名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キャメル・ヤマモトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャメル・ヤマモトのプロフィール

キャメル・ヤマモト、山本一成。日本の人材・組織コンサルタント。東京出身。東京大学法学部卒業後、外務省に入省。その後、ヘイコンサルティング、ワトソンワイアットなどでコンサルタントとして活躍。上海を拠点にコンサルティングを行った。主な著書に『稼ぐ人、安い人、余る人』『グローバル人材マネジメント論 日本企業の国際化と人材活用』『はまる人、はもる人、はめる人 強味の人材像』『コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万 シリコンバレーで学んだプロの仕事術』『鷲の人、龍の人、桜の人 米中日のビジネス行動原理』『稼ぐチームのレシピ』『稼ぐ人に育てる7つの才 子供のうちに伝えたい、ビジネスで成功する方法』など。

キャメル・ヤマモトの名言 一覧

インターネットにおける情報収集は、パソコンの使い方ではなく、情報収集の前後の段階が重要なのです。コンサルタントの世界でいう「仮説-実行-検証」の仮説と検証をしっかりやるべきで、やみくもに実行の速度をガンガン上げているだけでは、かえって会社で余る人になってしまいます。


情報収集のときには、情報ソースの信頼度により慎重になってください。まず、その情報が事実(ファクト)であるか、意見であるかを見極めることです。事実かどうかを確かめるには、実際に現場に行ってみたり、その人に会ってみることも必要でしょう。また意見ならば、それがどの程度独創的なのか自分で評価しなければいけません。


上司やお客さんから仕事を頼まれたとき、ほとんど反射的にデータ調査を始める人がいます。問題は、それが自己目的化してしまう場合です。ウェブ空間の特徴は多様な情報が絶えず変化、増大し、かつグローバルであることです。こうした空間の中で効率よく情報を集めるには、本来はそのための確固たる目的意識が必要なはずです。


会社で「余る人」になる人には、「顧客不在の専門家」「女性を使えない中年男性」などいくつかの共通点がありますが、典型的なのが「忙しく走り回って、いつも空回りする人」です。


メールを丁寧に書く時間があるのなら、電話でもいいから直接、相手と話したほうが今後のコミュニケーションも円滑に進むはずです。


キャメル・ヤマモトの経歴・略歴

キャメル・ヤマモト、山本一成。日本の人材・組織コンサルタント。東京出身。東京大学法学部卒業後、外務省に入省。その後、ヘイコンサルティング、ワトソンワイアットなどでコンサルタントとして活躍。上海を拠点にコンサルティングを行った。主な著書に『稼ぐ人、安い人、余る人』『グローバル人材マネジメント論 日本企業の国際化と人材活用』『はまる人、はもる人、はめる人 強味の人材像』『コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万 シリコンバレーで学んだプロの仕事術』『鷲の人、龍の人、桜の人 米中日のビジネス行動原理』『稼ぐチームのレシピ』『稼ぐ人に育てる7つの才 子供のうちに伝えたい、ビジネスで成功する方法』など。

他の記事も読んでみる

杉道助

ブームの時は物が上がる一方だから商売は楽だ。会社の上役はお召の袴などはいて自動車を乗り回し、我々若いものもかなりだらけていた。この膨れ上がった取引が、戦争後の反動でグッとしぼんだのだからたまらない。
【覚書き:第一次大戦特需の好景気と、その後の反動不景気について語った言葉】


小堺桂悦郎

メーカーの営業職なら、せめてこの商品をひとつ売ったらどれくらいの利益が会社に入るのかといったことぐらいは、大まかでいいからイメージできるようにしておいてほしいものです。そういうことができる方が、簿記や会計の専門的な知識を持っているよりもよほど重要だし、仕事の役にも立つのではないでしょうか。


橋本進(経営者)

この会社の経営をやっていると、本当に「モノづくりは人づくり」だと実感します。開発で不採算が出ると、設計者は木下(喜平社長)と1対1でとことん原因を議論します。責任の追及などではなく、技術者を育てて次の利益に結び付けるためです。


三枝富博

トップのリーダーシップが強ければ強いほど、社員はそれに拘束される。発揮されたリーダーシップを鵜呑みにする状態がずっと続いていたために、現場が創意工夫するという意識が薄れてしまった。


大谷義武

フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる。


安藤哲也

「何か問題が生じた時だけ出てくる」では、段取りのうまいリーダーとは言えません。リーダーが「察して自ら動く」ことを強く意識すれば、ファインゴールの成功率は高まります。


中村維夫

会社を面白くするためだけの施策はありません。まず、仕事を通じて自然に面白く感じることが大事だと思うのです。私たちの仕事には新しいものがいっぱい転がっているから、いろんなことができます。仕事が生きがい、やりがいにつながるといいと思います。


赤川次郎

作家という仕事に、土曜も日曜もない。真夜中に原稿を書き、朝ご飯を食べてから寝るという「規則正しい」生活を続けています。


荒井正昭

私は、学生には「うちの会社は厳しい。けれども、給料も高い」と正直に話します。どうしても企業のほうが学生よりも強い立場にあるわけですから、学生に対して正直に何でも開示しなくてはフェアではない。


朝倉千恵子

上司としての最大の礼儀は、部下に仕事を教えること。部下を育て、真の幸せを感じてもらえる方法はただひとつ、それは、仕事の楽しみに自ら気づいてもらうことです。そして、部下と真剣に向き合うことです。


十倉雅和

大きな期待をかけているのが、健康・農業関連事業です。農業は「伸びしろだらけ」の分野だからです。国内では「担い手不足」「国際競争力の強化」、世界に目を向ければ人口爆発による「食糧危機」や農業に打撃を与える「気候変動」など、深刻な課題が山積しています。だからこそ、我々にとっては無限の商機がある。


青野慶久

当社は、ユーザー企業から直接要望をいただく機会を定期的に設け、そこで上がった声を開発に反映しています。