ガー・レイノルズの名言

ガー・レイノルズのプロフィール

ガー・レイノルズ。プレゼンテーションの専門家。関西外国語大学准教授。米国のオレゴン州出身。ハワイ大学大学院卒業後、日本に渡り茶道や禅を学ぶ。その後、住友電気工業、アップルなどに在籍したのち、プレゼンテーションの専門家として独立。数多くの企業をクライアントを持つ。また、関西外国語大学経営学部准教授としてプレゼンテーションを教えたり、ライター、デザイナー、ミュージシャンとしても活動している。著書に『プレゼンテーションzen』『シンプルプレゼン』『裸のプレゼンター』『プレゼンテーションzenデザイン』など。

ガー・レイノルズの名言 一覧

プレゼンの中身についてのアイデアを書き出すとき、質より量を重視します。クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もあるのです。


理解させるには、すべてを伝えないといけないと思っている人は多いが、それは誤り。要素を削り、メッセージを絞った方が伝わる。


控えめすぎず、押しつけがましくなく、普段の会話のようにナチュラルに語りかけるプレゼンが信頼される。


プレゼンはシンプルに。不要な要素を取り除き、本当に必要なメッセージを絞り込む作業は大変ですが、得られる効果は絶大です。


箇条書きだらけのスライドで行うプレゼンは、聞き手を退屈させる。自分が聴衆でいた時のことを思い出すと明白でしょう。


プレゼンで重要なことは、本当に大切なことのフォーカスすることです。「あれも、これも、みんな重要です」というのは、何も重要ではないと言っているのと同じです。


日本でもほかの国でも、悪いプレゼンの特徴は同じです。「長すぎる」「情報だけでストーリーがない」「何が大切なのかわからない」。だからつまらない。その点で、文化の違いはありません。


パワーポイントは、適切な方法で使えば役に立つツールです。しかし、プレゼンターが話しているのと同じ情報をスライドにも書くような、不適切な方法で使えば、最悪なプレゼンになってしまいます。


プレゼンテーションのスライドはビジュアルであって、文字を読ませるものではありません。人は文字を読みながら話を聞くのが苦手なのです。スライドはビジュアルに徹するべきです。スクリーンはシンプルにすべきです。


日本の伝統的な文化は、不必要なものを排除し、しかも不足はなく、シンプルでありながら単純ではなく、深いものです。生け花もそうです。庭園も、アメリカでは過剰にいろいろな要素が詰め込まれていますが、日本の禅庭は静けさと空間から成り立っています。日本のデザインセンスは素晴らしく、ビジュアル・コミュニケーションのセンスも高いと思います。ところが、第二次堺大戦以降の日本の文化はごちゃごちゃとした過剰なものになりました。


日本には「起承転結」という言葉があるにも関わらず、驚かせる部分やクライマックスがなく、ストーリー性がないプレゼンテーションも多い。情報を並べているだけなのです。


日本人がプレゼンテーションで何でも詰め込んでしまうのは、間違いを極度に恐れる文化があるからではないでしょうか。間違えることのリスクを大きく捉えすぎているのです。


プレゼンでは不必要なことを削らなければなりません。詳細な情報が必要であれば、配布資料にすればいい。ところが、配布資料をそのままスクリーンに映してしまうプレゼンが多いのです。


プレゼンで「念のために」と何でも情報を詰め込み、上司から「これも入れておけ」と言われれば、それも入れる。そうしてスクリーンは文章だらけになる。聞き手はスクリーンのどこを見ればいいのかわからず、疲れる。プレゼンターがスクリーンに映った文章を読み上げるのを、利き手は我慢して聞く。これではつまらないに決まっています。


視覚的なスライドも重要ですが、真の優れたプレゼンターになるために最も磨くべきビジュアルは自分自身。そして、スピーチやパフォーマンスなどのテクニックも大事だが、最終的には伝えたいという情熱こそが大切。


プレゼンでは背伸びして自分を大きく見せる必要はないし、逆にへりくだる必要もありません。普段から静かな人は少しテンションをあげたほうがいいですが、親しい友達と会ったときのように話してもらえば十分です。恥すかしがらずに、いつもの自分でいけば、きっとオーディエンスと心がつながるはずです。


いくら論理を積み重ね、ビジュアルを工夫してスライドをつくっても、プレゼンターの存在を感じられないプレゼンに魅力はありません。「ほかの誰でもない、私の提案だ」という顔の見えるプレゼンをしてこそ、オーディエンスはそのプレゼンに一目置くのです。


日本では、暗い演壇でスライドだけに光を当て、自分は陰に隠れたままレーザーポインタで指し示すというプレゼンをよく見かけます。このやり方は、おすすめできません。自分の姿を隠すのは、提案内容と自分を切り離したい、提案内容が批判されても無傷でいられるように自分は安全地帯にいたいという気持ちのあらわれです。そんな人のプレゼンを信じられるでしょうか。


