名言DB

9413 人 / 110706 名言

ガルブレイスの名言

twitter Facebook はてブ

ガルブレイスのプロフィール

ジョン・ケネス・ガルブレイス、カナダ出身の米国経済学者。カリフォルニア大学バークレー校卒業後カナダから米国籍に帰化、第二次大戦中に物価局副局長としてインフレ抑止策に尽力。インド大使、ハーバード大学教授。50を超える著作、1000以上の論文を執筆。20世紀の経済学の巨人と称される

ガルブレイスの名言 一覧

偉大なリーダーは皆、ある共通な特徴を持っている。それは、その時代の人々の大きな不安に進んで真っ向から立ち向かう気持ちである。他でもなく、これがリーダーシップの要点なのだ。


富には多くの利点がともなう。それを否定する意見も数多いものの、確固たる説得力のあるものはいまだかつてない。


自分の心を変えるか、その必要がないことを証明するか、という二つの選択肢に直面すると、ほとんど全員がその証拠を得ようと躍起になる。


基準などない。誰も何が良いか悪いかなど言えない。誰もがユーモアの是非について語るのは確実だが。


金融政策は魔術的である。


独善的な信念と仕組まれたナンセンスを見つけることに、大いなる喜びがある。


政治の世界においては、もの忘れの才ほど珍重されるものはない。記憶力の悪さほど政治の世界で重宝なものはない。政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。


経済学の世界では、決まって多数派が間違える。


基本的には、連邦準備銀行(FRB、Federal Reserve Bank of New York)は大きな権力と地位を有しているが、実際に効果の上がることはなにもしていない。


雑なテクノロジを達成しようとする姿を見ると、宇宙開発を説くとするアメリカがなぜスラム問題を不得意とするのか、そのヒントが見えてくる。


あらゆる階級の中で、金持ちは最も注目されるが、最も学がない。


バブルがいつ崩壊するか予測するのは誰にもできない。ただ、過去のバブルは例外なくはじけている。


ガルブレイスの経歴・略歴

ジョン・ケネス・ガルブレイス、カナダ出身の米国経済学者。カリフォルニア大学バークレー校卒業後カナダから米国籍に帰化、第二次大戦中に物価局副局長としてインフレ抑止策に尽力。インド大使、ハーバード大学教授。50を超える著作、1000以上の論文を執筆。20世紀の経済学の巨人と称される

他の記事も読んでみる

林修

流れを読むには「縦の視線」と「横の視線」が必要だと思っています。例えば、麻雀が弱い人は目の前の牌しか見ていない。つまり縦の視線しか使っていません。逆に強い人は、もちろん自分の牌も見えていますが、周りの動きに気を配り、人の手を読む。これが横の視線です。二つの視線のバランスのいい人が麻雀は強い。全体を冷静に俯瞰して流れを読み、いい流れなら一気に押し、悪い流れが来たらムリをしないで待つ。これは仕事も同じではないでしょうか。


デーモン閣下(デーモン小暮)

自分の信条は持って然るべきだと思うけど、同時に自分を決めつけないことも大事。とくに、ひとつの考えに凝り固まるのは良くないと考えるね。だから、吾輩はなるべく多角的にモノを見るように心がけているかな。


岩井俊憲

行動をすることで人と出会い、その人間関係のなかで自分が大切にされたり、役に立っていると考えることができるようになる。それが自己肯定感や受容感につながっていく。


伊東信一郎

現状に安住してはいけない。前例や常識にとらわれず、新たな発想を持って大改革を進めていく必要がある。


美輪明宏

一升瓶には一升しか入らない。一升瓶に一生のお酒を入れてしまうと、ちょっと動くだけでこぼれてしまう。初めから八分目から九分目に入れておけばこぼれずにすむ、無駄にならないのです。残りの二分は人に初めからあげておけばいい。人も喜ぶし、お酒も無駄になりません。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

最適な睡眠時間は人によって異なる。ナポレオンは3時間のショートスリーパーで、アインシュタインは10時間のロングスリーパーでした。睡眠は究極の個人習慣であり、何時間眠るべきという「べき論」で語っても意味がない。むしろ意識したいのは睡眠の質。


中山讓治(中山譲治)

人間は自分を取り巻いている環境を当然視しがちです。相手は自分と同じ環境で生きているわけではないのに、自分の置かれた環境の方を当たり前だと思ってしまう。異文化理解、つまり自分を取り巻く環境と相手を取り巻く環境の違いを分析し、その違いを理解しておくことも大切です。


リチャード・ブランソン

何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


岡藤正広

商社はお客さんを見つけたら、彼らが儲けられる仕組みを僕らが主導する形に持っていかないといけない。商社の機能が発揮されて初めて「儲けの画」が完成するわけです。ただし、難しいのはこの2つが矛盾していることです。お客さんが儲かるようになると「商社はいらないよ」となってしまいます。逆に、あんまり主導権を握りすぎるとお客さんの儲けが減ります。このバランスに常に気を配ってきました。


小林陽太郎

私はそんなスーパーな存在ではない。たまたま会社が始まった頃、当時では珍しいMBAを持っていたのと、若くして日本や欧米の立派な経営者と会うことができ、多くを学ぶ機会に恵まれただけです。


吉川稲美(吉川稻)

言葉は言霊だと思います。言葉は人間の品格を表し、言葉の乱れは人心の乱れになり、そして社会の乱れにつながると聞いております。


野口健

成功に至るには、近道どころか、細かいコツコツした努力の延長線上にしかないと思う。


匠英一

ポイントは、いかに楽しい体験をしてもらうか。心に残る経験をすれば「あの店ではこんな面白いことをやっていたよ」と、人に伝えたくなりますよね。つまり、価値の高いユーザー体験は口コミで話題になりやすいというわけです。


永持孝之進

リストラとは、本来その会社が、関連するものからイモズル式に枝葉を伸ばして、本業に次ぐものを育てようと言う転換の精神、事業構築の精神であって、首切り、事業を放り出したりするのがリストラと呼ばれているのは事業再構築という原意と全く違っています。


佐々木隆(経営者)

高度情報化社会は価値の多様化、分散化をもたらします。旅行業であれば、かつて消費者は全員同じ方向を向いていました。団体旅行がその対象です。しかし、インターネットが普及すると、環境がガラリと変わりました。旅行に対して消費者が急速に能動的になり、それぞれの価値観で旅をするようになったのです。価値がモザイク状に分散化したと言ってもいいでしょう。こうした状況に、巨大で統制された組織では対応できません。2万人を超える当社社員が単一の価値基準で動こうとしても、相手が分散化しているわけですから。