名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

キム・キヨサキの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キム・キヨサキのプロフィール

キム・キヨサキ。アメリカの投資家。『金持ち父さん』シリーズで知られるロバート・キヨサキの妻。自身も投資家として活躍。著書に『リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』。

キム・キヨサキの名言 一覧

男性はエゴに気をつけること。プライドが邪魔して、知らないことについて素直に聞けないとか、それでは投資の腕は磨けない。


投資家として成功したいなら、一番興味のある投資対象を見つけること。お金を入れる投資対象に興味があり、その投資が大好きであることが必要条件。そうでないと長続きしないから。


どんな女性でも、自分自身の経済的な面をきちんと自分でコントロールしようと本気で覚悟を決めれば、必すその目標を達成できると私は確信している。


知識もないのに投資をするのはとても危険なこと。誰にでも投資できるものが2つあって、それは時間とお金。ファイナンシャル教育を受けないで投資するような人には、「絶対に投資するな」というのがベストアドバイス。


いくら不景気といっても、ビジネスや投資のチャンスがなくなったわけじゃない。景気が悪くなればなるほど繁盛するビジネスがある。もっとお金や投資について学び、積極的に行動して欲しい。


たいていの人は、相場が上がるという思惑、キャピタルゲインを狙って投資をしている。株でも不動産でも何でもそうだけれど、上げ相場でしか儲けられない。でも、きちんと教育を受ければ、下げ相場でも、相場が横ばいのときでも儲けられるようになる。だから、成功の決め手になるのは、相場ではなく、投資に関する知識。


不動産投資では成長していて雇用が堅調な地域であることも忘れてはいけない。たとえばオクラホマシティーは石油産業が盛んなところで、最近とても注目を浴びている。反対にデトロイトは、いま人口が流出して不況にあえいでいるから、私はそこでは投資しない。


アドバイスしたいのは、まずキャッシュフローとキャピタルゲインの違いを認識すること。これからの相場で有利なのはキャッシュフロー目当てで投資する投資家。どれだけお金を持っていても、キャピタルゲイン狙いの投資家は、上げ相場のときにしか利益を出すことができないから。下げ相場のいま、キャッシュフローを生む不動産物件や、堅調で配当を出す会社の株にこそ価値が見られるの。


キム・キヨサキの経歴・略歴

キム・キヨサキ。アメリカの投資家。『金持ち父さん』シリーズで知られるロバート・キヨサキの妻。自身も投資家として活躍。著書に『リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

基本的に消費者の行動は慎重ですが、同じ人でも平日は質素な暮らしをしているけど、週末は新幹線のグリーン車に乗って家族旅行に出かけたりしていて、個々の消費パターンが多様化している。二極化というと2つしか行動パターンがありませんが、多様化、多極化という視点で見た方が分かりやすいと思います。


ハワード・シュルツ

解決不可能と思われた障害を一つ乗り越えると、他の障害がそれほど苦にならなくなる。くじけることなく挑戦し続ければ、たいていの人は自分の夢よりも大きなことを達成できる。大きな夢を持つことが大事なのだ。基礎をしっかり固めて、貪欲に知識を吸収し、従来の考え方を大胆に切り換える。これまで誰もやらなかったことに挑戦するのだ。


吉野佳秀

外注にはメリットとデメリットがありますが、何と言っても、工事の安全が最重要です。工事の安全を確保するために、現場の教育も必要です。同様に協力会社の社長の方々にも、同じように安全意識を持っていただかなければならないと、年に1・2回、協力会社の経営者を集めて安全大会を開いています。


田川欣哉

ポジションが上がるにつれ、エンジニアやデザイナーから提案される商品企画について、意見を求められる機会が増える。その時、分かりもしないのに口だけ出すのは混乱のもと。それぞれの専門領域の勘所や思考の様式が分かり、相手にどうお願いすれば自分の考えを実行してくれるのか、コミュニケーションが取れる力が求められる。


鈴木敏文

どこで妥協するかで、その人の人生が決まる。私の場合、自分で自分に妥協することができない。


俣野成敏

マニュアルを作ってその通りに仕事をしてもらうことで、最初から部下に任せることができます。マニュアルもイチから十まで全部作ろうとすると大変ですから、大まかな方針だけ決定したら、部下自身にマニュアルの作成作業をしてもらうのも一つの手です。仕事を途中で手放して続きを部下に任せるというスタンスは、部下育成にもつながります。そして、部下が成長することによって、ますます任せられる仕事が増えていくので、さらに時間的余裕が生まれる。自分はさらに難度の高い仕事のみに専念できるようになる。


丸山康幸

意識改革をしよう。という抽象的な言葉をかけても、人は動きません。何がよくて何が悪いのか、その判断がしやすいよう「一番大事なこと」を軸に、すべての仕事を単純化しました。


長島徹

順番の問題なのですが、企業が存続しながら、利益を出し、税金を支払って社会に還元するという順序の中では、株主は第一ではないんです。まず、お客様ありきです。そうでないと企業は存続できない。そして、お客様と相対しているのは従業員です。まずお客様のため、次に従業員のため、そこから出た利益で税金を支払って社会のために使う。その残った利益を株主に還元する。お金の面では株主は最後になる。ところが、何かを始めようとすると、株主のお金がないと会社は動けない。この場合は、株主が最初なんです。どちらから物事を見るかによって異なりますが、何が何でも株主第一ではない。


梅原勝彦

当社がずっと心がけているのは、設備も人員も「過剰なぐらいがいい」ということです。中小・零細の製造業に限らず、大手企業でもわずかな利益を出すためにも「乾いた雑巾をしぼる」厳しいコスト削減が求められています。私自身も社内のコスト削減には常に目配りしているつもりですが、現場の人員と設備、それに半製品の「仕掛品」の在庫量はあえて過剰気味にしています。その理由は急ぎの仕事が舞い込んできた場合でもすぐに対処できるようにするためです。お客さんから「大至急頼む」といった難しい注文は、顧客の信頼感を得る絶好のチャンス。しかも、相手方も無理を承知のオーダーだから、適正価格を維持できるので、一石二鳥です。


斎藤司

部署内の「あるあるネタ」も使えますね。上司のクセを真似したり、いつもダサい服を着ている奴がいたら、イジってみたり。「あるある」は、笑いの共有と場の一体感を生みます。でも、悪口にならないように注意。相手のプライドを傷つけると、後で大変なことになります。うまくイジれる人がいない場合は、自虐ネタで自分を落とすのが安全でしょう。僕の場合は薄毛という最終兵器があるので(笑)、これを駆使すれば誰も傷つかない。


櫻井英明

努力を少しづつでも高めていけばいつか必ず記憶に残る銘柄やファンとなれる企業にめぐり合える筈。これが実は株式投資の本質の一部でもあるのです。


中野信子

いきなり大変なことからやるのではなく、なるべくやりやすいことから始めるのも、すぐに取りかかるコツです。たとえば会議の資料づくりなら、まずはパワーポイントを立ち上げ、ページ番号を打つことから始めるなどです。