名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

キェルケゴール(キルケゴール)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

キェルケゴール(キルケゴール)のプロフィール

キェルケゴール(セーレン・オービエ・キェルケゴール)。デンマークの哲学者、思想家。コペンハーゲン出身。実存主義の創始者とされ、多くの哲学者に影響を与えた。

キェルケゴール(キルケゴール)の名言 一覧

行動と情熱がなくなると、その世界は、妬みに支配される。


人を誘惑することのできないような者は、人を救うこともできない。


自らの挫折の中に信仰を持つ者は、自らの勝利を見出す。


人間とは奇妙な奴だ! 自分が持っている自由は決して使わないのに、いつも自分の持っていない自由を望む。


愛はすべてを信じ、しかも欺かれない。愛はすべてを望み、しかも滅びない。愛は自己の利益を求めない。


本当に黙することのできる者だけが、本当に語ることができ、本当に黙することのできる者だけが、本当に行動することができる。


信念は理屈をも超越する。


臆病の虫に取り付かれると、その人は良きことを行なわなくなる。


不安は自由のめまいだ。


キェルケゴール(キルケゴール)の経歴・略歴

キェルケゴール(セーレン・オービエ・キェルケゴール)。デンマークの哲学者、思想家。コペンハーゲン出身。実存主義の創始者とされ、多くの哲学者に影響を与えた。

他の記事も読んでみる

南佳孝

実は僕もこの2~3年、ちょっと萎えていたんだ。けど去年、書こうと思って書きだしたら、また出始めて。不思議なもんだよね。テニスのフェデラーもあれだけの人なのに「勝ちたい気持ちがまた増してきている」んだって。すげえな、このおっちゃんと。諦めたらそこで終わりなわけだから。


松岡友子

広く使われることでいつしか市民権を得ていく言葉もありますが、ビジネスにおいては、本来の言葉の使い方をわかったうえで意識的に選んで使っていきたいものです。


梅原勝彦

新事業に進出するタイミングがあります。これは、既存の事業が、絶好調とはいかなくても好調なときが正しいと思っています。ほとんどの方は、今取り組んでいる事業に問題が出てきてから新事業進出に動き始めるのですが、それだと焦りが出るし、失敗する確率も高い。


三浦昭

身軽で柔軟な組織づくりを進めていくと、事業規模は小さくても、全面的にマネジメントの責任を求められるポストが増えていきます。リーダーが失敗すると、部下全員が被害を受けますし、大組織と違って、すぐに助けてくれる上司もいません。そうした責任に耐えられる人材の需要が高まっているのです。私自身も、人材育成には心して取り組まなければいけないと気を引き締めています。


石渡美奈

広告代理店の営業のアルバイトは、消極的な気持ちで始めた仕事でしたが、意外にも営業の仕事は性に合っていました。私にもできることがあったと嬉しくなり、のめり込んでいきました。


田中耕一

イノベーションを起こすために、新しく特別な場を設ける必要が本当にあるでしょうか。特別な場所ではなく、気張らずに意見交換できる場所でいいんです。むしろ正式な会議にすると、固まった思考になってしまいます。ちょっとコーヒーを飲んでリラックスしたときに「最近、仕事でこういったことを悩んでいるんだ」と他部署の人に打ち明けられるような場所ならどこでもいい。


稲盛和夫

あまり苦労しなくても経営がうまくいっているという状況が、私には心配なのです。本来、経営というものは辛酸をなめて、苦労して、一生懸命やって初めて、うまくいくというものでなければなりません。会社の業績は、経営トップだけではなく、社員全員が努力をし、辛酸をなめた結果、良くなるものです。ところが、全体的に景気が良くなり、自分の会社も何となくうまくいっているという状況は、実は非常に危険です。そのような状況では、小さな嵐が吹いただけで、会社も日本経済ももろくも崩れてしまいます。


藤堂高明(経営者)

ひとつひとつの会社がやっていることをプラットフォームの上に乗っける。そうすると合理化されて、規模のメリットが活かせるようになる。


河﨑秋子(河崎秋子)

戦いのシーンが主軸になるので、エンターテインメント性は意識しました。スピード感が求められる分、描写をどう削いでいくのかで苦労しました。


グレン・ガンペル

カジノ事業については国内外の有力な事業者とほぼミーティングの機会を持ちました。しかし、カジノ法案が成立するかどうか不確定な部分も多いため、提携などといった大きな話までには発展していません。政府がゴーサインを出せば、すぐに大きな投資ができるようにしている状況です。


原田泳幸

残念ながら、ひとつの成功は長続きしません。競合に追いつかれてしまうからです。


藤井幸雄(経営者)

企業の永続的発展を見据えるとき、事業の規模、中身だけではなく、組織もそれに見合ったものでなければいけない。