名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キャロル・ドゥエックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャロル・ドゥエックのプロフィール

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

キャロル・ドゥエックの名言 一覧

努力を続けて障害に挑戦し、それを乗り越えたときに、新しい可能性が見えてくる。


失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。


失敗から得た教訓こそがその組織を前進させる。


潜在能力は実際に情熱を持ってやってみて初めて、最大限発揮されるもの。


常に自分の能力が査定されていると思うと、自信を維持するのは困難。


大きな目的を達成するには、必ずしも自信は必要ない。


やる気を起こしていない中途半端な仕事に対して評価をしても、それ以上本来の力を伸ばすことができないどころか、モチベーションを下げるだけ。


成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


私が企業のコンサルティングでまず行うのは、どういう問題で苦しんでいるか、どういう間違いを犯したか、その間違いから何を学んだかを聞いて回ることです。それが、その企業の成長の基盤になるからです。


アインシュタインは人類に偉大な貢献をしましたが、成績は決して良くありませんでした。自分は平均よりも鈍いと思っていたほどです。だからこそ彼は誰よりも長く、深く考え続けたのです。


成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。


日本人は失敗を非常に恐れると言われています。失敗したらセカンド・チャンスをなかなか与えてくれないとも言われています。それでは会社も社員も成長できません。


企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


自身の成長や新しい目的、より大きな目的に向かって邁進するという気持ちを持たなければなりません。そういう気持ちからモチベーションがわき出てくるのです。


学校の成績は、不変の能力の測定であると見られがちですが、実際は「現状、どのように目的を実行できたか」ということを示しているにすぎず、その人の潜在能力についてはまったく教えてくれません。


キャロル・ドゥエックの経歴・略歴

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

我々は原価管理にものすごくシビアな会社です。ひとつひとつの商品の損益管理をしっかりやっています。そういうビジネスユニットさえしっかりしていれば、規模の問題ではないと思っています。


カルロス・ゴーン

信頼とは二つの柱の上に成り立っています。ひとつめは成果(パフォーマンス)です。成果が上がらなければ信頼されません。もう一つの柱は透明性です。成果が上がっていなくても、透明性があれば会社は信頼を得ることができます。何か問題があったら、それを明らかにして対応すること。何か過ちを犯したら、きちんと公表して対処すること。これが大切なのです。


澤上篤人

本来、投資は未来を創ること。投資することで「どういう社会を創ろうか」と夢や意欲が出てくる。これは事業家が事業を展開することとまったく同じこと。


尾平泰一

意思決定をすること。これが一番重要です。さらにその決定した方針を社員に示し、組織に浸透させることも重要です。


沼澤拓也

相手のことを考えることはとても大切です。たとえば手書きのハガキを出すとき、目的は営業であっても、「売ってやろう」という気持ちが前面に出てしまっては、お客様は離れて行ってしまいます。まずは相手のことを考えて、いい人間関係をつくることができれば、必要なときにお客様の方から声をかけてくださるはずです。


三森久実(三森久實)

食を提供する人間として、美味しいものを食べて研究することにはお金を使っています。自ら食べて美味しい味の記憶を積み重ねることが最も大切だと思うからです。


陰山英男

政治や経済といった「世の中の流れ」をつかむことが重要。「世の中の流れ」が読めなければ、「会社の流れ」も「職場の流れ」も、正確に把握できない。「世の中がこうなっていく」ことを、今後10年ぐらいは知っておくべきです。


鎌田浩毅

人間の頭がフル稼働できるのは、極論すれば1日1時間程度です。日本のトップは進んで休みなく働きますが、これでは疲れがたまるほどに頭脳労働が低下していってしまいます。


山崎種二

競馬の場合、14%は競馬場に、11%は政府に取られ、残り75%が当たった者に返ってくる。相場の社会では、売と買と2つのうち1つでも当たりにくいのに、二対一どころか、競馬は何十対一というような勝負に勝つことは、どうしても算盤に出てこないというのが私の考え方である。また、鉱山は表面に出ているものではなく、地下のものを探し出すのだから、私などにはわかりにくい。


福井威夫

新型インサイトの開発で徹底したのは、実装燃費でライバル車に引けを取らないことと、ガソリン車との価格差を20万円までに抑えること。これが必須の条件でした。トヨタのプリウスが赤字を覚悟で値下げで対抗しても、インサイトの方がまだ十数万円安い。プリウスに十数万円分の付加価値があるかどうかはお客様に判断してもらえばいいのです。当然インサイトはあの価格で利益を出しています。


佐藤裕久

第1号店出店当時から、人通りが少なくとも、人々をほっとさせるような街並み、水辺、公園や閑静な住宅街など好環境を見つけてレストラン、カフェを開いてきた。ここなら地域の人々に愛される店になると思える場所を探し、繁盛店を作り、物件価値を向上させてきた。


宿澤広朗

オリジナリティーとトレード・オフ(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の状態・関係。優先事項のウェイト付けによる結果に違いが出ることを意識すること)はスポーツの戦略決定にとどまらず、ビジネスプランや自分の進路を考える際にも重要なファクターである。