名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ガルブレイスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ガルブレイスのプロフィール

ジョン・ケネス・ガルブレイス、カナダ出身の米国経済学者。カリフォルニア大学バークレー校卒業後カナダから米国籍に帰化、第二次大戦中に物価局副局長としてインフレ抑止策に尽力。インド大使、ハーバード大学教授。50を超える著作、1000以上の論文を執筆。20世紀の経済学の巨人と称される

ガルブレイスの名言 一覧

偉大なリーダーは皆、ある共通な特徴を持っている。それは、その時代の人々の大きな不安に進んで真っ向から立ち向かう気持ちである。他でもなく、これがリーダーシップの要点なのだ。


富には多くの利点がともなう。それを否定する意見も数多いものの、確固たる説得力のあるものはいまだかつてない。


自分の心を変えるか、その必要がないことを証明するか、という二つの選択肢に直面すると、ほとんど全員がその証拠を得ようと躍起になる。


基準などない。誰も何が良いか悪いかなど言えない。誰もがユーモアの是非について語るのは確実だが。


金融政策は魔術的である。


独善的な信念と仕組まれたナンセンスを見つけることに、大いなる喜びがある。


政治の世界においては、もの忘れの才ほど珍重されるものはない。記憶力の悪さほど政治の世界で重宝なものはない。政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。


経済学の世界では、決まって多数派が間違える。


基本的には、連邦準備銀行(FRB、Federal Reserve Bank of New York)は大きな権力と地位を有しているが、実際に効果の上がることはなにもしていない。


雑なテクノロジを達成しようとする姿を見ると、宇宙開発を説くとするアメリカがなぜスラム問題を不得意とするのか、そのヒントが見えてくる。


あらゆる階級の中で、金持ちは最も注目されるが、最も学がない。


バブルがいつ崩壊するか予測するのは誰にもできない。ただ、過去のバブルは例外なくはじけている。


ガルブレイスの経歴・略歴

ジョン・ケネス・ガルブレイス、カナダ出身の米国経済学者。カリフォルニア大学バークレー校卒業後カナダから米国籍に帰化、第二次大戦中に物価局副局長としてインフレ抑止策に尽力。インド大使、ハーバード大学教授。50を超える著作、1000以上の論文を執筆。20世紀の経済学の巨人と称される

他の記事も読んでみる

田中良和(GREE)

自分たちができる以上のことをやろうとすれば、当然、ゆがみが生じてしまう。


相澤賢二

社員に読書感想文を書かせています。当初は経営のハウツー本も読ませていましたが、いまでは良い人になるための心温まる、感動できる本を配っています。心が温かいことが商売の基本だからです。4月は『佐賀のがばいばあちゃん』でした。


後藤卓也(花王)

若い社員の中には、質問すらマニュアル的になっている人もいますね。会長職になってから、全国の支社を回って若手社員とコミュニケーションをとる機会を積極的につくっていますが、「M&Aをどう思いますか?」とか、「読んでいる本は何ですか?」とか、どこかで聞いたような質問を受けることも少なくありません。もちろん、きちんと答えますよ。でも、せっかくの機会ですから、ホントに自分の糧になるような質問が、もう少しあってもいいかなと感じます。


森信親

規模が大きいとコストは下がりますが、収益性は平均値に収敵していく傾向があります。ニッチで頑張って収益性が高いところはある。逆に、大手地銀でも何のリスクも取らず、地域に貢献していないところもあります。


丹羽宇一郎

私が幕末の人物で最も注目するのは西郷隆盛です。吉田松陰とは違うタイプの指導者で背中で語る人物といいますか。その生き方を見て、若い人たちが心酔していたように思えます。権力者から扱いにくいと思われるような人間だからこそ、改革者になりえたと思います。


君塚良一

シナリオを書くのって、自分の人生が和紙みたいものだとすると、破けたところだとか、しわが寄ったところだとかで、面白い企画やいいセリフやシーンの設定を思いつくんじゃないでしょうか。パソコンの前に1か月座っていても、心の和紙には染みひとつつかない。でも外に行って友達と飲んでいれば、隣のテーブルにすごく可愛い娘がいて、「トイレに行ったときにぶつかったりしないかなあ、ドラマじゃないからそんなことあり得ないよなあ」なんて思うわけです。もしかしてこのシワでドラマができるかもしれない。だからなるたけ外に出ることです。パソコンの前では日を決めて朝から晩まで集中して書いて、ベタベタ時間をかけない方がいいですね。


小田真弓(加賀屋女将)

客室係が気働きをできる環境を整えるのは、女将や社長などトップの役目です。こう考えて、ハードとソフトの両面で客室係を支援する仕組みを導入してきました。


大島康朋

大島産業のモットーは「ガンバル!!」です。日々当たり前の務めを当たり前に、粛々と果たしていこうという思いを込めています。そこから互いの信頼関係が生まれると、私は確信しているんです。


木島洋嗣

これまでも、頼まれたことは好きだとか嫌いだとか言わずに引き受けてきました。それが最後はビジネスになると思っています。


菅野寛

修羅場に直面したとき、「自分は社会正義のために事業をしている」とか「この事業を通じて人々の生活が楽になる」とか、そういう使命感があれば、どんなにつらくても頑張れるものです。


安渕聖司

予想外の事態が起こると取り乱す人は、おそらく「正しく予測をすること」が自分の仕事だと思っているのでしょう。しかし、私は、「自分が予測したことに対して、違う結果やギャップが出てくるのは当たり前。そういうことが出てきたときに対応するのが、自分の仕事である」と定義しています。だから、予測が外れてもイライラしませんし、起きた問題に対しても落ち着いて対処ができるのです。


小倉広

フジゲンを世界一のギター会社に導いた横内祐一郎会長が「一流の人は皆、素直」と語っていたが、素直だから一流になれたと言い換えてもいいでしょう。