スライドと同じものを印刷して資料として配る人がいますが、これはダメ。スライドと配布資料の両方の役割を兼ねさせようとして、「スライドとしては重すぎて、配布資料としては物足りない」という中途半端なものになります。日本には「二兎を追う者は一兎をも得ず」という諺がありますが、まさにそれです。


プレゼンのスライドは、シンプルであることが大事です。データをたくさん載せて難しく見せたほうが説得力は増すという考えは逆効果。データはできるだけ省くか、見せる場合もシンプルなビジュアルにすべきです。詳しいデータで補完しなければいけない場合は、別に資料として配布しましょう。


質問にその場で的確に答えられなければ失望を招きます。だからこそプレゼン前に質問を想定して、それに対応できるように入念に準備しておく必要があります。


プレゼンでは質疑応答の準備も重要です。質疑応答なしで一方的に話すプレゼンは、オーディエンスから信頼を得られません。考えてみてください。恋人とデートするとき、相手が自分のことしか話さなかったらどう思いますか。退屈だし、「相手は自分のことを見ていない」と不信感を持ちますよね。オーディエンスの心理も同じです。双方向のコミュニケーションを取りたいと考えているのです。


外資系の某化粧品会社で、新商品のメッセージについてディスカッションが行われました。「この技術が肌をきれいに見せる」「保湿効果が何%アップ」など、アピールしたい点がいろいろあり、まとまりません。ところが誰かが「これは働くお母さんの一日を楽にしてあげる商品だ」というと、みんなが納得してパッと方向性が定まりました。機能を並べるより、「働くお母さんが抱える悩みがこの商品によって解決される」というストーリーのほうがわかりやすく、訴求力があるのです。


プレゼンの準備段階では、ストーリーを残して、スペックなどの情報を削っていく。商品やサービスの特徴を個条書きにするより、その商品やサービスによってどのような変化がもたらされるのかという物語を示したほうがずっと説得力があります。


プレゼンの準備段階で意識してほしいのは、「何を伝えるか」より「何を省くか」です。プレゼンターは、伝えたいことすべてを伝えようとします。しかし、盛りだくさんのプレゼンは消化不良を起こしやすく、不親切。要素はなるべく絞り込んで、シンプルにすることを心がけてください。


アメリカ流の芝居がかったプレゼン、身ぶり手ぶりが派手で熱弁をふるうプレゼンには力強さがありますが、行きすぎると、怪しいセールスマンのような胡散臭さが漂います。


日本のビジネスパーソンの多くは、プレゼンのときにオーディエンスに顔を向けることなく、うつむいてボソボソと資料に書かれた内容を説明します。こうしたプレゼンはいかにも自信がなさそうに見え、提案内容にも信頼を置けなくなります。


スライドは伝えたいメッセージと、視覚的に訴えるビジュアルを組み合わせたシンプルなものにする。そのうえで話の内容に応じてスライドをタイミング良く見せることで、メッセージがより伝わる。


箇条書きの文字で埋め尽くした複雑なスライドを使うプレゼンとは決別し、スティーブ・ジョブズのようなシンプルなプレゼンを行おう。


情報が多すぎると、シンプルで素敵なアイデアは出てきません。まずはノートパソコンを閉じて、自分の頭で考えることです。ツイッターもメールも見ない。子供のように、鉛筆で紙にアイデアを書き出していく。


聴衆が求めるのは情報ではなく、テーマや問題を分かち合い、自分にも考えさせてくれること。それには全身全霊で訴え、聴衆を巻き込んでいく必要があります。それができるのはスライドではなく「丸裸」の自分を見せてでも、聴衆に向き合おうとする気持ちです。


プレゼン準備でまず大切なことは、パソコンを閉じること。静寂の中で、自分と向き合い、紙に書いてみることが大事です。観客が誰であるか。そしてプレゼンの結果、観客にどんな変化を及ぼしたいかを書き出します。


プレゼンのスライドのスケッチは紙に書きます。紙ではなく、パソコンのプレゼン用ソフトを使った場合、文字を少し書き直したり、画像をつけ加えるたびに、面倒な操作をしなくてはなりません。紙とペンなら、瞬時に思った通りのことを書けます。作業中、常に全体の構成を確認しながら作業できるのも紙の利点です。


ガー・レイノルズの経歴・略歴

ガー・レイノルズ。プレゼンテーションの専門家。関西外国語大学准教授。米国のオレゴン州出身。ハワイ大学大学院卒業後、日本に渡り茶道や禅を学ぶ。その後、住友電気工業、アップルなどに在籍したのち、プレゼンテーションの専門家として独立。数多くの企業をクライアントを持つ。また、関西外国語大学経営学部准教授としてプレゼンテーションを教えたり、ライター、デザイナー、ミュージシャンとしても活動している。著書に『プレゼンテーションzen』『シンプルプレゼン』『裸のプレゼンター』『プレゼンテーションzenデザイン』など。

