名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

キャンディス・パートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャンディス・パートのプロフィール

キャンディス・パート。米国の神経科学者、神経物理学者、脳科学者。脳の情報伝達物質と感情についての研究で高い評価を受けた学者。「感情の分子」の著者

キャンディス・パートの名言 一覧

毎秒、膨大な量の情報交換があなたの体の中で行われている。それらのメッセンジャー・システムがそれぞれ固有の音を持っていて、それぞれのテーマ曲を高くまた低く、大きくまた小さく、繋がったり途切れたりというふうに口ずさんでいるところを想像してみるとよい。


脳の動きは体の休息と分子レベルで密接につながっている。したがって、知的な網状組織を表すのには、モービル・ブレイン(動く頭脳)という言葉がぴったりだ。


幸せなとき、人の身体と脳からは、前向きな経験をうながす化学物質、幸せの果汁と呼べるものが分泌されている。


私にはもう、脳と体を明確に区別することはできない。実際、神経ペプチド(神経ホルモン)について知れば知るほど、心と体を従来どおりの概念で捉えることが難しくなってくる。むしろ、心と体を統合された一つの心身(Body-Mind)という実体として考えるほうが理にかなう。


知能は頭脳だけでなく、体内にくまなく配置された細胞の中に存在している。感情などの心理的プロセスを身体から区別する従来の考えは、いまでは無意味だ。


キャンディス・パートの経歴・略歴

キャンディス・パート。米国の神経科学者、神経物理学者、脳科学者。脳の情報伝達物質と感情についての研究で高い評価を受けた学者。「感情の分子」の著者

他の記事も読んでみる

鉢嶺登

結局はやらせてみないと分かりません。ただ、人間として信用できる人にしか、お願いしません。それでも成果が出るかと言えば、出ないことのほうが圧倒的に多い。やらせてみるしかないのですが、しかし、成果が出るかどうかは任せた後で、すぐに分かります。それはこちらが何らかの要望をした際の反応で、この人間は大丈夫なのかどうかが判断できますね。


島正博

企業に儲けが生じるには創造性、発明、イノベーションが不可欠。新しいものを次々に出していかなければならない。


安岡正篤

活きた時間というのは朝だけだ。言い換えれば本当の朝を持たなければ一日ダメだ。昔から優れた人で早起きできない人はいない。ただ、人々が寝静まって周囲が静かになった夜でなければ仕事ができないという人は別だが、常態では朝が一番大事だ。これを外したら一日ダラダラと無意味に終わってしまう。


鈴木博之(経営者)

関西は東京を見るのではなく、関西自身が経済、産業の振興に自らの問題として取り組んでいくこと、そして「アジアの中の日本」という考え方で、アジアとの交流から学ぶことが大事。


吉田秀俊

EMS(受託生産)事業とは、基本黒子で、お客様のご要望に合わせて製品を作るものです。ところがこの3年間を振り返ると、「VAIOが基板設計をしました」とか、「VAIOと組んで作りました」ですとか、いくつかのお客様がVAIOの名前を表に出すことを希望されました。そこで、黒子に徹するばかりではなく、お客様と連携を強化し、パートナーとしての関係まで築いて、EMS事業をアップグレードする流れをつくろうと考えています。


マザー・テレサ

生活の中にいろいろなことが入り込むので祈れない、という言い訳をする人たちがいます。そんなことはありません。祈るために仕事を中断する必要はありません。仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。大切なのは、神とともにあり、神とともに生き、神の御心を自分のものとして行うことなのです。清い心で人々を愛し、すべての人、とくに貧しい人々を愛することが、間断ない祈りになるのです。


赤井益久

日本でも伝統的に「寛容性と謙虚さ」が尊重されてきました。これは消極的な言葉に聞こえるのですが、むしろ逆です。多様性を寛容し、それぞれの立場を理解して謙虚に相手の意見を聞くのは、積極的な姿勢。ダイバーシティ&インクルージョンに通じます。


松本南海雄

日用雑貨と同じようなやり方で薬を売っていては、消費者の信頼を失うでしょう。販売者にきっちりと勉強をしてもらい、本当の意味での専門性を消費者に認めてもらえるようにしなければなりません。


塚越寛

全社一丸となった時こそ、会社は最大の能力を発揮できる。


真角暁子

情報を発信する前にはメッセージの構築が必要です。新商品のプレスリリースを作るのであれば、まずは何をメッセージとして打ち出すのかを、その企業の方とディスカッションします。


東村アキコ

もともとその人ができることをやってもらっているんですよ。絵が苦手な人に絵をうまくなれ! と言ったりはしない。できないことを努力して高みに上がれとは思っていないんです。読者が読んで面白いと思ってくれるところはどこか……私が見るのは、その一点のみです。


ジェームズ・マックナーニー

競争への対策はイノベーションしかありません。新規参入組が機能の航空機を開発しているときに、ボーイングは明日の航空機を開発している。それが勝ち残る道であり、当社が2016年に創業100周年を迎えられる強さの理由です。ボーイングには常に競争相手がいました。今回も競争を楽しみにしています。