強さと忍耐力だ。失敗する人は、壁に行き当たったときに、体裁のいい口実を見つけて努力をやめてしまう。


榊原英資

30代の僕に自分のキャリアについて明確な戦略があったわけではありません。けれどもやりたいことに取り組むことを通して、自分の強み、つまりは国際派としての知識や人脈を伸ばそうということはいつも意識していました。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

寝酒は寝付きは良くなりますが、短時間で目が覚める質が悪い睡眠になります。アルコールを分解するには体内の水が必要なので脱水症状のリスクもあります。


アンジェラ・ダックワース

私は常に研究のことを考えていますが、義務感からではなく、好きだからやっているのです。興味なしに長年続けても、やり抜く力があるとは言えず、偉業も生まれません。とはいえ、何に興味があるか、最初の時点でわからないこともありますので、拙速に投げ出すべきではありません。


山科忠

時機を逸した100点満点より、60点でも早いほうがよほどいい。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんが、かつて私にこう言ったことがある。「石油は価値ある資源だ。油田を持てたらなあと憧れる人は多い。だが、油田をいくつも持っているからといって金持ちになれるわけではない。キミに富をもたらすものは、どうすれば石油で金持ちになれるかについての理解だ。たとえば、原油は、精製されるまではほとんど何の価値もない。石油の精製過程は複雑で、化学の力と設備が必要になる。原油を精製し、燃料を生産するための知識が不可欠だ。燃料ができれば、そこに価値が生まれ、キミを金持ちにしてくれる。だが、原油がなければ燃料が得られないこともまた事実だ」この原則は、情報時代の今にもあてはまる。たとえあなたに、世界中のすべての情報を手に入れることができたとしても、重要な情報を選びとるための「知識」がなければ、あなたは貧乏なままだ。


森川宏平

「会社はどうやったら変わるのか」「そのために、自分は何ができるのか」を常に考えて仕事をしてきた。


山本真司

多くの人がフォーカスできないのは、捨てることが怖いからなのです。その恐れを克服するには、絞り込んで努力することを心の底から納得する必要があります。だから対象への情熱の有無は、とても大切なことです。


橘フクシマ咲江

初回の面談依頼メールで心がけているのは、「ぜひお会いしたい」という熱意が伝わるように、受け手の立場に立って書くことです。私も他の企業から、肉筆の依頼状を受け取ったことがあります。ただし、よく見ると「肉筆風」の印刷物で、不特定多数に送っている「マスメール」だとわかり、ガッカリした経験があります。相手に「自分でなくてもいいんじゃないか」と一瞬でも思われたら、その後の関係確立は難しくなります。


北尾吉孝

私はソフトバンクの孫正義さんに10年余り仕えましたが、経営会議では孫さんのぶち上げる途方もない買収提案にストップをかけるのが大きな役割でした。次々に計画する大型買収にCFO(最高財務責任者)として真正面から反対を唱えたことが何度もあります。「駄目です。それをやったら会社はつぶれます」とズバリ言ったこともあります。


土田晃之

子供は男の子が3人、女の子かひとりいっそ、仕事にしちゃえと自分から言い始めたのが、「貧乏子だくさん」。キャッチフレーズをつけると、それをきっかけに育児系の仕事もやってきましたね。実際、『ひよこクラブ』で連載してますから。


諏訪貴子

ピンチが大好きなんです。ピンチのときこそ、どうすれば上昇できるかを考えるチャンスだと思います。講演会についても、始めたばかりの頃は、「面白くない」「つまらない」という厳しい評価ばかりで落ち込みました。でも、辛口のコメントをもらうほど燃えるのです。「この人たちにいつか面白かったと言わせるぞ」って。それで、どうすれば満足してもらえるのかを必死で考えました。2時間の講演で、何か一つでもヒントになることがあれば喜んでもらえるのではないかと考えて、盛り込む内容を絞ったところ、好評価をいただけるように。今では全国各地から講演のご依頼をいただくようになり、年間百回以上も講演をしています。


ロバート・キヨサキ

経済的自由を得たいなら、給料などの収入を上げることばかり考えないで、資産を増やすことを意識すべきだ。


田村恵子

私たちの仕事は、答えは患者さんやご家族の数だけ存在しているというタイプのものです。だから、うまくいくことばかりでもないんです。どうしても答えが見つからないなんてこともよくあります。そういう時には、わからないことはわからないこととして、疑問を加工しないで持ち続けるようにしています。時間が経ってから取り出してみると、不意に答えが見つかることもありますので。


ページの先頭へ