名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キャロライン・ケネディの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャロライン・ケネディのプロフィール

キャロライン・ケネディ。アメリカの弁護士。ジョン・F・ケネディ大統領の娘。第29代駐日アメリカ合衆国大使。ニューヨーク州出身。ラドクリフ大学(のちにハーバード大学と合併)卒業、コロンビア大学ロースクール卒業。ケネディ記念図書館館長、ハーバード大学ケネディ・スクール顧問、駐日大使などを務めた。

キャロライン・ケネディの名言 一覧

自分自身の人生では私たちは皆、教師であり、生徒でもある。


互いに助け合えば私たちは世界を変えることができる。


父(ジョン・F・ケネディ大統領)は「一人でも世の中を変えることは出来る」とよく話をしていました。


私は、父が体現していた理想を堅持する責任があることを自覚しています。その理想とは、公務に専心し、より公正な米国とより平和な世界の実現に献身的に取り組むことです。


キャロライン・ケネディの経歴・略歴

キャロライン・ケネディ。アメリカの弁護士。ジョン・F・ケネディ大統領の娘。第29代駐日アメリカ合衆国大使。ニューヨーク州出身。ラドクリフ大学(のちにハーバード大学と合併)卒業、コロンビア大学ロースクール卒業。ケネディ記念図書館館長、ハーバード大学ケネディ・スクール顧問、駐日大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

立川敬二

急に伸びると人材が不足する。これが逆にいいわけです。外の力を借りるようになるからです。従来のNTTの風土からすると、ドコモは企業風土がガラリと変わったと言われる。中途入社を含め、いろんな人を入れたというのが、いままでのNTTにない企業風土を作ってきたわけです。


倉重英樹

41歳のとき、日本IBMで部下600人を束ねる部門の本部長になりました。そのとき「自分はたまたまIBMにいたからここまで出世できたが、他者でも営業本部長になれるわけではない。IBMでしか通用しない人間ではないか」と不安になってしまいました。悩んで出た結論が「将来プロ経営者を目指そう」ということでした。そこから猛勉強が始まったのです。幸い、その後いくつかの企業の経営者になることができましたが、あのときの決断がなければ、いまの私はなかったでしょう。


永野重雄

昔はこの人間社会に特別な秘訣がありませんでしたね。自己をあるがままにさらけ出し、相互に信頼を勝ち取る。あとは各論の問題ですからね。


斉藤徹

人が成長していき、成長した人達が組織としてまとまると企業は成長していく、企業の成長は人の成長へと繋がる。


臼井由妃

大勢の前で相手の間違いを指摘しないことが大事です。たとえば、上司が部下の間違いを大勢の前で怒鳴ったあとに、実は上司の方が勘違いしていたことがわかった場合です。その場では指摘せずに、あとで二人っきりになったときに、「先ほどの件ですが、改めて調べてみたら……」と切り出すのがいいでしょう。


デービッド・アーカー

新しいサブカテゴリーが生み出せれば、市場のリーダーになれる可能性が十分にある。


越智仁

航空機や自動車の部品、ゴルフクラブのシャフトなどに使われる炭素繊維は、単純化して言えばアクリル繊維を焼いて製造したものです。指1本分ほどの径に約2万4000本の繊維が入っています。繊維1本1本の精度が重要で、そのうちの1本でも切れたら性能が低下します。原料となる糸をどう作るか、いかに焼くかに技術とノウハウが詰まっています。これを製品として世に送り出せたのも、長年にわたり糸を扱い、糸を知り尽くしていたから。繊維事業で培った技術やノウハウなしでは新しい製品など生み出せず、今の三菱レイヨンは存在しなかったかもしれません。


常盤百樹

営業推進本部長だったときに、お客様から省エネルギーについて相談を受けたことがあります。部下がどうすべきかと聞くので、積極的にやりなさいと答えました。それに対して部下は「そういうコンサルをすれば電機が売れなくなります」と心配したものです。電力が少々売れなくなっても、お客様が元気になればその設備を増設し、また電気を使っていただけます。お客様のニーズを近視眼的に見てはいけません。


枡野俊明

信頼関係が成立していれば、たとえ叱られても、不思議と腹が立ちません。しかし、的外れな指摘を受けると、頭にカッと血がのぼることもあるでしょう。そこで何か言い返せば、相手への批判になりかねませんから、冷静に「わかりました」と答えて、3回深く呼吸するといいでしょう。おへその75ミリほど下の臍下丹田(せいかたんでん)に呼吸を落とすと心が静まります。私の知り合いは、相手が怒ったら腹の中で「ありがとさん」と3回繰り返すそうです。頭で考えるから血がのぼるのです。腹に留めることをぜひ覚えましょう。


酒巻久

会社が倒産する危に陥るのは、たいてい新規事業に関わったときですが、コア技術を活かすことができる事業を行えば安全に伸びていける。生き残っている会社はだいたいそうしています。


岡本和彦(経営者)

中小企業経営者のマインド。照明代、空調代、水道代など、会社のコストを「自分のカネ」の感覚で管理し、ムダと感じたらすぐに改善する。経営に携わる者がこういうマインドを持つことは非常に重要。


安渕聖司

自信がないと、「自分にはできないんじゃないか……」などとネガティブなことを考えて、心を乱しがちです。でも、客観的に見れば、十分な実力を備えていることが少なくありません。