他の記事も読んでみる

吉田耕次

理解は、相手の背景がわかるとさらに深まります。一緒に食事をするなど、直接会って話すことで初めて理解できることも多い。


福沢諭吉

カゲロウは朝に生まれて夕に死すというといえども、人間の寿命に比べてさしたる相違にあらず。蚤と蟻と背比べしても、大衆の目より見れば大小なく、一秒時の遅速を争うも百年の勘定の上には論ずるに足らず。されば宇宙無辺の考えをもってひとり自ら観ずれば、日月も小なり、地球も微なり。まして人間ごとき無知無力、見る影もなきうじ虫同様の小動物にして、石火電光の瞬間、偶然この世に呼吸眠食し、喜怒哀楽の一夢中、たちまち消えて痕なきのみ。


澤上篤人

「人々が生きていくうえで必要不可欠な商品を作る会社」は、どんなに株価が上がろうと必す買われます。もし彼らに頼まなければその商品や技術が手に入らないとなれば、大枚をはたいてでも買う客がいる。だからこうした会社は、10年、20年先も隆々と生き残れる。


BNF(ジェイコム男)

儲かっても、損しても精神的にかなりきつい。やっててつらいんです。1回この世界に入ったら、何をしていても株で頭がいっぱいになる。やめたいのに、やめられない。家族からも「やめたら」と言われる。でも、いつでも値動きがある。もうけのチャンスがそこにあるのに、失うこともつらい。出来たはずのことをしなかったことで仕事放棄のような気がしてしまうんです。


シェイクスピア

人間の生活においても、ある種の潮流がある。満ち潮に乗れば、幸運に導かれる。無視をすれば、人生の旅は苦しみの浅瀬に漂うだけとなる。私たちはいま、そういう海に浮かんでいる。だから、その潮流に乗らなければならない。さもなければ、賭けているものをすべて失くすことになるのだ。


田岡信夫

2位という地位は、1位に対する差別化が戦略となる。まず絶対に1位の模倣をしない。言い換えれば独創力で勝負をするということになる。これは2位に課せられた最大の条件である。さらに、3位の敵を徹底的にたたくこと。地位間においては利害関係は一致しない。つまり、2位という地位は二正面作戦を余儀なくされる。こうした戦略のシステムを社内的に余程体制化しルール化しておかないと、ガタガタになってくる恐れがある。


ヘミングウェイ

歳をとるにつれ、自分にとってのヒーローという存在を持つことが難しくなるが、多かれ少なかれそれは必要なことである。


山崎将志

仕事がうまく回っている人は、どれだけ忙しくてもにこにこしているものだ。トラブルがあっても、笑顔で「困ったな」なんて言っている。反対に、部下をうつ病にさせるようなリーダーが「困ったな」と言うときは、本当に深刻な顔をしている。触らぬ神にたたりなしで、誰も「どうしたんですか?」と声をかけようとはしないだろう。


幸田真音

大きな仕事を任されるようになり、しかるべき結果を出せたなら、それを正しくアピールすることもお忘れなく。私自身はアピール競争の激しい米国系の金融業界に身を置いていたので、自己アピールには苦労させられました。主張しないとそこにいないも同然と、存在を無視される世界でしたからね。


ファイティング原田

全然、相手のパンチ力が違ったね。それだけじゃなく身長から体格まで違った。背が高いからパンチが届かないんだ。でも、そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
【覚書き:フライ級からバンタム級に移ったときの発言。その後、世界フライ級に続きバンタム級でも世界チャンピオンを獲得した。】


杉山彰泰

人は他人から施しを受けた場合、お返しをしなければならないという感情を抱くもの。小さな信頼をコツコツと貯めた後のもう一押しが活きるのです。


ジャック・マー(馬雲)

私は米国のB2B(企業間取引)のビジネスモデルをそのまま中国に持ってきたのではありません。米国のB2Bはもともと、大企業間の商取引の省力化が狙いでした。一方、私は企業家精神旺盛な中小企業の経営者が、商売を広げるためのツールとして、インターネットを活用できると考えました。B2Bという言葉は同じでも、事業コンセプトは似て非なる独自のものでした。


竹中平蔵

人生の糧になるのは小さな失敗を繰り返すことです。いかに大きな失敗をせずに、小さな失敗を許容できるかがベンチャーの成長にとっては重要です。


角倉素庵

もし他国で優れた人物に出会ったら、父か師のように敬って、その国のしきたりを学び習慣に従うようにせよ。


糸井重里

似たような商品やサービスを考えている人は世の中にたくさんいて、そんな中で「似ているんだけど違うもの」だけが生き残っていく。その「違うもの」はすぐ真似ができてしまうものではダメ。


ページの先頭へ