名言DB

9419 人 / 110788 名言

キム・キヨサキの名言

twitter Facebook はてブ

キム・キヨサキのプロフィール

キム・キヨサキ。アメリカの投資家。『金持ち父さん』シリーズで知られるロバート・キヨサキの妻。自身も投資家として活躍。著書に『リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』。

キム・キヨサキの名言 一覧

男性はエゴに気をつけること。プライドが邪魔して、知らないことについて素直に聞けないとか、それでは投資の腕は磨けない。


投資家として成功したいなら、一番興味のある投資対象を見つけること。お金を入れる投資対象に興味があり、その投資が大好きであることが必要条件。そうでないと長続きしないから。


どんな女性でも、自分自身の経済的な面をきちんと自分でコントロールしようと本気で覚悟を決めれば、必すその目標を達成できると私は確信している。


知識もないのに投資をするのはとても危険なこと。誰にでも投資できるものが2つあって、それは時間とお金。ファイナンシャル教育を受けないで投資するような人には、「絶対に投資するな」というのがベストアドバイス。


いくら不景気といっても、ビジネスや投資のチャンスがなくなったわけじゃない。景気が悪くなればなるほど繁盛するビジネスがある。もっとお金や投資について学び、積極的に行動して欲しい。


たいていの人は、相場が上がるという思惑、キャピタルゲインを狙って投資をしている。株でも不動産でも何でもそうだけれど、上げ相場でしか儲けられない。でも、きちんと教育を受ければ、下げ相場でも、相場が横ばいのときでも儲けられるようになる。だから、成功の決め手になるのは、相場ではなく、投資に関する知識。


不動産投資では成長していて雇用が堅調な地域であることも忘れてはいけない。たとえばオクラホマシティーは石油産業が盛んなところで、最近とても注目を浴びている。反対にデトロイトは、いま人口が流出して不況にあえいでいるから、私はそこでは投資しない。


アドバイスしたいのは、まずキャッシュフローとキャピタルゲインの違いを認識すること。これからの相場で有利なのはキャッシュフロー目当てで投資する投資家。どれだけお金を持っていても、キャピタルゲイン狙いの投資家は、上げ相場のときにしか利益を出すことができないから。下げ相場のいま、キャッシュフローを生む不動産物件や、堅調で配当を出す会社の株にこそ価値が見られるの。


キム・キヨサキの経歴・略歴

キム・キヨサキ。アメリカの投資家。『金持ち父さん』シリーズで知られるロバート・キヨサキの妻。自身も投資家として活躍。著書に『リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』。

他の記事も読んでみる

眞鍋政義

信頼がなければ、指導者の声なんて届かない。


松下幸之助

松下幸之助の商売戦術30か条

  1. 商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
  2. お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず。
  3. 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。
  4. 棚立て上手は商売下手。小さい店でゴタゴタしている方がかえってよい場合あり。
  5. 取引先は皆親類にせよ。これに同情を持ってもらうか否か店の興廃のわかるるところ。
  6. 売る前のお世辞より、売った後の奉仕。これこそ永久の客を作る。
  7. お客様の小言は神の声と思って何ごとも喜んで受け入れよ。
  8. 資金の少なさを憂うなかれ。信用のたらざるを憂うべし。
  9. 仕入れは簡単にせよ。安心してできる簡単な仕入れは繁盛の因と知るべし。
  10. 百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁盛させる基と知るべし。
  11. 無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。
  12. 資金の回転を多くせよ。百円の資本も十回まわせば千円になる。
  13. 品物の取り換えや返品にこられた場合は、売ったときよりも一層気持ちよく接せよ。
  14. お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない。
  15. 良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。
  16. 自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ。
  17. 仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え。
  18. 紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげるもののない時は笑顔を景品にせよ。
  19. 店のために働くことが同時に店員のためになるよう、待遇その他適当の方法を講ずべし。
  20. 絶えず美しい陳列でお客の足を集めることも一案。
  21. 紙一枚でも無駄にすることはそれだけ商品の値段を高くする。
  22. 品切れは店の不注意、お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである。
  23. 正札を守れ。値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ。
  24. 子供は福の神。子供連れのお客、子供が使いにきての買い物にはとくに注意せよ。
  25. 常に考えよ今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝に就かぬ習慣にせよ。
  26. 「あの店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ。
  27. 御用聞きは、何か一、二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け。
  28. 店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け。活気ある店に客集まる。
  29. 毎日の新聞広告は一通り目を通しておけ。注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし。
  30. 商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ。

小池利和

未開拓の市場で商品を売る苦労や、新しい顧客層が望む技術を開発する難しさを体験させる。そうして修羅場をくぐらせる中から、異才を持つ人材を見いだし、育成していくことが求められています。


鴨下信一

『岸辺のアルバム』は「ホームドラマの常識を変えた」と言われ、多くの人に高く評価してもらえました。実は岸辺のアルバムを作る前に私は網膜剥離という病気を患い、半年ほども会社を休んでいました。網膜剥離の手術は今では日帰りも可能ですが、当時の手術は難易度が非常に高いもので、目が見えなくなるかもしれないという恐怖もありました。その病気の前と後で、ドラマの制作や演出に対する私の考え方は、一変したのだと思います。目が見えなくなりかけたことで、以降は「音声」をより大切にするようになりましたし、いつまで撮れるか分からないから好きにやってやろうという、よい開き直りも生まれました。そうした気持ちや視点の転換が結果として、病後に作った『岸辺のアルバム』の成功につながったと思っています。


一瀬邦夫

お客様の期待を満たすことは「いきなり!」の原点です。厚切りの高級牛をレアで食べていただく。それもリーズナブルな価格で。繁盛すると、儲けを増やしたくなって肉の質を落とす。値上げをしたくないから、そうすることもありますね。我々は絶対にそうしません。値段を上げたら肉のクオリティーも上げます。


鈴木徹哉(経営者)

紙の手帳は、何より頭の整理ができるのがいい。「管理」というよりも、予定をどう作っていくかという「作り出す」ことに向いています。予定を作るということは、「仕事を作っていく」ということですから、やはり紙の手帳は手放せません。


花沢健吾

自由だと思うんですよね。それこそあらゆる自由な手法があっていい。だからこそ漫画なんで。


松井忠三

変革を起こすことは、当然、リスクを伴います。抵抗勢力も出てくる。その中で、勇気を持って徹底的にやりきり、成果を出す。実行力が不可欠です。


野津基弘

これまで、良い商品を作っても売り上げを維持できなかったのは、ブランド構築という部分が欠けていたから。商品構成をきちんと決めて、収益構造を確立してやりきるという意思を持つことが大切。


小川直也

自己プロデュースのコツは、プロレスでいえば、一番大事なのは「出方」です。そのイベントに出るのか、出ないのか。「ギャラが多けりゃ何でも出る」というような奴は、その他大勢になってしまいます。臨機応変さも大事だけど、「これだけは譲れない」という自分の芯みたいなものもなきゃ駄目。それがないと、お客さんは感情移入できないんです。