名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キャロライン・ケネディの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャロライン・ケネディのプロフィール

キャロライン・ケネディ。アメリカの弁護士。ジョン・F・ケネディ大統領の娘。第29代駐日アメリカ合衆国大使。ニューヨーク州出身。ラドクリフ大学(のちにハーバード大学と合併)卒業、コロンビア大学ロースクール卒業。ケネディ記念図書館館長、ハーバード大学ケネディ・スクール顧問、駐日大使などを務めた。

キャロライン・ケネディの名言 一覧

自分自身の人生では私たちは皆、教師であり、生徒でもある。


互いに助け合えば私たちは世界を変えることができる。


父(ジョン・F・ケネディ大統領)は「一人でも世の中を変えることは出来る」とよく話をしていました。


私は、父が体現していた理想を堅持する責任があることを自覚しています。その理想とは、公務に専心し、より公正な米国とより平和な世界の実現に献身的に取り組むことです。


キャロライン・ケネディの経歴・略歴

キャロライン・ケネディ。アメリカの弁護士。ジョン・F・ケネディ大統領の娘。第29代駐日アメリカ合衆国大使。ニューヨーク州出身。ラドクリフ大学(のちにハーバード大学と合併)卒業、コロンビア大学ロースクール卒業。ケネディ記念図書館館長、ハーバード大学ケネディ・スクール顧問、駐日大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

井上和雄

大学に入ってから、かわいがってもらっていた近所のお寺のお坊さんに「男は人生のうちに3つ大きな喧嘩をするんだ」と言われました。聞き流していたら、それでおしまいですが、実はその言葉が会社に入ってからもずっと、頭に残っていました。自分の信念を曲げずにきっちり通すということを、お坊さんは言いたかったと思うんです。その言葉がありがたかったのは、自分に緊張感を持たせてくれたことでした。


畠山惠(塾経営者)

私の人生も行き当たりばったりなようで(笑)、一応考えているんです。保育士は安定した仕事だけど、肉体的にはきついので60歳になっても続けられるとは思えない。でも英語講師は体が動かなくなってもできる。体を動かす仕事と頭を使う仕事、この2つは意識して選び取りました。


澤田道隆

外国人は仕事とプライベートは別だと割り切っているのかと思っていましたが、意外にも、みんな延々と自分の話をします。それくらい、自分の存在を知ってほしいと思っている。


白川保友

顧客志向という考えが人を動かす力を持つと実感したのは、JR東日本の担当常務として、ICカード乗車券Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)の相互利用に向けた交渉を進めていた時です。私鉄やバスなどのパスモとスイカを共通化する構想に対して、私鉄側の警戒感は容易に解けませんでした。JR東日本は緑がコーポレートカラーですので「緑色に染まるのは嫌だ」とか、「主導権を奪われてしまう」などの声が聞こえてきました。私は「JRのためでなく、顧客のためにやりましょう」と私鉄各社を何度も説得しました。最後は群馬県の水上温泉に各社の担当者に集まってもらい、合宿形式の議論に臨みました。こちらの手の内やノウハウはすべて公開すると宣言し、実質的にはその場で共通の方向が決まったのです。


熊本昌弘

日本の製鉄業が強さを確保し続けていられるのも、私たちが苦しいときに頑張ったおかげだと思っています。私の社長、会長時代、証券アナリストや新聞記者から、「本業一本に絞って経営資源を集中させろ」とか、「多角化は間違っている。武士の商法が成功するはずはない」などと、ひどい言われ方をされました。しかし、私は自分の意思を決して曲げませんでした。


石黒和義

企業としては、やはり自分たちの商品の良さ・ビジネスのやり方を理解してもらうことが一番大事なこと。


柳井正

服は着る人の組み合わせによって、その人の生き方や個性を表現するもの。魅力的で新しい商品を提案していけば、どんなに不景気の時代だって買ってくれる商品はある。


山口絵理子

やりたいことをやるために起業しました。でも、つらくなったのでやめる、というのはおかしいと思います。


工藤泰三

入社後最初に配属された課を当初は「傍流」と感じましたが、そこにいたから経験できたことも多かった。会社人生を振り返っても、一番勉強になった気がします。


村西とおる

どんな困難でも、挑戦してから自分自身で答えを出す勇気を失うな。


岩崎夏海

芸能界では演出ができる奴は人を動かすことができるという判断をされます。会食で無粋な仕事の話なんかしてもしょうがありません。そこで会食相手に見られるのは「いかに自分を楽しませてくれるか」という演出の部分だけなのです。たとえば、うんちくを語って会話が盛り上がるような料理を選んだり、あるいはシェフの人柄がいいお店を選んで会話を楽しんでもらうといったことに気を配っています。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

普段の生活は、割と規則正しい方だと思います。食べるのは7時、12時、18時と決めていて、運動は週2回やっていますね。それから、ときには何もかも捨てて、睡眠時間も削ってプログラムに没頭するというのも自分にとっては最高の時間です。まあ、基本的には、パソコンの前にいてもいなくても、だいたいいつも頭の中でソフトウェアのことを考えているので、妻と映画を観ていても上の空だったりするんですけどね。食事をしていても人の話を聞いていないときもあるし、運転していても赤信号で進もうとするし、日常生活での僕は結構悲惨なんですけど。