名言DB

9413 人 / 110706 名言

キャロル・ドゥエックの名言

twitter Facebook はてブ

キャロル・ドゥエックのプロフィール

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

キャロル・ドゥエックの名言 一覧

努力を続けて障害に挑戦し、それを乗り越えたときに、新しい可能性が見えてくる。


失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。


失敗から得た教訓こそがその組織を前進させる。


潜在能力は実際に情熱を持ってやってみて初めて、最大限発揮されるもの。


常に自分の能力が査定されていると思うと、自信を維持するのは困難。


大きな目的を達成するには、必ずしも自信は必要ない。


やる気を起こしていない中途半端な仕事に対して評価をしても、それ以上本来の力を伸ばすことができないどころか、モチベーションを下げるだけ。


成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


私が企業のコンサルティングでまず行うのは、どういう問題で苦しんでいるか、どういう間違いを犯したか、その間違いから何を学んだかを聞いて回ることです。それが、その企業の成長の基盤になるからです。


アインシュタインは人類に偉大な貢献をしましたが、成績は決して良くありませんでした。自分は平均よりも鈍いと思っていたほどです。だからこそ彼は誰よりも長く、深く考え続けたのです。


成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。


日本人は失敗を非常に恐れると言われています。失敗したらセカンド・チャンスをなかなか与えてくれないとも言われています。それでは会社も社員も成長できません。


企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


自身の成長や新しい目的、より大きな目的に向かって邁進するという気持ちを持たなければなりません。そういう気持ちからモチベーションがわき出てくるのです。


学校の成績は、不変の能力の測定であると見られがちですが、実際は「現状、どのように目的を実行できたか」ということを示しているにすぎず、その人の潜在能力についてはまったく教えてくれません。


キャロル・ドゥエックの経歴・略歴

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

競争が激しくなると、つい目先にとらわれて、莫大な景品をつけたり、無謀な値引きなどを考えるようになる。しかしこうした方法で市場を確保できると考えるのは、人間性を軽視した行為と言わねばならない。人の好みはさまざまであり、それを目先だけの方法で独占しようとしても、成功するものではない。そこに世間の広さがあり、また妙味もあるわけである。


早見和真

過去パートと、現在パートが交互に出てくるという構成はデビュー作とまったく一緒なんです。あえて同じ構成で書くことで、デビュー作との違いを個人的に際立たせたかった。作家として成長したんだということを、自分自身に証明したかったんです。先にプロットを立てずに、登場人物たちの動き重視で即興的に書いていくというやり方も、デビュー作以来でした。


山崎直子

仲間の宇宙飛行士やインストラクター、管制官や家族など、いろんな人の存在も大きかったのです。一人だったらやめようと思ったあっても、みんながいたからこそ続けることができました。


堀紘一(コンサルタント)

商品の欠点は避けたい話題かもしれませんが、心配事がクリアにならなければ、お客様は商品を買いたいとは思ってくれません。だから、あえてこちらから踏み込むのです。この時、大切なのは、不安が解消できないことがあっても、正直に話すこと。そのほうが、お客様は「欠点はあるけど、長所も多いし」と冷静に判断したうえで、購入に踏み切ってくれる。完璧な商品なんてこの世にない。欠点を隠さず話すことが、説得力を高める秘訣です。


林野宏

最近、20世紀に成功した企業が苦境にあえいでいます。簡単にいえば、成功を支えた組織と、それを構成する人の能力が陳腐化しているということ。典型的な例が家電業界ですが、実際はあらゆる業界に共通していえることで、現時点で陳腐化が表面化していなくても、それは競争相手も似た状況だから目立たないだけ。競争のグローバル化が進むにつれて露わになってきますよ。


堤義明

組織運営型の段階に達したグループ企業の経営は、労使一体を基本にした日本的経営となんら変わらない。ただ問題は、創業期に育った人材がそのままこうした組織運営に向いていないことだ。


小倉昌男

幕府という牙城が崩壊したからこそ、近代国家・日本が誕生した。ところが、いまは旧来型の官僚組織を残したまま新しい時代に突入しようとしている。これが今の時代の最大の不幸だと思っています。日本全体に「時代の大きな変化の中にいる」という意識が希薄で、構造改革の重要性がいまひとつ理解されていない。ですから行政は構造改革はするが自分の既得権は守るといった中途半端な政策しか打ち出せないわけです。


山中伸弥

プレゼンの場では、一般の人に難しいことを言っても伝わらない。伝わらないと絶対にダメなわけです。伝えるためには、相手に寄り添ったプレゼン内容にする必要がある。


内田隆(コンサルタント)

ビジネスで必要なのは、「最上の選択」をすることではなく「最上の結果」を出すこと。


ロバート・キャンベル

アメリカやカナダの第1線で働く日本研究者の多くが通過している高度な学習センターが東京にあるのですが、そこで日本研究の素地になる専門的な日本語を集中して学びました。授業後は、東京の街に出るのが楽しくてね。芝居を観たり、映画を観たり、飲みに行ったりして。その1年間は、僕にとって大きかった。演劇や文学にかかわる多くの人に引き合わせてもらい、アメリカでは絶対にできないことを経験したので、これからも「日本に関わる仕事をずっとやっていきたいな」と思い立ちました。


佐渡島庸平

私は相手のことをよく知って、相手の価値観を尊重するのですが、自分を偽ることはしません。自分を抑えつけて仕事をしても楽しくないでしょう。楽しくない仕事だと、どうしても注ぎ込むエネルギー量が減ってしまって、良い結果が出なくなります。


為末大

18歳で初めて経験した世界大会で、僕が勝てなかった日本人選手たちがみな予選落ちするのを目の当たりにして、日本での一番がひとつの島での一番でしかないことを痛感しました。そして、自分の目標が小さかったことに気づき、100メートルという世界に現実味を感じなくなっていったのです。そのときからは、僕にとっては「世界に出る」ことがとても重要になっていきました。


和地孝

よく現場主義と言いますが、ただ単に現場に行っただけでは散歩をしているのと同じです。だから、経営者は日ごろから自分で本を読んだり、人の話を聞いたりして、問題意識を高めなければいけない。経営は真剣勝負です。会社は経営者一人ですべて変わりますから、トップに適材の人が来れば組織は変わります。


鳥居勝幸

値上げ交渉は、一筋縄ではいかない難しい交渉です。成り行き任せの出たとこ勝負では失敗するのが目に見えています。値上げ交渉の成否は、一にも二にも、入念な準備にかかっていることを肝に銘じておきましょう。


新将命

時間の使い方で大切なのは長さではなく密度です。早起きをして時間を増やそうと考えるより、自分なりに集中できる時間帯を生み出す工夫の方が合理的です。早起きをしばらく続けてみて習慣化できれば、それに越したことはありません。朝がどうしても苦手であれば、夕方までにリカバリーできるような方法を考えてみればいいのです。