名言DB

9429 人 / 110879 名言

キャサリン・グラハムの名言

twitter Facebook はてブ

キャサリン・グラハムのプロフィール

キャサリン・グラハム、米国の女性経営者。ワシントンポストの発行人を経て、社長・会長。ウォーターゲート事件を大々的に報道することを決断した発行人。報道に関する最高賞のひとつピュリッツァー賞を受けている。

キャサリン・グラハムの名言 一覧

好きなことがやれて、しかもそれが意義のあることに思えるとしたら、これ以上楽しいことなんてないわ。


キャサリン・グラハムの経歴・略歴

キャサリン・グラハム、米国の女性経営者。ワシントンポストの発行人を経て、社長・会長。ウォーターゲート事件を大々的に報道することを決断した発行人。報道に関する最高賞のひとつピュリッツァー賞を受けている。

他の記事も読んでみる

越智仁

理論的な仕組みを理解したつもりでも、事実は違うことがある。


佐藤廣士(経営者)

技術が高度化・成熟化する時代では、部署の壁を越えた連携、他社との連携など、いろいろな形の連携が重要になってきます。テクノロジー・ブレイクスルー(技術突破)から、テクノロジー・フュージョン(技術融合)の時代になったと思います。


いぬかいはづき

キャリアに合わない資格は価値がない。経理職なら税理士、人事職であればキャリア・コンサルティング技能検定のように、これまでの実務経験で培ったスキルを発展的にする資格取得が望ましい。


ビル・ゲイツ

十分な事実があれば、優秀な人材はそこから何かを引き出すことができる。


澤田秀雄

文化を変えるのは、とても大変なことです。文化はいわば習慣のようなもの。禁煙しなさいといっても、見えないところでタバコを吸ってしまうのと同じ。そこでとにかく「明るく振る舞う」「朝会社に来たら15分掃除をする」など、皆が理解できる、簡単なことをお願いしました。


岩田松雄

ザ・ボディショップやスターバックスの社長をしている時代に、従業員に向けてマネジメントレターを出し続けた経験が、今役に立っています。忙しいなかで毎週数千字のレターを書き続けるのは本当に大変で、何度もやめようと思いました。それでも続けることで、書くことの本質をつかむ経験ができた。今、執筆の仕事が苦にならないのはこの経験のおかげでしょう。


檜谷芳彦

日本には、欧米のようにディベートする習慣がありません。むしろ「対立は悪」だという共通意識のもと、いかに対立を避けるかが優先されます。だから論が立つ者ほど嫌われたりもします。結局、日本の会議の多くは、議論する場ではなく「議題の再確認の場」にすぎません。裏を返せば、日本の会議で議題を通すには、根回しが必要となってくるのです。


入山章栄

経営学で、リーダーに必要な素養とされるのが「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」です。ビジョンを掲げ、社員に明確に伝え、巻き込むリーダーです。


安田隆夫

仮説と検証を繰り返す微調整の連続こそが、進化の原動力。


藤井フミヤ

細かいところにいろいろと気づくことも大切です。学生のころからみんな、いろいろなアルバイトをすると思うけれど、「バイトだから言われたことをそのままやります」ではなくて、たとえばレストランだろうが、もっとここをこうすれば作業がスムーズになっていくとか、そういうことをボーっとしないで考えるようでないと、上には行けないですよね。