名言DB

9412 人 / 110637 名言

キャロライン・ケネディの名言

twitter Facebook はてブ

キャロライン・ケネディのプロフィール

キャロライン・ケネディ。アメリカの弁護士。ジョン・F・ケネディ大統領の娘。第29代駐日アメリカ合衆国大使。ニューヨーク州出身。ラドクリフ大学(のちにハーバード大学と合併)卒業、コロンビア大学ロースクール卒業。ケネディ記念図書館館長、ハーバード大学ケネディ・スクール顧問、駐日大使などを務めた。

キャロライン・ケネディの名言 一覧

自分自身の人生では私たちは皆、教師であり、生徒でもある。


互いに助け合えば私たちは世界を変えることができる。


父(ジョン・F・ケネディ大統領)は「一人でも世の中を変えることは出来る」とよく話をしていました。


私は、父が体現していた理想を堅持する責任があることを自覚しています。その理想とは、公務に専心し、より公正な米国とより平和な世界の実現に献身的に取り組むことです。


キャロライン・ケネディの経歴・略歴

キャロライン・ケネディ。アメリカの弁護士。ジョン・F・ケネディ大統領の娘。第29代駐日アメリカ合衆国大使。ニューヨーク州出身。ラドクリフ大学(のちにハーバード大学と合併)卒業、コロンビア大学ロースクール卒業。ケネディ記念図書館館長、ハーバード大学ケネディ・スクール顧問、駐日大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉山勇樹

「何をもって成果とするか」という基準を明確にすることが大切です。上司が考える百点満点と、部下が考える百点満点は、必ず違います。だから、部下は部下なりの百点満点をめざしてコツコツ頑張ったのに、上司に提出したらあっさりダメ出しをされる、ということが起こるのです。


家入一真

僕は引きこもりをしていた十代のころと比べてメンタルが強くなったという訳ではなくて、じつはいまでも、急に「今日は人と会いたくない」と思って打ち合わせをキャンセルさせてもらうこともあります。そんなわがままを許さない相手も当然いて、いまでもしょっちゅう怒られています(笑)。でも一方で、「家入さんだから仕方ないね」と受け入れてくれる人もいるのです。僕の場合は極端かもしれませんが、自分のわがままを受け入れてくれる場所が、どこかに必ずあるはずだ、というのが僕の持論です。


伊藤寛治

私は社長就任時から、できるだけ社員と経営との距離を短くしたいと考えてきました。現場、支店、協力会社の会合など、できるだけ関係者の声、息づかいの聞こえる場に出るようにして、経営を進めてきました。


カルロス・ゴーン

すべてをリーダーが支配し決めるような体制では、迅速さに欠けることになり、危機を乗り切ることは到底できません。短期と長期の処方菱を定めたら、現場に権限を委譲します。


久住昌之

「時間をかけてわかっていく」ことも大事じゃないでしょうか。たとえば今連載している『花のズボラ飯』。主婦向けということで、自分でもよくわからないまま始めましたが、読者からの声もあり徐々にキャラクターが形作られてきて、人気も出てきました。


野中郁次郎

人は自信を持ちすぎると現実を直視することが難しくなります。


戸塚隆将

会議で存在感を示すコツは二つ。「会議の準備」と「自分なりの貢献を考える」こと。わからないならわからないなりに新鮮な意見を投じてもいい。リスクを恐れ、発言しないよりは一歩前進できるはずです。


佐々木常夫

従業員を幸せにするのも企業の重要な役目ですし、部下を教育するのは管理職の仕事です。あなたの部下が遅くまで残業をしていたら、こう言わなくてはいけません。「こんな働き方をしていたら、奥さんとの関係が悪くなるぞ」「家族との会話が減って、子供が不良にでもなったらどうするんだ?」とね。


土井英司

私は図書館には行きませんし、セミナーでも「本は借りるな。絶対、図書館に行くような人間になるな」と力説しています。図書館で本を借りるのは、下流への道なのです。入手困難な古書や小説ならまだしも、とくにビジネス書を図書館で借りては駄目です。情報は人より先に入手するからこそ価値があるわけで、図書館にリクエストをして購入してくれたら読むなんて、完全にナンセンスです。情報にお金を払う意識がない証拠です。


奥山清行

私は、日本の企業から人々を魅了する商品が生まれなくなっている背景のひとつには、「分断」があると考えています。とくに日本企業では、開発、生産、営業、販売の各プロセスが分断されていて、お互いの交流がほとんどないことです。これによって、どういう事態が生じているか。販売の人間は、開発や生産に携わる人たちがどんな思いでその商品を作っているかがわからず、お客さんに商品の魅力を十分伝えることができていません。一方、開発や工場の人間も、販売現場やユーザーのことがわかりませんから、作り手側に都合のいい独り善がりの商品を作ってしまうのです。


国吉拡

行動が結果につながれば、やる気は再生産されます。そして、小さな結果の積み上げがより大きな結果へとつながり、モチベーションの持続につながっていきます。


藤由達藏

決定・決断ができずに、いつも迷ってしまう人は、間違った思考パターンを持っている。たとえば、社内で新規事業のメンバーを募集していたとします。そんなとき、リスクばかりを考えていませんか? 失敗したら……と思い、決断をためらう。リターンを意識しないので、やると決められず、結果、チャンスを逃してしまう。


平野茂夫

ボランティアではなく、ビジネスとしてギャランティーが発生することに意義があります。報酬をもらうからこそ継続できるし、甘えることなく質が高いサービスを提供できます。そこに生きがいも生じるのです。


山口ひろみ(経営者)

必要以上に女性を持ち上げる必要はないと思いますし、やはり、男女の別なく一から育てていくことが大事であろうと。そうやって主任や係長、課長という立場になっていけば、実力に見合った仕事の内容になっていくわけですから、後は上がるも下がるも本人たちの努力次第です。


田中良和(GREE)

「業界ナンバーワン」「右肩上がりの時代」が常に続く。そんなことは、ほとんどありません。トヨタ自動車やソニー、ホンダといった大企業も、「この会社は大丈夫か」と言われた時代を経て、成長してきたわけです。