名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

キャンディス・パートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャンディス・パートのプロフィール

キャンディス・パート。米国の神経科学者、神経物理学者、脳科学者。脳の情報伝達物質と感情についての研究で高い評価を受けた学者。「感情の分子」の著者

キャンディス・パートの名言 一覧

毎秒、膨大な量の情報交換があなたの体の中で行われている。それらのメッセンジャー・システムがそれぞれ固有の音を持っていて、それぞれのテーマ曲を高くまた低く、大きくまた小さく、繋がったり途切れたりというふうに口ずさんでいるところを想像してみるとよい。


脳の動きは体の休息と分子レベルで密接につながっている。したがって、知的な網状組織を表すのには、モービル・ブレイン(動く頭脳)という言葉がぴったりだ。


幸せなとき、人の身体と脳からは、前向きな経験をうながす化学物質、幸せの果汁と呼べるものが分泌されている。


私にはもう、脳と体を明確に区別することはできない。実際、神経ペプチド(神経ホルモン)について知れば知るほど、心と体を従来どおりの概念で捉えることが難しくなってくる。むしろ、心と体を統合された一つの心身(Body-Mind)という実体として考えるほうが理にかなう。


知能は頭脳だけでなく、体内にくまなく配置された細胞の中に存在している。感情などの心理的プロセスを身体から区別する従来の考えは、いまでは無意味だ。


キャンディス・パートの経歴・略歴

キャンディス・パート。米国の神経科学者、神経物理学者、脳科学者。脳の情報伝達物質と感情についての研究で高い評価を受けた学者。「感情の分子」の著者

他の記事も読んでみる

小笠原道大

どうせ駄目なら膝がぶっ壊れてもいいからやろうと。ボロボロになって歩けなくなっても、全力を尽くした結果なら仕方がない。そんな気持ちでやったからこそ、結果が出たと思うんです。


野村忠宏

私は決して最初から才能があったわけでなく、周囲の支えがあってここまで成長でき、今なお競技を続けることができています。自分にとって財産になる人との出会いや言葉を大切にし、その道をとことん追求することが、成功へのカギなのかもしれません。


鈴木貴子(経営者)

社長就任に当たって女性リーダーのスピーチ映像を研究したところ、表情や服装、手ぶりといったノンバーバル(非言語)の印象は強く残る、と感じました。


コシノジュンコ

「病は気から」と言うように、気持ちがダウンしている時には、何をやってもダメですが、自分にぴったりの服に出合うと、それだけで気持ちが自然に高揚し、いい仕事ができるようになるものです。そんな幸せを呼ぶ服を、私は「幸服(こうふく)」と呼んで、理想に掲げています。


小笹芳央

上司を説得するには、大失敗した時、どの程度の損失が出るのかも提示しないといけません。大失敗しても「大した損失ではない」と上司に思わせることができれば、話は前に進むはずです。上司が結論を出せないのは、大抵の場合、「最悪シナリオ」が見えずに不安になっているのです。ベストとワースト、両方のシナリオを提示できて初めて、他人に判断を促すことができる。そして「大失敗シナリオ」の可能性がどの程度あり、それはどうすれば回避できるか、あるいは受けるダメージを軽減できるかを示せれば、提案が通る可能性は、さらに上がります。


北条早雲

朝は常に早く起きるように心がけねばならない。遅く起きるならば、下の者までが気持ちを緩めてしまって、公務の大切な用事にも事欠くようになる。その結果は必ず主君からも見離されてしまうものと思って、深く慎まなくてはならない。


村上太一

稲盛和夫さんや石原慎太郎さんを見ていると、お年を召していても燃える志のある方は心身共にお元気です。彼らに負けぬよう自分も長く仕事を続けていきたい。


瀧川克弘

報連相禁止には二つの狙いがあります。一つは上司の判断に頼って、思考停止になるのを防ぐこと。もう一つは現場に決定権を与えて、やりがいをもたらすことです。億単位の仕事でも任せます。責任感が芽生えるので、そうは失敗しません。


下村朱美

新しい企業が新しい雇用を生みますから、新しい会社を興して、新しい雇用を創出する。これが地方再生に一番大事なことだと思います。


永田豊志

最初からまとまった図を書こうとする必要はない。とりあえず頭の中身をすべて書き出してみて、紙面上で取捨選択したほうがいい。情報の書き漏れを防げるし、一度紙に落とすことで、情報を客観視でき、冷静な判断がくだせる。


星野佳路

女性が活躍できる環境にするには、性差に関する偏見のない、フラットな組織文化をつくることが不可欠です。


吉川廣和

私は事務屋なので、技術陣に何度も何度も確認し、うまくリサイクル炉を開発できるのか確認した。しかし技術的な問題で失敗するリスクは残った。だから、もし失敗したときのことを想定して財務的な準備を進めた。岡山県にある当社所有のゴルフ場の一角を売却して資金を用意し、会社に与える決定的なダメージを回避しようとした。「失敗しても、会社に決定的なダメージは与えない。心配するな」と技術の責任者たちに伝えた。幸いにしてリサイクル炉は完成したので、土地は売らずに済んだ。