ガルブレイスの名言

ガルブレイスのプロフィール

ジョン・ケネス・ガルブレイス、カナダ出身の米国経済学者。カリフォルニア大学バークレー校卒業後カナダから米国籍に帰化、第二次大戦中に物価局副局長としてインフレ抑止策に尽力。インド大使、ハーバード大学教授。50を超える著作、1000以上の論文を執筆。20世紀の経済学の巨人と称される

ガルブレイスの名言 一覧

偉大なリーダーは皆、ある共通な特徴を持っている。それは、その時代の人々の大きな不安に進んで真っ向から立ち向かう気持ちである。他でもなく、これがリーダーシップの要点なのだ。


富には多くの利点がともなう。それを否定する意見も数多いものの、確固たる説得力のあるものはいまだかつてない。


自分の心を変えるか、その必要がないことを証明するか、という二つの選択肢に直面すると、ほとんど全員がその証拠を得ようと躍起になる。


基準などない。誰も何が良いか悪いかなど言えない。誰もがユーモアの是非について語るのは確実だが。


金融政策は魔術的である。


独善的な信念と仕組まれたナンセンスを見つけることに、大いなる喜びがある。


政治の世界においては、もの忘れの才ほど珍重されるものはない。記憶力の悪さほど政治の世界で重宝なものはない。政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。


経済学の世界では、決まって多数派が間違える。


基本的には、連邦準備銀行(FRB、Federal Reserve Bank of New York)は大きな権力と地位を有しているが、実際に効果の上がることはなにもしていない。


雑なテクノロジを達成しようとする姿を見ると、宇宙開発を説くとするアメリカがなぜスラム問題を不得意とするのか、そのヒントが見えてくる。


あらゆる階級の中で、金持ちは最も注目されるが、最も学がない。


バブルがいつ崩壊するか予測するのは誰にもできない。ただ、過去のバブルは例外なくはじけている。


ガルブレイスの経歴・略歴

ジョン・ケネス・ガルブレイス、カナダ出身の米国経済学者。カリフォルニア大学バークレー校卒業後カナダから米国籍に帰化、第二次大戦中に物価局副局長としてインフレ抑止策に尽力。インド大使、ハーバード大学教授。50を超える著作、1000以上の論文を執筆。20世紀の経済学の巨人と称される

他の記事も読んでみる

瀬戸内寂聴

お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。生きることは苦しいと。しかし、この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。


堀之内九一郎

会社に入った以上は、会社の決定に従い、余力を尽くす。それは普通のこと。でも、その普通をやり通せる人はめったにいない。「普通のこと」をやり通せる「真面目なサラリーマン」は極めて少数なので彼らは経営者や上司を感動させることができる。


冨田哲郎

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


古川裕倫

上司と強く衝突してしまうようなイザというときのために、日々廊下とんびになって(社内の廊下をうろうろして)人脈を築いておく必要があります。フェース・トゥ・フェースでコミュニケーションすると信頼関係も厚くなります。いい意味で油を売って社内ネットワークをつくるのとつくらないのとでは、イザというときの協力体制が全く異なります。


齋藤孝(教育学者)

伝えたい情報は、実は相手に伝わっていない。社会人向けセミナーで伝言ゲームをやるのですが、皆さんあまりに出来が悪くて、会場は笑いに包まれるのがほとんど。最初のお題の言葉は、良くて半分、悪ければ3分の1も伝わりません。


柴山政行

いい人材とは何か。その定義は会社によって異なるはずです。明確な基準なくしては満足できる採用などできるわけがありません。どのポジションに適した人材が必要なのかを明確にしない限り、採用は成功しないし、採用された人も不幸です。


吉山勇樹

時間の使い方が下手で、仕事が時間内に終わらないという人というのは、その日のうちにやるべき仕事の全体像を把握していない人なのではないでしょうか。たとえば、スタートからゴールまでのイメージがないままに、目先の仕事からとりかかってしまうというような人です。そうすると、途中で「次は何をすればいいんだっけ?」「そもそも、なんでこれをやっていたんだっけ?」と、仕事の目的や方向性を見失ってしまうことにもなりかねません。


ハヤカワ五味

私が見たいのは、お客様が喜んでいる姿。そのためには、しっかり利益を出すことが大切。


石破茂

上司が嫌なヤツだと思っても、自分に非があるかもしれない。いつか見返してやろうと一生懸命やっていれば、案外認めてもらえるもの。


漆紫穂子

学校はあなたたちだけのものではなく、卒業生のものでもある。あなたたちもいつか卒業生になる。制服を着ているあなたたちはみんなの代表なのよ。


浅井浩一

部下の席をこまめに回ってコミュニケーション。その時は部下の足元にしゃがむ。物理的に「下から目線」になれば、上から目線の言動を防げる。部下も話しやすくなる。


菊入みゆき

評価されず悔しく思うことは自分を見直すチャンスになります。評価という目標に向かって、改めて「ゴールコミットメント(誓約)」を打ち立てましょう。絶対に達成するという気持ちを新たにすれば、途中のプロセスでやる気がなくなることはないはずです。


大橋未歩

以前は仕事一筋の生活でしたが、今は仕事以外の時間をいかに充実させるかを考えるようになりました。身体を壊してからは、ワーク・ライフ・バランスを大事にしたいと思うようになりました。


平子裕志

顧客満足は従業員満足と表裏一体だ。従業員が生き生きと働いていなければ、お客様にいい影響は与えられない。


関口雄一

リスニング教材には、音声だけではなく、テキスト化された文章がついています。それを音読しましょう。10回ほど自分の口で発音した後に音声問題を聴いてみてください。驚くほど聴き取れるはずです。単語やフレーズを聴き取るには、「自分で話したことがある」という経験が大きく寄与します。音読する場がなければ黙読でもかまいません。インプットとアウトプットが1セットになる語学学習の基本です。


ページの先頭へ