名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

キャロル・ドゥエックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャロル・ドゥエックのプロフィール

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

キャロル・ドゥエックの名言 一覧

努力を続けて障害に挑戦し、それを乗り越えたときに、新しい可能性が見えてくる。


失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。


失敗から得た教訓こそがその組織を前進させる。


潜在能力は実際に情熱を持ってやってみて初めて、最大限発揮されるもの。


常に自分の能力が査定されていると思うと、自信を維持するのは困難。


大きな目的を達成するには、必ずしも自信は必要ない。


やる気を起こしていない中途半端な仕事に対して評価をしても、それ以上本来の力を伸ばすことができないどころか、モチベーションを下げるだけ。


成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


私が企業のコンサルティングでまず行うのは、どういう問題で苦しんでいるか、どういう間違いを犯したか、その間違いから何を学んだかを聞いて回ることです。それが、その企業の成長の基盤になるからです。


アインシュタインは人類に偉大な貢献をしましたが、成績は決して良くありませんでした。自分は平均よりも鈍いと思っていたほどです。だからこそ彼は誰よりも長く、深く考え続けたのです。


成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。


日本人は失敗を非常に恐れると言われています。失敗したらセカンド・チャンスをなかなか与えてくれないとも言われています。それでは会社も社員も成長できません。


企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


自身の成長や新しい目的、より大きな目的に向かって邁進するという気持ちを持たなければなりません。そういう気持ちからモチベーションがわき出てくるのです。


学校の成績は、不変の能力の測定であると見られがちですが、実際は「現状、どのように目的を実行できたか」ということを示しているにすぎず、その人の潜在能力についてはまったく教えてくれません。


キャロル・ドゥエックの経歴・略歴

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

機能はすべての商品が持っているものです。それを少し変えたり、加えたりするだけで売れるようになるんです。


柴田励司

部下の立場の努力とは、個人としてのパフォーマンスを最大にすることですが、マネージャーや経営者の努力は、みんなのパフォーマンスの総和を最大にすることです。この点がわかっていないと、部下として優秀だった人が上に立っても、失敗してしまいます。


橘俊夫

うちの会社で誇りに思っていることのひとつは、50年間一度も赤字を出していないんです。そんな大した会社ではありませんが、毎年利益を上げているというのは何が要因かと考えたら、企業の経営トップとして赤字を出すのは恥だと思って経営しているからだと思うんです。


平井一夫

ハード、ソフトという言葉尻の議論は意味がありません。ソニーのアーティストが感動を与えたい、エンジニアが商品で感動を与えたいという思いは変わりません。わかりやすい例がプレイステーションです。ハードとソフトがひとつの会社の下で一緒になって初めてビジネスが成り立っています。ソニーグループもハードとソフトがあって初めて感動を届ける会社になれるはずです。


柄澤康喜

人が話しかけやすい雰囲気を意識して作る必要があります。私自身、少し気が短いところがあると自覚しているからこそ、報告を受けるときは、どんなときもまず笑顔で迎えることにしています。そうしないと職位が上に行くほど正確な情報が上がってこない裸の王様になってしまいます。


和田明広

足せば引くものが必ずある。つい昨日も、見せられた新製品が見栄えにやたらお金をかけたうえ、ふたまで被せる明らかな過剰品質だったので、とっちまえと怒ったところでした。


山本梁介

お客様の不満要因だけならば、仕事のマニュアル化で取ることができます。ただ、私たちが目指しているのはそれ以上のおもてなし、お客様に感動してもらうこと。それが一番大切な部分。


羽生善治

棋士の生活はマラソンに似ています。一般に、競技生活が長いですから。私はプロになって26年目ですが、「まだあと30年あります」といわれたら、気持ちが萎えてしまいます。あまり先のことまで考えると、道のりが途方もなさすぎて辞めたくなる。むしろ「とりあえず1キロ走ろう」という気持ちでやっていくほうが、自然に続けられるのではないでしょうか。


仲暁子

週末にジム通いをしているのは、身体の調子の管理をしっかりとしておきたいという願望から。経営者として、自分の体調も管理できないようでは仕事の管理もままならないという思いがあるからかもしれません。もともと私は体力がない方。ジムは、ゴールドマン時代に激務に耐える体作りのために通い始め、今では生活の一部になっています。最近は筋トレやスカッシュをメーンに、1回1時間半ほどジムで過ごしています。体を動かすとそれだけで、頭の中がクリアになって、ふといいアイデアが浮かんだりすることもあり、「身体が脳をつかさどっている」ことが実感できます。トレーニング中はスマホを凝視することもできないので、頭をからっぽにするための貴重な時間にもなっています。


前田安正

企画書や報告書を作ったものの、読んだ人から「文章がわかりにくい」と言われてしまう原因は、いくつかあります。まずは、読み手の立場になって書かれていないこと。「自分がわかっていることは、相手もわかっているだろう」という思い込みのもとに書かれた文章は、正しく伝わりません。


長谷川和廣

いまの縮小する市場をどう生きるかには、手本などありません。戦後、日本経済が経験したことがない状態ですから。そんなときこそ重要なのは、数々の生き延びてきた経験則。そして辛い現実から目をそむけないハートの強さが大切です。


松下雋

部下に過剰な負荷がかかっているときこそ、経営陣にきちんと物言いができる上司でありたいものです。私が部長のころ、役員からある水準の成績をあげろと迫られました。しかし、明らかに現場に無理を強いることになるため、「できない」と突っぱねたことがあります。ただ、上司に向かってできないというには大変な勇気が必要です。単に突っぱねるのではなく、「要求水準を達成するためには、こんな状態を整えてもらう必要がある」と論理的に経営陣に説明することが大切です。