キム・キヨサキの名言

キム・キヨサキのプロフィール

キム・キヨサキ。アメリカの投資家。『金持ち父さん』シリーズで知られるロバート・キヨサキの妻。自身も投資家として活躍。著書に『リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』。

キム・キヨサキの名言 一覧

男性はエゴに気をつけること。プライドが邪魔して、知らないことについて素直に聞けないとか、それでは投資の腕は磨けない。


投資家として成功したいなら、一番興味のある投資対象を見つけること。お金を入れる投資対象に興味があり、その投資が大好きであることが必要条件。そうでないと長続きしないから。


どんな女性でも、自分自身の経済的な面をきちんと自分でコントロールしようと本気で覚悟を決めれば、必すその目標を達成できると私は確信している。


知識もないのに投資をするのはとても危険なこと。誰にでも投資できるものが2つあって、それは時間とお金。ファイナンシャル教育を受けないで投資するような人には、「絶対に投資するな」というのがベストアドバイス。


いくら不景気といっても、ビジネスや投資のチャンスがなくなったわけじゃない。景気が悪くなればなるほど繁盛するビジネスがある。もっとお金や投資について学び、積極的に行動して欲しい。


たいていの人は、相場が上がるという思惑、キャピタルゲインを狙って投資をしている。株でも不動産でも何でもそうだけれど、上げ相場でしか儲けられない。でも、きちんと教育を受ければ、下げ相場でも、相場が横ばいのときでも儲けられるようになる。だから、成功の決め手になるのは、相場ではなく、投資に関する知識。


不動産投資では成長していて雇用が堅調な地域であることも忘れてはいけない。たとえばオクラホマシティーは石油産業が盛んなところで、最近とても注目を浴びている。反対にデトロイトは、いま人口が流出して不況にあえいでいるから、私はそこでは投資しない。


アドバイスしたいのは、まずキャッシュフローとキャピタルゲインの違いを認識すること。これからの相場で有利なのはキャッシュフロー目当てで投資する投資家。どれだけお金を持っていても、キャピタルゲイン狙いの投資家は、上げ相場のときにしか利益を出すことができないから。下げ相場のいま、キャッシュフローを生む不動産物件や、堅調で配当を出す会社の株にこそ価値が見られるの。


キム・キヨサキの経歴・略歴

キム・キヨサキ。アメリカの投資家。『金持ち父さん』シリーズで知られるロバート・キヨサキの妻。自身も投資家として活躍。著書に『リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』。

他の記事も読んでみる

瀬戸健

世界中のあらゆる減量・ヘルスケアサービスの中で、最も効果を出すサービスであり続ける。


松波晴人

心理学で言うラベリングというのがあります。子供に「算数が良く出来るな」とラベリングするか「お前はあほやな。頑張らなあかんわ」とラベリングするかで、その後が違ってくる。前者のように良い言い方をしたほうが、圧倒的に成績が伸びるんです。皆さんがよくご存じなのは、血液型です。A型はまじめなどと言われますが、心理学的には、血液型と性格とは全く関係ないものです。でもこれも「A型だからまじめですね」と言われて、まじめになっていくんです。


北尾吉孝

三国志時代の名参謀として知られる諸葛亮孔明は、8歳の息子に次のような言葉を残しています。「淡泊にあらざれば、もって志を明らかにすることなく、寧静(ねいせい)にあらざれば、もって遠きを致すなし」。私利私欲に溺れず淡泊でなければ、志を明らかにし、かつそれを保ち続けることはできない。また、落ち着いてゆったりした気持ちでないと、遠大な境地に立つことはできない。セコセコ、ガサガサするな。右往左往しては駄目だという教えです。


伊藤勝康(経営者)

会員の方1人が、1年間に当社の施設で使う金額はおよそ50万円です。でもリゾートとベイコート、あるいはリゾートとグランドハイメディック倶楽部などのように、2つ以上会員権を持っている人は100万円以上、ご利用されています。ですから、新しい事業を開拓し、それを既存会員の方々に利用していただければ、当社の業績も伸びていきます。


ビル・ゲイツ

私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることを大いに気に入っている。


石川康晴

商品の優位性は模倣されてしまうが、サービスの優位性はなかなか模倣されない。


小泉光臣

持たざる経営というのは、格好悪いのですが、被買収企業に1000人単位で乗り込んでいくほど人材がいなかったのです。だから任せる経営になった。社内では冗談交じりに「貧者の経営」とも言っています。


村田昭治

いま経営環境の大変化のなかで、企業は差別化、差別的優位性、自分の領域、独自のノウハウをベースにして確固たるものにすることが必要だ。そしてその企業行動のすべてで透明性が高く、企業責任が明快であることが求められている。


ロバート・キヨサキ

結局、どんなビジネスであっても、成功するかどうかはセールスができるかどうかにかかっている。セールスのできない人ではビジネスは続かない。


野間口有

長所を伸ばせば、弱点は自然とカバーされるものです。たとえば、我が社の経営戦略の基本に、「強いものを、より強く」がありますが、これは自社で持っているいい製品、技術、得意な分野に力を入れていくということです。強い部分に力を注ぎ、それを伸ばしていけば、弱いところは自然と整理されカバーされていきます。


古市憲寿

ネットは仕事獲得の可能性を広げますが、それは誰もが可能性を手にすることを意味します。つまり競争も激化するんです。


黒川博昭

実際に付加価値が生まれるのは、設計・開発のところが一番大きいのです。そこに人の知恵を活かすという工夫を持ち込む必要があります。


野路國夫(野路国夫)

いわゆるダントツ商品をはじめとして、かなり先行して技術開発をやれる力はついてきたなと思います。この点はもう、お客さんが評価するわけで、我々が評価するというよりも見てもらえばわかります。


岡本欣也

数字は差別化の強力な武器です。画期的な商品やサービスが登場した時は、ストレートに伝えた方がインパクトが強くなる。


ジム・ロジャーズ

自分で自分の進路を決めるべきだ。
自分が大好きなことを仕事として選ぶべきだ。
特にやりたいことが見つからないのならば、必死に探すべきだ。


ページの先頭へ