名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キャシー・コルベの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キャシー・コルベのプロフィール

キャシー・コルベ。アメリカの起業家、経営コンサルタント、教育者。才能診断法「コルベ・インデックス」の開発者。主な著書に『純粋な本能:ビジネスの未開発のリソース』『ガッツを信頼するための5つのルール』

キャシー・コルベの名言 一覧

ビジネスの世界は学問の世界に倣って、人間の本能を信用せず、それどころか見下している。企業は人間の本能に基づく常識より、コンピュータを信用しがちだ。多くの経営者は、決まったやり方に従うよう従業員に求め、それに反する行動をしそうな社員を排除する。何の根拠もないのに、仕事をなし遂げる方法は一つしかないと思い込んでいるのだ。


キャシー・コルベの経歴・略歴

キャシー・コルベ。アメリカの起業家、経営コンサルタント、教育者。才能診断法「コルベ・インデックス」の開発者。主な著書に『純粋な本能:ビジネスの未開発のリソース』『ガッツを信頼するための5つのルール』

他の記事も読んでみる

富田純弘

困難な道のりではありますが、創業者の久三郎が何度も失敗しながら日本初の純国産医薬品を生み出したように、必ずできると信じています。


トーマス・カーライル

人は、人間を着ているものを通して洞察せねばならない。そして、その人が着ているものを無視することを学ばなければならない。


秋田谷結香

じつは大学病院のICU(集中治療室)で働いていたころ、体調を崩して休職したんです。しかも、その後に不整脈で倒れて入院。同じ看護師の母から「生きててよかった」と言われる状態で。療養中は心身ともに家族に支えてもらいました。その時、本当に親孝行したいなと思ったんですね。でも、私自身、方法がよくわからなくて。親孝行の情報をまとめてみようと思い立ったのが、(親孝行についての情報ブログを始めた)ひとつのきっかけです。それと、20代半ばにそんな体験をしたことで、「自分がワクワクドキドキできることで、人に何かを提供していきたい」と思うようになりました。じゃあ、自分の好きなことって何かなと考えた時、私は親孝行を広めたいと思ったんです。


山元賢治

主語がなくても話せて、結論を最後に延ばせる言語を使っていると、そういう(自分の意見を言わない)思考になる。「私」という主語を意識して、先に結論を述べよう。


ヴィルヘルム・シュミット

私たちの時計づくりは、見えないところまで手間をかける手仕事、技術的な革新、伝統を大切にすることの3つに重点テーマを置いています。


サイモン・クーパー(経営者)

ホテルビジネスで大きな成功を収めるために必要なポイントは4つあります。立地、商品、人間、そしてリーダーシップです。


泉谷直木

「ただでさえ忙しいのに、やるべき課題をいくつも抱えたらもっと大変になる」と思うかもしれません。しかし複数の課題があれば、どこかの時点で別の課題に乗り換えられます。たとえ一つの課題がうまくいかなくても、もう一つの課題に手を着けてみれば、そちらはうまくいくかもしれない。すると元の課題に戻ったときも、前向きに取り組めます。


貴島孝雄

技術者に二律背反の解決を要求することを、ためらってはいけません。


高橋秀実(髙橋秀実)

私の妻は、仕事上のパートナーでもあるので、原稿にも目を通します。すると、「ここからここまで全部いらない」とか、一生懸命書いたものに対して、結構きついことを言われるんですね。そのときはカチンとくるんですけど、冷静になって考えると「確かにそうだな」と。1000回に1回ぐらい、自分のほうが合ってることもあるんですが、そんなの稀ですから、調子に乗らないようにしていて……。


池田千恵

私は会社員時代に7つの資格を取得しましたが、そのために毎朝4時に起き、出社前の2時間余りを会社近くのファミレスでの受験勉強に充てました。朝の明るい光を浴びると脳内のセロトニンが増えてポジティブな気持ちになれますし、朝は「脳のゴールデンタイム」ですからアイデアもどんどん湧いてきます。


西山昭彦

メンツを保つためだけに反対してくる人に対しては、ゆるい段階で提案を見せ、あえて反対意見を言わせる。反対の儀式をしてあげるわけです。「ダメだ」と言われたら「どんなところが?」と、部分の指摘をさせ、全体を否定させない。そして持ち帰り、「ご指摘の箇所は修正しております」と、数日おいてメールで経過報告をする。「あなたの意見を尊重してます」という姿勢を見せる。これを2~3回くり返せば、ほとんどは承認してくれます。


肥後克広

「過激な仕事を断ることないんですか?」と聞かれることも多いのですが、僕らはネタの技術がないんでね。事務所からは「本当に危ないときはいいですよ」と言われていますが、基本、断りません。