名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

キャロル・ドゥエックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャロル・ドゥエックのプロフィール

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

キャロル・ドゥエックの名言 一覧

努力を続けて障害に挑戦し、それを乗り越えたときに、新しい可能性が見えてくる。


失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。


失敗から得た教訓こそがその組織を前進させる。


潜在能力は実際に情熱を持ってやってみて初めて、最大限発揮されるもの。


常に自分の能力が査定されていると思うと、自信を維持するのは困難。


大きな目的を達成するには、必ずしも自信は必要ない。


やる気を起こしていない中途半端な仕事に対して評価をしても、それ以上本来の力を伸ばすことができないどころか、モチベーションを下げるだけ。


成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


私が企業のコンサルティングでまず行うのは、どういう問題で苦しんでいるか、どういう間違いを犯したか、その間違いから何を学んだかを聞いて回ることです。それが、その企業の成長の基盤になるからです。


アインシュタインは人類に偉大な貢献をしましたが、成績は決して良くありませんでした。自分は平均よりも鈍いと思っていたほどです。だからこそ彼は誰よりも長く、深く考え続けたのです。


成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。


日本人は失敗を非常に恐れると言われています。失敗したらセカンド・チャンスをなかなか与えてくれないとも言われています。それでは会社も社員も成長できません。


企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


自身の成長や新しい目的、より大きな目的に向かって邁進するという気持ちを持たなければなりません。そういう気持ちからモチベーションがわき出てくるのです。


学校の成績は、不変の能力の測定であると見られがちですが、実際は「現状、どのように目的を実行できたか」ということを示しているにすぎず、その人の潜在能力についてはまったく教えてくれません。


キャロル・ドゥエックの経歴・略歴

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

他の記事も読んでみる

赤尾昭彦

箱を立派にするといった、日本的な発想で高い商品になればなるほど、お客さんの数は少なくなると私は思います。


齋藤孝(教育学者)

多くの仕事は、人に何かを依頼することから始まる。どれほど立派な企画も、協力者がいなければ実現は難しいだろう。だとすれば、重要なのは「頼み方」だ。いかに相手に「喜んで引き受けよう」と思ってもらえるか。これは、仕事量が増えるばかりの社会人にとって必須のコミュニケーション能力だ。


夏野剛

雑談から仕事のヒントが得られることは多いんです。『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』というゲームの二大タイトルを携帯電話に移植してヒットさせたことがあるんですが、これもゲーム業界の人との雑談がきっかけでした。


天坊昭彦

物事を見る時には「大局観」を持つことが重要です。ビジネス環境がどう変化するのか。各企業はどう対応するのがよいか。こうしたことを考える上でも、大局的な見方が役に立ちます。


山本梁介

お客様を感動させるおもてなしマインドは「ここまでやってくれるのか、ここまで考えてくれたのか」という程のサービスを提供しようとする意識。


小泉光臣

たばこは国ごとの特徴に応じて事業展開するビジネスです。「日本市場は特殊だ」という社員には、「お前は他の市場をどれだけ見ているんだ」と叱ります。


茂木友三郎

コーポレートガバナンスで最も大事なことは2つ。ひとつは、能力のある強力な社長を選ぶこと。もうひとつは、社長の仕事ぶりや取締役会の機能チェックをすること。


谷本秀夫

京セラの代名詞でもある「アメーバ経営」は、善きにつけ悪しきにつけ、部門別採算です。極端に言うと、隣の部門の売り上げを奪ってでも自部門の採算を合わせてしまう。右肩上がりの時代はそれでもよかったのですが、もはやそうではありません。結果として今の京セラは、部門の意識がちょっと強すぎると感じています。社内に技術や知恵があっても共有されずに、社外に助言を求めるような非効率的なことが起きています。


山極寿一(山極壽一)

何にでも興味を持ち、人よりも一歩深く知ろうとする貪欲さが、人としての魅力につながる。


小松美羽

私の絵を理解し、力を貸してくださる人が増えたからこそ、私は純粋に絵を描くことに集中できた。今振り返っても、こんなに多くの人と仕事ができたご縁の奇跡と、だからこそ感じる宿命に魂が震える。さらにもっと多くを巻き込んで絵を描き発表し続けていきたいという気持ちに燃えている。


野矢茂樹

人にどう見られるかに自分のアイデンティティをかけないようにするんです。人から何かを言われても、「この人にはこういうふうに見えるのか」ぐらいに受け取っておく。ある程度距離を取って受け止めて、それに対して冷静に対処する姿勢を持たなくちゃいけない。そうしないと、人の言うことに振り回されて自分を見失ってしまう。


瀬戸健

当社のビジネスを自己投資産業と位置付け、今後「生涯にわたってお客さまの自己投資に寄り添うグループ」としてヘルスケアの領域にさらに踏み込んでいきます。