キャサリン・グラハムの名言

キャサリン・グラハムのプロフィール

キャサリン・グラハム、米国の女性経営者。ワシントンポストの発行人を経て、社長・会長。ウォーターゲート事件を大々的に報道することを決断した発行人。報道に関する最高賞のひとつピュリッツァー賞を受けている。

キャサリン・グラハムの名言 一覧

好きなことがやれて、しかもそれが意義のあることに思えるとしたら、これ以上楽しいことなんてないわ。


キャサリン・グラハムの経歴・略歴

キャサリン・グラハム、米国の女性経営者。ワシントンポストの発行人を経て、社長・会長。ウォーターゲート事件を大々的に報道することを決断した発行人。報道に関する最高賞のひとつピュリッツァー賞を受けている。

他の記事も読んでみる

荒木香織

日本では自己犠牲をしてまで成果を出すことが美徳のように言われますが、それは違います。健全に自分の能力を全力で発揮できる環境が大事なのです。


北山ひとみ

マーケティングが、理念に沿って市場を開拓し、新しい顧客を生み出すこととするならば、私の歩んできた道は一貫して、新しい時代の風を受けながら、既存のマーケットをちょっぴり揺り動かし、独自のものを創ってきたと、振り返っています。


三田紀房

僕は小さいころから、「どうすれば相手に好印象を与えることができるか」ということにかなり意識的だったと思います。僕が考える相手に好印象を与えるコツというのは、「相手の立場に立って考えればいい」だけのことです。


印南敦史

まずは、本の「はじめに(序文)」と「目次」を熟読してください。「はじめに」には、その本の目的や要約が書かれています。どんな文体で書かれ、なにを目指して進む本なのか。全体の「ノリ」もつかめます。


菰田正信

現在、6年前にオープンした首都圏の4つの商業施設のテナントの入れ替えをしていますが、多いところは半分以上のテナントを、少ないところでも4割を入れ替えます。それだけ消費者の志向が変化しているということです。お客様は買い物をするだけでなく、レジャーとしてショッピングセンターに来る傾向が強まっています。


貫啓二

倒産寸前、最後にできる範囲で挑戦しようと出店したのが、串カツ田中です。お金がなかったので、物件は居抜きで客席はパイプ椅子。場所も一等地ではなく、東京・世田谷にしました。広さは40平米余りに22席と小規模。厨房で必要な設備やレジはネットオークションで買い、自分たちで施工したこともあり、出店費用はわずか350万円ですみました。「月商400万円ぐらい行けばいい」。そんな予想を上回り、大繁盛。2か月で出店費用を回収できて、半年で月商800万円に到達しました。


実藤裕史

知識や資金面など、完璧じゃなきゃ起業は上手くいかないなんて思わずに、まずやってみることが大事。動いてみると高かった壁が実は意外と穴だらけだったりしますから。


樋口武男

私は支店長時代から数多くの人間を見てきましたが、その気になれば、人はこれほどまでに変わるのかと、驚かされた例は枚挙に暇がありません。


磯崎功典

もっとシンプルにしたかったが、組織変更には多大な時間とお金がかかる。今それをやっている暇はない。自分の家のレイアウトを変えても、お客様価値とは関係ない。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

仕事と育児を両立するに当たり、自分の中で貫いてきたのは、「仕事も子供も、機会を逃さない」という考え方です。出産や育児のタイミングと、仕事のタイミングを合わせることは、まず不可能です。タイミングなんて常に悪いのが当たり前で、侍っても侍っても、「ちょうどいいタイミング」なんてやってきません。でも、本当に仕事と育児が大切ならば、絶対に何とかなる。そんな考えの下、仕事上どんなにタイミングが悪い時でも出産を優先してきたし、子育てがどんなに大変な時期でも、仕事でチャンスがあれば、それを逃さないという姿勢で、これまでやってきました。


高津和彦

例え話の引き出しを増やすべく、観察力と表現を鍛える「1分間描写トレーニング」をしてみましょう。目の前にあるものを積極的に観察し、何通りも描写するクセがつけば、例え話のネタは身の回りからいくらでも仕入れられます。物事をしっかり見ないと描写できないので、観察力がつきます。するとたとえの精度も上がり、説得力のある話し方ができるようになりますよ。


山本亮二郎

例えばワタミの渡邉美樹社長は起業前にきついアルバイトをして創業資金を貯めました。こういう経営者は少ない。だから東証一部上場まで行くんだと思う。ここまででなくても覚悟というか伝わってくるものがないと何かを成し遂げることは不可能だと思う。


深川真

学んだことを自分の会社に当てはめるべく、模索しながらやってきました。さしずめ「まねごと経営」といったところです。


堀之内九一郎

うちは昔からバンバン経費を削減していますが、なんでもかんでも、むやみやたらに削っているわけではありません。社員のヤル気や利益を損なうような形でむやみに節約するのは、利益を追求するべき会社としては愚の骨頂。


松永安左エ門

人様のことについても、先輩、同僚、友人に対しても遠慮なく思うところを述べてきた。その反動として起こる私自身の不評や損得はあえて気にしなかった。どうせ人間、欠点もあれば長所もある。欠点はある場合は長所、長所も欠点になる。幸運は幸運にあらず、不運も幸運に通ずと思うからいっこうに気にならない。


ページの先頭へ