キャロル・ドゥエックの名言

キャロル・ドゥエックのプロフィール

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

キャロル・ドゥエックの名言 一覧

努力を続けて障害に挑戦し、それを乗り越えたときに、新しい可能性が見えてくる。


失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。


失敗から得た教訓こそがその組織を前進させる。


潜在能力は実際に情熱を持ってやってみて初めて、最大限発揮されるもの。


常に自分の能力が査定されていると思うと、自信を維持するのは困難。


大きな目的を達成するには、必ずしも自信は必要ない。


やる気を起こしていない中途半端な仕事に対して評価をしても、それ以上本来の力を伸ばすことができないどころか、モチベーションを下げるだけ。


成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


私が企業のコンサルティングでまず行うのは、どういう問題で苦しんでいるか、どういう間違いを犯したか、その間違いから何を学んだかを聞いて回ることです。それが、その企業の成長の基盤になるからです。


アインシュタインは人類に偉大な貢献をしましたが、成績は決して良くありませんでした。自分は平均よりも鈍いと思っていたほどです。だからこそ彼は誰よりも長く、深く考え続けたのです。


成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。


企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


自身の成長や新しい目的、より大きな目的に向かって邁進するという気持ちを持たなければなりません。そういう気持ちからモチベーションがわき出てくるのです。


日本人は失敗を非常に恐れると言われています。失敗したらセカンド・チャンスをなかなか与えてくれないとも言われています。それでは会社も社員も成長できません。


学校の成績は、不変の能力の測定であると見られがちですが、実際は「現状、どのように目的を実行できたか」ということを示しているにすぎず、その人の潜在能力についてはまったく教えてくれません。


キャロル・ドゥエックの経歴・略歴

キャロル・ドゥエック。米国の心理学者。スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。著書に『「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力』。

他の記事も読んでみる

樫山純三

人間とは便利なものである。いま振り返ると、いい思い出しか浮かんでこない。ちょうど負けた馬券を覚えていないようなものである。三越の店員時代のこと、独学のこと、梶山商店創業当時のこと、しんどかったことや苦しかったことは、年月による浄化作用を受けて、すべてが懐かしいものに変わっている。


遠藤功

大きな組織にはリーダーが必要です。日本の大企業がうまくいかないのは、大きな組織を牽引できるリーダーがいないからです。ではどうすればいいか。ひとつの選択肢は、スポーツでたとえるなら監督ではなくキャプテンで回せるサイズの組織にすればいい。その方が日本らしさが出る。


笑福亭笑瓶

鶴瓶師匠の下におしかけたとき、「この機会を逃したら、23歳の就職も決まっていない何者でもない若造のままや」と必死に食らいつきました。師匠も素性もわからんヤツの話を、よう聞いてくれましたね。


上野金太郎

六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」も設立当初から会員の方にメールをお送りしており、今週は浴衣イベントをやります、来週はバーベキューをやります、再来週はどこそことコラボやりますと、絶え間なくイベントを打っていますが、お客様の反応は「次は何やるの?」です(笑)。顧客をつなぎ止めるためには、ポジティブなサプライズの連打が絶対に不可欠だということです。


松本晃(経営者)

経営はシンプルに考えるとうまくいく。


澤田秀雄

「分かりやすい根拠」を示して、改善を促しています。「これを変えて」と上から指示しても、「根拠もなく言っている」と不満が募り、士気が下がって負け癖につながるんです。具体的には、サービスやイベントについてお客様からアンケートを取り、それを点数化。その点数をもとにサービスの改善や廃止を決めています。5点満点中、4.5点以上は「文句なしにいい」、3.5未満は「そのイベントを廃止する」と、明確な基準を設けています。お客様の声を点数として可視化しているわけですから、イベントやサービスの改善・廃止が決まっても、誰も文句を言いません。推進力をもって変革できるのです。


山田敏夫

フランスですごくショックだったのが、同僚のスタッフから、「日本には本物のブランドがない」といわれたこと。フランス人は、アメリカのブランドのことを揶揄の気持ちを込めて「マーク」と呼んでいました。アメリカのブランドはメイド・イン・アジアなのに、ロゴマークをつけて、それをスターに身につけさせて高く売っている。いわばマーケティングの産物だと。日本はアメリカと違って織りや染めの長い伝統があるのに同じことをやっている。そんなものは本物のブランドじゃないと。GUCCIの同僚はそのことを憤っていて、日本はアメリカと同じことをすべきじゃないと。その指摘か契機になって、僕も「いつか日本の工場から世界に通用する本物のブランドをつくりたい」と考えるようになりました。


久野康成

欲求が明確でないときは、やりたいことは何かを明らかにしなくてはいけません。やりたいことが明確になれば、それを実現するための問題点や課題も見つかり、解決策を提案することができるようになります。


松村厚久

遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びがある。


尾崎世界観

(日記エッセイ「苦汁100%」は)50%くらいはその日その時に感じたことをそのまま書いているんですけど、残りの50%は書きながら「その時はいまいち分かっていなかったけれど、自分はこのことがイヤだったんだ」と理解したり、感じ直したりしたことを書いています。書くことによって、感情が倍になるんです。イライラまで倍になるんですけどね。でも、そういう感情をちゃんと文章にすることで、自分にとって意味があるものにできる。ゴミだったものを、資源にリサイクルできた感じがして気持ちいいんです。


包行均

コストアップ経営の時代が来ると思う。ダウンじゃなくて、アップね。品質問題が騒がれているけど、元をたどればコストダウンに行き着く。確かにコストダウンは必要でしょうけど、行き過ぎが品質の悪化を招いているんじゃないか、と。


わたせせいぞう

会社員時代、最初の頃は仕事に追われながらアイデアを考えたり、絵を描いているときに仕事の心配をしたりしていました。でも、これは結果的にどちらにもよくない。平日は絵のことは考えず、休日は仕事のことはまったく考えない。片方を終わらせてからもう片方へと、きっぱり分けて取り組むようにしました。


佐野章二

残念ながら『ビッグイシュー』を販売してお金を手にしたホームレスが、お酒やギャンブルに走り、戻らなくなるケースも多いのです。そんな悪い依存を断ち切るための身近な絆をつくりたかった。ビッグイシュー基金では自立を目指すホームレスに、「社会とのつながりを回復するための生活自立」や「就業トレーニング」「スポーツ・文化活動」などの応援プログラムを提供しています。


鴻池忠彦

我々の最大の強みは、生産工程の中に入っていることである。ラインを動かすと、いつどこで何が必要かということが分かる。なので、我々が原材料を発注する。それをトラックから降ろして、メーカーの倉庫に保管して、また発注する。これらを一貫して行えるワンストップサービスが特徴。


樺島弘明

コンサルとして高い能力を持つ人を育てるには時間がかかります。ですから優秀な人を採用して育成しようということで、10年前から新卒採用を始め、毎年10人ずつ増やしていった感じです。


ページの先頭へ